FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 野望もまだある
凄まじかった台風の日に風の圧力で左手首を傷めた。

夏の終わりにバゲットを齧っていて突然、歯が折れた。ドンクのビゴさんの訃報を聞いて数日後、たまたま通りかかったのでバゲットを買い、家でハムとレタスをがっさりはさんで、美味しいなあと喜んで食べていた矢先だった。

は?。 何が起きた? 右の上の糸切り歯・・犬歯が、グギっと上向いてしまったような衝撃。

無理やり予約を入れてもらって、通りすがりに見ていた歯医者へ飛んで行ったら、

「折れてますね、虫歯になっていたところから、ボキっと」

治療の後、折れた歯を持って帰るかと聞かれたが、イイエ、と答えた。

現在の住まいには、長年食を共にして来た犬歯を、葬ってやるべき一すくいの土も無い。

以後、他の手入れもこの際、と考えて歯科医通いを続けている。

11月初めに、今度は下の左の犬歯の隣の歯が折れた(折れたと思った)。骨付きの肉をかぶっていた時だった。

かぶせていた歯が、割れて、欠けた。欠けたから舌に引っかかって痛い。名古屋行きを控えていたし、名古屋のエビフリャアや味噌カツを食べられないのは辛い。歯科の先生に泣きついて、痛くないようにとりあえず、してもらった。

骨が折れたり歯が折れたり、気持ちは若いがカラダはそれなりにダメージを受けやすくなっているのだな。

今日も歯医者へ行って来た。左下の欠けた歯を、どうしたいですかと医師が聞く。白いのがいいです、笑うと見えるところだもん。言うと、セラミックだと10万円、と仰る。実は、あまりリアルにここに書きたくない歯科事情がありまして・・入れ歯の話なんか細かく書きたくないものね・・あれこれ工事が必要、その一本に、10万円は、支払い難い。

で、白くてそんなに高くない歯を、保険でしてもらうことになった。やれやれ。

奈良で長くかかっていたジイちゃん先生は、生涯一歯科医という感じの立派な先生だった。仕出しの昼食を注文しておられたが、何人かの衛生士さん他の方々より、200円足すから内容を豊かにして欲しいと頼んで。一番大きく品数豊富な弁当を食べておられた。八十歳は超えておられたと思う。ある日、電話がかかって、次の予約は無しにして下さい、と。先生が倒れられて入院、ご家族はこれを機に、医院を閉じようと決められたそうで、と、長年お世話になった受付の女性からの電話だった。

お見舞いも叶わなかった、それからほどなく私にも、家移りを決断することが起きて、それきりになって。少し落ち着いてから見に行った医院は、取り壊されて更地になっていた、それだけしかわからない。あえて判ろうとしないことにした。感謝だけしていよう、と。

・・・左手首は、使えるように使い続けて、パソコンも打ち続けて来たが、なんとか元通りの感じになってくれた。ダンっと手を突いたり力を入れたり重いものを持つのは避けながら、暮らしている。慣れた。

歯は、あれこれしてもらって、何とかなるだろう。骨付きの肉をギャートルズみたいにかじるなどは、控えた方がいいのかもしれないな、とは考える。甘い柔らかいパンより、塩分の絶妙なハードなタイプのパンが好きだが、バゲットは,こころして食べるべきなのか。

若い頃から歯は丈夫で、雑に使って来た気がする。

骨は年齢並みになっているということか。いや。あの台風の風は異常だった。

歯は・・今は、すごい技術でもって、なんとかしてくれる・・今年中に全部、きれいになるみたい・・。

多少は気を遣って大切に思いながら、できたらいつか、今度は、X ジャパンのステージを観に行きたいなあ、と、野望を抱いている。


まさこだのコムロだのの件については。まっとうな、アレらにふさわしい終焉の訪れるように、との、野望でなく、熱望を抱いている。





スポンサーサイト



 *  分類 : 日常
自動通知機能 : -  *  伝言 : 4  *  記事編集  *  2018年11月13日(Tue) 20時12分
ハード食パンと皇室乞食
KUONさん、私も最近はハード系のパンしか食べなくなりました。
ハード食パンも良く見ないとバターや生クリームは入ってなくても砂糖や何やらが入っているのがあるので
油断出来ません。
そこでバゲットに行き着きました。軽くトーストしてハーブでローストしたチキンとレタスとキュウリを挟んでアールグレイティと食べるのが一番のお気に入りです。
ジムで運動したり泳いだりした後のおやつにも持って行きます。

KUONさんの歯科治療の話を読んでいてまたも頭に浮かんだのは日本一贅沢なあの夫婦のことです。
負担ゼロで最高の至れり尽くせりの治療が受けられているのだと思うと怒りに似た気持ちが湧いてくるのでした。

どこに行くのも何をするのも至れり尽くせりの待遇を長年受けてきて慣れきってしまわない方がおかしいでしょう。
最後の最後まで国民が思いもよらなかった大散財をするあの老醜の夫婦にどこに高貴な徳があるでしょうか?

昔からアリとキリギリスでは怠惰に享楽的に遊んで暮らしたキリギリスが最後には泣きを見て哀れな末路を迎えるのを疑わなかったのに今の皇室はキリギリスの典型のような雅子とコムロが泣きを見るどころかまんまとのしあがって高笑いの有り様を見せつけられている。一番道徳に反する人間が得をしていて国民の模範どころか下劣の極みだ。

コムロはまだ潰れる可能性もあるが雅子はまさに棚からぼた餅が落ちてくるのを寝て待っていればよかったのだ。無能のまま義務も責任も果たさず女性最高位の皇后の座を射止めたのに、
働きアリの紀子さまは報われないままに差をつけられてしまった。
こんな理不尽なことがあるだろうか?

この悲惨な結末を招いた張本人は成り上がってきただけの徳のない美智子であることは疑い無い。
皇室を内からシロアリのように食い荒らした張本人が皇后をも上回る上皇后とお手盛りで名乗るという。

日本には神も仏もいないのだと思うしかないのでしょうか?
2018年11月13日(Tue) 23時02分       編集
なんかいいなと思いました。いや、歯のトラブルの大変さではなくて、読み終わった時の爽快感。透明感に満ちた文体は本を読んでいる感覚でした。
いつぞやの不思議な喫茶店のランチ話も、うまく言えないけどよかったです。
どちらも海が似合う物語ですね。
2018年11月14日(Wed) 17時21分       編集
No title
・ラピスラズリさん

今は何でも、甘い甘いですね。食べ物も・・梅干さえも・・飲食物以外も。

パンはハード系の。コーヒーはブラックで。紅茶も純ストレートで。下戸ですが甘ったるいものはきらいです。甘いものは、時により愉しみます。

いただいたコメントの中で・・高貴な徳なんかありません。今上お一人になら、ここまで感じない、でも、セットになってると、ね。

コムロ? あの、逆さピースしてベロ出してるゲス? あの写真一枚でもう、終わりのハズですが。あの男のあのワイ:セツ極まりないポーズの写真と、そこから酷い連想を誘発してそのまま静観しているお嬢ちゃん、これももう、ダメ、ですが。

>日本には神も仏もいないのだと思うしかないのでしょうか?

さあ・・どうなのでしょう。あのあたりが無茶苦茶になっているにしても。真摯に生きようとしている個々に対しては、一概に言い切れない気がします。

神さまも仏さまも、私は、おわしますと思います。美智子さんやまさこやコムロなんちゃらは、何かを代表するモノとは考えられないのでは、ないでしょうか。


・春日野さん

わ。ありがとうございます。私が一番あこがれるのは、「透明」なのです。昔からそうです。その「感」と書いて下さって、嬉しい。

イメージとしては、ホンマ手作りの果実酒・・果実の名残がいっぱい、瓶の中に浮遊していて、それが、時を経て底に沈んで行って、透明に見える上澄みが,陽に照らされて・・・そういうの、いいなあと、昔からイメージしています。

「シモーヌ」の店は、変わらず。いわゆる「常連」みたいになって、世間話とかするようになりたくなくて、時々、フツーの顔して行って、会釈くらいで迎えてもらって、黙って珈琲飲んで帰って来る。そういう距離感で、今でも、ますます、居心地のいい店になっています。
2018年11月16日(Fri) 19時32分       編集
シモーヌの店
なんかネーミングが素敵ですね。
まるで南フランスのマルセーユ辺りのひなびた町の片隅にひっそりと開いているカフェみたい。
シモーヌは昔いたシモーヌシニョレという女優さんに雰囲気が似ているとかですか?
顔は覚えていないけど名前は思い出しました。
今も適当な距離感でお気に入りの店として通われていると聞いてなんかホッとしました。

私はコーヒーは飲まず紅茶が大好きなのですが、紅茶の美味しい喫茶店に出会った試しがなく、いつもぬるいか薄いかに怒りを感じるので最近は喫茶店に寄ることも殆どありません。
家で思うさまカップも温めて熱々の紅茶を何杯も飲むのが幸せです。

晩秋の今頃になるとガロの学生街の喫茶店のメロディーがなぜか頭の中に浮かんできます。

あの頃は愛だとは知らないでさよならも言わないで別れたよ、君と....

切なくて心に沁みる詞ですね。
2018年11月17日(Sat) 19時25分       編集






管理者にだけ表示を許可する