FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

Archive2019年12月 1/2

サヨナラ、ありがと、今年。

No image

朝からぢいさんが掃除機かけてくれました。そんなによれよれしていません。戻っているのか新たにつながって行っているのか。よくわからないが、パソコンを見られるようになっているし、何通もの請求書を打ち出せました。まだまだ「へ?」ってことばかりですが、少しずつ前へ行ければ上等、大丈夫。ありがたや~。始まったばかりです。こんなにここまでこうなって来られるとは思っていなかった。これからは毎日、なんとか出来た、行...

  •  5
  •  -

おおみそか・イヴ。

No image

こんばんは。今年もあと一日を残すのみ。十二月下旬は、なにやかやと非日常なことが起こり、なんじゃなんじゃと過ぎてしまいました。大掃除も賀状書きもお節作りも、ぜ~んぶ、出来ませなんだ。私が道路にダイブして、一時的に両手が自由でなくなり。二十日過ぎには、ついこの間、心臓外科の患者になった夫が、再びの脳梗塞を起こした。心臓の定期検査を受けに行って、実はねセンセイ、これこれでおかしかったんです、ちょっと不安...

  •  6
  •  -

あっちこっち痛いですが。

No image

こんばんは。左腕は固定されているので、重くて不自由ですが、いたくないです。右腕を頼ってすがって暮らしております。打ち付けてより数日、藤の花をデザインした総絞りの振袖のたもと~って感じです。すごい色です。でも頑張ってくれています。脚も、きちんとぶつけていました。黒タンっていうけど、これがそうなのね、と、あまり経験の無い我が身の変化を、しげしげと眺めています。顔も、打ったり切れたりしていました。鼻の下...

  •  0
  •  -

やっちまった、ご報告。

No image

きのう、用先の玄関を出ようとして。小さい段が三つ、あるのを認識していたのに、つまり転んでしまいました。めがね大丈夫。歯も折れていない。が、なんとか起き上がって、やっちゃったわあと、目前のことに呆然としている方々にテヘヘ笑いをしてみたものの。脚は何とか。両腕をやられた。去年、台風の風とタタカッた左前腕がものすごく痛い。右腕は、ひだりよりまし。こうしてパソもうてる。くわしくは後ほど。というわけで、おべ...

  •  12
  •  -

師走のおべんきょう Ⅳ

No image

今朝の日の出は本当に美しいものでした。毎日ながめていて、とくべつにどうということの無い、ふつーの山並みの、その一部分に、クリアな赤い色が燃えながらあらわれて、赤が濃くなって金色も伴って太陽が昇った、ぐんぐんと。今年最後の墓参りに出かけたのです。墓地はしいんとしずまって、詣でるひとの姿も無く、花の色も無く。今日はすこし立派な=値段の高い= 供華を手向けて。大阪のMさんのお宅へ立ち寄らせてもらいました...

  •  3
  •  -

師走のおべんきゃう Ⅲ

No image

続けます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     かりそめ*桟橋を老父と息子歩みゆくぽつりぽつりと言葉交はしつ桟橋という場所の設定が想像をたくましくさせます。周囲にはほぼ人がいない。桟橋の上に空があり、まわりは海、いつまでも続く道でない、そこを。老父と息子が、ぽつりぽつりと言葉を交わしながら、歩んで行く。どこなのか誰なのか何の話みたいなのか、わからないけど、その「画」は見える。さいごの「...

  •  1
  •  -

師走のおべんきょう Ⅱ

No image

続けます。ゆっくり、ぽてぽて、行かせてもらいます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     白萩我が腹のひ孫見るにはあと半年 祖母は逝きたり厳寒の日に はじめ読んだとき「ひ孫見るまで」ではないか、と、感じたのでした。でも、そうではない、「見るには」には、どうしても見たい強い思いがこもっているのだと考えなおしました。ひ孫さん。見たかったでしょう、おばあさま。見せて差し上げ...

  •  3
  •  -

師走のおべんきょ Ⅰ

No image

師走の「みんなのうた」おべんきょう始めます。今年も十二回目。欠けない快感。詠み人さんのお名前。詠草です。詠み人さんからのメッセージ、詞書、など。KUONが書いている部分です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     アルジェリマン見上げれば残照の空 捕獲器のイタチ静かに空へ渡りき表記のままでまったく問題ないのですが、「見上げれば」。→「見上ぐれば」。と言ってもいい。二つ、声...

  •  3
  •  -

みんなのうた  師走のお呼びかけ

No image

こんばんは。十二月。師走。今年最後の「みんなのうた」詠草を、とお呼びかけ申し上げます。今夜から十七日、火曜日の夜までです。基本は五七五七七、定型の短歌。いささかの字足らず、字余りはそれはそれ。自由律でいけないか、とのお問い合わせがありました。いけなくはない。ただ、私の方に、受け入れるには未熟だもんね~、の自覚がありまして。ご理解いただきたいところです。お一人さま、幾度でも、何首でもどうぞ。うたの成...

  •  19
  •  -

決算の時期です。

No image

あ あ あ。やっとこさっとこ、書類が揃いました~~~。とか言ってるが。自分のデスク周りにあるだけの、どこへも逃げない、どこへも隠れない書類たちを、まとめるのが、いつもいつもどんなに大変だって、実際そうなんだし、毎年わかってるのに、成長が無いのですわワタクシ。この時期は、毎日ドキドキしながら、毎日ドキドキしながらひやひやしながら、なのにちっとも取り掛かれずにいて。数字がキラいなんです。きらいとかでな...

  •  0
  •  -