FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

Archive2020年01月 1/2

睦月のおべんきょう Ⅵ

No image

続けて参ります。行くぞ~。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     わすれんぼ吹きあがる灰にまとわりすさまじくCGのごと雷の舞う雷舞い灰もくもくと吹きあがるタール火山の恐ろしきかな(その様子を、ほんのチラリとしか見られなかったのでした。世界のあちこち、地球が暴れている感の強いこの頃です。明日、どこで何が起きるかわかりません。一日生涯の気持ちを持って凛々しく・・とか...

  •  5
  •  -

睦月のおべんきょう Ⅴ

No image

続けます。今は少しだけですが。夜にも楽しみを残せます。今日は、市役所と歯医者へ行く。西宮市民となります。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     パール☆冬至より35秒陽が長く太陽はもう春へ進めり     (12月23日)(理科と算数は壊滅的なワタシでした、このように35秒陽が長く、と仰られると、おおお! とひれ伏す思いです。そうなんだあ・・・すぅごいな地球。「太陽はもう春へ進めり」の「...

  •  3
  •  -

睦月のおべんきょう Ⅳ

No image

今日もぬくかったです。バス停を二つ手前で降りて、誰もいない海沿いの公園のベンチにかけて、思う存分ぼおおおおおっと。キラキラ光る海を眺めておりました。ぬくい日と言いつつすぐに冷えて来て、マフラーぐるんぐるん鼻の下まで巻き付けて。てとてと歩いて、降りたバス停に戻って、私ひとりを乗せるために停まってくれたバスに、ヨッコラと乗り込み、帰りました。きもちよかった。ワンコかニャンコか、抱っこしたいなあ・・・続...

  •  3
  •  -

睦月のおべんきょう Ⅲ

No image

こんばんは。続けさせていただきます。今日は歯医者さんで、一時間。その一時間の内容といったら。ううう。痛かったよお・・・お上手で優しくていい先生なんですけどね。ワタシの歯が、根っこごとずれて・・あ、やめます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     かりそめ*みづからも人もあやめず今ここに万両の実の艶を愛でゐる(一読、けっこうショッキングでした。フツーの顔して、こんな...

  •  4
  •  -

睦月のおべんきょう Ⅱ

No image

続けます。勝手ながらご挨拶部分、省かせていただいてます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     黒猫アビ ・お正月家族あつまり嬉しくも  支度するのが重荷になりし(正直な素直なおうた。最近実感すること。若い時は、今の自分の疲労感やめんどくささなど、感じなかったんだなあ、わからないんだ、ということ。うちのアホ娘、腕も脚もずっきずきに傷んでいる母親のところへ来て、大の字になって...

  •  3
  •  -

忙中突破?

No image

更新が滞っています、のぞいて下さっている皆さま、失礼しています。ありがとうございます。・決算のための手続き終えて。黒字で決算。 社員のみなさま、ありがとうございました。わたし頑張った。よかったです。・計画していた奈良から兵庫県への移転のこと。肝心の本社はもうしばらく先ですが、倉庫兼実験室(仮称)及び社宅(仮称)、一月中に手配出来ました。念願だったので嬉しいです。・。姑さん関連のこと、・あちこち受診...

  •  1
  •  -

睦月のおべんきょう Ⅰ

No image

遅くなりました。睦月、一月の「みんなのうた」おべんきょうを始めます。ゆっくりと発車です。元のおうたを最大限に生かして最小限に触れる、の思いで、うたに向かっております、私にもそういうことがありました、「えええ、これ、私の気持ちじゃない」と、朱筆の跡を見て。(お直しされた部分ですね)。そういう時は、これ違うのよ、と仰って下さい。ああそうなのかと、私も再考できると思います。で、元の形がいいか、手を加えさ...

  •  2
  •  -

電車に揺られて

No image

墓参り、初詣、ようやく叶いました。今までは奈良へはレンタカーを借りて行き、ついでに買い物をし、車でないと行きにくい店へ行き、などしていましたが、もう運転をしないと決めたぢいさんと一緒に、バスや電車やタクシーで。その時が来たらこうしよう、と考えていたように。お墓は静まり返っていました。鹿がウロウロしている墓地で、花も、置かれたお饅頭(これは今はほとんどされません)も、新鮮なうちにモシャモシャと鹿さん...

  •  2
  •  -

走り書き

No image

ひさしぶりにバスと電車に乗って、大阪まで用事に。階段をよじ登るのがここまで難行になるとは。親しい人にも会い、楽しい思いも出来ました。なんじゃそれ。途中。刈り上げ、服の中身たっぷり、顎は三段、という、隣国のあの、みたいな男性が、とても親切にして下さり、思わずカムサハムニダ、と口から出た。にこにこ笑った将軍様(風)であられました。ホントに助かったのです。ありがとうございました。甘えて当たり前とは思って...

  •  0
  •  -

睦月のうた、おいで下さい。

No image

気持ちが柔らかくなって来ました。夫の体調が(完全には元に戻らないにしても)なんとか落ち着いていて、自分の大事な大好きな仕事場へ、通えるようになって。小脳に出血したので、足元は頼りないです、でも、頑張って歩こうとしているし、歩けてもいる。完璧に元のように戻れなくてもいいです。周囲に助けていただきつつ仕事は、できているし。それが彼の大きな望みですし。微妙に、そこがヤラレたのかな、と首かしげてしまう変化...

  •  18
  •  -