FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 日常 › ベビーカステラを
2019-01-02 (Wed) 20:49

ベビーカステラを

天皇陛下は、元旦の新年祝賀の儀の折に

「国の発展と国民の幸せを祈ります」

今日、二日には長和殿のバルコニーにお立ちになって、

「わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」

と、お述べになられたと。

天皇のお言葉は、ここに尽きると思います。

余のことはともかく。平成の天皇でいらしたその天皇としての生を全うすることなく退かれるお方ではあられますが。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長く、春日大社へ初詣が、お正月の習わしでした。今年は混雑するであろう奈良へはよう帰らず、商売の神様だという西宮神社へお参りして来ました。

境内に入ってすぐ。猿回しが出ていました。色黒のずんぐりした猿が、はしごを昇って来たのを、少し離れたあたりから見ることができました。猿は、むっつりと口を引き結んでいて・・・当たり前か、笑っていたらコワいか・・・私は、芸がうまくいったら食べ物をもらえるのよね、がんばれ猿、と、お腹の中で声援を送りました。猿回しのハッピを着たお兄さんが、ちょうど回って来たので、いくばくかのお金を器に入れました。

写真を撮るのに一所懸命だった沢山のお客さんたちは、きちんと、猿と猿回しを職とするおじさんに、お金を払ったのでしょうか。

境内にはまた、たくさんの屋台がひしめいていました。夫は、家を出る時から「ベビーカステラ買うよ」と張り切っていた(笑)。そのベビーカステラが、数軒おきに売られています。とにかく今は前へ、前へと、人ごみの中を行く。私は杖をついていて、邪魔になられそうだし、端っこに寄るとイカ焼きや🍎飴を買いたいお客さんにぶつかりそうだし、ボーっと生きてんじゃないよ、とか叱られそうでない歩き方を心掛けながら、本殿を目指し。

西宮市の西宮神社は、一月十日の「十日えびす」で有名な、日本中のえべっさんのいちばんボスの神社です。十日の午前六時、毎年、門が開くと同時に一斉に沢山の男女が走り出す。石畳の、けっこう急なカーブもある本殿への道を、走って走って、一番先に辿り着いた人が、その年の「福男」の栄誉を得るのです。

テレビで何度も観たことがありますが、今日は、ああ、ここがあの、転びそうな場所なのね、と納得しながらゆっくりと辿りました。

そんなに大きな本殿ではありません。でも、なんだかほんわりと温かい感じのするところでした。賽銭箱の際まで進めたので、お賽銭を、投げたりしないで捧げることができました。

「西宮神社は 福の神として崇敬されている えびす様をおまつりする神社の総本社です。
三連春日造(さんれんかすがづくり)と云う珍しい構造の本殿。
江戸時代寛文三年(一六六三)に四代将軍家綱の寄進になる国宝の本殿は、
昭和二十年の空襲により烏有に帰してしまいましたが、昭和三十六年、桧皮葺から銅板葺に変わった他は、
ほぼ元通りに復興され、今は銅屋根も古色を帯び、 えびすの杜を背景に佇んでいます。
向かって右からが第一殿で、蛭児大神を祀り、中央が第二殿、天照大御神及び 明治初年に大国主大神を配祀、
左が第三殿で須佐之男大神を奉斎しています。
天照大御神、蛭児大神、須佐之男大神の三神は日本書紀本文によれば御兄弟の神と 言われています。
大国主大神は式内社・大国主西神社が西宮であるとの謂れから、 明治になって配祀されるようになったと考えられます。
また本殿後方一帯の境内えびすの森は、兵庫県指定の天然記念物となっています。」


踵を返して帰路につく、途中で、おみくじを引きました。

大吉。

大吉をいただきました。なんか嬉しい。どれだけぶりか、大吉。小吉などの時は「これくらいが丁度いいのよね」とか笑って、都合のいいことでした。でも大吉、嬉しい。喜び事も商売も移転開業も病気もなくし物も、旅立ちも。ぜ~んぶ、いいんです。わはは。

方角は東南がいい、とか。東南向いて暮らしてるんですよ~、神さま。あはは。大吉出して下さって、ありがとう。

イカ焼きも焼きそばもおでんもタコ焼きも魅力的、はし巻という、動画でしか見たことの無い、お好み焼きを箸にくるくる巻いたみたいな食べ物も売っていて、美味しそうであった、買いたかった、あれもこれも、が、同行のおっさんは、人が増えて来た、転ぶといけないから早く早く出ようと、お急かしになられます。私は基本、夫の言うことにはそむかないで生きて来たヒトです、それがいちばん、めんどくさくない道なのです。なので今年の今日も、ハイそうね、あらそうね、と、どこにも立ち止まらないで来た道を戻り、来る途中に、後でここへ寄ろうとテキが言うてた喫茶店に、身をくつろがせたのでした。

私はコーヒー。おっさんは、ココアとぜんざいですと。はい、なんでもお気に召すように。この頃、ココア、ココアと言うようになり、でも、ココアの美味しい店に出会えないでいた、初めて入ったこの店で、心ゆすぶるココアに巡り合えるのか。

花丸だったようです。美味しいココアに出会えたようです。ニコニコご機嫌よろしい。あー、よかったわね、お正月からよかったわね。・・おぜんざいは随分遅れて来て、それはかまわないのですが、自分流の食事制限をずっとしている相方は、お餅食べてくれ、だと。

お餅は、朝、お雑煮でいただいたの。今はそんなに欲していないの。でも、残したくないのね、自分は食べたくないのね、では私が、美味しいわねこれ、と、いただくしか、なんですわね。・・・実際、こんがり焼いてあって、美味しいお餅でした、ああ、よかったよなあ、ホントに。

私は、ジュージュー鉄板の上で焼けていたイカ焼きが、イカ焼きに、かぶりつきたかったのよ、歯も直してもらったことだし。まあ、いいんだわ。こういう齟齬も、平和のうちなんだわ、きっと。

誤解のないように書かせていただいておきますが。夫は、そんなうるさいとか意地悪とか、のヒトでないのです。わがままは私の方が1000倍くらいすごいし、ナイショのものも買いたがるのは私だし。これは書いておかないとね。

初詣の後は、初買い物。私が腕まくり気分なのはわかっていて、いざ、と店内突入せんとするタイミングで夫さんは、いつものあそこで待ってるから。ゆっくりして来てね、と、消えてくれました。

一人で買えるあれこれを、あれこれ買って,福袋は昆布屋のそれにして、「いつものあそこ」に戻ると、静かに待っていてくれました。ありがとうね、と言うと、いいよ、と笑いました。

最後に、一番最後に行き会った店で、ベビーカステラを買いました。帰って、昼寝をして、ばんごはんはすき焼きをいただきました。

平和な一日でした。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-01-02

Comment







管理者にだけ表示を許可