FC2ブログ
続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     selala

梅雨明けぬ 灰色の空 仰ぎつつ 晴れぬ思いの 令和文月

お作に触れていい、との前提として、書かせて頂きますね。

定型のリズムにきちんとのって、まとまったおうたと思います。細かいとこさわります。この一首の切り出し方は「いい」のです。ただ「梅雨明けぬ」には一通りでない解釈があり・・梅雨が明けた、の意味と。梅雨は明けていない、の意味と。おそらくこのうたは明けていない、の方でしょう。梅雨の明けない灰色の空を、の意味ですね。


紫の 俯いて咲く 花の名に 光の宿る 文月の夜

ロマンティックな風情の一首。「紫の 俯いて咲く」ここまでは解ります、つぎ「花の名に」ここから問題。「花の名に 光の宿る」ううむ。花の名に光の宿る、とは。どのような名の花でしょうか。光、に関するお名前? そして「文月の夜」に、その「花の名に光の宿る」って。特殊な場面なのかと、疑問がわいてしまうのです。

なんとなく素敵、で、通されないで、きちんと詠み尽くされればなあと感じます。「名」はいっそ、除かれればいいのかも知れません。難しくても、あいまいにしておかれないで、アタマ絞ってへろへろになられても、せっかくの一首、生かしていただきたいと思います。・・私は私のままに、と思われる方はおられますので、もちろんそれはその通りですので。始められたばかりのこの時に、申し上げておきたいのです。人さまの作品に、私も自分なりに懸命に向き合っています。うなりながら手を入れて、これは自分の思いと違う、と言われれば、ひくしかありません。


朧げに 光は過ぎて せせらぎの 音も幽かに 蛍寄り添う

雰囲気をつかんで出されるのは、お上手で素敵と思います。 


     アルジェリマン

黒煙の上をヘリ飛ぶ空梅雨の夕(ゆうべ)に災の広がり行く
                  
   【となりまちの火災を目撃して】

一点。「広がり行く」に一文字足りないのが、ここでは落ち着かないです。「広がりて」行く、か、昔風に「広がり行くも」とかにされるか。

赤錆の外階段に猫五匹一段置きに寝たり起きたり

ちょっとレトロな写真みたい。赤錆の外階段だから、自由な猫たちが活きています。

鉢植えの放置されたるアパートに老女がひとり近づいて行く

ひそやかに杖の音鳴るアパートの階段上に老女の姿

生垣も庭も荒れたる古家の売り家の文字太く鮮やか

堂々の空き家の屋根のどこからかスズメ飛び出すスズメのお宿

この4首、連作として読みました。アパートと、堂々の空き家なので、同じ情景でないかもしれませんが、うたの匂いに共通するものがある・・・この老婦人も、売り家の文字のような、過去をちょいと覗いてみたいような(失礼ですが)方でないか、と。ミステリアスな感を抱きます。

興に乗り気付けば知らぬ道ばかり黒犬見上ぐおうちへかえろと

まっすぐな目で見上げる黒犬さんは、ちょいと不安になったのか。でも大丈夫、飼い主さんと一緒ですから。

浅黒く若い力士はさっそうと甘い匂いとイヤホンつけて

   【大相撲名古屋場所開催中、若いお相撲さんが地下鉄にのります】

お相撲さん、いい匂いがしますよね。お肌もぴっちぴち、ぴっかぴか。で、眼鏡かけていたり、イヤホンつけていたり。


・・・・・申し訳ないことですが、今日はここまでとさせていただいます。




2019.07.17 Comment:6

<今月もおうたを寄せて下さり、とても嬉しいです。

昨日は久しぶりに京都へ行っていました。祇園祭まっ盛りの京都、蒸し暑い長い期間の祭りを乗り切って行かれる京都。すごい気力体力と思います。夏の着物をしゃりっと着こなした女性がたに紛れて、どれもチマチマ、小さく盛られて美しい、しんねりと美味しい和のごはんを、いただいて来ました。話題も会席膳ふうです。私にはいささか退屈でもある場の、みごとにまろやか一辺倒の空気が、安心でもある。

駅近くのかつて通いなれたラーメン屋さんを、ふと恋しくも思いましたが、寄らずに帰って来ました。

夏の冬瓜、鱧さん。お豆腐の淡い味の底の、しっかりした旨味。

何かどこか、詩情のごときものがひとかけら、還って来てくれたような。おべんきょう始めます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     かりそめ

   一番乗りははずかしいけどエイヤーッ!


*漢(おとこ)立つアガパンサスの咲く庭に痩せし五体に甚平纏ひ

おっとっと。なんだかカッコええ。選んだ言葉に、読みての想像力にすべてを任せて、一人の「漢(おとこ)の存在感を浮き立たせている。「アガパンサス」の語のパンの響きも心地よい。

*幼子が待合室を這ひきたり我にすがりて立たむとすなり

ううむこれは・・。作者にとって、このお子が自分のところへ来るとは思っていなかったことであって。それが、来て、自分にすがって、かつ立とうとした。けっこう強い力できっと、すがって来たのでしょう。にこにこしながら。ある種、衝撃的ないとおしさに駆られた作者さんであられたかと。

*飼ひ主の歩調に合はせ小走りの犬の瞳の生真面目に澄む

この「生真面目に澄む」が、とても素敵ですね。あ~可愛い。

*星々の守りあるゆゑ伸び伸びと人ゐぬ道を我が家めざさむ

よくわかりますが「人ゐぬ」、ここ、もうご一考を、と申し上げたいです。

*神々の涙かこの雨は夏の寒さはなんの兆しぞ

これもよくわかります。ただね、短いです。言葉が足りない・・もったいないから、「神々の涙」の後、たとえば「神々の涙なるかも」とか・・・

*天照大神すら読めざるが祭祀長妻神も怒らむ

読めなかったのは、昨日今日の話ではない。二十数年も前のこと。

皇太子の妃となろうひとが、テンテルダイジン、とお読みあそばした。そのまま懶惰の時を過ごして、まことに実の無い、ハリボテのその位置に、居座っている。神さまが怒っておられる、を越えて、アマテラスオオミカミさまは、身をお隠しになっておられると。このところ、よく読みます。同感です。

うたとしては「祭祀長の妻」と「の」を入れられたらいいのでは、と思います。


2019.07.17 Comment:1

三連休に入りますので、今月は今日から詠草をどうぞ、と、お呼びかけします。

基本は五七五七七、みそひともじの定型の短歌。いささかの字余り字足らずは、それはそれ。

この記事のコメント欄へお寄せください。裏からのご訪問はお受けできません。お一人何度でも幾首でも。

一首でもいい、詠んで・・書いてみてごらんになりませんか。

レッツ・歌詠み      


16日、火曜日の夜までです。

                       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村田諒太、ファイトだ!。
          勝った、やった!。



2019.07.12 Comment:23


風がごちそうだと思う。風が、たっぷりで、ぜいたくと思う。

海から直接とどく、まっさらな風。

オンボロになったソファに、新しいカバーをかける。うす水色の、今は使う予定のない、頂き物の、ちょっといいブランドの、夏掛け。サイズはぴったり。ぴったりにする。余りの部分はぎゅうぎゅう、押し込んで。

夏、いいじゃんと思う。

新品になったみたいなソファにかけて、風を浴びて、幸せ。

三時になったらスイカを食べよう。




2019.07.10 Comment:6


おととい、初ゼミを、聴いた。まだなんか、うす緑色の声だった。雨が少なくて、出て来にくかったのか。

けっこうな大雨が降って、地面の底に向かって雨は浸みとおって行って、セミたち、ようやく、もぞもぞと出て来られたのかも。

あ、セミが鳴いているな。読むでもなく眺めていた旧い図鑑の、見開きページいっぱいに描かれたスイカの、断面の赤が、半世紀前に眺めた時より黝ずんでいる。

セミの声は若い。






2019.07.09 Comment:4


今日は、海が碧くて風がそよそよありまして、夜には阪神タイガースが勝ちまして、すてきな日でした。

まだへたれておりまして、気に入るように文章をまとめられません(エラそーに  )。というわけで、今夜もしつれいいたします。おやすみなさいませ。





2019.07.06 Comment:2
鬼の攪乱。

だるうて、だるうて、どないもならへんのです。からだ全体が、たぷたぷ、目鼻のある水袋みたいな感じ。

いちにち、なんとか過ごしましたけど、早うにやすませてもらいますぅ。



とか言いつつ。新聞で読みました。

くじら。クジラのカツ、食べたい。固くて、いい油なんて使っていない店で揚げてた、くじらのカツ。一枚10円だった。

(著書によれば)東海林さだおさんは、ウスターソースで(むかしは、ソースと言えばそれのことでした)食べておられた。大人になって、大作家になられて後も、ふと足が向いて、猫のいる店で、幾切れかに切り分けられて供される、衣が離れそうに反り繰り返った鯨カツに、たっぷりの辛子を添えて、ソースでアググ、と。いつ読んでも旨そう。

がしっがしっと噛みしめながら、美味しかったな、鯨のカツ。鯨カツ。叶うならば、こじゃれていない、今や珍味、なんとかかんとか大仰なこと言わないで出してくれる、天井に扇風機の回っているお店で食べたい。付け合わせのキャベツは荒っぽく刻まれていて、キャベツにもソース。

しんどいねん、うたいつつ(言いつつ、の意)、食べ物を思いつめる。まだ大丈夫、明日も元気で目覚めるでしょう。

お返事も書けるでしょう。     




2019.07.04 Comment:9
出かけない日は、ほぼ毎朝、習慣になっているいろんな方のブログを訪問したり、ネットの記事などを読んだりしています。

中で、数日前に見てうげーっとなり、今朝見て再び ウゲーっとなった画像。皇室のまさこさんが、子どもの日に先代から受け継いだという公務の訪問で、居並ぶ園児たちに

「うあ~~」とかいう感じに笑いかけている場面。

醜いにもホドがあった。

お団子型をぺったんこに押さえつけてオジサンみたいな髪、最近ずっとこの色、な、白っぽいスーツっぽい着衣、そんなことはもう言いません、国賓の前にどうでもいい服装で出て来る女なのだから、そーゆーことは、わざわざ。

マナーだとかプロトコルだとか、そういう一切、今のあの旧家には無い。誰もおかしいと言わず、誰も制しない、アドバイスも無い、先代からのマイペース、勝手放題で、どこかにはその恐怖の吹き溜まりが存在しているのだろうが、なにせ天下無敵、コワい人のいない世界で、オツムが人並みに…以下、略。ナルさんがそのトップですよ。ナルさんのツマは、ナルさんよりオエライ.強権持ち。

褒めてくれるから、どこへでも出て来る。カティシーもしなくていいし。しこの頃は見るのもイヤ、でも見たりもする、

まさこさん、その、お腹に乗っけてる両手、脇におろしなさいよ。叩き落しに行きたくてイライラします、あんなことさえ誰にもどうしようもない。

・・画像。顔がひどかった。目、見開いて、歯並びの悪い口、媚び媚びで開けて、子どもたちに、多分、わらいかけたつもり。

笑顔じゃない。媚びているの。あの立場のニンゲンが、ワタシいいひとですよ~アピールの、おかしな笑い顔、してたつもりなの。

つくづくアホでね、あのお方は。あの立場がわかっていなくて(利用はしているのよ)、外国から来られた方にドーゾドーゾ、やらかしたり、オバサンそのものの井戸端会議しかけたり、以下略。歯並びの悪いのはあの人のせいじゃないって? そんなこと無いと思うわ、ずーっとヒマでサボってたのだから、歯列矯正だって、やればできたはず。今は透明なのや目立ちにくいのや、いろいろあるし、望めばもっと激烈な方法だってある、あの人のオカシイのは、言い訳無用、すべて、本人のせい。肌が汚いの、もちろん本人のせい。体質によるそれだって、努力次第で変わり得ることのできる世の中ですよ。どれだけでもお金かけられる、人前に出るのもお仕事なら、フツーに仕事されるなら、そのためなら、」惜しいけど仕方ない、おカネかけて下さいってもんですよ。

だらだらだらしない「お引きずり」感は、先代のあのお人も同じでした。こういうところだけ似るんですね。

あー、汚い。と、言い続けても仕方ない。

妻にはな~んにも言えないご亭主をお持ちの点も相似形。幼児を相手にお買い物ごっこをしてあげられたらしいですが。


写真の後方に、現・都知事も写りこんでおられました。

だいたい、ナルマサさんたちを迎える場の,オジサンたちは、皆さん、めっちゃ嬉しそうに相好崩して、いつもはドンダケエラそうやねん、と、想像力の少し働かせれば容易、と感じさせるオジサンでも、とにかく、ここ一番、の笑顔になってること、多いと思っています。

制服着ているような方々・・駅のホームで敬礼して、とか、そういう方々は、見ていて切ないくらいきっちりした敬礼姿の背中側を見せて下さること多いのですが・・同じことは、そのオエラい二人を迎え入れて何やら案内サレルオバサンにも見られる・・あなた一体どうされました、の、笑顔になっておられる・・と、常々、見ておりまして、お腹の中で、、、、、ね、と。私イジワルなので。

結論に行きます。

ご機嫌にアホな夫婦のお姿、さらしておられる背後に、都知事がいて、の話。

椅子に座って、スカートから出ている二本の脚は揃えておられなくて、目の前のおバカビップ夫婦を、ふううん、とばかりに。もっと言えば、関心ないわ~、とばかりに。

眺めておられた、小池知事さん。私、この方にも特にいまここで、と申し上げることは無いが(言いたいことの無い、という意味ではないです)、ちょっとおもしろかったです。

こんな風に堂々と、オジサンが、たははははは、、何だかわかんないけど「たはははは」と見守っている中、あ~あ、とか、もしかしてば~か、とか、いう感じで、眺めていたっていい、今、なんだなと。


2019.07.02 Comment:16