FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 胸の痛いこと › 泥試合
2019-01-25 (Fri) 23:11

泥試合

先日は、コムロ某の不可思議な文書をご紹介しました。今日は、その後の話、みたいな感じで、次の文書を紹介してしまいます。(怒りながら書いていたら、最後の方になりました)

コムロ某もその母親も母親の元・婚約者だという男性も、私にはまったく関係の無い方々。勝手になさればよろしいのよ、てなことではありますが、このコムロ、秋篠宮家の内親王の眞子さんと、未だに何やら、つながりがあるらしい。

正直申し上げて、皇族がたの私生活に対して多大な思い入れもありませんのですが、あまりにも下卑た話になって来ている様相。どこの世界のどんな話よ、と。目を覆わしむる「皇室方面に関わる話」に、なっている。いいかげんにして欲しい。

私の考えを少し、書かせてもらいます。順不同。世の中で言われているあれこれに対して。ひんしゅく買うかも知れませんけど。

・公務員である宮内庁の役人に、何を訴えてもどうにもならない。個人的な感情は別であっても、表向きなことには繋がって行かない。

・皇族にDNA検査を、などは、不可能な話。されるわけが無い。理由。皇族はそんなことしない。それを危うんでかどうか、お泊りの部屋は髪のひとすじ、くず箱の中のゴミ一つ、残さず、です。

・天皇陛下は、すでに、いかなる判断能力も残しておられない。天皇の「お気持ち」とは、周囲に在る者の「気持ち」のこと。

・その天皇が下した(といわれたりもしていた)「裁可」は、基本的に、現在の皇室典範に存在しない。下していない裁可を「撤回する」のは、無理。ではないですか。


私は(もちろん。言うまでもなく)眞子さまの問題の当事者ではない。複雑な気持ちのなかで、眺めているだけの者。内心では、迷惑だなあ、とも感じています、実際。、です。お金のことだけでは決して無いのですが、

コムロ某。あのゲス男のために、虚しく消えて行っているさまざまな税金。警備費だけで、あれどもが云われている「借金」の、十倍を超すお金が、遣われている。千万単位です。年間に、ではないです。毎月。

小林よしのりが、今日読みましたが、車買い替えようと思っていたが、その分の金、コムロとやらに(母子に)くれてやる、と。

眞子さまのためなら、と言っていますが、なんで眞子さまのため。眞子さんは、そんなお金に縛られるようなことは。しかも結婚できるように、みたいな。何を言うか。

小林よしのりは、一時期私も、面白いこと書いているなあ、と、何冊か、本も読みました。でも、違う。なぜなのか知らないけど、自称よしりんは、愛子さまが大好き。愛子さま絶賛人間。断っておきます、愛子さんが、実際、自称よしりんが言うような愛子さんなら、それもいいかも。でも違う、実態と大きく離れておられる・・残念なことに・・その、愛子さんを、何やらの方向に、押したい小林よしのりなどに、まあ、どうなるかは分からない世の中ですが、恩を着せられたりしたら、大変なことになる・・かどうかは知りませんが、イヤなこった。でしょう?。コムロなら、くれるんなら、もらってあげます、と、喜ぶかも、と、思うだに、まあ、なんということ。

文書が出たり反論が出たりで、コムロ母子の「贈与された」とか言うてる「借りたお金」は、400万円くらい、の数字であるとなっているようです。あの婚約者さんがずっと言っておられるのは、そのお金のことだけではない。

・生活費十万、助けて下さい。母親が送ったメール。一度ではない。

・入籍はできない、事実婚でいいではないか、と言っていた母親。息子の自殺した父親の、年金が、受け取れなくなるといけないから。

・結婚するまでは「そういうこと」はしないでおこう、と、婚約者氏は、一度手を握っただけの付き合いの中で、援助を求め続けられた。どちらが「汚いのか」は、私には判断できかねますが。

・何かのお祝いに上等のホテルでカノジョの息子の祝いをしてあげた。ケーキに書かれた文字が気に入らないと文句を言われた・・そういったことも、一度ならず。ジャガーに乗っておられて、親子を乗せてあげて、届けて、自分は放っておかれた、なども。アッシーって言葉、ですか。大学の卒業祝いも、ホテルで・・求めに応じて。

ほか、いろいろ、母親の送ったメールや「今年は艶やかにまいりましょう」、の、春画みたいな絵柄の年賀状や。すべて画像に残っている、それを、元・婚約者氏は、さらしておられた。

・ほか、圭のわいせつなポーズの写真も、短い間に、出るわ出るわで出てきておりました。

・婚約者さんは、交際中のあれこれはともかく(それを言ったらみっともない)、留学費用や学費、そのお金を貸して、助けて、用立てて、と言われた分を、返して欲しいと言っておられるのですね。

・外国のメディアが報じた、母親の親の代が「日本人ではない」ということも、驚くには十分。少なくとも皇族の相手の話としては。

・まだ学生だった圭は、ある日、眞子さまに「結婚しましょう」と言った。「してくれますか」「して下さい」でなく「しましょう」と。お姫さんは「初めて付き合った人と結婚するのだと思っていたから」はい、と応じられたのだそう。

・太陽の笑顔の圭くんは、眞子さんと付き合う前のカノジョに、「カード貸して」とか言って・・いっぱい使おうとしたんですね、裕福なカノジョだったから? 


とにかく。お金を返せばそれで済む、といったことではないでしょう。

もう一度言いたい、お金を返せばいいという話ではない。

心根の、根っこの卑しさ、まともでなさが、問題なんです。多分、みなさま、そう。

圭の文書も、眞子さんだけが知っていた、殿下はご存じなかった、とか。今度、弁護士とやらが何やら言ってくる、についても、娘さんだけが知っていてどうとか、本当なのかどうか、一部では(と控えめに書きます)言われています。

天皇陛下の裁可も何もない、娘さんが、親御さんの立場も気持ちも自分は何者であるかも見えなくなっていて・・お気の毒ですが・・・一人で突っ張っている、というのなら。

何とかなさいませんか、と、思う。一家庭の問題ではない。皇后になど全くなる資格の無い女が、ぐうたらぬったらしているのに、煙幕はられたみたいな現状。何より、若い世間知らずな(当たり前でしたが)娘さんが、ここまでむっちゃくちゃに汚いものに塗れているのに、どうしてどうかなさらないのか。なんとか打つ手を考えて、と、まあ、猛ってもどうしようもないのですが。こんなことを言っても考えても詮無いこと、だ、けど。

遅くなりました、以下が、母親の婚約者だった男性のもとへ届いた、弁護士からのお手紙だそうです。

「ご連絡
小職は小室佳代氏から依頼を受けた弁護士です。
小職依頼人を代理として、貴殿に対して次のとおりご連絡させていただきます。
お手紙での突然のご連絡となりましたことをご了承ください。
平成29年12月以降、週刊誌その他の各種のメディア媒体を通じて、
貴殿が発進した意見等が多数報じられています。
貴殿と小職依頼人としては
それらが全て貴殿のご意向に沿うものなのかどうかを、
疑わしく感じているところですが、いずれにしろ、もしも
過去の経緯等について、貴殿との間に行き違いがあるのならば、
これを解消したいと考えています。
そこで小職が貴殿と直接お目にかかる機会をいただいて、
貴殿のご意見等についてご説明を承ればと考えておりますが、ご意向はいかがでしょうか。
日時や場所等をはじめとして、貴殿のご都合をお知らせいただければ、
小職においてできる限り調整をさせてたいただきます。
ご検討承りますよう、お願い申し上げます。
なお本件につきましては、全て小職が窓口として対応させていただきますので、
小職依頼人その他の関係者との直接の
やりとり等は避けていただけますよう合わせてお願い申し上げます。
                                       草々


なんやねんこの、上から目線のねっちゃこい文章。何が「小職が窓口になる」やねん。被害者に向かってエラソーに。あ、弁護士さんだから、自分の依頼人が「エラい」のね。コムロ家は、弁護士費用、また借金で作るのかしら。お金の入る方法、無いように見えるお家なので、つい、失礼なことを。

コムロ某が出して来た先日の文書に対して、母親の元・婚約者氏は、以下のように語っておられる。

「佳代さんから、『清算させていただきたい』との申し入れを受けたことは一切ありません。もしそんなことを言われれば、私も『返してください』と即答したはずですから。実際、婚約解消後に、むしろ私から佳代さんに『返してください』と電話してるんですよ。すると、佳代さんは『考えさせてください』と言って、電話を切ったんです。佳代さんから清算を申し入れたなど、デッチ上げです」

元・婚約者さんを、よく書かないメディアがけっこうあります。どちらがどう、という話であれば・・いろんなことを自分は匿名状態であれこれ話したこの方には、いろんな見方があっても、と思います、が、私は、コムロ某の母親は、確かに、口先でか何でなのか、この男性をうまいこと利用した。それは確かなことで。利用して逃げた、のでしたが、息子が有名人になって、かつて利用した男に,しゃべられてしまったことは、事実で。このたびコムロ圭は、自分で文書を出して、去年から元・婚約者さんが出していたことが「本当だったと、証明する結果になって。

泥試合になるのでしょうか。すでに泥の中です。何にせよ、内親王が結婚する相手でない。なさすぎます。

・・・こんなことになって、眞子さん、ほんと、えらいことですよ。誰も眞子さんを守れなかったのか、それができないくらい、頑固、意地っ張りでいらしたのか。誰か頬っぺた、張り倒して下さる方はおられないのか。あ、こんなこと書いたら、おこらえてしまうのかなあ。・・こんなことになる前に、何か、手は無かったのか。本当に、使えない大人ばっかりなのか。どう決着をつけるのでしょう。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-01-26

苦しいですね..... * by 雪灯り
ここずっとこの事で胸がつかえていました。書いて下さりありがとうございます。

コムロ圭は、国中を敵に回しても平然といられる凄まじき神経の持ち主ですね。
初めて見ましたこういう人間。いや青森の税金泥棒、アニータを思い出しました。けれど今回はお金ではない問題だから........。

こうなったら、何が何でも離してなるものかでしょうね。もはや魔物.....。
コムロ圭のあの上目の目つき、思い出す度にゾッとします。

庶民が家柄だのしきたりだのやってる時に、
なぜ日本の姫様が晒し者になるのを誰も防げないのか、悲しくて悲しくて。
こんなことは火種のうちに、速やかに秘密裏に火消しされるべきことなのに、たやすいことのはずなのに、どうしてここまで.....。

将来の天皇を二人抱える秋篠宮家の窮状と、ご皇室と日本存亡の危機が垣間見えます。先人達の慟哭が聞こえるようです。

髪もゴミも残さないのですか。
立つ鳥跡を濁さず、ではなく闇なんですよね。ダブルM様の住む魔宮、なんて言葉が浮かびました。
穢れが....祭祀は....

未だGHQの日本破壊政策は着々と進行していますね。
国民が祈り国をまもって行かないといけないのでしょうね。

眞子さまが守られてどうか無事解決されますように、お祈り致します。

* by アルジェリマン
KUON様、
コドモにスマホは使わせてはいけませんなぁ。

繰り返しメールを読み、うふふ、
毎日電話がかかってきて、
いちゃいちゃウフフして、
目が覚める暇があるとは思えず。

自分の気持ちを表に出さず、
人の意見を聞かず、
ただ思い込み、夢を見て、
頑固にも程がある。

アタマ、よろしくないのでは。
・・・つける薬はなさそうです。

公務だなんだと外に出してはいけない。
すでにキズモノ、キワモノ扱い。

深窓にて、スマホ取り上げ、
週刊誌を含む本をたくさん読んでもらってはいかがでしょうね。

知識が増えれば、あるいは目が覚めるかもしれない。


「解決」しているのなら、
「協議」とか「調整」とか必要ないのに、
「小職」さんがほんもの弁護士とはとても思えませんが、
犯罪人の弁護して法律の抜け穴探す専門家だから本物?

まわりはすでに金目当ての虫しかいないので、
だれかがどうにかできるわけない。
やはり彼女本人が目覚めるしかない。

「アンタは畜生と同じことしてる、
それわかってんなら勝手にしな、」
なんてこと言ってやれる人、いませんかね。



* by 温泉郷
結婚するには定職がなければ、という世間一般によくある考えかたが秋篠宮家にはないのかもしれません。

紀子様の両親は、父親が学生のときに結婚して紀子様が生まれています。
以前読んだ本には都内のキリスト教教会で結婚式を挙げたとありました。(クリスチャンだから教会で結婚式をしたのか、クリスチャンではないがお金がかからない会費制にするために教会で式を挙げたのかは知りませんが。)
その後、妻子をつれてペンシルベニア大学に大学院生として留学しています。

秋篠宮殿下ご自身は就職のことなど考える必要がなかったですし、紀子様も大学院生のまま結婚しました。

秋篠宮家では、ご自分たちや紀子様の両親のような結婚が知らず知らず考え方の基準になっているかのように見受けられます。

コムロのように銀行を辞めて法律事務所のパラリーガルになり、そこを休職してアメリカの大学院に3年間の予定で行ってしまうなんて、それだけでも(仮に母親のお金の問題がなくても)娘の結婚相手として問題だと、庶民の多くの家では考えるように思います。
定職をしっかりもって結婚するという考えひとつでもあれば、こんな事態には至っていないでしょう。(いまは幸い就職氷河期ではありませんし。)
ムスメさんも東大博物館に自分用の職を作ってもらってますから、就職に対する認識もそれ相応なのでしょう。

コムロもムスメさんも否定することなしに、「長引いているので一旦白紙に戻します」ということを親の責任で宮内庁に発表させたらいいだけでしょう。もちろん後始末は引き受けるしかありません。1日長引けばそれだけ傷が深くなります。…そう思います。

(アンチ秋篠宮家ではありませんので、念のため。)

もしかしてコムロは女性宮家の危険性を国民に知らせるための救世主なのかもしれません。

長くなってすみません。



* by さやか
最近、この話題でかまびすしいですね。
秋篠宮両殿下や両陛下、宮内庁、眞子さまは、皇室がこの借金泥仕合の片棒を担がされているとお気づきなのでしょうか。
本来皇室はこのようなトラブルに縁があってはならないし、あっても表沙汰にならぬようサッと片付けるはずです。
それを誰もお出来にならないのか、しないのかわかりませんが、国民はウンザリし始めていると思うのです。
関係者皆がそれぞれの立場を弁え、すべきことを為せば、問題は一気に小室親子と元婚約者だけの問題に収束するでしょう。
眞子さまはあの男との通信手段を絶ち、数年療養するなどしなければ、最早目を醒ますことはありますまい。
今はお可哀想でも諦めるのに10年20年かかっても、生涯未婚でも、内親王があんな男に縁付くよりマシです。

* by KUON
・雪灯り さん

率直に書きます。もう一度は言いにくくて黙っていたのですが(去年の秋に記事にしていましたが)眞子さんの「結婚したい」に、陛下が下した「裁可」とやらは、存在しないことが、さもあったかのように。皇室の典範に、そんなこと書いてないです。昔は天皇の「勅許」が存在したのでしたが。戦後それは無いです。

陛下は結婚したいとお聞きにはなられたのでしょう。女帝さんは間に入って、当時は、とりなす方向で陛下に伝え、陛下は、実際お優しく、そうなの、よかったね、幸せにね、とか。お祖父さまらしいことを、仰ったのではないか。ミテコさんがそうしたかった時期なら、そうなったのですよね。

もう一度、率直に申します。結婚したいのは眞子さん。今も多分。親御さんの言うことは、聴かない、聞こえない・・親御さんはただ「困って」おられる? それもまあ、率直に言って、信じがたいことではあります。

いつまでやらせておくのか。私の思いは今、そういう感じです。雪灯りさんみたいに優しくなくて、ごめんなさいね。

・アルジェリマンさん

ロミ.ジュリごっこ、楽しいのかな、同じ程度のオツムなのかと、まあ何とも。

>コドモにスマホは使わせてはいけませんなぁ。

繰り返しメールを読み、うふふ、
毎日電話がかかってきて、
いちゃいちゃウフフして、
目が覚める暇があるとは思えず。

自分の気持ちを表に出さず、
人の意見を聞かず、
ただ思い込み、夢を見て、
頑固にも程がある。<

まともに生きている大人なら、同感、となるであろうご意見です。同感。私は若い頃、アホな(と人にそしられる類のレンアイに手を染めたり足を突っ込んだり)思えばわたしはアホだった、と、深く認める日々を送った・・ので、おひめさんが、初めて目の前にしたオノコを「運命のヒト」と思ってしまった、段々思い続けていたくなってしまった次第は、解らぬでもないのです。恋を、したかったのですね。

でも私は、自分の力で自分を養っていたし。自主性を重んじていつまでも見守ってくれる両親ではありませんでしたし。

痛い痛い思いをして、懲りないでまた同じようなことにはまって、今は何もいなかったような顔してデヘヘ、と笑っております。他人様のお金を当たり前に使えるってことは無かったですし、そういうのは気持ち悪くて嫌でしたし。金にだらしない人間とは、付き合いません。言うまでもないこと。

>犯罪人の弁護して法律の抜け穴探す専門家だから本物?

匂いで人を見分けるのはワンコに限りません。同じ匂いのヤカラは呼び合う法則。この「小職」もね。いうことはありませんね。

自分でわからなければわからない。そゆことと思います。

>「アンタは畜生と同じことしてる、
それわかってんなら勝手にしな、」
なんてこと言ってやれる人、いませんかね。<

つまり大事はここ、なのかも。つまらない家です。

・温泉郷さん

>(アンチ秋篠宮家ではありませんので、念のため。)

これは、解っているつもりです。私も「アンチ」ではないと思っています。だいたい、なんでもそうして分けられるのはイヤ。自分の目に見えるように、見ていたいと思っているだけ、見て、おかしいことはおかしいなあと、自分のブログに書きたいだけなのです。自分が正しいともワメきません(笑)。

「擁護」という言葉もなんだか・・遮二無二、自分でも「ん?」としか思えなくなったことを、でも真摯に公務を、とか言わなくてはならないなんて、私は、押し付けられたくないですもんね。眞子さまについて誤誘導するな、とか、人様に言われたくはないです。思うように思う、でも慎重に、と、思うんです。皇室の方は、それらしく存在しておられれば、仰ぎ見て安心できれば、としか思わない。ご不自由であろうにいつも笑顔で、くらいに感じていたい。いたかった。それ以上は望んでいなかったのです、実際。

まさか、ここまで、と。今、感じていまして。いろんなことを。今更、ひらかれた皇室の咎、とか言っても仕方が無いですし。う~ん、書けば書くほど、気持ちから遠くなる気がします。

コムロ某氏は、何の例にも引けない特殊な方のようです。真面目に働いて月に幾らで、とか考えない、一足飛びにいい暮らしを。

他人を愛したり幸せにしたりは、できないですよ、アレは。

関わりたくない手合いの人です。その人と、日ごと顔の見える電話?とやらで連絡とりあって、という。言いようの無い話ですね。

>結婚するには定職がなければ、という世間一般によくある考えかたが秋篠宮家にはないのかもしれません。<

無いですよ。無かったでしょう、きっと。皇族って世の中とは違うモノなんですよ、何につけ。

今夜は、気の無いようなお返事をしてしまいましたが、ごめんなさい。コムロ、消えてくれ、としか思えない自分でおりまして。懲りないでまた、コメント下さいね。



* by KUON
・さやかさん

>本来皇室はこのようなトラブルに縁があってはならないし、あっても表沙汰にならぬようサッと片付けるはずです。
それを誰もお出来にならないのか、しないのかわかりませんが、国民はウンザリし始めていると思うのです。
関係者皆がそれぞれの立場を弁え、すべきことを為せば、問題は一気に小室親子と元婚約者だけの問題に収束するでしょう。<

まったく同じ気持ちです。

いいかげんにして頂きたい。でなく。言えば

ええかげんにせんかいっ。

と。親を見送り子を育て嫁いだ妹たちの面倒も見(させられ)、ひたすら仕事に励んで子らを送り出した今は、股関節まで擦り切れて、杖を使いながら、見捨てられた中年過ぎたワンコを引き取って愛情掛けて、田んぼ道を散歩するのが現在の楽しみである、友人の夫さん。

大阪は河内のおっちゃんであるその方が、先日、放たれた言葉が、上記。

「ええかげんにせんかいっ」。

日本の、頑固なまっすぐな男である方の、魂の叫びです。いつも「雅子はどないしてんねん」とお尋ねになる。
雅子さんのとんでも話もあるのに、この泥試合。


Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

苦しいですね.....

ここずっとこの事で胸がつかえていました。書いて下さりありがとうございます。

コムロ圭は、国中を敵に回しても平然といられる凄まじき神経の持ち主ですね。
初めて見ましたこういう人間。いや青森の税金泥棒、アニータを思い出しました。けれど今回はお金ではない問題だから........。

こうなったら、何が何でも離してなるものかでしょうね。もはや魔物.....。
コムロ圭のあの上目の目つき、思い出す度にゾッとします。

庶民が家柄だのしきたりだのやってる時に、
なぜ日本の姫様が晒し者になるのを誰も防げないのか、悲しくて悲しくて。
こんなことは火種のうちに、速やかに秘密裏に火消しされるべきことなのに、たやすいことのはずなのに、どうしてここまで.....。

将来の天皇を二人抱える秋篠宮家の窮状と、ご皇室と日本存亡の危機が垣間見えます。先人達の慟哭が聞こえるようです。

髪もゴミも残さないのですか。
立つ鳥跡を濁さず、ではなく闇なんですよね。ダブルM様の住む魔宮、なんて言葉が浮かびました。
穢れが....祭祀は....

未だGHQの日本破壊政策は着々と進行していますね。
国民が祈り国をまもって行かないといけないのでしょうね。

眞子さまが守られてどうか無事解決されますように、お祈り致します。
2019-01-26-02:27 * 雪灯り [ 返信 * 編集 ]

KUON様、
コドモにスマホは使わせてはいけませんなぁ。

繰り返しメールを読み、うふふ、
毎日電話がかかってきて、
いちゃいちゃウフフして、
目が覚める暇があるとは思えず。

自分の気持ちを表に出さず、
人の意見を聞かず、
ただ思い込み、夢を見て、
頑固にも程がある。

アタマ、よろしくないのでは。
・・・つける薬はなさそうです。

公務だなんだと外に出してはいけない。
すでにキズモノ、キワモノ扱い。

深窓にて、スマホ取り上げ、
週刊誌を含む本をたくさん読んでもらってはいかがでしょうね。

知識が増えれば、あるいは目が覚めるかもしれない。


「解決」しているのなら、
「協議」とか「調整」とか必要ないのに、
「小職」さんがほんもの弁護士とはとても思えませんが、
犯罪人の弁護して法律の抜け穴探す専門家だから本物?

まわりはすでに金目当ての虫しかいないので、
だれかがどうにかできるわけない。
やはり彼女本人が目覚めるしかない。

「アンタは畜生と同じことしてる、
それわかってんなら勝手にしな、」
なんてこと言ってやれる人、いませんかね。


2019-01-26-17:35 * アルジェリマン [ 返信 * 編集 ]

結婚するには定職がなければ、という世間一般によくある考えかたが秋篠宮家にはないのかもしれません。

紀子様の両親は、父親が学生のときに結婚して紀子様が生まれています。
以前読んだ本には都内のキリスト教教会で結婚式を挙げたとありました。(クリスチャンだから教会で結婚式をしたのか、クリスチャンではないがお金がかからない会費制にするために教会で式を挙げたのかは知りませんが。)
その後、妻子をつれてペンシルベニア大学に大学院生として留学しています。

秋篠宮殿下ご自身は就職のことなど考える必要がなかったですし、紀子様も大学院生のまま結婚しました。

秋篠宮家では、ご自分たちや紀子様の両親のような結婚が知らず知らず考え方の基準になっているかのように見受けられます。

コムロのように銀行を辞めて法律事務所のパラリーガルになり、そこを休職してアメリカの大学院に3年間の予定で行ってしまうなんて、それだけでも(仮に母親のお金の問題がなくても)娘の結婚相手として問題だと、庶民の多くの家では考えるように思います。
定職をしっかりもって結婚するという考えひとつでもあれば、こんな事態には至っていないでしょう。(いまは幸い就職氷河期ではありませんし。)
ムスメさんも東大博物館に自分用の職を作ってもらってますから、就職に対する認識もそれ相応なのでしょう。

コムロもムスメさんも否定することなしに、「長引いているので一旦白紙に戻します」ということを親の責任で宮内庁に発表させたらいいだけでしょう。もちろん後始末は引き受けるしかありません。1日長引けばそれだけ傷が深くなります。…そう思います。

(アンチ秋篠宮家ではありませんので、念のため。)

もしかしてコムロは女性宮家の危険性を国民に知らせるための救世主なのかもしれません。

長くなってすみません。


2019-01-27-08:14 * 温泉郷 [ 返信 * 編集 ]

最近、この話題でかまびすしいですね。
秋篠宮両殿下や両陛下、宮内庁、眞子さまは、皇室がこの借金泥仕合の片棒を担がされているとお気づきなのでしょうか。
本来皇室はこのようなトラブルに縁があってはならないし、あっても表沙汰にならぬようサッと片付けるはずです。
それを誰もお出来にならないのか、しないのかわかりませんが、国民はウンザリし始めていると思うのです。
関係者皆がそれぞれの立場を弁え、すべきことを為せば、問題は一気に小室親子と元婚約者だけの問題に収束するでしょう。
眞子さまはあの男との通信手段を絶ち、数年療養するなどしなければ、最早目を醒ますことはありますまい。
今はお可哀想でも諦めるのに10年20年かかっても、生涯未婚でも、内親王があんな男に縁付くよりマシです。
2019-01-28-21:26 * さやか [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

・雪灯り さん

率直に書きます。もう一度は言いにくくて黙っていたのですが(去年の秋に記事にしていましたが)眞子さんの「結婚したい」に、陛下が下した「裁可」とやらは、存在しないことが、さもあったかのように。皇室の典範に、そんなこと書いてないです。昔は天皇の「勅許」が存在したのでしたが。戦後それは無いです。

陛下は結婚したいとお聞きにはなられたのでしょう。女帝さんは間に入って、当時は、とりなす方向で陛下に伝え、陛下は、実際お優しく、そうなの、よかったね、幸せにね、とか。お祖父さまらしいことを、仰ったのではないか。ミテコさんがそうしたかった時期なら、そうなったのですよね。

もう一度、率直に申します。結婚したいのは眞子さん。今も多分。親御さんの言うことは、聴かない、聞こえない・・親御さんはただ「困って」おられる? それもまあ、率直に言って、信じがたいことではあります。

いつまでやらせておくのか。私の思いは今、そういう感じです。雪灯りさんみたいに優しくなくて、ごめんなさいね。

・アルジェリマンさん

ロミ.ジュリごっこ、楽しいのかな、同じ程度のオツムなのかと、まあ何とも。

>コドモにスマホは使わせてはいけませんなぁ。

繰り返しメールを読み、うふふ、
毎日電話がかかってきて、
いちゃいちゃウフフして、
目が覚める暇があるとは思えず。

自分の気持ちを表に出さず、
人の意見を聞かず、
ただ思い込み、夢を見て、
頑固にも程がある。<

まともに生きている大人なら、同感、となるであろうご意見です。同感。私は若い頃、アホな(と人にそしられる類のレンアイに手を染めたり足を突っ込んだり)思えばわたしはアホだった、と、深く認める日々を送った・・ので、おひめさんが、初めて目の前にしたオノコを「運命のヒト」と思ってしまった、段々思い続けていたくなってしまった次第は、解らぬでもないのです。恋を、したかったのですね。

でも私は、自分の力で自分を養っていたし。自主性を重んじていつまでも見守ってくれる両親ではありませんでしたし。

痛い痛い思いをして、懲りないでまた同じようなことにはまって、今は何もいなかったような顔してデヘヘ、と笑っております。他人様のお金を当たり前に使えるってことは無かったですし、そういうのは気持ち悪くて嫌でしたし。金にだらしない人間とは、付き合いません。言うまでもないこと。

>犯罪人の弁護して法律の抜け穴探す専門家だから本物?

匂いで人を見分けるのはワンコに限りません。同じ匂いのヤカラは呼び合う法則。この「小職」もね。いうことはありませんね。

自分でわからなければわからない。そゆことと思います。

>「アンタは畜生と同じことしてる、
それわかってんなら勝手にしな、」
なんてこと言ってやれる人、いませんかね。<

つまり大事はここ、なのかも。つまらない家です。

・温泉郷さん

>(アンチ秋篠宮家ではありませんので、念のため。)

これは、解っているつもりです。私も「アンチ」ではないと思っています。だいたい、なんでもそうして分けられるのはイヤ。自分の目に見えるように、見ていたいと思っているだけ、見て、おかしいことはおかしいなあと、自分のブログに書きたいだけなのです。自分が正しいともワメきません(笑)。

「擁護」という言葉もなんだか・・遮二無二、自分でも「ん?」としか思えなくなったことを、でも真摯に公務を、とか言わなくてはならないなんて、私は、押し付けられたくないですもんね。眞子さまについて誤誘導するな、とか、人様に言われたくはないです。思うように思う、でも慎重に、と、思うんです。皇室の方は、それらしく存在しておられれば、仰ぎ見て安心できれば、としか思わない。ご不自由であろうにいつも笑顔で、くらいに感じていたい。いたかった。それ以上は望んでいなかったのです、実際。

まさか、ここまで、と。今、感じていまして。いろんなことを。今更、ひらかれた皇室の咎、とか言っても仕方が無いですし。う~ん、書けば書くほど、気持ちから遠くなる気がします。

コムロ某氏は、何の例にも引けない特殊な方のようです。真面目に働いて月に幾らで、とか考えない、一足飛びにいい暮らしを。

他人を愛したり幸せにしたりは、できないですよ、アレは。

関わりたくない手合いの人です。その人と、日ごと顔の見える電話?とやらで連絡とりあって、という。言いようの無い話ですね。

>結婚するには定職がなければ、という世間一般によくある考えかたが秋篠宮家にはないのかもしれません。<

無いですよ。無かったでしょう、きっと。皇族って世の中とは違うモノなんですよ、何につけ。

今夜は、気の無いようなお返事をしてしまいましたが、ごめんなさい。コムロ、消えてくれ、としか思えない自分でおりまして。懲りないでまた、コメント下さいね。


2019-01-28-21:34 * KUON [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

・さやかさん

>本来皇室はこのようなトラブルに縁があってはならないし、あっても表沙汰にならぬようサッと片付けるはずです。
それを誰もお出来にならないのか、しないのかわかりませんが、国民はウンザリし始めていると思うのです。
関係者皆がそれぞれの立場を弁え、すべきことを為せば、問題は一気に小室親子と元婚約者だけの問題に収束するでしょう。<

まったく同じ気持ちです。

いいかげんにして頂きたい。でなく。言えば

ええかげんにせんかいっ。

と。親を見送り子を育て嫁いだ妹たちの面倒も見(させられ)、ひたすら仕事に励んで子らを送り出した今は、股関節まで擦り切れて、杖を使いながら、見捨てられた中年過ぎたワンコを引き取って愛情掛けて、田んぼ道を散歩するのが現在の楽しみである、友人の夫さん。

大阪は河内のおっちゃんであるその方が、先日、放たれた言葉が、上記。

「ええかげんにせんかいっ」。

日本の、頑固なまっすぐな男である方の、魂の叫びです。いつも「雅子はどないしてんねん」とお尋ねになる。
雅子さんのとんでも話もあるのに、この泥試合。

2019-01-28-21:49 * KUON [ 返信 * 編集 ]