FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

Archive2018年11月 1/3

引っ込まないよ、あの圭くん。

No image

朝からテレビを見た。53歳になられた秋篠宮さまが、言葉を選びながら話をしておられた。話されたすべてを、月末の用を済ませて帰った後で、読みました。記憶に残っている部分に触れます。 「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません」 「結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだと思います」 「小室さんからの連絡は、2~3ヵ月に一...

  •  2
  •  -

さようなら勝谷さん

No image

勝谷誠彦さんの訃報は、ちょっとショックでした。いつも、何もかも、同じ考えというのではなかったけど。昔、,西原理恵子とアマゾンへ行った時のサイバラの本の中での「かっちゃん=勝谷さん」の描かれ方がすてきで。追いかけてあれこれ読んだり知ったりした、ものすごく過激な人でもあった、でも人柄のキレのいい、品のいい方だったと思います。まだ50代。灘中から灘高、そっから東大ほかへ進まなかった人に、勝谷さんの他に中...

  •  2
  •  -

美智子さんのしたこと。

No image

これまた「平成最後の」とうたわれて、新嘗祭が執り行われたようです。新嘗祭と聞けば、反射的に胸をよぎる思いがあります。何年か前に書いた記事。偶然なのか何なのか、かつての自らの記事に再会し、となれば読み直して、あああ、と。これを書いた時と同じ思いの自分でおりました。変わりないんです。けっこう「不敬」みたいなことを書いているのです。今も「不敬」とは感じず、やっぱりこれ、このままで通って行くのね、など、そ...

  •  2
  •  -

「神さまに申し訳ない」と宮司さまは

No image

今年6月20日に、靖国神社の社務所会議室で開かれた「教学研究委員会」での、宮司・小堀邦夫氏の発言、その音声が外部に流出し、宮司は辞任に追い込まれた。当日は職員10名が参加していた。そこから始まった、ということですか。「週刊ポスト」(10月12・19日号)に、記事は掲載されました。報道の三日後に小堀氏は、皇室の祭祀をつかさどる掌典職に直接謝罪、退任の意向を伝えた、と。十月の末の辞任です。常識的な「一...

  •  2
  •  -

静かなラップ

No image

奈良の家へ帰って、残していた写真アルバムを大量に持ち帰りました。ムスメに渡したいのが第一目的。これも断捨離。自分の写真も懐かしい。若い。年と共に笑顔が自然になっていっているみたいな、過去のワタシ。孫息子が、YOUTUBEに歌、アップした、と言うので、聞いてみました。柔らかい声。何というかフシギな、静かな、なめらかなラップです。可愛い孫であっても、人さまに聞いてもらうわけには行かない、と感じたら黙っていよ...

  •  7
  •  -

霜月の「みんなのうた」

No image

雲間より洩れこぼれる太陽の光が、なにゆえか自信なさげな弱弱しい風情。風は、張りの無い空を、ぴゅうぴゅうとただ渡っております。海は凪いでいます。凪いで、しらじらしい海です。でも太陽は。だけど太陽は、今日は弱弱しくとも。明日もいささか厭世的な太陽であっても。この星が生まれてからずっと。いつも頭上には、太陽があった。消えたことは無かった。幾日ぶりに、そんな思いで、太陽のある方を、眺めました。十一月も、お...

  •  2
  •  -

ヂゴクはこれから。かも。

No image

おはようございます。昨日は、とても悲しいというか、いいかげんにして下さい、な出来事がありましたので、美味しい揚げパン記事、あげてしまいました。ちょっと楽しかった、ので、その出来事はもう、忘れられそうなので、忘れる、捨てることにします。ぽい。はい完了。簡単でないのは、ロールスロイスという車を、2回ほど乗って・・・今上夫婦と、息子夫婦・・・しまっておいて、来年ナルの大事な行事に使えなくなっているとて、...

  •  2
  •  -

ギョニソのお話。

No image

今でも好きだわ、ギョニー。魚肉ソーセージです。お魚の肉(実?)が、実(じつ)はどんだけ入ってるか、そういうことはまあ。たんぱく質含有量、とか。今は気にしないで先へ行きます。昔からあるメーカーのやつが美味しいです。何かで読んだのですが、今もほとんど手作業に近く作られている「ギョニー」があるとか。そのままでも食べられる、でも、ギョニー(昨日ほうもんしたブログの主さまが、こうネーミングされていて、笑った...

  •  2
  •  -

前・宮司の重い言葉

No image

前・靖国神社宮司でいらした小堀邦夫氏の「独占手記」から、続けさせていただきます。この色の部分は、誌上に書かれているままの引用です。情報流出から小堀氏の辞任届提出、実際の辞任まで、信じられないスピードの「事件」のようにも思えました、その関連の手記として、読ませてもらっています。前回は、靖国神社が、昭和21年に宗教法人となったということ。単立宗教法人であること。つまり、「もともとは国のため、天皇陛下の...

  •  0
  •  -

元宮司さまの「思い」に。

No image

 ただいま発売中の雑誌です。申し訳ないながら、大して何も分かっていないながら、あれこれ調べたりもしたアタマで感じたことなどを、少し、記して行きたいと思います。靖国神社の元:宮司、小堀邦夫氏の「独占手記」より。KUONの勝手書き。この文字は宮司さまの書かれている通りの引用です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10月28日、秋晴れの青山葬儀所に於ける北白川道久さまの葬...

  •  2
  •  -