FC2ブログ

白日夢

暑さとかお茶ばかり飲んでいる自分のヘタレた胃袋のせいとかにしたくないのですが、実際、元気でないです。誰かに電話かけて・・とも思えず、ただ、ぼーとして過ごす時間が多い、今日この頃。

X ジャパンを、大きな音で聴いて。3曲くらいでおしまいにする。

最近たのしんでいる、ものすっごく安い遠くの家の間取りを、思い出してみる。100万円どころか10万円くらいで売られている家が、たくさん。

先日来、何度も見ている北の港にある家は。ええとあれは、幾らでしたっけ、10万円から100万円までの家でした。賃貸でなく、そんな値段で売り出されているの。

部屋数は三つか四つで、バス停だってそれなりに近くにある。外観が「いいな」と、何度も眺めて。

何度も眺めた家の何軒、赤い屋根とか青い屋根で。国道沿いみたいで、三角屋根。高倉健さんが、いっとき身をひそめていてもおかしくない感じ、何がどう「感じ」なのか、説明はできませんけど。

現実に、建ってから50年も80年もたっている家を、買って,うつって、そこで暮らしを始める。そんな話でない、知らない町の知らない家を、あれこれ、思うだけのことです。

一人暮らしていた頃は、ちゅる~んと住み場を変えていました。東京にもいたし名古屋は足場だった。母の家はありましたが、くつろげる実家、というのでなく。冬の高山、冬の長野、あれ、夏には移動しなかったんだ…軽井沢には、当時のトモダチの大きな別荘があって、いい思いもさせてもらいました。軽井沢より、三重県の漁港が良かった、私には。尾鷲、というところでした。青鷺の島、というのがあって。大きなヒマワリが咲いていました。

能登半島の先っぽ、狼煙という海辺の村に住んで見たかったが、果たせませんでした。

水平線が、地球の丸みなのでした、そこは。

笠智衆みたいな宿のご主人が、毎晩、お休みなさいと挨拶しに来てくれた。数日泊るつもりが十日ほどい続けて、明日は帰りますと言ったら、退屈されませんでしたか、と。

しませんでした、退屈は。何もしないで、美味しいご飯をいただいて、海の方をずううううっと、眺めていただけ、退屈なんかはしないわ。

でも、もう一日いなければならなかったとしたら、退屈でどうしようもなかったかもしれない。

現在みたいな出版不況の世相だったら、私みたいな気まぐれちんぴらおんなに、そんなことできるお金は降って来ていなかったでしょう。

いま住んでいる町へは、夫のカラダと仕事の兼ね合いを優先して、去年、来た。住みやすい町で気に入っています、花の一鉢も世話していない、毎日ハムスターと、バルコニーに来るスズメとに声をかけ、夫が、気のすむまで(必要としていただいている間)体と気力が保ちますようにと、シンプルに願いつつの暮らし。

ここで夫を見送りたい。多分それは、叶うと思う、その後はどうなるかな、と、それも考える、私は奈良へは帰らない。

奈良は過去のまち。夫より先に夫の母親を見送ったら、私の「するべきこと」は、すべて、終わり。もういいと思います。
婚家のヨメ業務は終了。

いまの部屋に、一人で住む気はしません、こんなに広くなくていい、もう一部屋は無くていい。

引っ越しは疲れるから、具体的には今までのように考えられないのは事実です、思い付きでは動けない、今の自分。

で~も~ね~。

これからの私には非現実的であることも、ウフウフ、夢想してみるのは、楽しい。

こんなところに、住んでみるのもいいなあ。こんなお家もいいなあ。そんな夢想をします。のうみそ、茹ってるかな(笑)。

あ、ケタ間違えていました。売値一万円。そんな、ちょいとそそられるお家があるんですよ、あれこれ見ていると。。


スポンサーサイト



夕べの寝言

風の音が鳴り続いています。空は晴れています。

ベランダの椅子を室内に入れて、バケツ等も入れて、あとは何もしない。明日、台風がひどくなっても、このまま10階の部屋の中にいるつもりです。床の上に椅子無しで座っていられないし、階段ますます無理ですし、自宅にいるわ、というのが、私にはいいです。

風がうーうー唸っているこんな日も、夫は工場へ行きました。昨日も行きました。昨日は、帰って着替えて、長女夫婦と、ちょい上等の焼肉を食べに行きました。明日から4日間は、仕事は休み。

夫のワルクチ書いてやろ、とか思っていましたが、迫力のあるワルクチ書ける気になりません。あちらは理系、こちらは雑系。考え方も思うことも何もかも違うのは、初めからのこと、今更って感じでもあり。

めんどくさいってのがあります、言うても彼はいいヒト。優しくもある。家には妻子があるとわからないはずが無いのに、おふくろの言うがままにオカネ運んでいた時期が長かったヒト、親の大借金押し付けられて逃げなかった人、ワタシ大変でしたが、最後は私の味方でいてくれるようになった人。

今は、給料や年金や、入って来るお金はすべて、くれる。ウチのぢいさんの何よりの問題は、シンプルに、おカネに関することが大きかったので、つまり、もういいのですね、これで。なんとか暮らして行けます。

60歳過ぎまで、タクワエというものに無縁だったのでした。夫は、よく頑張りました。

できたら元気で、なるべく長くいて欲しい。仕事ももっとずっと、していたいと言うので、そうあって欲しい。ストレス多い過ぎ越しであったと思うので、今程度の気楽さで、いさせてあげて欲しい。

など思うのであります。

なんだ、つまらないこと書いたのかも知れない。失礼いたしました。今は空は灰色、風は凄い音、でも、小さな小さなスズメたちが、いつものようにパンを頂戴。と、飛んできています。飛ばされないのかな・・・


明日から八月のおうた、お呼びかけさせていただきます。




朝の寝言

ゆうべは何とか眠れた。台風系の風が、しっかり吹いていた。深夜にエアコン消して、南北の窓、あけはなして寝てみた。朝までイけた。
朝も、最近にしては、まあ許してやってもいいか、くらいには朝らしかった。比較の問題です。
食欲は、そんなに無かったが、冷たい豆腐と大根おろしとトマトジュースを朝餉にした。朝ごはんは、各自、食べたいものを食べる。休日の朝は夫にサーブしない。あちらもね。

冷たい紅茶をおいしく作るにはタイミングとコツが大切。だらだら~っと氷に熱い紅茶を注ぐだけでは、アカンのです。私はそう思っています。うちのぢいさんには分らない。ペットボトルに入った、ベタ甘の飲み物を、紅茶だと思っている。一日に一本くらいなら、黙っていることにしています。アンナノコウチャジャネエヨ。と思っているけど、口には出さず。

で。家の中ではルンバが走り回っている。わが家のルンバ、そのまま「ルンちゃん」は、聞いていたほどあまりカシコクない。去年の医療費の還付金で(そんなの戻るくらい去年は医療費が巨大だった)、そんなら、で買ってしまったルンちゃん、この子しか知らないわけですが、ホントにドンくさいのです。

動かしている間、ずっと見張って・・いや、見守って。あ、そっちダメよ、と鼻面にスリッパ触れて方向転換させてやり、も一度畳の部屋がんばって来て、と導いてやり、ンンガガガグェ、と、テレビ台の下でコンセントにからまれて助けて~とか叫ぶし、任せておいて朝刊読もう、とはさせてくれない。

どんな基準で動いているか、丸い平べったいカラダを、うぬぬぬぬ、と移動させながら、角っこの小さな綿ぼこりなどは、基本、無視する態度。平面はオケー。

言いながら、ルンちゃんに頼っている昨今。掃除機が重くて使いにくくて。マキタの小型は、気のせいかすぐに電気が切れてヘタりはるのどす。

ホコリでは死なん、の生き方を貫いて来た、うちのぢいさんは、脳梗塞の後にノドが敏感になって、埃ダメダメ、コタえるヒトとなり、私たちの暮らし方も少しだけ変わった。

家具は最低限に。余分なものは持たない。空きスペースをできるだけ多くして、とにかく埃を抱え込まない。

それくらいは私、守っている。でもぢいさん、それだけでは済まなくなった。綺麗好き、になりやがった。

は。やがった、なんて。つい本心が現れて来た、ルンちゃんもよく頑張った、お宿に還してあげよう。そして、どうでもいい朝の寝言(この記事ね(笑))、いったん、ここまでとさせていただきます。

ホントは、初めてほどに思いっきり、ぢいさんの「陰険部分」を書き連ねて、りゅうういんを下げて見たかったのでは、あった。



風がたっぷりで



風がごちそうだと思う。風が、たっぷりで、ぜいたくと思う。

海から直接とどく、まっさらな風。

オンボロになったソファに、新しいカバーをかける。うす水色の、今は使う予定のない、頂き物の、ちょっといいブランドの、夏掛け。サイズはぴったり。ぴったりにする。余りの部分はぎゅうぎゅう、押し込んで。

夏、いいじゃんと思う。

新品になったみたいなソファにかけて、風を浴びて、幸せ。

三時になったらスイカを食べよう。




なんでもあり、の今なんですね。

出かけない日は、ほぼ毎朝、習慣になっているいろんな方のブログを訪問したり、ネットの記事などを読んだりしています。

中で、数日前に見てうげーっとなり、今朝見て再び ウゲーっとなった画像。皇室のまさこさんが、子どもの日に先代から受け継いだという公務の訪問で、居並ぶ園児たちに

「うあ~~」とかいう感じに笑いかけている場面。

醜いにもホドがあった。

お団子型をぺったんこに押さえつけてオジサンみたいな髪、最近ずっとこの色、な、白っぽいスーツっぽい着衣、そんなことはもう言いません、国賓の前にどうでもいい服装で出て来る女なのだから、そーゆーことは、わざわざ。

マナーだとかプロトコルだとか、そういう一切、今のあの旧家には無い。誰もおかしいと言わず、誰も制しない、アドバイスも無い、先代からのマイペース、勝手放題で、どこかにはその恐怖の吹き溜まりが存在しているのだろうが、なにせ天下無敵、コワい人のいない世界で、オツムが人並みに…以下、略。ナルさんがそのトップですよ。ナルさんのツマは、ナルさんよりオエライ.強権持ち。

褒めてくれるから、どこへでも出て来る。カティシーもしなくていいし。しこの頃は見るのもイヤ、でも見たりもする、

まさこさん、その、お腹に乗っけてる両手、脇におろしなさいよ。叩き落しに行きたくてイライラします、あんなことさえ誰にもどうしようもない。

・・画像。顔がひどかった。目、見開いて、歯並びの悪い口、媚び媚びで開けて、子どもたちに、多分、わらいかけたつもり。

笑顔じゃない。媚びているの。あの立場のニンゲンが、ワタシいいひとですよ~アピールの、おかしな笑い顔、してたつもりなの。

つくづくアホでね、あのお方は。あの立場がわかっていなくて(利用はしているのよ)、外国から来られた方にドーゾドーゾ、やらかしたり、オバサンそのものの井戸端会議しかけたり、以下略。歯並びの悪いのはあの人のせいじゃないって? そんなこと無いと思うわ、ずーっとヒマでサボってたのだから、歯列矯正だって、やればできたはず。今は透明なのや目立ちにくいのや、いろいろあるし、望めばもっと激烈な方法だってある、あの人のオカシイのは、言い訳無用、すべて、本人のせい。肌が汚いの、もちろん本人のせい。体質によるそれだって、努力次第で変わり得ることのできる世の中ですよ。どれだけでもお金かけられる、人前に出るのもお仕事なら、フツーに仕事されるなら、そのためなら、」惜しいけど仕方ない、おカネかけて下さいってもんですよ。

だらだらだらしない「お引きずり」感は、先代のあのお人も同じでした。こういうところだけ似るんですね。

あー、汚い。と、言い続けても仕方ない。

妻にはな~んにも言えないご亭主をお持ちの点も相似形。幼児を相手にお買い物ごっこをしてあげられたらしいですが。


写真の後方に、現・都知事も写りこんでおられました。

だいたい、ナルマサさんたちを迎える場の,オジサンたちは、皆さん、めっちゃ嬉しそうに相好崩して、いつもはドンダケエラそうやねん、と、想像力の少し働かせれば容易、と感じさせるオジサンでも、とにかく、ここ一番、の笑顔になってること、多いと思っています。

制服着ているような方々・・駅のホームで敬礼して、とか、そういう方々は、見ていて切ないくらいきっちりした敬礼姿の背中側を見せて下さること多いのですが・・同じことは、そのオエラい二人を迎え入れて何やら案内サレルオバサンにも見られる・・あなた一体どうされました、の、笑顔になっておられる・・と、常々、見ておりまして、お腹の中で、、、、、ね、と。私イジワルなので。

結論に行きます。

ご機嫌にアホな夫婦のお姿、さらしておられる背後に、都知事がいて、の話。

椅子に座って、スカートから出ている二本の脚は揃えておられなくて、目の前のおバカビップ夫婦を、ふううん、とばかりに。もっと言えば、関心ないわ~、とばかりに。

眺めておられた、小池知事さん。私、この方にも特にいまここで、と申し上げることは無いが(言いたいことの無い、という意味ではないです)、ちょっとおもしろかったです。

こんな風に堂々と、オジサンが、たははははは、、何だかわかんないけど「たはははは」と見守っている中、あ~あ、とか、もしかしてば~か、とか、いう感じで、眺めていたっていい、今、なんだなと。


プロフィール

今も夢見る

Author:今も夢見る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

願ってはいましたが叶うとは思っていなかった、海を眺めながらの暮らし。

朝はじめてのコーヒーは、バルコニーで。

ルージュは、シャネルの赤。ずうっとそう。きっとこれからも。

・・・ちょっと、かっこよすぎる。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
▲ top