FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

Archive2019年06月 1/3

お菓子も「水無月」

No image

今日は「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の日です。あちこちの神社では、フツーの人も気軽に参加できる「茅輪(ちのわ)くぐり」の茅の輪が用意される・・ということですが、こちらに来て未だ、茅の輪をくぐる機会に恵まれません。それをくぐれば罪穢れを祓って無病息災を祈ることが出来る、というのですけど。まあ、煩悩もない事には、うたも面白くないかも。おととしまでは長い間、派手派手しくは名を知られぬ古い小さな神...

  •  4
  •  -

淡くかなしきもののふるなり

No image

乳母車                            三好達治母よー淡くかなしきもののふるなり紫陽花(あじさい)いろのもののふるなりはてしなき並樹のかげをそうそうと風のふくなり時はたそがれ母よ 私の乳母車(うばぐるま)を押せ泣きぬれる夕陽にむかって轔轔(りんりん)と私の乳母車を押せ赤い総(ふさ)のある天鵞絨(びろうど)の帽子をつめたき額にかむらせよ旅いそぐ鳥の列にも季節は空を渡るなり淡くかなしきもの...

  •  8
  •  -

信じたいために

No image

近畿地方ようやく梅雨入りとのこと。こんなに梅雨を気にしたこともなかったです(笑)。住まいの周囲の、樹や、木や、紫陽花の花アガパンサス、みんな、ぐったりしていて、ひそかにドキドキしていまして。今日は完全にヒマを楽しんだ日で。二十世紀の真ん中の年に生まれた私、中学生でビートルズに出逢い、高校までそれを聴きつつGSにお目目になり、一番夢中になりやすい年頃で、学寮では一人一台、ほぼ全員が小さなラヂオを持ってい...

  •  5
  •  -

水無月もうたに満ちて

No image

六月、水無月の「みんなのうた」まとめさせていただきます。彩とりどりのブーケのように、それぞれの方がそれぞれ素敵なおうたをお寄せくださって。嬉しいです。今年も、これで半分が終わる、ということですか。詳しくはないシャンソンの、心に住みついているあの歌。「人生は過ぎゆく」。そう、人生は過ぎゆく。きちゃないこともものも、忘れてしまおう!。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...

  •  6
  •  -

ラストどす

No image

雨の降らない関西に住み、わたし自身がからっからに乾いていまして、おうたもあまり出てこない、ひとを疑って横目でじろおり、もそっと元気を出したいもの。続けます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     パール☆そもそもが持ってたのかと苦笑い やる気スイッチまだ帰らない同病相憐れむ、とか言うのでしょうか。わたくしのスイッチも、まだ帰りません。やれやれ。☆ノンアルと...

  •  1
  •  -

水無月のおべんきょう Ⅴ

No image

続けます。投稿されたうたの変更や、HNの変更など、お申し出下さったことは、個々に対応させていただきますので、ご安心くださいね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     かげろう   3月に福井県を旅行しました。   平泉寺白山神社は印象に残りました。越前の苔むす階歩み来て古き社に柏手ひびく必要なところに必要な言葉が配されて、趣深い一首。「階」は「きざは...

  •  2
  •  -

へえ。ほう。

No image

「秋篠宮さまは「娘の結婚の見通しについてですけれども、それについては私は娘から話を聞いておりませんので、どのように今なっているのか、考えているのかということは私はわかりません」と述べられた。」へえ、そうなんですか。...

  •  12
  •  -

うたのおべんきょう Ⅳ

No image

続けます。雨が来ません。この色が詠草。この色が詠み人さんの名前。詠み人さんからのメッセージ、詞書など。この色はKUONが書いている部分です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     まめはな・道端の木に枇杷の実が鈴生りて花束の如し明るき朝(あした)明るい豊かな感じのうたです。朝、であることに希望が見えます。「鈴生り」という言葉はありますが「鈴生りて」は難しいで...

  •  2
  •  -

おべんきょ Ⅲです

No image

お待たせしております。続けます。この色が詠草。この色が詠み人さんの名前。詠み人さんからのメッセージ、詞書など。この色はKUONが書いている部分です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     ギボウシ   (20年余り、ベランダで鉢植えを育てています。水やり以外の世話はロクにしてきませんでしたが、      毎年5月に艶やかな姿を見せてくれていたのに、今年は…)...

  •  5
  •  -

おべんきょう Ⅱ

No image

続けます。この色が詠草。この色が詠み人さんの名前。詠み人さんからのメッセージ、詞書など。この色はKUONが書いている部分です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     かりそめ*ひとり行く夜道に人の群れ座る足を止めれば紫陽花の毬想像して、おお、なんと、と。大きな紫陽花、みっしりと丸く咲いていて。*知らぬ地の住所濡らせば届かざらむポストを傘に入れ投函す非常に細か...

  •  5
  •  -