FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 静かなラップ
奈良の家へ帰って、残していた写真アルバムを大量に持ち帰りました。ムスメに渡したいのが第一目的。これも断捨離。

自分の写真も懐かしい。若い。年と共に笑顔が自然になっていっているみたいな、過去のワタシ。

孫息子が、YOUTUBEに歌、アップした、と言うので、聞いてみました。

柔らかい声。何というかフシギな、静かな、なめらかなラップです。可愛い孫であっても、人さまに聞いてもらうわけには行かない、と感じたら黙っていようと思ったのですが、私はこの声、好きだなと感じたので。

「youtube goodbye today」と検索したら出て来ます。ザキオ、と名乗っているそうです。よろしければ一度、聞いてやってください。

明日はゆっくり、宮司さまの記事に向き合いたいと願っています。



スポンサーサイト



 *  分類 : 日常
自動通知機能 : -  *  伝言 : 7  *  記事編集  *  2018年11月25日(Sun) 23時13分
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年11月26日(Mon) 08時25分       編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年11月27日(Tue) 08時02分       編集
No title
・ヒミツの〇〇さんと◇◇さん

同じような感想をいただき、同じようにヒミツのコメントでのお返事が難しいので、さらりと書かせてもらいますね。

子や孫がどんな風に生きて行くのか、ばあちゃんの口出しできるところではありません。いっしょけんめい生きてくれたらそれで上等、それが上等と思います。

私は空手をやらせたかったのです、稽古に連れて通いました。古い禅寺での稽古でした。道着を着けて、まだ幼い孫息子は、型を、けんめいにさらっていて、、でしたが、ある日「人を殴るのはイヤやねん」と。なるほどと納得しました。高校一年まで野球少年でした。アタマをバリカンでクリクリにして、周囲のオジサンがたに、少年野球の頃は、本当に可愛がってもらいました。中、高の部活にも休まず行きました、でも、くったくなく集団行動ができない子のようでした。

野球を辞めたいといった時、不安だったのは「すること」を失くすことでした。なんぼでも甘い方向へ行けるし、もっと怖かったのは、何もしないでいるようになることでした。都合で別に暮らすようになって。詩を書き始めている、歌うようになった、と聞き、したいことができたようだと知り、嬉しかったです。苦手の勉強もいささかのアルバイトもしながら、自分の世界を作って行っている。いいじゃん、と思いました。

思いが裡にこもるような子で、不器用で、言葉もゆっくりでした。

17歳。何もかもこれから。でも思えば、保育園時代、迎えの時間よく、園庭のジャングルジムのてっぺんに上って、歌っていました。ページをひらいて押すとメロディの流れる本を、私は、大量に買ってやった。夜は一緒に寝ていて、私のくちずさむ万葉集を、うん、うん、とリズムとりながら聞いていたなあ、と。変わった環境でしたか(笑)。

ゆず、の「栄光への架け橋」という歌を、始めから終わりまで、気持ちよさそうに唱っていたなあと思い出します。気が済むまで放っておいていました。

関心を持って下さり、激励していただき、ありがとうございます。


2018年11月28日(Wed) 21時46分       編集
まだ拝聴していませんが
こんばんは。

ご紹介されているようつべにまだアクセスしておりませんが、コメントを拝見し、「栴檀は双葉より芳し」という語を思い出しました。
ジャングルジムのてっぺんで歌っている姿、目に浮かびます。

後々になって、ああそうだったなぁと思うことがあるような気が、私も、最近の小僧さんを見ていて思います。
親の望む通りにはならないけれど、だからこその子育てなんだな、と思ったりしました。
2018年11月30日(Fri) 21時56分       編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年12月03日(Mon) 11時28分       編集
・ゴネコさん

私には娘が二人。事情で、孫息子を、専用みたいに育てさせてもらえることになり、アホを覚悟で申せば、まさにタカラモノでした。時が来れば、うまいことバアチャン、捨てられてやりたいと願って来ました。それもそのようになりそうで、幸いだなあの思い深しです。

充分、思ってくれていると己惚れていますが、そばへ寄ってくれなくていい、とにかく、前へ向いて行って欲しい。だんだん距離をひらいて、特等席で眺めているんだぁ、と、いい気分でおります。これから色々あるのは当たり前ですけど、もしかしてすごくヒドいことになるにしても、私が生きている間は大丈夫やろ。私がよければそれでいい、後は知らん(笑)。

親の望むようにはならない・・・のかなあ。洗濯機の中に回されているような日々が長かった、落ち着いて何か望んだことは無かったような気がします。子らには謝りたいことがいっぱいあります。

小僧さんは、すてきな青年のようです。いつかのブログ記事で「汚い顔して眠っている」という部分があって、胸がきゅううんとなりました。
2018年12月03日(Mon) 19時20分       編集
・ヒミツの〇さん

体調、よろしくないとか。辛いです。ヒミツコメなのでうまく書けませんが、ザキオへのメッセージ、ありがたくもったいなく。本人に伝えさせてもらいます。

本人、喜ぶと思います。

今はこれだけ。
2018年12月03日(Mon) 20時56分       編集






管理者にだけ表示を許可する