FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 散ったのも五月

・海を知らぬ少女の前に麦藁帽のわれは両手をひろげていたり

・そら豆の殻一せいに鳴る夕母につながるわれのソネット

・ころがりしカンカン帽を追うごとくふるさとの道駈けて帰らん

寺山修司の短歌のどれが好きか、との問いかけには、答えが無い.応えようが無い。あまりにいっぱい有りすぎる。とはいえ、どれも好き、ぜんぶ好きとは言い難い。

なんとか「好き」と思いたかったあれこれ。天井桟敷にまつわるあれこれは、ホントは好きでなかった、と、いま、せいせいと言える。

高校の文化祭、階段教室で初めて見た寺山修司の「犬神の女」。あの芝居を見て「やっぱり自分でいいんだ、私の思いようと同じ世界があるんだ。こわがらなくていいんだ」の安心感、その安心感に導かれて私は、それまでとまるで違う方向へ、舵をきった。

今日は寺山修司の亡くなった日だという。四十七歳。

    母の蛍すてに行く顔照らされて 

妄愛した一人息子に、好きなように過去をつくられ、何はどうでもとんでもないことに先立たれてしまった母、寺山はつ。

息子は死んで、特別な安らぎを与えてくれた、激烈な悲しみも。

一冊の本を、かつて私は読んだ。いまは手元に無い。

天才とも狂気の人とも呼ばれた寺山修司を「修ちゃん」と呼び、嬉しそうにその幼い膝を引き寄せて写真に納まる、戦争によって夫を奪われた女性が、本の中から微笑みかけて来ていた。生涯、息子を「修ちゃん」と呼んだ人だった。

本は、手元に残せなかったけれど、その中の一行が、消し難く私の中に残っている。

    五月に咲いた花だったけど 散ったのも五月でした。「母の蛍」

・・・二十歳の寺山修司は、重い腎臓病ネフローゼにかかった。闘病は長期にわたり大学も中退、生死の境をさまよった。。
『われに五月を』の出版は、中井英夫(1922年9月17日 〜1993年12月10日、短歌編集者、小説家、詩人)が、「これほどの稀有な才能を、一冊の本も残さずに死なせてたまるかという気持ち」(『われに五月を』に寄せて)で尽力して実現したもの。母・寺山はつの「五月に咲いた花」とは、そのような実感だったと思われる。

      一本の樫の木やさしその中に血は立ったまま眠れるものを

   コメントありがとうございます。お返事は明日、にさせて頂きます。





  
スポンサーサイト



 *  分類 : 胸の痛いこと
自動通知機能 : -  *  伝言 : 5  *  記事編集  *  2020年05月04日(Mon) 22時34分
 睦月のおべんきょう Ⅳ
今日もぬくかったです。バス停を二つ手前で降りて、誰もいない海沿いの公園のベンチにかけて、思う存分ぼおおおおおっと。キラキラ光る海を眺めておりました。

ぬくい日と言いつつすぐに冷えて来て、マフラーぐるんぐるん鼻の下まで巻き付けて。てとてと歩いて、降りたバス停に戻って、私ひとりを乗せるために停まってくれたバスに、ヨッコラと乗り込み、帰りました。きもちよかった。

ワンコかニャンコか、抱っこしたいなあ・・・続けます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     わすれんぼ

はらはらと散り落つ梅の薄紅色 君は今日また喜びて食む  

   愛らしいピンクの花を咲かせる冬至梅が今年は遅めに咲いて、
   鳥たちの格好の餌食になりかけ、鉢植えなので家に取り込みました。
   へやは暖かいので散るのも早くなってしまいますが、しかたありません。
   「君」と呼んでも構わないよ~とおっしゃっていただけたので、喜んで使わせていただきました。
   我が家のおちびは、食が細くやせっぽちで食べさせるのに苦労していますが、花びらはいい香りがする
   せいか、舞い落ちたのを食べてしまいます。今日また、というのは初食いで去年も食べていたなあと
   思ったので。

   歳をとると体が思うようにいかなくなり、さまざまな問題が起こりますね。
   うちもいろいろありまして・・・
   皆様の健康をお祈りいたします。


(奈良の吉野の鮎たちは、桜の花びらを食べます。水面に散り敷いた花を、ぱくりぱくりと食べる、で、その地の鮎はいい匂いがすると言われています。
お宅のワンさんは、なんと梅を召し上がる。梅の香りがわかるのか、なんだか綺麗な光景ですね。
たしかに、高校生のころ、自転車で暴走、暴ブレーキかけていた自分とは、違うイキモノになっている気がします。気持ちはでも、今の方が「暴」なところもあるような(笑)。ゆっくり行きましょう、転ぶと痛い。長引く。
おうた「散り落つ」でいいのか「散り落つる」なのか、微妙なところで少し、立ち止まりましたが。


     おおやま よしの

   ●天皇皇后両陛下今春ご訪英の報を聞いて

やっと聞ける 皇后の英語 楽しみに
訪英の日を ワクワクと待つ

通訳が 無しで対話は 当たり前
今ごろ英語 猛特訓中?

お古でも せめてアイロン かけて行け
シワシワドレス 着るんじゃないよ

留守中に バックレちゃえば? 愛子ちゃん
内親王(ひめみこ)ごっこ やってられっか

   ●私事ーーーここから添削をお願いいたしますm(__)m

大好きな 乙女椿の 咲く頃は
愛の記憶と 繋がっている

(おおお、一気呵成に詠まれた「愛の記憶」の一首。こういううたも、こういう風にためらわないで詠んで下さい。大切な日々の記憶に。

大雪が 作る真綿の 白帽子
イイギリの実は 紅く輝く

(シンプルに、とても美しい図柄。冬の実の赤は、こころに留まります。

降り止まぬ 雪を二人で 眺めた日
冷凍保存の 記憶取り出す

(、、、。私も、こんな風に詠みたくなった。「冷凍保存の記憶」って。きっと永久保存ですね、とか。冷たいけどホットなのね、とか。私が乙女椿になってどうする。


今宵はここまでとさせていただきまする。明日は朝から家にいられます、もう少し進みたいです。でもやっつけ仕事になりたくないのです、すみません。



 *  分類 : 胸の痛いこと
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2020年01月29日(Wed) 22時49分
 愛子さんはいずこに 追記あります
YOUTUBE

愛子さま 18歳のお誕生日

誕生日の愛子さま、上皇ご夫妻に挨拶 笑顔で御所 …

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛子さん。12月1日に、18歳になられた。

例年のごとく、おもうさまと二人、御所の防音ルームで仲良しの動画を撮られておいででした。地球儀とパズルが、お二人の睦まじさのショウチョウのごとくあしらわれているのでございました。

仲良きことは美しきかな。ではありましょうが。18歳の娘さんって、父親と、あんな風に遊ぶものかな。楽しそうでもあるかな。この疑問は、今更、という次第となりますが。皇室一のカシコちゃんとか、英語はネイティブスピーカーとかエトセテラ、無茶アゲされていたお子さんでした・・・。

ナルさんは、おヅラ。これは事実。そのことに、私はどうこう言えるものではありません。言うとしたら、せめてマシなものを、と思うくらい。外国の王族の前で、両側頭部の部分が、鳥の羽根みたいにはばたいてしまったり。モノスゴクずれてしまって、俯いているしかない対面の方が気の毒過ぎたり、挙げればいろいろ。

ずらをわらうことはしない、出来ない、そうだと思う。ただ、きちんとしたヅラをお用いいただきたい。予算はあるでしょ。カツラくらいナルちゃん、上等のものをお使い下さい。

なんで今、ヅラの話題かと申しますと。

発表されている愛子さんの写真の、アタマ、髪がおかしい。頭頂部で一部を結びあげて、前髪を垂らして、頬も耳も見えないように、長い髪を肩の両側に後ろから持ってきている。

自毛でなく見えます。いや。自毛でないでしょう。量的に不自然です。髪の質も愛子さんの本来のものでない。

アタマの後ろ半分(過去にもそんな姿を出して来ていた)、髪をかぶせているのだと思われます。

おもうさまも、ないしんのうさんも、アタマにかつらくっつけて。かつてミテコさんは「皇室は髪を染めたりしないのです」と、常にきちんとしておられる華子妃に、あてつけのようなこと、言うてはった。皇室は質素に、とか。どの口がおほざきになられましたやら。くしゃくしゃのヤマンバhair、はりがね編んだみたいなカツラで後頭部すっぽり、お隠しになって。

とうちゃんもムスメっ子も隠居したはずのばあちゃんも、すぐに分かるような中途半端なヅラ、おつむにお置きあそばして。そこにこそお金をおかけあそばして、見苦しくなくなさいませ、てもんだ。

みっともないよ、笑われてるよ、あの特殊な方々こそ、こういう笑われ方をしてはイケナイのではないの。年間、自由に使える領収書の要らないお金が、内廷費、とか銘打って三億円。カツラくらい買えますよね。

買えよ。ヅラ。笑われないヅラ、お使い下さいよ。

・・・とか書いてますが、愛子さんの今回のおかしなアタマは、愛子さんのせいでないくらいは、わかっている。周囲の思惑でしょう。耳の形を、あれこれ検証されて来たので、おそらく、見られたくない。愛子さんは何人もいる、という前提があって。

でも。あはは。本来の愛子さんに、無かったはずの八重歯は、笑った顔にばっちり、存在するのですからね。あった八重歯を抜くことはあるとして、今の愛子さんの八重歯は? 湧いて来た?とか、考えてしまいました。

動画に音声は無し。実物と言われている愛子さんが、挨拶をされた動画があります。その声と、比べられては困るムキがあるのでしょう。

もう一つ気づいたこと。おじいさまおばあさまに挨拶に赴く愛子さま、車中で、つやつやのぴかぴかの笑顔で、窓の外に向かって手を振っていた。おっかさんと同じ、首をぴょこぴょこ振りながら、全力で手を振っていた。そこは、母親に似ない方がいいところなのに。

なんだかんだと言われましたが、私はやはり、愛子さんはオリジナルの昔の愛子さんでないと思っています。

皇室の人間が、生まれて来た子をそのままに受け入れることをしないで、とんでもない骨っ子や邪眼の子やその他・・・頭蓋骨の奥行きの短い愛子さんも存在していました。妙に顎の突き出たお子も。

なぜ、と問われて答えられません。多くの方々が懸命に検証されて来て、でも、両親であるはずの、ナルとまさこが、偽物でしかありえない小賢し気な子を、連れ歩いていた時期に、私は、あの三人を見てしまった。見て、帰宅して悪寒に襲われ、寝込みました。

ひとこと書くつもりでしたのに、書き始めるとずるずる長くなります。赤ちゃんの時、量の多い頭髪が爆発していた、濃いミルクを飲ませられて(濃い方がいと勝手に思ったママのしたこと)ぷくぷくに太って、でも、赤ちゃんの時の愛子さんは、可愛らしかった。

あの愛子さんは、どこで、どんな風に、花の十八才を迎えられたのでしょう。

追記。

ナルさんと並んでパズルをしている「愛子さま」は、私が思うに、岡田准一さんが主演した山の映画を「東宮ご一家ご鑑賞」された時の愛子さんですね。当時より太らせてあるが、顎の形や歯並びが。岡田氏とも会話していたし、人とも会話できる愛子さん。私の感想では、岡田准一は、なんか?????な感じで、ご機嫌麗しい内親王さんと接していたような。身内のどなたとして、何を指摘されるとか、無さそう。関西ではこういうの、↓。

はぁ~。よおやらはるわ。自分の娘、どこぃ隠してんのや。親のすることやないで、これ。







 *  分類 : 胸の痛いこと
自動通知機能 : -  *  伝言 : 7  *  記事編集  *  2019年12月01日(Sun) 23時09分
 霜月のおべんきょう Ⅴ
ご心配をいただいていたと思います。申し訳ないことでした。

うちのぢいさんは、30日の土曜日には退院、帰宅できるそうです。はじめのドクターの仰りようが、すこしいけなくて、実際よりきつい疾病のように思わせて下さったみたい。現実の方が軽かったので、まあ、よかったじゃん、と、気持ち、明るくなれました。

お優しいお言葉をありがとうございました。霜月のおうたは、なんとか霜月のうちに納めたいと願っています。よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     おおやま よしの

   即位礼や一連の儀式、パレードを拝して

高御座 すわっているの たってるの
立つも座るも 変わらじの君


  たかみくらすわっているのたってるのたつもすわるもかわらじのきみ


大雨に 大風で弊 落ちまくる
天が嘉せぬ 君が即位す


  おおあめにおおかぜでへいおちまくるてんがよみせぬきみがそくいす

頑張った よく立っていた 歩けてた
普通ができて 褒められる妃

  がんばったよくたっていたあるけてたふつうができてほめられるみめ

カーテシー する方もダメ 受けるのも
皇族として 学ばずの妃

  かーてしーするほうもだめうけるのもこうぞくとしてまなばずのみめ

涙する また涙する その姿
世界のロイヤル 笑いおるらむ

  なみだするまたなみだするそのすがたせかいのろいやるわらいおるらん

動員に 金がかかるの? ヤフコメの
賛美コメント いつもより減る

  どういんにかねがかかるの?やふこめのさんびこめんといつもよりへる

黄丹袍 召す宮こそが ふさわしい
高御座また 御身待つらむ

  おうにのほうめすみやこそがふさわしいたかみくらまたおんみまつらん

国母への 覚悟持ちたる 皇嗣妃の
御姿こそは 白百合の花

  こくもへのかくごもちたるこうしひのみすがたこそはしらゆりのはな

正真の 雛が二人 おわします
眞子姫佳子姫 光纏って

  しょうしんのひいながふたりおわしますまこひめかこひめひかりまとって

大嘗の 炎が映す 眞子様の神々しさよ 天上の皇女

  おおなめのほむらがうつすまこさまのこうごうしさよてんじょうのひめ

読み仮名をつけて下さり、ありがとうございました。「国母」は「こくも」「大嘗」は「おおにえ」と読みますと、また感じが違うと思われる方、多数と思います。濁音について考えますね。

伝統の、とかあれこれ、確かにめったに拝することの叶わぬ衣装や・・なのに、どっすん、どっすんとお歩みになられた、凄まじいカンバセのあれれの后、つい見てしまった自分が、バカバカバカ、と悔やまれて。まあ、何とも言えない茶番劇だったような。

ナルさんの負う元号のもとを選んだとか何とか(再び調べる気にもなれませず失礼しておりますが)の学者さんが、あの日の、白い低い虹を寿いで語っておられた、びっくり、げんなり、しました。

バレて来ていることもあり、嘘もようつき切らんバカタレ(含・宮内庁)が、これから、どんな逃げようを見せるか,タカミの見物と参りましょう。


     あさがほ

   夫の緊急入院時を思い出して重ねてしまいました。

夫の命救ひたまへと祈りしは神にはあらず魔との取り引き 
               (15年前の夫の大手術)

   神仏は魂は救うかもしれませんが、命のやりとりという修羅場では
   鬼神とか魔神とかが邪悪なほど強力な力を奮うような気がします。
   たしか密教の事相にもあった気が・・・

   あくまでも私個人の「感じ」です。もしご不快に思われたら削除なさってください。


力強いお言葉を見舞いにいただき、ありがとうございます。不快ではないです、まったく。ありがとう、ばっかりですよ。

何かね。なんとなく、持病と寿命は別物、という気がしております。私の夫は(ぢいさん・(笑))ものすごく神さまに好かれそうな、年を重ねるごとに「いいひと」度がアップしていまして。でも、人には先祖がやらかしたことの・・あああ、書き出すと長くなります。背負ってしまっていることもあり(いいことだって在りますよね、同時に)、どんなにいいヒトにだって、理不尽な現実がある、というのも、おそらく事実と思います。ポコッといなくなられたら、淋しくて辛いだろうと、このたび改めて感じていましたが、仕方ないの気持ちもあって。脳梗塞は過去もあり恐れていましたが、心臓とは思っていなかった。でも、初めの医者が「腐ってゐる部分がある」とまで言った心臓が、もうしばらく、動いていそうな感じですし、ちょっとリセット気分で、行けるところまで行こうか~、とかいう感じなのです。
うまく言えずにおりますが。ありがとうございました。





 *  分類 : 胸の痛いこと
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2019年11月27日(Wed) 20時43分
 大輪の花が
佐藤しのぶさんの訃報に接しました。61歳。

佐藤さんの歌声を、一度だけ聴いたことがあります。四十代の頃だったと記憶します。「椿姫」。

ある方に招いていただいたのです。初めて経験した歌声でした。「椿姫」という小説が、けっこう好き、と口にしたことが発端でした…もっと若い頃に、娼婦マルグリットの愛の深さというか、ひたすら恋人アルマンのためをだけ考えて生きた女性の在り方に魅かれた、と話したことを、覚えて下さっていて、ご一緒に、と誘ってもらったのでした。

佐藤しのぶさん。美しくて華やかで、堂々とされていて。

結婚もされて、女の子を授かられて、もちろん仕事もいいお仕事を積み重ねられて。

こんなに何でも持てる人もいるんだ。何もかも持てる女性がいるんだ。そんな風にも感じていました。自分と比べたことは無いし、何を比べたらいいのかは分からなかった。

努力はされていただろうし、そんなのは当たり前。理屈は抜きに、佐藤さんと聞けば、ああ、という風に、素敵だなあと感じていた。遠い世界の方ながら。

病名等は明かさないで、とのことだそうで、明かす必要も無いと思います。

61歳って、お若いです。
何といえば的確なのか、ありきたりですが、大輪の。本当に大きな、鮮やかな薔薇が、みたいなイメージ。

昔はじめて見たオペラというもの、そのステージの真ん中に君臨されていた、大輪の花。

その方の「マルグリット」は、私のなかの「巴里の娼婦」と、いささか異なっていたと思います。私が、オペラの世界の約束ごととか、何も知らなかったせいでもあるでしょう、ゴージャスであることは、佐藤しのぶさんという声楽家の持ち味そのものだったとも解るし、違う、と感じたそれは個人の感覚でしかない。

なんてことを、こてこて書いてみても詮のないこと。あの美しい・・美しいとしか言いようのない・・・類を見ないような大輪の薔薇が、酷暑を越えてようやく秋が、という時期に、この世を去って行かれた。儚いことよ、なあ、と。


 *  分類 : 胸の痛いこと
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2019年10月04日(Fri) 18時55分