FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 日常 › よかった。
2019-03-18 (Mon) 22:45

よかった。

<裕也逝く!>だったのですね。

前日、オムライス食べて。少し前には、見舞いの孫に向かってニコニコしていたと。

それもいいんだ、きっとよかったんだ、そういうのも、もうおじいさんなのは確かなのだし。

でも。亡くなったと聞いて、不謹慎でしょうか、よかったね、と思いました。

業が深い、という言葉があるけど、内田裕也、その反対側のひとだったんだろう。業が浅い、とは言わないですよね、面白い。

奥さんがあちらで、安心している気がする。裕也さんも、安心して昇って行かれたのでしょう。

叱られるかな、よかった、とか言ったら。



スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-03-18

No title * by まりん
おっとは「嫁さんの後を追ったのかな。」って言いましたが、私は「奥さんが迎えに来たんでないの?」って言いました。なんか「いつまでもそっちにいると娘家族に迷惑がかかるし、それよりも早くこっちきて一緒に暮らしましょうよ!」って言ってるような気がして。私もkuonさんと同じく、幸せな旅立ちだなって思いました。

No title * by アルジェリマン
やっぱり仲がよかったんだな、と思いました。
良かったね、と。

ある程度以上の年齢なら、
そう感じる人、多い気がします。



No title * by 茉莉茉莉
ロックンローラーはドラッグ漬けで、経済的にも苦しくなり、心身共に悲惨な最期で若死にするのが定番ですが、内田裕也は理解のある娘夫婦と三人の孫とも交流もあり、穏やかな最期でしたね。

ハチャメチャで破天荒な不良だけど、ひとかけらの純情優しさがあり、人を惹き付け、擁護させてしまう魅力があったのでしょうね。








幸せな最期 * by ラピスラズリ
若い頃から破天荒でハチャメチャに見えるロックンロール人生を生きてきた割には79才まで生きたことは意外でした。
妻や家族とは最後まで長年の別居だし身近で生活態度や食べ物に気を配ってくれる人もいなかったでしょうに。
希林さんが亡くならなかったらもしかしたらもっと長生きしたのではないかとも思います。
同居はしていなくても長年の配偶者の死は例えようもないような喪失感と寂寥感が襲ってきたのかもしれませんね。

娘さんが何故夫婦を続けているのかと聞いたら「一点純粋なところがあるからよ」と答えたということを聞いて印象に残りました。
背景にはあんなにハチャメチャだらけなのにどこがいいのか?という疑問があったと思いますが、娘さんもそれを聞いて納得したということでした。

今日本で一番ダメな男として有名な小室圭。
眞子さんに尋ねてみたい。
かの人物に一点純粋なところはありやなしやと。
口先だけの言葉や行動の奥にある人間の本質を見抜く目を持たなかったら、この先もろくな人間しか付き合えませんよ。

回りにまともな友人知人はいなさそうですし、案外圭と似た者同士で欠点は一切見えないのだとしたらこのあまりにも理解不能の執着の原因なのかも。
皇族として何不自由なく育てられても大切なものを身に付けてないのですね。

* by KUON
たいへん遅くなり申し訳ないことでした。

・まりん さん

そうですよね。私もまるごと、そんな風に感じました。幸せな人生だったよな~と、人さまのことながら、つまりあっぱれ、と。

ふところ深い奥さんが、いないと、もう、いるところも無かったのではないか。内縁の妻とか、まあ、いたらしいけど、それはそれでね。奥さんいたから裕也さん、ああして生きていられたと思います。希林さんは、惚れてたから仕方がなかったですよね。一緒に暮らして夫婦でいられるカップルでもなかったし。

・アルジェリマンさん

人の死を、こんなに喜んで書いていいのかと、一抹の・・ほんの一抹の思いはありつつ。

よかったですよねえ。裕也さんは幸せだったと思う。樹林さんが「これ、と決めた」と言ったオトコでしたから。仕事する女は、自分が、惚れたいですから。裕也はうまいことやった。で、無茶苦茶だけど、それこそ純なわずかな(笑)とこで、彼女にずっと、魅かれていたのでしょう。めでたし。ですよね。ほんとに。

・茉莉茉莉さん

・ずううっと見ていると、裕也さん、自分のために欲をはっていないですね。ノせられて選挙に出たのは頭がおかしかったのでしょうけど、ぜんぜん自分は得したり人のものかっぱらったりしていませんし。島田なんちゃらいう女優とのことは、彼女は賢くて。裕也は、彼女のお父さんが正面から攻撃してきた時も、棒立ちになって逆らわず殴られてあげていたのでした。
今になって何やら出て来ている女性、何も言わない方がいいのにね。自分がしたくて彼のことしていた、と思っている方がいいのにね。そうでなければ、何だったのか。お金も無い、一生別れない妻がいて、立派な子ども家族がいるオトコ。

私は彼にそうしたかったのだ、にしておけばいいのにね。まあ、よそんちの話です。うまいことおさまるだろうと思います。

4月3日はみんな、集まる日だそうで。みんなといっても、沢山、亡くなってしまっていますね、あちらでどんちゃか、か。

・ラピスラズリさん

某サイトでのあなた様の、幾つもの懸命なコメントに、そうっと「そうだ! 立派だ!」と右腕ふりあげていた私です。こぶし振り上げ、は、たとえです。

私は、人間に必要なものは「品」ではないかと考えています。

外見どうでも、人品の卑しさそうでなさは、どうしても現れ出るもの。内田裕也を「品がいい」と言うのは、少し違うと思いますが、欲がない、というのは、十分に美しいのではないかと。人に奢っちゃうためのお金が欲しい、とかね。バカだけど,小賢いよりは、ということ。考え方の問題でしょうけどね。

小室某は、言葉にするだけのモノではないです。アホらしゅうて、アホらしゅうて、自分で見たい方向を選んで生きてる以外、無いような。

ここ数日から先、なんやかやと、あれこれと。シュリンプよりはデッカイエビがいいんですのよ、私。海鮮丼だって、シュリンプだったら、あ~、と、気持ち、落ちますでしょう??(笑)。



Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

おっとは「嫁さんの後を追ったのかな。」って言いましたが、私は「奥さんが迎えに来たんでないの?」って言いました。なんか「いつまでもそっちにいると娘家族に迷惑がかかるし、それよりも早くこっちきて一緒に暮らしましょうよ!」って言ってるような気がして。私もkuonさんと同じく、幸せな旅立ちだなって思いました。
2019-03-19-09:20 * まりん [ 返信 * 編集 ]

No title

やっぱり仲がよかったんだな、と思いました。
良かったね、と。

ある程度以上の年齢なら、
そう感じる人、多い気がします。


2019-03-19-20:30 * アルジェリマン [ 返信 * 編集 ]

No title

ロックンローラーはドラッグ漬けで、経済的にも苦しくなり、心身共に悲惨な最期で若死にするのが定番ですが、内田裕也は理解のある娘夫婦と三人の孫とも交流もあり、穏やかな最期でしたね。

ハチャメチャで破天荒な不良だけど、ひとかけらの純情優しさがあり、人を惹き付け、擁護させてしまう魅力があったのでしょうね。







2019-03-20-00:31 * 茉莉茉莉 [ 返信 * 編集 ]

幸せな最期

若い頃から破天荒でハチャメチャに見えるロックンロール人生を生きてきた割には79才まで生きたことは意外でした。
妻や家族とは最後まで長年の別居だし身近で生活態度や食べ物に気を配ってくれる人もいなかったでしょうに。
希林さんが亡くならなかったらもしかしたらもっと長生きしたのではないかとも思います。
同居はしていなくても長年の配偶者の死は例えようもないような喪失感と寂寥感が襲ってきたのかもしれませんね。

娘さんが何故夫婦を続けているのかと聞いたら「一点純粋なところがあるからよ」と答えたということを聞いて印象に残りました。
背景にはあんなにハチャメチャだらけなのにどこがいいのか?という疑問があったと思いますが、娘さんもそれを聞いて納得したということでした。

今日本で一番ダメな男として有名な小室圭。
眞子さんに尋ねてみたい。
かの人物に一点純粋なところはありやなしやと。
口先だけの言葉や行動の奥にある人間の本質を見抜く目を持たなかったら、この先もろくな人間しか付き合えませんよ。

回りにまともな友人知人はいなさそうですし、案外圭と似た者同士で欠点は一切見えないのだとしたらこのあまりにも理解不能の執着の原因なのかも。
皇族として何不自由なく育てられても大切なものを身に付けてないのですね。
2019-03-20-19:44 * ラピスラズリ [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

たいへん遅くなり申し訳ないことでした。

・まりん さん

そうですよね。私もまるごと、そんな風に感じました。幸せな人生だったよな~と、人さまのことながら、つまりあっぱれ、と。

ふところ深い奥さんが、いないと、もう、いるところも無かったのではないか。内縁の妻とか、まあ、いたらしいけど、それはそれでね。奥さんいたから裕也さん、ああして生きていられたと思います。希林さんは、惚れてたから仕方がなかったですよね。一緒に暮らして夫婦でいられるカップルでもなかったし。

・アルジェリマンさん

人の死を、こんなに喜んで書いていいのかと、一抹の・・ほんの一抹の思いはありつつ。

よかったですよねえ。裕也さんは幸せだったと思う。樹林さんが「これ、と決めた」と言ったオトコでしたから。仕事する女は、自分が、惚れたいですから。裕也はうまいことやった。で、無茶苦茶だけど、それこそ純なわずかな(笑)とこで、彼女にずっと、魅かれていたのでしょう。めでたし。ですよね。ほんとに。

・茉莉茉莉さん

・ずううっと見ていると、裕也さん、自分のために欲をはっていないですね。ノせられて選挙に出たのは頭がおかしかったのでしょうけど、ぜんぜん自分は得したり人のものかっぱらったりしていませんし。島田なんちゃらいう女優とのことは、彼女は賢くて。裕也は、彼女のお父さんが正面から攻撃してきた時も、棒立ちになって逆らわず殴られてあげていたのでした。
今になって何やら出て来ている女性、何も言わない方がいいのにね。自分がしたくて彼のことしていた、と思っている方がいいのにね。そうでなければ、何だったのか。お金も無い、一生別れない妻がいて、立派な子ども家族がいるオトコ。

私は彼にそうしたかったのだ、にしておけばいいのにね。まあ、よそんちの話です。うまいことおさまるだろうと思います。

4月3日はみんな、集まる日だそうで。みんなといっても、沢山、亡くなってしまっていますね、あちらでどんちゃか、か。

・ラピスラズリさん

某サイトでのあなた様の、幾つもの懸命なコメントに、そうっと「そうだ! 立派だ!」と右腕ふりあげていた私です。こぶし振り上げ、は、たとえです。

私は、人間に必要なものは「品」ではないかと考えています。

外見どうでも、人品の卑しさそうでなさは、どうしても現れ出るもの。内田裕也を「品がいい」と言うのは、少し違うと思いますが、欲がない、というのは、十分に美しいのではないかと。人に奢っちゃうためのお金が欲しい、とかね。バカだけど,小賢いよりは、ということ。考え方の問題でしょうけどね。

小室某は、言葉にするだけのモノではないです。アホらしゅうて、アホらしゅうて、自分で見たい方向を選んで生きてる以外、無いような。

ここ数日から先、なんやかやと、あれこれと。シュリンプよりはデッカイエビがいいんですのよ、私。海鮮丼だって、シュリンプだったら、あ~、と、気持ち、落ちますでしょう??(笑)。


2019-03-28-22:17 * KUON [ 返信 * 編集 ]