FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 ジャガーズを聴いていた
米津玄師のあの歌の、歌い始めが耳の底に残っている。中毒性のある歌、何度も聴きたくなる「Lemon」。それは確かなのである。けれど。

年末年始、自由にしていていい時間、私が聴いていたのは、ジャガーズだった。GSのあの、ジャガーズ。岡本信の歌を聴いていた。

十代でデビューした、その頃の歌、言えば「君に会いたい」でしょう。

「君に会いたい」を、二十代の岡本信、三十代の岡本信、おそらく四十代の岡本信が、唄っているのを、どれだけでも何度でも聴けるのだ、今は。着替えしながら、洗濯物をたたみながら、本を読みながら大根をスライスしながら、聴いていた、飽きず繰り返して聴いた、五十代の歌も聴けたな、胆嚢だか膵臓だかを傷めていたようで、五十代の顔は、彫りの深い美しい顔の人であっただけ、よけいに、生気の失せた辛い顔に見えた。

最後のほう、小さなライブハウスで唄っている時は、倒れてしまうのではないか、と心配になるほど痩せていたし、皮膚も髪もぱさぱさしていた。

でも、声は出ていた。音程も確かだった。年齢相応に練れた、とか、深みの増した、という歌ではない。しかし、往年のヒット曲を、岡本信は、彼らしく唄っていた。そしてやっぱり、ハンサムだった。

「は~じ~め~て~の~」と(判らない方にはわからないコアな話題です)声を張り上げる時には、きちんと、張り上げてうたっていた。歌手なのだから、マイクを前に舞台に立っているのだから当たり前。といえば、もちろん、そうではある。

岡本信は、自分で信じるように、自分の信じる歌を、唄っているのだ、いつ、どの時も。

同じ歌ばかりを望まれて飽きてしまわないか、という感じは、彼に対しては抱かない。

いつも、初めてうたった時のように、歌っていた気がする。若い岡本信は、うたいながら今でいう「変顔」をしておちゃらけたこともしているのだが、歌は揺れない。

タイガースのジュリー。その人が十代の私の、最も、の対象だった。最も声が艶やかで、歌はうまくて、なにより、タレ気味の目が良かった、頬の泣きぼくろがよかった、歯並びのかすかな乱れがよかった、なんでもジュリーが好きだった、他の人なんかフン、だった。

その同時期に出て、私も見ていたジャガーズなのだったが、当時は何も分かっていなかったのだな、と思う。

岡本信は、歌が、とても、うまい。しんじられないくらい真面目にうたっていた。

六十歳になる一日前に、風呂の中で死んでいるのを発見されたという岡本信。五十代までの歌声しか残っていない。

晩年のうたは、それは、正直に書けば、衰えた感は否めない。本人は、自分の衰えを認めていない。というより、彼は、マイクに向かって、一言ずつのフレーズを、確かめるように一心に、出そうとしていて。一フレーズずつ唄っていて。

唄い終えて、アンコール、と、お決まりのように傍若無人に求める客の方を、顔を伏せてみられないようにして、ステージの袖に引っ込んでいったのは、あれは、とても、体が辛かったのだろうと思う。辛かったのだろうが、サビの部分を、本当に嬉しそうに、彼は唄っていた。声はその時、外見よりうんと、もっと若い人間の声のように通っていた。唄うことは、彼の天性だったのだろう。他に何もしていない、自分の・・自分たちのうたを、ずっと唄っていて。そういうジャガーズだった。

いま聴くと、ギターが素敵、二人共のギターがいい、ベースもいい、ドラムス、すごい。

「キャラバン」を、ジャガーズのバージョンで聞き惚れていた。何度も何度も聴きなおした。ビートルズ・ナンバーの時の宮崎さんが、宮崎さんの顔がいい。沖津さんの歌もいい、ギター好き。ベースの森田さんは、にこにこベースをあやつっているだけ、のようで、ベース、すごく「いい」。宮・おっさんのドラムはすごい。

岡本信も宮崎こういちも、宮ユキオさんも、亡くなってしまった。

・・若い時にはわからなかった。音の良さ、私には、解らなかった。うたのことばに夢があった。

顔だけ。ルックスだけ見ていた、と、そんな気もする。あの頃はそれでよかった。

理屈でなく、自分だけの分かり方でわかっていた、感じていたのだと思う。なんでもよかったのでは、決して、無い。

懐かしいGS。沢山のいろんなメンバーが、今は、この世にいない。なんだか普通より死んでしまうのが早い気がする。

新しい透明なひとの、透き通った歌もいい。

当分、もしかしてずっと、私は、懐メロを聴いているかな。本当は、十代は、キラキラなんかしていなかった、重くてどたどたしていて、考えなくていいことばかり考えていた、あの時代を、青春と、やはり、呼ぶのだろうか。

聴きたいうたを、聴いていたい。そうしていたい。


スポンサーサイト



 *  分類 : どうってことのない話
自動通知機能 : -  *  伝言 : 7  *  記事編集  *  2019年01月10日(Thu) 23時14分
岡本信さんはお見事でした。
こんにちは、今年も宜しくお願い致します。

毎日拝読しております。コメントはなかなか
できなくても必ずkuon様のブログを
拝見してから1日が始まります。

岡本信さん、私も全く同じ様に感じます。
病気で辛かったと思われた時の
テレビでの放映私も見ていました。
きちんと姿勢良く立って昔の美しい表情のまま
若い時の歌い方でトーン、リズム 、情感
昔と変わりなく聴かせてくれました。

は、じ、め、てーの、のさびの部分は
やはり あの歌い方を崩していなかったおかげで
ワクワクしましたね。

痩せて棒ッキレが立ってるみたいに、
細身のスーツがダブついていましたが、
伸びやかな声で、一瞬私達を
昔の少女に戻す魔法を掛けてくれた
最後の放送、今でもGS友達(貴重なそんな友達が二人もいるんです。笑)と
岡本信は、凄かったねと
いう話をします。

自分の変化に合わせて
歌も勝手に変えるのが成長だと主張する
歌手が多いですが、私はそれは違うと思います。
歌は時代のもので、それと共にその時間を共有した沢山の人達のものだと思うのです。

私もkuon様と同じくジュリーの大ファンでした。綺麗な人で歌っている時の切なそうな眼差しや伸びやかな歌声に魅せられていました。

独立してからお化粧が始まるまでずっとファンでしたがお化粧するようになって
ジュリーはどこに行きたいのか?と疑問に思いました。
ジュリーは変化したかった。昔のGSのジュリーと言われるのは嫌だったんだなぁって
その時感じましたし、
実際GS
時代の歌を歌うことは稀になって
当時の歌をリクエストするファンに
怒ったりしてました。

そこが違うんだなぁ。
時代の歌を正確に残す事も
歌手が文化を担う大事な仕事の一つでもあるのに、、。
そういう意味では
オックスの野口ヒデト、今の真木ヒデト
も立派なものですね。
好きな話題ありがとうございました。








2019年01月11日(Fri) 09時44分       編集
アホなコメントをしてしまいます。
お許しください。

グローバル化とやらが叫ばれたはじめ、教育界もそーゆーのにすぐ乗りたがる。
関東S県S市では、「英語」という教科名を「グローバルスタディ」に変えようということになり、変えました。
長いので時間割には略して「GS」と書かれます。
担当教諭も「GS担当」になります。
お名刺いただき、「グループ・サウンズご担当ですか?」と、思わずボケてしまったゴネコでした。
2019年01月11日(Fri) 12時33分       編集
KUON様

今晩は。

今日は、朝からブログを読んでジャガーズの「君に会いたい」を何回も繰り返し聞いておりました。
懐かしくて青春時代を思い出しながら。

子供達の仕事始めは7日からで、暮れの30日からお正月の3日まで、毎日のように娘や息子が家に来て疲れ果てました。

来て嬉しい~
帰って嬉しい~

の心境で、ようやくお正月の疲れがとれました。

これから、本格的な寒さをむかえます
お身体に気をつけて下さい。

2019年01月11日(Fri) 17時14分       編集
こんばんは、2回目です。
あれからジャガーズの動画を自分のブログに貼付て時々見ています。
キサナドゥーの伝説などもいいですね。
沖津久幸氏のギター🎸と歌も好きになりました。
ジャガーズといえば岡本信のハンサムな顔と歌しか知らなかった。
2019年01月11日(Fri) 23時01分       編集
・書きたいことがわたしにもいっぱいです。明日、書かせて下さい、ひゃっほー。
2019年01月11日(Fri) 23時04分       編集
・アイリス@さん

わがヘタレブログで一日を始めて下さるって・・嬉し過ぎて言葉になりません。ありがとう、ありがとうございます。

さて岡本信。本名・岡本勝太郎。私より一つ上です。でした。だいたいのGSの皆さんは、ほぼ、年齢はかぶっています。ジュリーさんは二つ上。ジュリーは今日は、ともかく。

>一瞬私達を
昔の少女に戻す魔法を掛けてくれた
最後の放送、今でもGS友達(貴重なそんな友達が二人もいるんです。笑)と
岡本信は、凄かったねと
いう話をします。<

素敵なお友達がおられるんですね。私にはもう、GS仲間はおりません、でも、書けばこうして、集まって下さる方がいて下さって。正直、今の歌はいいんです、聴きたいのは、こころがスポンジみたいだった若い頃に、夢中で好きだ、と思えた歌ばかり。。
今聴くと、皆さん、本気できちんと唄ってはります。音を今みたいにいじったりしていないのも良くて、ようつべ三昧。

最後の日劇ウェスタン・カーニバル、という動画が①,②、とあって。その中から選り出した「シャープフオークス」というタイトルの(笑)YIUTUBE、一曲目はその通り力也がガン利かせてる「遠い渚」なのですが、2曲目、ジャガーズで、いつもと違うウェスタンな(?)服装の岡本信、この中でキラッキラです。笑顔も目の光も、キラッキラ。歌ははっちゃけ過ぎの感もありますが、見ると、うれしく悲しくなってしまう、輝いている岡本信を見られます。

その後はゴールデン・カップス、ディブはめちゃくちゃ崩しで唄ってる、この人はきっとこれでよかったんでしょ(彼も故人です)、でも、マモル・マヌーは、いつでもどこでも、きちんっと唄っている。あれこれ感じることあり。ヒデトの話も、近いうちにしたいです、伝説の「失神」ステージ見た一人で(笑)。ヒデトも真摯な歌手ですね。止まりませんわ(笑)。

・ゴネコさん。(笑)。

アホコメント好き、大歓迎ですじゃ。

しかし。なんで、英語を、グローバル・スタディ、と?。こういうの、個人的にはイヤやな私。・・は、ともかく。

>お名刺いただき、「グループ・サウンズご担当ですか?」と、思わずボケてしまったゴネコでした。<

うむ。(笑)。このボケの後日談が聞きたいですやん。相手の反応知りたい。多分、通じてへんかったのと、ちゃいますやろか・・

あ、それからね。甚八っつあん、映画の中で、あやとりしてたの。最期の、もしかして最初の、惚れた女と。不器用な遊女だったかな。二人の、あやとりする手だけが、ずっと映されていましてね。どんなシーンより色っぽかった。いま思い出しました。


・黒猫アビさん

私も、来ないと聞いていた三人が突如の来襲、って、あわてまくりました。嬉しい慌てでしたけどね。やっぱり、あれもこれも、という気になって。喜んで帰って行って嬉しかったです。185センチ超えた孫息子と、じっくり、話も出来たし・・何かこういうこと一つずつ、ごほうびのように思います。

GSに夢中になっていた頃、懐かしい。朝も夜も校へ行っていて、ドタバタの青春でした・・が、いろんなことありましたが、懐かしい。当時の日記(一冊だけ残っている)読むと、まこと暗いことばかり書いているんですが・・でも青春だったのですよね。私は、襟と袖口にフリルのあるブラウス着て、ベストスーツ着て、それがお洒落と信じ込んでいて・・止まりません、ゴーフルが美味しいんです、お互い、体に気をつけましょうね。


・Rimさん

前回、覚えていますよ、寺内タケシのこと書いて下さったのに、わたし、ワルクチ書いて。ごめんなさいでした。

「キサナドゥーの伝説」いいですね。「マドモアゼルブルース」もいいです。沖津さんは、今もギターを弾いておられるようですね、素晴らしいギターですね。また、こういった記事も書きたいなと思います。楽しいですから。

いい時代に若い日々を過ごしたな、と、いま、思います。
2019年01月12日(Sat) 21時14分       編集
youtube[シャープフオークス]

で、見られると思うのです。貼れなくてごめんなさい。
2019年01月12日(Sat) 21時18分       編集






管理者にだけ表示を許可する