FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 今夜は
歌会始の儀に出席され、披講されることなく身じろぎしないままの一時間四十分を過ごされてそのまま退場となられた、秋篠宮妃紀子妃殿下のおうた、内親王お二人のおうたを、引かせていただきます。

     秋篠宮妃紀子さま

日の入(い)らむ水平線の輝きを緑閃光(グリーンフラツシユ)と知る父島の浜に

     秋篠宮家長女眞子さま

日系の百十年の歴史へて笑顔光らせ若人(わかうど)語る

     秋篠宮家次女佳子さま

訪れし冬のリーズの雲光り思ひ出さるるふるさとの空


     常陸宮妃華子さま

つかの間に光る稲妻さ庭辺の樹木の緑を照らしいだし来(く)

     三笠宮家寛仁親王妃信子さま

被災者の苦労話を聴きにける七歳(ななさい)が光れる一語を放つ

     三笠宮家彬子さま

らふそくの光が頼りと友の言ふ北の大地を思ひ夜更けぬ

     高円宮妃久子さま

窓べより光のバトンの射し込みて受くるわれらのひと日始まる

     高円宮家長女承子さま

朝光(あさかげ)にかがやく御苑(みその)の雪景色一人と一匹足跡つづく


感想を申し上げれば、信子さまのおうたがいいと思いました。被災された方との場所で、七歳のお子さんが「光れる一語を」放った、と。一語の内容はわからないけれど、言葉を光るもの、と捉えられたのだな、と。ご自分が向き合っておられる人の、現在の状態や気持ちが、きちんとわかっておられる。慈愛アピールの場にしておられない、ということです。

彬子さまのおうたも実感にもとづいた一首、やはり生の生活、経験の中からの言葉は力があると思います。お若い方の中で唯一、現代仮名遣いでない言葉で詠んでおられるのだな、とも。

承子さま(いまは「さま」(笑))、の一首も、あららどうされたの、と、驚いた。この方の世界はユニークなんです。その自由なきもちの今回は「良さ」が出て、この景色のいいうたになったのだな、と、感じました。お直しはあったとしても、雪景色の中の一人と一匹、という言葉は、ご本人から出たものだと思われます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今まではこのタイミングで発表されていた次回のお題は、今年は発表されず。代替わりの後の五月に、ですとか。

そうなんですかとしか、受け止めようの無いこと。私自身はあのイベントに思い入れは無いのですが、目指しておられる方は多く、一度招かれたことを、生涯の誉れと抱きしめて研鑽を続けておられる知人もおられて。いいかげんな扱いをされるのはどうなんだろうと、考えています。歌会始儀に限らず。

伝統は人を苦しめる、と仰ったのは美智子さん、なんとなくわかる気はしないでもない、けど。あなた様がそれを仰って。それだからと、あれもこれも潰して行く、って。

おすべらかしを解くためのベンジンで倒れる方がおられるらしいから、違うものを使って、とか。自髪で結うのは大変だから鬘にしましょう、とか、祭祀の部屋が寒すぎるから暖房できるようにと、そのキカイを、壁に打ち付け、とか。あれこれ考えて夫君に諮り、実行されたことも沢山おありと聞きます。乳母廃止もそうだったし、天皇よりも前に出て「国民と触れ合った」り。

自分たちの後の代のことは、後の代が決めればいい、とも、仰っておられた。

「自分たちの手で子を育てて、それがうまく行かなかったら、自分たちのせいになるでしょう」

と言い放たれた頃は、自信満々でいらしたのでしょう。で。育ったのが、あの、ナルちゃんさん。人前に出て体の側面で指先を伸ばして立っていられること、それだけは、おたたさまより皇族らしいかな。その、ナルちゃんさん

妻と子の乗る座席の後部、荷物席を定位置とされて、後ろからにゅーっと首を伸ばして撮られることに、何の屈託もおありにならない天然さ。さすがの素直なお育ち。

・・とか、書き出したら止まらないじゃないですか。

とにかく私は、他のことについてはきちんとモノが言えません、無知でもありますので、でも、皇居に於ける歌会始儀の、あのゆったりした(退屈とも云う、しかし日本にしか無いんです、あのありようは)形を、終わらせて欲しく、ないんですよね。

その理由が、まさこさま~、に依るものだなんて。聞きたくないわそんなこと。

とまれ、平成最後の、と、ここでも言われたその儀式。

皇族の姿も少なく、さむざむしい光景だったとは言ってもいいと思います。晴れやかに華やかに「つながる」感じ、ありませんでした。

いつも一番姿勢の美しい紀子さま、このごろはずっと能面のごとき表情を保っておられる眞子さま、信子さまと長女の彬子さま。久子さんと長女の承子さん。女性皇族のお姿はそれだけでした。


・・・一月十七日。こちらへ移って来て感じること。あの大震災のことを、普通に語る方に、まだお会いしたことがありません。当時、御影で料理店を営んでいた娘の夫さんにも、何も聞いたことが無い。でも今朝は二人して、その魂鎮めの場に行っていたのだと思います。

没年は違えども、養父の命日でもあります。今夜はここまでとさせて頂きます。



スポンサーサイト



 *  分類 : 日常
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2019年01月17日(Thu) 20時28分
意外な二人の共通点
引き続き歌のご紹介有難うございます。

全体的な感想ですがやはりこういう格式のある伝統の厳かな歌会での歌は現代仮名遣いではなくて旧仮名遣いの方が相応しいようなはがしました。

それからかの方の有名な出だしの「十一年前~」のように具体的な数字は現実感がある分雅を損ね幼稚になるのではないかとも思いました。

百十年の歴史とか一人と一匹とか。格調高くなくなるような。

ところでなぜこんな晴れの舞台に佳子さまは欠席なんでしょうか?
筆頭宮家の内親王なのですから主要メンバーではありませんか。
卒論に忙しいは理由になりません。ダンスの練習には何時間もかけて通っているのだから。

エラソーだけど内親王お二人ともあまり文才はないなと思いました。
通りいっぺんの無機質な感じで感情が籠ってないのですよ。
イギリスの冬の空は陰鬱な雲が垂れ籠めていると聞きますので、束の間日が射して雲間が光るというのはいい表現だと思ったのにその後がふるさとの空を思い出すって無理矢理こじつけたように感じました。
東京の空は冬でも冬晴れの青い空のイメージなのであまり結び付かないなと。
あまりキラリと光るものを感じませんでした。
独断と偏見はお詫びして。

さて意外な二人とは美智子サンとメーガン妃です。
KUON さんが様々あげて下さった美智子サンが壊した皇室の伝統を見て誰かに似ているなと浮かんだのがメーガン妃です。

あの人も散々我を通して王室ルールを平気で破っているようです。
肌を出し過ぎとか素足でヒールを履くとか濃い色のネイルとか、王室でなくても上流階級ではまずしないだろうなという下品で無作法を批判にも全くめげずに続行或いは強行しているところがモロ美智子サンと被りますね。

服装以外にも結婚式を挙げた教会がカビ臭かったとかで大量の消臭剤を設置するように要求したけど断られたとか。
年月に晒された白木の良さを理解できずにペンキを塗って綺麗にしたというアメリカ人の発想ですね。

人受けは流石でエリザベス女王さえ味方にしたというさすが本物の女優です。
美智子サンは大根女優もどきですけどね。
早々と身分が遥か上の旦那を尻に敷いて従わせているところもソックリ。

でもこの先も思い通りになるかどうかは分かりません。
イギリス人は元来抜きがたい外国人嫌いで外国人を信用しない国民性らしいですから、なぜメーガン妃がこんなに早く受け入れられたか不思議だったのですが、あまりにもヘンリー王子を出し抜いて我が物顔に振る舞っているとオセロゲームのようにあっという間に情勢が逆転するかもしれませんよ。

フィリップ殿下でさえなかなか受け入れられず反感に苦しめられたくらいの筋金入りの国民性ですから図に乗らない方がいいと思うな。余計なお世話だけど。
それにしても彼女は飛びきり高額なブランド品ばかり身に着けているらしいけどどれもこれもいいものには見えなくて垢抜けないしあまり似合ってないのは女優なのに何故でしょう?
髪もいつも散らかっていて清潔感がないのが好きじゃないです。
春に出産にしてはお腹が大き過ぎてもしかしたら既に妊娠していたんではないかとの疑念も持たれているらしいですが、もしそうならどうなるんでしょうかね?
まさか国民を騙していたと非難殺到にもならないと思うけど。

眞子サンが七年の間妊娠しなくてホントに良かったですが早く決着つけないと眞子サンの顔を見ると小室のデカ顔がちらついて離れないようになっては眞子サンの悲劇ですよ。私はもうそうなってます。
秋篠宮さまは大人の判断が出来ないのですか?
妻と娘と息子が全員晒し者になっていますよ!
2019年01月18日(Fri) 21時46分       編集
歌会始めの歌への感想
昨年のことは思い出せませんが今年について初めて驚きと疑問に感じたことがありますので、いつもながらの直球で書かせて頂きます。
KUONさんの直球の意味される所は率直すぎて身も蓋もないという意味なのかなとも思いつつ...

それは歌詠みの皆さんに取ってはまたとない格好の題材であろうに、なぜ全く素人の毎月の歌にも殆ど参加してない私でさえが個人的な感想を述べているのにここに集う素晴らしい才能と感性をお持ちだと思う皆さんの歌会始めの歌への感想が全くと言っていいほど殆ど見当たらないのは何故なんだろうと思ったのです。

人は興味と関心と覚えのあることには反応したくなると思うのです。
特に歌については私なんかよりもっとずっと深い含蓄のある感想もお聞き出来ると期待して待っていましたが、とうとう増える見込みがないのでお尋ねしました。

私はそれぞれに深い歌を詠まれる皆さんの感想をこんな絶好の機会にぜひお聞きしてみたいのですが、何かの理由で躊躇、或いは遠慮しておられるのですか?
単純な直球アタマには全く想像さえ出来ないものですから、一年に一度のチャンスがもったいなく今からでも少しでもお聞きできると嬉しいのですが。
2019年01月22日(Tue) 10時56分       編集
・ラピスラズリさん

いや私が「直球」という時は、ワルクチっぽい感じは含まず、だと、自分では思っています。あなた様は、私も直球投げるよ、と思わせて下さる方で。触れたくないことは、私も、触れずに済ませています。

内親王さんお二人には、過去、素敵なおうたもありました。ただ思うには、数少ない皇族さんなのですから、それこそ旧仮名も学んで下さったらなあ、の気持ちもありました。今後の皇居の歌会がどうなるかわからないのと、最終的には降嫁される方々ですので、きちんと出て来られるだけで充分かとも、思い。・・思うしかないでしょ?。

今年はお二人とも、ご挨拶のうた、でしたね。そういうものがあるようですよ。一般の入選者の方々のように、渾身のおうた、というのでなく。メンバーなので一応、みたいな。おうたどころではなかったのでは、と、勝手に思います。誰かがまとめたおうたですね。

美智子さんとメーガン妃。メーガンさんに、伝統の英国流を望む方はおられるのかな。無理でしょう。今夜、後で、徳川最後の将軍の孫娘さんでいらした方の言葉を、記事にさせてもらうつもりなので、きっと、わかって下さると思います。

「みんなのうた」にお集い下さる方々は、まこと、真摯に学んで下さる方々で、嬉しいし、誇らしいです。短歌というものは、日本人のDNAに組み込まれていると信じています、まったく初めての方のうたも、七十年も続けておられる方のうたも、等しく短歌であって、さまざま。ここにお集いの方々が、たとえば歌会始の儀について、どう感じておられるか。問うたことはありません。皆さま、それぞれの世界をお持ちで、それぞれのアプローチをして来て下さる、私にはそれで充分なのです。

私の個性(わがまま?(笑))が強すぎてか、コメントいただくことは少ない、確かに。でも、ものすっごく多くのお方に読んでいただいているらしいのは、感じています。嬉しいことです。

これからもKUONのブログは、今迄みたいに続いて行くと思い、願ってもおります。

眞子さんのことは、今日、新しい話題になっていて。何がどうなのやら、絶対に思うことは、こうして表ざたにして(なって)いいことなんか、一つも無いということ。
なんで皆(どこの皆、とか聞かないでね)、こんなバカなんだと。

とっ散らかったお返事になりましたが。
2019年01月22日(Tue) 20時20分       編集






管理者にだけ表示を許可する