FC2ブログ

昨日、17年の生涯だったというディープインパクトという馬が、走る姿を何度も観ました。

本当に美しい。崇高、なんて軽々しく言っては申し訳ない姿でした。

大きな賞をたくさんとって。引退して、種牡馬なる立場にいたそうで。サラブレッドは血統がすべてと聞きます。

読んだ記事のうちには、年間200回の操作が行われていた、などともありました。下世話なはなし、ものすごく無知で下世話な興味です、それって、ディープインパクトさん自身にも、何か楽しいことであったのかなあ、と、思いました。

馬の世界はまったくわからない自分です。走ってつとめを果たし、その後は良血統の馬を多く残す。それが、競走馬の一生なのでしょう、立てなくなったら安楽死をさせてもらえる。

・・・お疲れ様でした、ディープインパクト。私の、とても安物のセンチメンタルは、あの美しい馬が、どこかの、やたらに広い草原で、ぱかぱか楽しそうに駆け回っている姿を、ふと、思い描いたりするのでした。


九十二歳の夫の母が、明日、リハビリ病院を退院します。

杖にすがってあるけるようになった母の、明日からの日々が、穏やかであればいいなあ。先日会った時は

「人生100年なんかとんでもないわ。神さんには済まんけど、わたしはもう飽きた」

と言っていました。義母の「神さま」では、右手の薬指をつかさどる神さまが切って下さらないと、命を終えることができないそうで。


一緒にそう祈ってあげるわね、と、私もいっぱしに、そんなことだって言えるのです(笑)。

人生100年とか言ってるのは、それに、神さまではありませんしね。




スポンサーサイト



2019.08.01 Comment:6
Secret