FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 日常 › 胃が痛い
2018-12-03 (Mon) 21:49

胃が痛い

二日酔い、というものがあるらしい。私はお酒は飲めないヒトであるので、酒の楽しさも知らず、その代わりに、二日酔いの苦しさ、なんぞというものも知らないで来た。

今日は胃が痛かった。重かった。二日酔いならぬ、なんと言いますか、過食罰、なんて文字を当てれば現況に近いか。

きのう、食べ物に、恵まれ過ぎたのでした。お昼と、晩ご飯も、美味しくて好きなものをたっぷりと、いただいたのだった。何を食べたか、あえて書きたくない気分、今日は。なんだかフランスだかの食通の有名なヒトが、「何を食べたか言うてごらん。あなたがどんな人かを言い当ててみせよう」みたいなことを、おっしゃったらしい。ナルホドとも思うし、そんなことで分かられてたまるか、と、考えすぎ、感じ過ぎの悪いムシが騒ぐ。

とにかく食べ過ぎた。夕方まで、ふーひーと肩で息するような、あまりおしとやかでない食い意地っぷりであった。

で、今日は朝から胃が痛い。重い。めったにないこと、わあい、珍しいこと起きてるわ~、と、はしゃぐ気にはなれませんが。

決算前なので、あれこれ書類の整理をした。計算もした。苦手なことは先延ばし、の法則で生きているが、いつだってそれで通るってことは、無いのだ。いま奢れるヒトだって、どっかに詰まるところはあるのだ。何かあるとこんなこと言いたがる、イヤな人になっているかも、わたし。

・・書店で、迷ったあげくに、来年からの、業務に使う大判の手帖を買った。昨日。何を迷ったか。三年と五年と、どちらにしようかと。迷いました。

三年くらいのうちに、仕事の、今の立場を離れようとは決めている。次をしてくれる人に、任せてしまおう、と。そうであれば、三年日誌でいいのだ、なのに、五年の方を、買ってしまった。まあいいや、表紙の色が、どうしても譲りたくないくらい、五年のヤツが、好きだったのだし。

全部埋められなくても、毎日ひとつ、歌を詠んで、一首ずつ書いておくというのも、いいなあ。

どこにいて、どんな暮らしをしているか、その頃。五年先の自分を、イメージできない。こんな感じは、今までに初めてのものだ。本当にトシをとったのだ。なんか、こういうのも、悪くない気がする。

自分の好きなようにできる、これも初めての年越し、お正月が、来る。これ楽しみ。とても楽しみ。

ああ、胃が、痛いわ。不死身と思っていたが、そうではなかったのね、MY・ストマックさん。めちゃしてゴメンね、当分は忘れません、あなたの悲痛な「い、い、胃が痛い」、この,ぎゅい~~~ん、の、訴えを。

きっとすぐに忘れるはず、そうは思います、どんなことだって、忘れてしまうの、そうなんだから。

あったかいお風呂に、ゆっくりと浸かって、お薬のんで、シーナマコトさんの、再び買ってしまった、旅とお酒のちょっと昔の本読みながら。とりあえず明日は何も心配事が無い、この幸せな夜を、更かそうと思います。



スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-12-03

Comment







管理者にだけ表示を許可