FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 落語を聞いた
頂いているコメントへのお返事は、今夜ゆっくり書かせてもらいたいです。

土曜日は婚家のお墓参り。
高速道路を抜けてしばらくすると、お山に雪がうっすらとかぶっているのが見えました。供華を買いに寄った店のレジのあたりで、その朝まで雪が降っていたのだとわかりました。聞き耳KUON(笑)。

墓碑は冷たかった、冷え切っていました。拭いて、まわりを掃いて・・草も生えていません・・お花供えてお線香を手向けて、ひとつき見守って下さったことに感謝して‥中に、わたしが知っている方は舅ひとりではありますが・・おー、寒、寒、終わったぁって感じで、さっき登ったゆるい坂道を降りる。

ほあ、ほあ、と。てのひらを差し出したらそのまま溶けてしまうような淡い雪が、舞ってきました。初雪。

ほかに、人も車もイノシシもいない、しーんとした墓地で迎えた、わたしにはことし初めての雪。

その夜は、若草山の山焼きの日で。雪で湿気ていたでしょうけど、無事に花火は上がり、お山は炎に包まれたようでした。

・・友人宅に引き取られたハスキー犬のラッキー、幸せそうにしていました。顔つきまで変わって「おとうさん」にくっついて、二人、至福の表情で。
     (すみません、ラッキーぢゃなくリッキーでして。ラッキーなリッキー・・・すみません)。

・・帰り道、広い広い河川敷のある川のほとりを走っていた時。私は助手席にいるのであれこれ、見えるのです。冷たい風の吹く中で、枯れた葦がぱっさぱっさとなびいている中で。あら、と、目が留まった。

短髪の若い男の子が、トランペットの練習をしていたのです。邪魔になるからなのでしょう、マフラーもしていないで、すこし身をそらす形で、一人、トランペットを。一瞬にその姿は視界から消え去ってしまいました、川沿いのその道は狭くて、ひごろ運転をしなくなっている夫は、とても慎重にハンドルを握っているのだから、前へ、ひたすら前へ、なのであって。

頑張れ、トランペットBOY。こころの中でつぶやいていました。

昨日、日曜日は、落語を楽しみに、神戸国際会館へ。桂文珍さんの独演会「一期一笑(いちごいちえ)」に、長女の夫さんが招いてくれたのです。文珍師匠はおともだちなのだそうです。

前座のお弟子さん、一生懸命。客席から笑いが起きると、なぜかこちらがホッとしたりして。がんばれ、これからの落語家さん。

文珍さんは、やはり全く違う。出てこられただけで、何か、んふふ、みたいな感覚に襲われる。やわらか~く始まって、始めは時事の噺から。同い年だというジュリーの話題が出、ゴーン氏がいじられ、話題は豊富。楽しい。面白い。笑っている内に終わって、今では日本に一人しかいないのだという「女道楽」なる芸を、内海英華さんという芸人さんが。

芸人の名にふさわしい(と感じました)、テレビが見せる芸能でない、熟した時間を。私は全く詳しくないながら、聴き惚れ、見とれていました。都都逸の艶やかさ、色っぽさ。日本語の豊饒を感じた。とか、書いたって、すみませんね(笑)。三味線の速弾き、というか。ロックだぜ。

再び文珍さんが。申し訳ないですがタイトルわからない、他の落語家さんで聞いたことがあったような、ヨメ取りと五円とが・・ご縁、なんですねつまり・・落ちはとっても温かくて気持ちのいい噺を、うっとり聞かせてもらいました。

休みをはさんで、最後の「二番煎じ」。古典落語なのだそうで。私はこれが、いちばん良かった。ゆったり座って、時々ハラハラしながら、大笑いしながら、ずっくりと、落語の世界に引き込まれておりました。

時々、裏で、太鼓が鳴る。時々の太鼓、そして、舞台の真ん中で、話している文珍さんと。たったそれだけなのに、噺の中のいろんな人々の、表情や、切羽詰まった感じや、夜回りの夜気の冷たさや提灯の頼りない灯りの揺らぎが。見えるようで。

本音や建て前やお酒の匂いやヒミツの鍋のぐつぐつ煮え具合や、役人の尊大さや慌てる町人たちの息遣いや。ぜ~んぶ、感じられるのでした。

娘と、すごいな、すごいね、と、語彙貧弱な感想を交わし合って。楽しいひとときは終わりました。

今も、気持ちの中に、余韻が残っています。落語、面白かった。楽しかった。日本語、すごい、噺家さん、すごい。





スポンサーサイト



 *  分類 : 嬉しかった
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2019年01月28日(Mon) 13時50分
こんにちは。

いいですねー。
落語、好きです。
昔、まだマクラの部分なのに笑いすぎて、高座から「お客さん、お愉しみですねー」と声をかけられたことがあります。はずかちい。

キッチュ・松尾さんが、飛行機でトイレから戻るときに乗客の方々が同じように笑っていることがあって、ああ、落語聴いているんだなと思ったことがある、と言っていたのを思い出しました。
それから、『うる星奴ら』のチェリーが、波打ち際でヘッドホンつけて落語を聴いているシーン。あれも笑ったなぁ。
落語そのものでなくても、こんなに楽しいことが次から次へと思い出される。
いやはや、奥が深いです。

日本の話芸、大好きです。
昔、小僧さんに「いいところ連れてってあげる~」と言って、御徒町に浪曲聴きに行ったところ、「おかあのウソつきっ!」と言われました(汗)。
これも懐かしい思い出です。

今月は、あかぎ寄席で講談がかかるので行きたいなと思っていたのですが、手元不如意につき行けませなんだ(涙)。
ぢっと手を見る。
2019年01月29日(Tue) 13時10分       編集
再びのコメントですみません。

ラッキー君のことが書きたかったのでした。

「よかった」という言葉では言い表せないけど、「よかった」。
本当によかった。
気持ちが下がる報道ばかりのこの一月で、本当に「よかった」と思えるニュースでした。
2019年01月29日(Tue) 13時27分       編集
・ゴネコさん

キッチュ・松尾さんって。な~つ~か~し~や~。
いや、過去の方ではないですけどね。キッチュ、だった頃の松尾さんのことを、中島らもの本で、よく、読んでおりましたのですよ。

センスいいですね、キッチュ。らもさんもう、いません。

で。思ったこと。わたし、お江戸の落語やのうて、こっちの、関西ことばのが好きなんだわ、と。関西弁でも、きれいな言葉がいい。汚い、いわゆるそれは、イヤ。その「汚い」関西弁の代表とも云われる、河内言葉。

リッキー(ラッキーと書いたのは間違い、ごめんなさい、ぢつはリッキー)の、おとうさんになって下さったのが、この、河内のおっちゃん。私は聞いたことが無いのですが、奥さんである友人いわく、それはもう、見事な「おんどれ~」であったそうな。であっても、このリッキーぱぱ。昔、次男君が、ちょっとしたやんちゃをして、友達もろとも補導されてしもた。おっちゃん迎えに行った。次男君以外、お迎えの親御さん、無し。おっちゃん全員引き受けて連れて帰って、一軒ずつ電話した、おのれの子くらい迎えに来んかい、このボケがぁ。って。迎えが来るまで、子ら並ばせて、あたま(どたま)一発ずつ、叩いた(はたいた)。平等に。そしてから、大量にラーメン作って、卵入れてハム浮かべて皆に食べさせた。雑煮用の鍋いっぱい、高校生たち、平らげて、おっちゃんご馳走さんでした、言うた、という話。

そのおとうさんに、可愛がられて幸せなリッキーなんです。
2019年01月30日(Wed) 20時50分       編集






管理者にだけ表示を許可する