FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 コロナの検査とか
オットを病院へ託して来ました。

病院の玄関には白衣の女性が立っていて、何の用かと聞かれる。今日から主人が入院を、と言うと、夫には腋ではかる数値の正確に出るという体温計を、私には、密着させないで測れるモノをピッとかざし、彼は36,3度、私は36,1度。とそれで院内へ入れた。

手続きをして上に上がる。四人部屋だが、かなりスペースにゆとりがある。。収納場所もばっちり。ていねいな言葉遣いのナースさんが来て、あれこれ教えてくれる、そして、病室内でなく、私のような付き添いの人間の待機場所で待ってくださいと言う。

明日に受ける処置について心外のドクターの説明を聞き、また違うナースにオペ以後のことなど聞き、解放されました。

十日間くらいの入院になるらしい。見舞いは遠慮して下さい、渡したいモノは係の方を通じて、と。隔離されるみたいな感じ。

フツーの、そんなに重篤でない心臓の病気である。が、ものすごく、病院のなか全体が、注意深くしている様子。
自分のとこから、ぜったい、患者を出したくない。そういう気迫に満ちているのだった。


先週の金曜日、お昼過ぎに突然、この病院の関連病院の院長先生とやらから電話がかかり、実は、と。昨日だったか今日だったか、コロナの検査ができるようになった、来週入院されて処置を受けられるご主人に、ぜひ、受けに来ていただきたい、今日の午後はどうだろうかと。

いかに夫ではあれど、私は本人ではない。電話が通じる時間なので、本人にかけてやって頂けますか、と、言った。帰宅して言うには、月曜日に行って来ると言う。へえ、呼びかけを受けたのか、と思ったが、ああ、そうなの、と、それはそれがいいでないのと思ったし。

この病気について、初めからいっさい、まったく、訳がわからないのが本当だった。が、パンデミックという言葉は、強烈なイメージだった。

あれよあれよとコトは進んで行くみたいだった。志村けんさんが、おそらくご本人さんは???のままに、命を落とされたことは、衝撃的だった。自分だけで済まない、ということも。それは大きなこと。

どこで感染者が何人、と報じ、死者がどれだけ、とも。どんどん、思っていたより事態はひどくなって、今年高校生になった孫は、入学式以後は自宅に籠るしかなく。社会人になった孫は、形ばかりの入社式のようなものも無いまま、動き始めて。

「その」検査は、いったい、どうすれば受けられるのか。どんな人が受けているのか。さっぱり分からないまま、外出を控え続けているしかなかった。

そんななか、いきなり、検査が可能になったから来て下さい、なのだった。今日の午後にでも、なのだった。

夫は、いざとなった時の自分の身について、無用な治療、延命について、かなり明確な希望を持っていて、私にそれを伝えている。文書にもしている。私もほぼ同じ考えを持っていると思っている。その夫が、その検査を受けると言う。

ついて行こうかと言うのを断り、一人で行って来る、検査する場所はきっと例のあれ、あれ、いるならいっぱいいるよ、あんたがそれを拾って来る必要は無い、と言う夫に、それはそうだね、とツルンと同意をし、行ってらっしゃ~い、と送り出したのだった。

それが、昨日のこと。まだ結果は出ていないらしい。数日中に出るらしい。どんな検査かしら、と考えたそれは、綿棒の長いので、鼻の奥の方の粘膜を、ぐりーん、とこそげ取る形式のものであった、と。インフルエンザの時にするみたいな。

聞いて気が抜けた、というのは、正直な話。

払ったお金について・・今まで、それをするのに幾らかかるのか知らなかった。どこにも示されていなかった。書かない方がいいのかどうか・・・ああ、そんなものですか、くらいの金額。5000円未満だった。自分から望めば「○○円」、夫のように呼び集められて受けたら、およそ四分の一、のお値段で、夫は、その検査を受けて来たのでした。自分の身近の、コロナ検査の話です。


スポンサーサイト



 *  分類 : 普通の話
自動通知機能 : -  *  伝言 : 4  *  記事編集  *  2020年05月12日(Tue) 22時16分
 ダラダラ
三月の勉強は今夜から行わせていただきます。

月に一度、大阪の天王寺へ行きます。昨日はその日でした。電車ガラガラ、街に人は少なく。まっすぐに歩けるのです。外国の方々の巨大なスーツケース? の姿が消え、氾濫していたコトバたちが吹きあがっていない、という印象。

用が済んで、では簡単にお昼を、ということで、時々行くとんかつ屋へ向かいました。1000円前後で、カリっと挙げられたカツやフライが食べられる。そんなメインだけでなく、たっぷりとした繊キャベツが同じ皿の上。別皿に、こうや豆腐、切り干し大根、壬生菜の漬物やカブの漬物を、取り分けられる。壬生菜、美味しいんです。トマトジュースにアイスティは必要なだけ注げます、カレーもお味噌汁も自由裁量で頂けるんです。家で雑穀米炊いているから、真っ白なご飯もおいしく。

その店の前に行ったら店内空いています。外から見ると、ブッフェの部分がすべて銀色のカバーで覆われている。店員さんに聞いてみると、

「今の時期、ブッフェはしていません」

けっこう切り口上な店員さん。コロナの・・と付け加えられました。私と、同行の知人は、、切り口上に圧される感じで、後ずさりして出てしまったのでした。

店員さんは、きっと、悔しくて悲しかったのでしょう。そこの方々みな、てきぱき笑顔の女性たちばかりだったのです。

避けたつもりは無くても、忌避した形になってしまった私も、奇妙な感覚でした。

帰宅してネットあちこち乗ってけサーフィン。今はとにかくコロナの話題。

ワタシのチビ会社にも、その影響は及んで来ています。中国との直接の関りは、持たないようにと(エラそうな言い方)して来ました。おいしい話も沢山ありました。でも、信用することが出来なかったので。

自分チがそうであっても、会社に注文を下さる、たとえば車を作っておられる会社さんが、中国から部品の一部を取り寄せて使っておられる・・・そういうトコ、とても多いはず・・・イコール、部品来ないと車できない、の図式。そうであると、わが社の凝集剤への注文いただけない、うちのモノ売れない、社員の仕事無い。おかげさまで他の、よその仕事は続いていますからすべてアカン、ではないのではあります。でも、四月から、毎週〇曜日を、工場の休業日にすることにしました。

毎週連休です。だよ、ワ~イ、という感じではないです。けど、その間に、夫は、先延ばししていた心臓の細かい検査やプチ手術を。私は、放り出していた掃除や片付けを。やっちゃおうと考えています。

全くカンケーない話題。がっくん、とか言うそうですが。育児に必死の妻をよそに、若い女優とフリンをしていたという、ガラスみたいな目ん玉のカラダのデカイ俳優。好きとかどうとか、何の感情も無いです、でも、思う。

あそこまで、ああまで、やられないといけないんでしょか。フリンはあかんこととして(と書いておきます)、妻の気持ちを測れないことアホのごとし、ボコられても仕方が無い! と言われれば、そうなのでしょう、が、しかし、見ていると「かわいそう」ではなく、憐れ、見るに堪えない、な気持ち。ツマの方の女優さんの顔が、私は個人的に好きでないのもあるでしょうが。あそこまで追い詰めて、いいことなんか無いと思う。私は。基本、夫婦の問題じゃん。

子どもがいるのに、と、それは大変でしょうが、子どもの父親を、そこまでワルモノにしないとアカンのか。バカモノなのは事実ですが。

だらだらトークですね、これ。

 *  分類 : 普通の話
自動通知機能 : -  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2020年03月18日(Wed) 16時43分
 ぼやいているワタシ。

韓国は「安倍総理なんかコロナにかかってしまえばいい」と言った。

私これ、平気でないです。許せない!とか、マナジリ吊り上げる自分というものを想像するのは、いいカッコしいなのでイヤ、なので、今、この記事も、知らん顔めいて書いておりますが、なんでこんなこと言われなアカンの。どうして騒ぎにならないの。

安倍さんを「擁護する」などの話ではないが、うちの国の総理大臣です。たとえば自宅の敷居踏まれたら平気ではいられない、それくらいのレベルの話としても、これ平気ではおれないことではないかなあ。

・・とか??疑問符を発してみたところで、自分なりの答えは出ているのですけどね。

日本はもう、日本ではなくなっている・・とか、日本語で書くのは、イヤだなあ。

イヤだけど・・・弱気になる、というか、爆発するような怒りを、持続させられないでいるのか、私。そうなのか。



元・法相とその妻がしていること、しようとしないこと、平気な顔していること、平気でないです。

顔が汚い。もうここで、「自分を棚にあげて、えっへへ」なんて偽善者にはなりたくない、汚いイヤな顔が、増えているんだぁぁ。

ふと思い出した。高市早苗という政治家のヒトは、奈良から出て、エラいヒトになっているよう。きっと頑張り屋さんなのでしょう。政治家になって、まずは、と言うのかな、マンション建てた。ゆったり設計で何十戸もある立派なマンション。できて、初めに、玄関先に黄色いペンキをぶちまけられていた。うわあ。こんなことされるんやぁ、とびっくりした。以後も、選挙に出るたびに所属先の変わっているヒトだったな。頼る男性も、もちろん。間近に何度も拝見した、シャネル風のピンクやベージュのスーツの似合うひとでした。

いま見るとお顔が全く変化されて。変貌、というのですね、これ。あの方は公人でいらっしゃるし、これくらい言ってもいいと思う、あんな顔つきになってしまうなら、ええと、何といいましょうか。

すっごく悪い顔になられる方が多いのですね、政治、なんて世界に住んでおられると。

昔お世話になった税理士さんが、「高市センセを」とか、張り切っておられて、私も若さのバカさ、後援会に入りました。な~んにも下心は無かったです。何かのたびに電話とかかかりました、私は、その税理士が、顔とろけさせてその政治家のセンセと写真に納まっているのを見て、へ~えええ、と感じ。そのセンセと決別した。青かったわ、私、KUON.。

ばぁか、と、感じてしまったのですよねえ。

政治家、とか書いておりますが。

政治というものを、しておられるかどうか、本当のところは解らないです。

思っていること、最後にひとつ。

世界中でわが国だけ、子どもたちの学校を一斉に休ませたこと。私は、立派なことと感じています。どちらにしても反論や細かいあれこれはあって当たり前。でも。





 *  分類 : 普通の話
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2020年03月10日(Tue) 20時41分
 当たり前。

父親が亡くなったのは、私が五つの時だった。裏庭で薪を割っていて、あ痛、とお腹を押さえて部屋に入って来て入院、その三日後には死んでしまったという。脾臓が破裂したのが原因だったとのこと。母はただただ、びっくりしたことだろう。

昨日の当たり前は、今日の当たり前ではない。

阪神淡路大震災の起きた、その朝のこと。奈良市にあった家の一階で、まだ眠っていた。起こされて目が醒めたが、まだ揺れていた、夫がテレビをつけていた。ものすごく大きな塀のようなものが倒れていた。戦争が始まったかと思った。爆弾が落ちた、とか。高速道路がひっくり返ったなど、思うこともできなかった。

東北の大地震の時は、自宅のパソコンの前にいた。友人に会って帰宅して、ホッとした時だった。ゆらあり、と揺れた時は、目まいだと思った。あら、わたし目まいがしている。ハッとして、テレビをつけた。とんでもない光景が目に飛び込んで来る・・・直前だった。テレビ局にいるキャスターさんたちが、懸命に、冷静であろうとしていた。天井から下がったプレート類が、ぶるんぶるん、揺れていた。

それまでの当たり前が、当たり前でなくなった。

今もつまり、そういう時の一つと思う。

後にならないとわからないことが、沢山あると思う。

こんなん言いながら、ヤケにならない自分、と思っている。



 *  分類 : 普通の話
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2020年03月08日(Sun) 22時00分
 マサヒサさん


今日とどいた喪中はがき。

奈良で、互いの子らが小さかった時、どちらかの子が熱を出したら預け合い、時に学校や園の行事の済んだ後に上がり込んでお茶を楽しんだりしたYさん。彼女は紅茶党で、すてきなガラスのポットで、香りの高い紅茶を出してくれた。私はガラガラとミルを回して豆を挽き、おいしいのかそうでないのか、よくはわからない濃いコーヒーを淹れ、あ~ゆっくりするわね~、などと、足を伸ばして、たあいのない話をした。子どもたちは周りで、ダンゴになって遊んでいたし。

賀状だけはずっと交換していた。その彼女の賀状欠礼の文面に、お父さまが九十二歳で、とあった。

よく話を聞かされた。二人姉妹の長女であるYさんは、父親に愛されている娘だった。私にはそれがビンビンと伝わっていたのだが、そういう父親をあたりまえに持っている彼女には、父親の無い私の,父性への偏愛じみた憧れは、ピンと来ていなかったようだ。

マサヒサさん。彼女は父親を、そう呼んでいた。母親のことも〇子さん、と呼んでいた。母親とは意志の疎通ができにくい関係であることも、話していた。私の目には、ときどき娘の家に悠々と滞在していたお洒落で美人で時間にとてもルーズだったお母さんは、ステキで、仲もよさそうに見えていたが。

一度会いたいわねと言いながら、長く会っていない。今は夫さんと二人暮らし、単なる同居人だという彼女は、どんな思いでこのハガキを書いただろう。「マサヒサさん」がこの世にいなくなって、自分に対してどんな思いを注いでくれた父親だったことかと、感じているだろうか。

私は羨ましかった。そんなお父さんのいる彼女が。

会ってお悔みなど口にしたら、あはは、持ち前のきょとんとした表情で、うん、まあねえ、そうなのよ~、と、他人事みたいに話すのだろうか。


 *  分類 : 普通の話
自動通知機能 : -  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2019年12月06日(Fri) 20時33分