FC2ブログ

九月のおべんきょう Ⅲ

続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     あさがほ
  
  師の君は彼岸花咲く野を超えて天翔る風となりたまひしか
                         (恩師ご逝去)

上村松園の絵を思い描いてしまいました。奈良の住まいからけっこう近いところに、松園の美術館があったのです。今はお孫さんの時代ですが、いっとき、憑かれるように絵を見に通っていました。

こんな風に偲んでいただける「師の君」の生の豊饒を想います。


  山は寂し海はかなしとたれか云ふ都会の果ても道は昏きに

  去年(こぞ)のこと昔の如く若き日は昨日のやうな記憶の不思議

  ひと年はひと日に似たり
  一生も一日に似て
  夕陽あかあか

私が「手を触れる」ところは無いような気もしますが、せっかくなので一か所。
三首目、古典的仮名遣いで詠んでおられますので、「昨日のやうな」は「昨日のやうなる」と、字余りになっても「る」があるといいかななど、思いました。


     黒猫アビ

 ・台風が来るのを予知し鳥たちが
  いつもと違う動き飛びかう

自然の生き物は敏感ですね。よく見て捉えておられると思います。どうしようかな、と考えたラスト、あまりいじって説明的になるよりは、「動き飛びかう」のところ「動き 飛びかう」と、空間を一文字入れて、このままにされたらいいのではないか、と。

 ・待ちわびた秋風感じ窓あけて
  自然の風を部屋中みたす

嬉しい一瞬ですね。感じが素直に出ています。「自然の風を」ですと、続きが「部屋中に」と「に」が必要になります。初めのままですと「自然の風に部屋中みたす」となります。「てにをは」難しいと思いますが、たくさん歌を読まれて、できれば声に出して読まれると、なんとなくわかって来ます。実は私が、理論的に言い得ない、ということもあります。

 ・災害は千代田の一画降りそそげ
  水の総裁いるから平気

触ってしまいます、お許しを。
「災害は千代田一画に降りそそげ水の総裁いるから平気」

こういう歌は、イキオイが大切。ゆえに、できれば字余り無しで。・・・と書きましたが、ここはやはり「一画」だなあと思い直しました。失礼しました。


・汗流し拭き掃除する部屋中を
  心のモヤも拭き取るように

体調もおよろしいのか、前向きな健康的な一首です。

     かりそめ 

   〈美しき日本〉

*深草少将のごと百日紅ひと日も空けず咲きつぎてをり

恋しいひとのもとへ、ひたすら毎日、通いつづけた深草少将。その少将の、愚直ともいえる一途さに似て、酷暑に褪せず咲きついだ百日紅。いのちのことを考えておられる。

*榠樝の実いまだ小さく尻青し容すなほな楕円形にて

*毬栗に鉄条網に流星に色なき風は傷つかぬまま

こういった一首を、秋の始まりに読める。うたを続けていてよかった、心ぐれなくてよかった、と思います(ホントは立派にグレておりますが)。

   〈ありがたき日々〉

*病院に通ふ日かずの減りにけりいつしか椎のたわわに実る

ああ、よかった。よかった。よかったです。

*賜りし健やかな日々祝ふとて週のひと日は鰻の昼餉

鰻、たくさん、召し上がって下さい。体力おつけになって下さい!。

   〈祭祀できぬが天皇とは〉

*降りそめし雨のなにしか塩辛し天も悲しみ堪(こら)へきれぬや

*あれほどに堅固に見えし砂の城波ひとつにてどつと崩るる

崩れようが、あからさまで・・・

   〈五年前〉

*悲しみは激痛なりと知りたりしみちのくの旅忘れえぬ旅

*命かけ帰る燕の声つらし震災あとのみちのくの空

命をかけて還る燕、帰った先に見たものは、と、うまく感想書けません。


スポンサーサイト



九月のおべんきょう Ⅱ

続けます。

・・・・・・・・・

     ゴネコ

花びらの形に切られた耳の先引き継ぐ生を持たぬ野良猫

ええと。この猫さんは、耳の先を花びらの形に切られている・・・ということは、たとえば飼い主のいなかった時代に、どなたかの愛情がかけられて、不妊のための処置がなされたコである、ということなのでしょうか。
その証が、花びらの形に切られた耳の先、なのでしょうか?
一代限りの生を、いきいきと生きるんだよ、お前、ということ?。

猫の世界もいろいろあるようで。このコは、自分分の一生は、許された。でも、次代に引き継ぐ命は、許されていない。そういう一首なのですか。野良猫。
私は、花びらの形、の一語に、いろんなことを思いました。

うたとしては、最後の「野良猫」に、足らざるものを感じます。いちばん簡単にうたを整えられるなら、最後に「の」を加えるか「持たざる猫の」とされるか。
花びらの形にカットするって・・・。じゃっきん、とするのでなくて。


     KUON

・疲れたり夏に灼かれて手も髪も十六夜の月呆と視てゐる

・疲れたり夏に灼かれて髪も手も十六夜の月呆と視てゐる

・真剣に進路を語る十七才頬にまつ毛の影を揺らして

・夜の更けにわれを訪ねて来たりし孫(こ)せなか掻いてと不意に甘ゆる


     まめはな

・祭祀せぬ故の酷暑かこの夏の引き連れ行きし熱死者数多

この夏の」の「の」が気になります。
「この夏が」と。「が」とされたらどうなんだろう、と。うたに濁音を使う場合は、考えることも多々ありますけれど。


・蝉鳴かぬほど暑き夏終わりけり事故災害の爪痕深く

・先折れの人参買いて思いけり我買えば他人(ひと)買わずに済むと
   (これは買ってから気づいたので、こう思って自分を慰めたのでした)

人参も喜んでいますね、きっと。こういった感性の方に、浮世はしんどいこと多いかも、など感じます。要らんお世話ですか。

・さざ波のように寄せ来る虫の声我包む朝(あさ)秋は来にけり

・捨て置きしトマト緑の芽を吹きて秘めし力に驚かれぬる

うたの内容も形も、言うことはないのですが、私感、最後の「ぬる」以前も同じことを書きましたが、私的に気になります。私感です。間違ってはおりません、とも申し上げつつ。


プロフィール

今も夢見る

Author:今も夢見る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

願ってはいましたが叶うとは思っていなかった、海を眺めながらの暮らし。

朝はじめてのコーヒーは、バルコニーで。

ルージュは、シャネルの赤。ずうっとそう。きっとこれからも。

・・・ちょっと、かっこよすぎる。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
▲ top