FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page » Next
2020-04-09 (Thu)

脈絡なく

脈絡なく

私は兵庫県民です。海に近い方です。駅から、方向違いで神戸三宮にも大阪・奈良方面にもらくらく行けます。このたび、特に自粛を要請された七つの県の一つに居住しています。小さな会社を営んでおり、工場は借り物、大きな建物です。あの地震に潰れなかったスゴいやつです、細かく言えば、事務所や応接室の床が、傾いています。震災の前は、お酒をつくる工場だったと聞いています。水が良くて、おいしいお酒のできる土地柄。その工...

… 続きを読む

私は兵庫県民です。海に近い方です。駅から、方向違いで神戸三宮にも大阪・奈良方面にもらくらく行けます。このたび、特に自粛を要請された七つの県の一つに居住しています。

小さな会社を営んでおり、工場は借り物、大きな建物です。あの地震に潰れなかったスゴいやつです、細かく言えば、事務所や応接室の床が、傾いています。震災の前は、お酒をつくる工場だったと聞いています。水が良くて、おいしいお酒のできる土地柄。

その工場を、明日・木曜日から休みます。そういうお達しが降って来ました。降って来るのは桜の花びらだけでいいのに、親会社の「かんりほんぶそうむぶちょう」の名義で、ああして、こうして、が、降って来ました。敷地も工場もとても広くて、夫がリハビリを兼ねて歩いて通う通勤路を含め、のーこーせっしょく、という言葉には遠い気がしますけれど。

返事は「諾」しか無いです。明日から工場は休みです。夫は、ワシは毎日来るもんね、と言うております。それはオーケーなのです。

、工場の皆さんに、その旨を告げました。黙って聞いて下さいました。端っこにいた最年少の、入社して間もない一人が尋ねました。

いつまで休むの、そんな休んで大丈夫なの。私は答えました。いつまでかは分からない、来週は週に一日とか二日とか、休んでもらうことになると思う。

「逆に、ずうっと休むわけには行かないしね。私もだし、顧問は毎日来られるから、用は足せて行くよ」

終業してからの会話で、言葉遣いは身内同士のものになっていました。

「俺も毎日来るよ。少しでも仕事しないと、会社、大変やんか」

来なくていい、と私は命じました。休んでと言っているのだから、返事は「はい」しか無いよ、でも勝手休みではないから。できるだけ部屋にいて、友達と遊んだりご飯食べに行ったり、そういうことは謹んで下さい。状況が変わったら、その時に言うことに従って下さい。ヒマがあっても遊べないのはお気の毒、だけどさ。笑いかけると、ははは、と笑って、了解、と。

阪神のピッチャー藤浪選手に、ずっと憧れていた孫息子です。高校で野球部に入ったら、自分も、大阪桐蔭の藤浪クンみたいになれると信じていた。そうではないと、いつ、わかったのか。このたびの藤浪選手のコロナ感染については、しっかり情報を得ていたようです。

高校も三年になってから、野球を辞めた、すっぱりと止めました。突然詩を書き始めて。家族の皆、放っておいていました。「ラッパーてな、自分でラッパーや、思たらそこからラッパーやねんで」にこにこ教えてくれたのは、沈黙の引きこもりの時期を越えてから。ラッパーでもペッパーでもいいよ、でも生きていて。そんな風に願っていた日々の、あと。

売り上げ少なくて、お金が大変なら、俺の給料半分でいいですから。

真顔で言い残して帰り支度を始めた兼業ラッパー成耳クン。ばあちゃんをなめたらアカンぜよ。これくらいのことで、どうなるものか。

笑えて来る。給料半分でいい、か。そんなセリフ、いつまで吐いているだろうか。

というワケで、わが社はしばらく、例のウィルスに振り回されそうです。

しかし。

あの国のあの地方の、ナニヤラが解除されたとニュースで観て。心底ウンザリとはこのことか。駅に、なんだか独特の尊大さに満ち満ちた顔の沢山の人間が集まって、電車を待っている様子だった。言いたいこと言おう、あの髪にも荷物にも何もかもに、ウィルスがどっさり、住み着いているように見えて仕方なかった。どこへ行かれるのですか、何か、うわ~っと、もわ~っと、禍々しいモノが、そこから離れたところでまた、バクハツしそうな気配を振りまいてるよ。

脈絡のない記事になってしまいました。



スポンサーサイト



2020-04-07 (Tue)

スーパームーン

スーパームーン

4月7日、午後7時半。テレビでこの国の首相が語っている。窓の外、藍色の空には、大きな真ん丸の月が浮かんでいる。スーパー・ムーンだそうだ。曇りも汚れも無い、きれいな月だ。午後のいっときは、公園の、コンクリートのベンチにかけて、じっと陽を浴びていた。広い公園、満開の花の下、ほかには誰もいなかった。花びらが降っていた。ひっきりなしに桜は降った。花びらは時に風に巻かれ、時に地に伏して、そして、また、流れた...

… 続きを読む

4月7日、午後7時半。テレビでこの国の首相が語っている。

窓の外、藍色の空には、大きな真ん丸の月が浮かんでいる。スーパー・ムーンだそうだ。曇りも汚れも無い、きれいな月だ。

午後のいっときは、公園の、コンクリートのベンチにかけて、じっと陽を浴びていた。広い公園、満開の花の下、ほかには誰もいなかった。花びらが降っていた。ひっきりなしに桜は降った。花びらは時に風に巻かれ、時に地に伏して、そして、また、流れた、降っていた、降り続けた。

孫娘が、今日、高校へ入学した。入学したが、明日からは学校へ行かない。行けない。ほぼ1か月、お休み。記憶に残る年になったねえ、と、電話で笑い合った。あとで思い出して笑うためには、今を、この時代を、潜り抜けて生き延びなければばらない。生きろ、生きていろ。

緊急事態宣言というものが出た。私は、とうぶん、趣味嗜好みたいな外出は、控えようと思う。自分に出来ることは、そんなことかなあ、の気はある。友人、知人らの顔が、幾つも浮かぶ。いまの、今日の、この思い方でずっと、思い浮かべたい。

もう一度、スーパームーンを見上げて、眠る。



No Subject * by 黒猫アビ
KUON様

今晩は。
今夜はスーパームーンと、忘れて記事を読み慌てて
ベランダに出て、綺麗なお月さまを眺めました。

緊急事態宣言の報道を見ておりました。
約1ヶ月の行動自粛で収まるのか・・・
不安な気もいたします。

お孫さん高校入学式できたのですね~!(良かった~)
おめでとうございます。

我が孫は、本日の入学式が延期になりました。
昨夜、延期と連絡がきたそうです。
東京だから、仕方がないと諦めていますが・・・。
この日のために、休みをとり準備していた娘が一番
ガッカリしています。(泣)
スーパームーンを見て、心を癒すよう娘に伝えました。



No Subject * by まりん
孫娘さま、高校ご入学おめでとうございます。本来なら、きゃっきゃきゃっきゃしながら、高校生活を楽しむことができたのに。ほんとに記憶に残る年になりますね。うちの孫娘もおなかにいるうちは「ころな」と勝手に呼んでいたのだけど、新米パパママから暖かい名前をつけてもらいました。でもこういうご時世なので1度しか会えてないの~~近くにいるのに。ぐすん。

Comment-close▲

2020-04-05 (Sun)

これから、ですよ。

これから、ですよ。

身の回りで色々な動きがあって、なんとか収束、でも関電へのお返事まだや、というあたりで、あ~疲れたなあ、と。へたへたとなって、昨日と今日はほぼ、眠っておりました。本社を移転して。倉庫を借りて社宅をもうけて越して来る孫娘の高校入学を確かめて。銀蔵クンも家族と一緒にこちらの社宅に入ります。成耳は一人で倉庫の一室で暮らします。自炊するそうです。本社の移転(所在地を変えるだけ)、自分で書類をつくって自力でや...

… 続きを読む

身の回りで色々な動きがあって、なんとか収束、でも関電へのお返事まだや、というあたりで、あ~疲れたなあ、と。へたへたとなって、昨日と今日はほぼ、眠っておりました。

本社を移転して。倉庫を借りて社宅をもうけて越して来る孫娘の高校入学を確かめて。銀蔵クンも家族と一緒にこちらの社宅に入ります。成耳は一人で倉庫の一室で暮らします。自炊するそうです。本社の移転(所在地を変えるだけ)、自分で書類をつくって自力でやろうとしてみましたが、これは挫折。初めからプロに任せればよかったが、できると思って挫折しました。失敗はそれだけです。うはぁ、強気。

今日、さきほど、奈良の家の最後の後片付けをしている次女から、すっげえよ、と何枚か写真を送って来て。私たちがこちらへ来るのに、部屋、ほぼそのままに来てしまったそこの、デスクや棚や何やかや、使わないので処分を頼んだそれらの、残骸となった写真。そのうち行ってなんとか、と思いながら置いてあったモノ、ほぼすべて、処分してもらうことにした・・・自分たちの不用品を、娘夫婦に託した。

食器も重箱も漆器のセットも。無くなった。気に入って買ったアンティークの食卓も、大きすぎ、重すぎるから、不用品に。

はじめ、夫が脳梗塞を起こして、通えないと判断して大急ぎで身の周りの品だけ業者に頼んで運んで。この、海の見える部屋は、ガランガランの、ポットも無い状態でした。電気もガスもまだで、うつって来たのは二月のことで、とても寒かった。タオルもお茶を淹れられる食器も無く。私、お友達に泣きつきました。な~んにも無いの、替えのタオルも無いの。

友達はすぐに、送ってくれました。上等のタオル、雑巾にできるタオル。ペアのコーヒーカップにお皿のセット。心のこもったプレゼントでした。見ながら、私ここで頑張ろうと思いました。

お気の毒な話でなく、万事、何事につけ計画性のない私たちのしたこと。言い訳すれば、当時、一緒に暮らしていた娘夫婦は、急に体が動かなくなること、思い通りに体も事情もどうにもならなくなること、が、理解出来ていなかった。仕方のない事です。若いのだから。それは本当にそう思う。そうなのなら、自分の気の済むように、できるようにするしかない。夫は一人前に仕事はできないならば、アタマだけ工場の近くへ。なんとか仕事できるように、運んで行くしかない。死なせてしまうかも・・でも、本人は、あわあわ言いながらも、そうすることを望んでいました。

行こう。行く。それまでほとんど足を運んだことも無かった地で、工場へ通えるあたりで、部屋を探して。この、望外であった海の見えるマンションを探して、移った。

ここで夫は、自分流に通い、自分流に仕事を進めるすべを見つけてくれました。

・・奈良へ置いて来たものは、捨てられたり壊されたり。ものすごい見積もりを、婿さんはとったようですが、娘はそんな時、黙って支払いはしません。人脈をたどって、見積もりの半額よりいっそう安価に、モノを処分してくれる相手を見つけました。自分で小さい会社を興して、そんな仕事に猛進しているダンス仲間。値切らないで、きちんと交渉しなさいと、私は言う。

交渉結果は〇、で。今日、大きな不用品を持ち出したり壊したり、ということになったそう。

感謝だわ!。ありがとう!。私はへたって寝ていたのに、力仕事してくれてありがとう。言い尽くせません。


そして思う。正直、惜しかったものもあります。思えば、ある。でも、自分でどうか出来なかったモノを、惜しんでも仕方が無い。

断捨離と、よく聞きますが、それって簡単にできることなのか、どうなのか。私には、だらしないせいもあるが、体力的に現実的に、ものをきちんと活かしてやることはできませんでした。残念ですが。

ココロの一部が、とても明るいです、いま。もう奈良に、こころ残すものは無い。残しておいて誰かに処分の迷惑をかけることは、無い。これからは、今よりももっと、体は動きにくくなるに決まっている。モノが無くなって、良かったんだわ。

とか言いながら、現在の住まいにもまだ、着物や本や、あれこれとあります。この程度なら何とかできそうな、モノたち。

これからは、本当に欲しいモノを買います。こじんまりと暮したいです。

日本中、大変な時期です。長女は電話で、スタジオを一時閉鎖にしたと言って来ました。夫さんの仕事も、それなりの影響を受けているそうで。私たち子どもいないし、ニャンコと三人、どうにでもなるわ~、と明るい声だったので安心しました。

私の会社は、毎週金曜日を休みます。成耳も、入社してすぐにこの状態ですが、大丈夫でしょう。大掃除させている次女も、これから本気で頑張ると言っているし、私も、頑張るのです。

まるごと私事でした。お読み下さりありがとうございます。

お返事は必ず、書かせていただきます!。

おまけ

「 おうちdeダンス!!10分チェアレスクチャレンジ4 柚月恵

   いろんな動画をアップしていますが、柚月、肩の力を抜いてして下さい、というチェア・レスクなるダンスを
   お薦めしています。
   動画冒頭、愛猫「おすし」も顔出しています。


* by かりそめ
>娘夫婦は、急に体が動かなくなること、思い通りに体も事情もどうにもならなくなること、が、理解出来ていなかった。仕方のない事です。若いのだから。

>ココロの一部が、とても明るいです、いま。もう奈良に、こころ残すものは無い。残しておいて誰かに処分の迷惑をかけることは、無い。これからは、今よりももっと、体は動きにくくなるに決まっている。モノが無くなって、良かったんだわ。

>これからは、本当に欲しいモノを買います。こじんまりと暮したいです。

ひとつひとつに頷いています。
私なんか老人本人なのに老いの実感がなく、ちぐはぐなことをしています。
モノとさよならしてココロが明るくなるって、不遜にもよくわかる、と言ってしまいます。寂しくもあるけれど…

柚木恵さんの動画拝見しました。お顔も声もチャーミング。そしてこれは当然で言うのも失礼かも、ですが、動きが素晴らしくきれい! 私にはちょっとハードな運動なので実践はしませんが……
また、おすしちゃんの堂々たる歩きっぷりがいいですねえ。


Comment-close▲

2020-04-02 (Thu)

成耳、社会人に。

成耳、社会人に。

孫息子のRが社会人になった。昨日のこと。いろんな思いを、うまく言葉にできない。気持ちを言葉にするって、こんな難しいことなんだ。シャツやネクタイ、靴までまとめてワンセット、のチープなスーツを着て。挨拶はできていた。午後には作業着に着替えて、祖父である夫の実験室の掃除を始めていた。ぼんやりと嬉しい。ぼんやりとしか、嬉しいと思えない。臆病になっている。臆病にしか、覚悟をがっつりと決めながらしか、喜べない...

… 続きを読む

孫息子のRが社会人になった。昨日のこと。

いろんな思いを、うまく言葉にできない。気持ちを言葉にするって、こんな難しいことなんだ。

シャツやネクタイ、靴までまとめてワンセット、のチープなスーツを着て。挨拶はできていた。午後には作業着に着替えて、祖父である夫の実験室の掃除を始めていた。

ぼんやりと嬉しい。ぼんやりとしか、嬉しいと思えない。臆病になっている。臆病にしか、覚悟をがっつりと決めながらしか、喜べない。身についたサガだと思う。

始めに本人が望んだ就職先は、イベント関連会社だった。修学旅行以外では行ったことのなかった東京へ、夜行バスに乗って一人で、試験を受けに行った。母親は、どうにかして一緒に行きたかったのだが、きっちり拒まれていた。わははと思った。

受け入れてくれたその会社を、辞退したのは、本人の意志だ。その時期に体調を崩して気も弱くなって、しかし頑固に仕事場に通い続けていた祖父の手助けをしたい、給料出すのしんどくてアカンならバイトだけでもさせて欲しい、そうするわ。と言い出した。

・・・夫と私は、孫息子を、大事に思って育てた。ほぼ父親と母親のように、一緒に暮らす幼い子どものことを、まず考えて何事もしたと思う。でも、だからこの子をどうしよう、とは考えていなかったと思う。

よれよれと何とか続いて来た会社に、まっさらのこの子を迎え入れて、責任持てるのか。思いはつまり、そういうことだった。

でも、コトは、流れるように流れた。

昨日は彼の、入社の日だった。それがつまり、事実。そのことが事実。がっちりと握手を交わした。

ありがとう。大きくなってくれて。ムズムズと嬉しい。こんな日が来るとは描けなかった。お給料払えるように、ばあちゃんは頑張ります。お前も、頑張りなさい。

欲しいものは自分で取りに行くんだと、ずうっと思っていたけれど。少し違うかな。

欲しいものが、近づいてくるように。自分に向かってくるように、やるんだな。きっとそうなんだな、。

自分でなんとか食べながら、仕事しながら、したいことをしたいと言う。それ、いいと思う。羨ましいくらい若いよ、キミ。切り分けは出来るヤツと思っている。それはホント、わかっている。

・・・今夜は、ミズカラに酔って書いた記事です。恥ずかしいけど酔ったままで。



   その彼、「成耳」クンのMVを貼らせてもらいます。

       【Lyric Video】成 耳 / Cold Night      YOUTUBE


No Subject * by まりん
おめでとうございます。お孫くんはおじいちゃまとおばあちゃまの生きてきた姿を、ちゃあんと見てこられたのですね。今度はお孫くんがそれを引き継いでいかれる。おしあわせですね。べったりじゃなくて、ちゃんと距離を置きつつ見守られている、kuonさん素晴らしい!ますますのご発展をご祈念いたします。

* by かりそめ
成耳さん、おめでとうございます!

しっかりしているだけでなくて、やさしくて。
読みながらじんわりしてしまいました。
いま日本(世界?)が大変なときですが、彼のような若者がいるかぎり大丈夫です!

立派だ! * by ゴネコ
成耳くん、立派です!

小僧に耳の垢を煎じて飲ませたいです!

* by 白萩
MV拝見致しました。
神戸の夜景が歌に合っていますね。
言葉選びのセンスはおばあさま譲りでしょうか。
おじいさまおばあさまの愛情をしっかり受けられて、今はそのお二方を支えようとしている。成耳さん、素敵な青年にお育ちになり、心より「おめでとうございます」と申し上げます。

No Subject * by 黒猫アビ
KUON様

おはようございます。

成耳君
新社会人おめでとうございます
自分で選んだ道
頑張って!
と応援します。

お孫さんが、もう社会人となられ時の立つ速さを
感じます。
優しいお孫さんに囲まれ、本当に良かった。


おめでとうございます。 * by 雪あかり
ほっこり嬉しくなりました。
嬉しいことですね。
期待しています!

* by おてもやん
成耳君、
社会人おめでとうございます。
東京に行かなかったのは、賢明な選択だったと思います。
このご時世、見えるところに身内がいるのは安心です。
大都市でなくても、離れて暮らす息子の安否確認をしています。(毎日は嫌がられるので3日に1回)。

耳成さん、おめでとうございます。 * by パール
KUON様、お孫さまのご就職 おめでとうございます。
優しさと強さと、素敵な青年でいらっしゃいますね。
ご活躍をお祈り致しております。

欲しいものが、近づいてくるように、自分に向かってくるように、やるんだ。
のお言葉が、沁みました。
今日一日、出来ることをやっていきます。

申し訳ございませんでした。 * by パール
お名前を間違えておりました。
成耳さんですのに、本当に失礼なことを致しました。
お詫び致します。

Comment-close▲

2020-04-01 (Wed)

弥生のみんなのうた 

弥生のみんなのうた 

いちにち遅くなりましたが、弥生のみんなのうたのおまとめです。この色がおうた。詠みびとさんのお名前。いわゆる詞書、メッセージなど。KUONが書いている部分です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     アルジェリマン の詠める混ぜ飯のごぼうは薄く削ぐがよし 逸る手止めよ日はまだ高い鶏ごぼう香る混ぜ飯白和えと酒も供えん 水仙添えるヒメシャラの下の香草惜しみなく刈り取り部屋に香り持ち込む刈...

… 続きを読む

いちにち遅くなりましたが、弥生のみんなのうたのおまとめです。


この色がおうた。詠みびとさんのお名前。いわゆる詞書、メッセージなど。KUONが書いている部分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     アルジェリマン の詠める

混ぜ飯のごぼうは薄く削ぐがよし 逸る手止めよ日はまだ高い

鶏ごぼう香る混ぜ飯白和えと酒も供えん 水仙添える



ヒメシャラの下の香草惜しみなく刈り取り部屋に香り持ち込む

刈り取ったローズマリーの香をまとい吾はたちまち心若やぐ


黒犬の行く道筋に高々と犬ら吠え継ぐ 月冴え返る

三月のおぼろ満月ぐずぐずと 光らず消えず兎は見えず

     かりそめ の詠める

   〈無常と諦観と〉

*方丈記かく短きに詰まりたる今も変はらぬ人の世の闇

*病院の出入口にて取り出せり二度洗ひたる不織布マスク

*検査日は八重の桜が気にさはる目を逸らすほか手段あらねど

*高まりて空をひきさく囀りを疎むこころが芽生えたるとは


   〈少年のように写真に夢中の人にかつての自分を重ねて〉

*遠視用めがね片手にとみかうみマーガレットをちかぢかと撮る

*秀作は撮れなくてよい百枚に我が意を得たる一枚あれば

*パシャパシャと無心に撮りしものなれど恐ろしきほど想ひ浮き出づ


*「奇跡あるからね」なんぞと言ふなかれ 奇跡なくともわれは生き抜く

*道の辺に慎ましやかに灯りゐる日向水木は涙のかたち


*一か月またたくうちに過ぎされり二十歳(はたち)のころの十倍速し

*老いの手はすべてに鈍(のろ)し時の要る 虚しさ寄せぬ摂理と思ふ

*亡国はいつも他人事よその事まさかまさかの疫病の世に

*それぞれの命の末は摂理なり されど母国は永遠(とは)にあれかし

     まめはな の詠める

・如月の枝に雪置く梅の木の積む雪の白 白梅の白

・雪の間を透かして見ゆる白梅の花の白さや雪の白さや

・もう少し筋力つけばこの痛み減るかもと君我黙しおり

・白梅のあふるるばかり咲き誇る木の下過ぎぬ歌うたいつつ

・黄水仙快活に咲み白水仙ひそやかに群るる弥生道端

     おてもやん の詠める

〇キャンプ場冬の名残りの北風に焚き火の炎大きく揺れる

〇使い捨てマスクのゴムは切り取って手作りマスクに再利用する

     KUON の詠める

・ドリンクバーのカップ両手に病む脚を引きつつ夫のニコニコと来る

・酢味噌和えを逃れ一束の菜の花の朝陽のなかの全き黄色

・菜の花のきいろ大好き其の色の成りたての色のやふな気のして

・行きすぎて振り向いて見るどの犬も何やら云いたき顔にて見をり


・むづかしも たとえばマスクの一束を夕方までにの姑(はは)の電話は

・ATMのごときわれなれ町中より消えて久しきマスクは無理なり

・アンナニモシテアゲタノニといふ声が聞こゆる私を許してください

・アンナニモシテアゲタデショといふ声が背を打つ何とでもお思い下さい

・言ひ訳をせざれば人を傷つけし思ひのままに夜の闇白し

・ただ黙って励むよりなし言ひ訳をすればもう片方の傷つく

・重過ぐる背の荷が君を圧し潰す きつねうどんをふくふく煮やう

・死に別れ生き別れみな風の中 淡々として今年のさくら

     白萩 の詠める

   〈病室にて〉

隣室の嬰児(みどりご)の声も愛らしく桃の節句は穏やかに過ぐ

言霊を力に吾子は留まりて35週目今朝迎えたり

入院もひと月を過ぎ病室のヌシとなりつつある今日この頃

やまざくら咲き初(そ)めたるか山腹へ日増しにふゆるうすべにの点

   〈3月11日〉

9年前あの日の揺れは未だ我が身が覚えたり3.11

「花は咲く」我が子に聞かせる昼下がり あの日もこんな晴れた日だったか

            

部屋中に響けとばかりの産声に知らず安堵の涙溢るる

こんにちは お腹にいたのは君でしたか これからの一生どうぞよろしく

我が腕に乗せし2.5キロの命 親になるという重さの証

いざ産んで実感しました 俗に言う「鼻からスイカ」は言い得て妙だと

産まれ出て初めて触れる吾子の肌 この感触は生涯忘れじ

     おおやま よしの の詠める

   〈皇居警察〉

おぞましき 護人(もりびと)となり 果つるのは
内裏(うち)の魍魎 乗り遷るゆえ

   〈2年後のご留学先〉

おくすふぉおど けんぶりっじも ご自由に
言うだけだったら タダだもんねぇ

   〈天皇誕生日茶会の儀〉

三十分 笑顔でいるの かったりぃ
ああ早いとこ 一服したい

   〈ご訪英〉

英国に 行くの止めます その言葉
待たれているの 分かりませんか?

   〈令和〉

令わしく 和するの言葉 虚しかれ
世に充るのは 疫病天災

   〈学校〉
空っぽの 学舎(まなびや)は泣く 一日も
早く子どもの 笑顔戻れと

   〈祈る〉


願わくば 天よ彼らに ご加護あれ
罹患者医療者 介護士保育士

   〈立皇嗣の礼〉

卯の月の 十九日こそ めでたかれ
正しき筋目 世にぞ知られ

     ギボウシ の詠める

・天地より 降り沸き出でし小さきもの 鏡となりてヒト照らし出す

・彼方なる蛇つかい座の大爆発  吾が星つつみ吾は気だるし

     黒猫アビ の詠める

 ・サクラサク吉報待つ身の心配が
  孫からライン安堵にかわる

 ・コロナより神経痛と花粉症
  痛みとくしゃみ我慢するしか

 ・雨ふれば窓開け換気できるけど
  花粉飛び交う今日は晴れなり

 ・母親は縁の下の力持ち
  陰にかくれて家族を守る

     honyanko の詠める

☆日々のことうららかになりし義母なれど赤子を抱けばゆすりてあやす

☆稜線のかすむその日を起点とし春のマーチがそっと始まる

☆黄林檎の赤きところを撫でながらここ痛いのと幼子説けり

     パール の詠める

☆都会(まち)のコンビニ マスクは少し有るようと都会(まち)に行かない妻に言うのね
    
    <夫へ>

☆ホワイトデー「今は何が流行っているの?」数に入れない妻に訊くのね
    
   <夫へ2>

☆人の世の騒ぎと乱を如何に観る花鳥風月変わらず春へ

☆葉を持たず己を晒す冬木立その潔さ心強くなる



★苦しみはいつも市井の民ばかり祷らぬ主の終われよれーわ

★禍々し天地怒(いか)らせ疫を呼ぶ実りなき代の終われよれーわ


     玉兎と茜馬 の詠める

街角で袴姿の乙女らを
みることもなく過ぎゆく弥生

     わすれんぼ の詠める

花たちは常の春のごと葉を広げ
蕾はぐくむなにごとなげに

ヒヨドリの満足そうな食事時
ハクモクレンはいずれ散るもの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手を洗いまた手を洗いまた洗う
細かき傷に水沁みいりぬ

バイオハザード映画見るごと毎日の
急なる動きあまりに激し

楽しさも不快もありし美しき
欧州も今ウィルス禍にあえぐ
  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なにゆえに検査をせぬかわが政府
世界の歩む防疫無視して

検査せず集団免疫待つといふ
数千万の感染選ぶと

国民を守る意思なき政府とは
いかなるものか考えてみよ

     ゴネコ の詠める

夏休み正月休み春休み共に遊んだ君が逝ったと

床に臥す君の横顔思へども眼(まなこ)に浮かぶは幼き日の君

二年は短かかりしか君にとり何思いしか知るすべなくも


皆さま、弥生の月もご一緒でき、うれしかったです。

来月もぜひ。ぜひ、ここで、と、心より願っております。

見も知らぬよそ様の赤ちゃんの誕生を、お祝い下さったお優しさ、上っ面のおめでとう」でないと感じて、言葉がありません。ぐんぐんと、大きくなって行って下さいね、新しいいのち。皆さまのお気持が、守りとなって下さいますように。きっとそうなります。







KUONさま * by おおやまよしの
「弥生のみんなのうた」をありがとうございました。

先が見えない毎日に、すこーしずつ心の端っこが削り採られていくような、そんな気持ちがしています。
「うたはうったえ」と言ってくださったお言葉に甘えて思いを発露出来ること、皆さまとおうたを共有出来ることが救いになっています。
卯月もどうぞよろしくお願いいたします。

* by 白萩
KUONさま みなさま 今月もありがとうございました。
連日コロナ禍のニュースばかりで、マスクや消毒液の不足、在宅勤務や子どもの登校停止など、ひたひたと魔物の足音が近付いてくるような怖さを感じておりますが、こちらでさまざまな立場や気持ちからのおうたを毎月楽しませて頂いております。

一方、私事では母となりました。みなさまには私のような見も知らぬものへあたたかなお気持ちをいただき、この場をお借りして重ねて御礼申し上げます。

卯月には規模を縮小されたとはいえ皇嗣殿下の立皇嗣礼がございます。桜の花が一輪また一輪と咲いていくごとく、少しでも明るいニュースが増えますよう。

Comment-close▲