FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 弥生のおべんきょう Ⅱ
続き、参ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     黒猫アビ

 ・ひな祭り我のちいさなひな飾り
  心にポッと灯りがともる

女のコにとって(いつまでだって、女のコ。)、お雛さまはやっぱり、特別な存在と思います。
女の子の優しい心模様を詠まれての一首、少し厳しくさせてもらいます、この「灯り」が大切に思われて。生かしたく。

理屈を先に立てて言いますと、「ひな祭り我の小さなひな飾り」のままですと、祭り、と我、の間に「に」が要るのです。そして「ひな飾り」でなく「ひな飾る」となる。なんだかゴツゴツ無粋になりそう、で、触らせてもらいますよ、

「雛の日にわれの(我、という漢字よりひらがなが優しい)ちいさなひな飾る心にポッと灯りがともる」

ではいかがか、と。


 ・春を待つ三寒四温 身につらい
  痛みこらえて家事は手抜きに

素直にこのまま生かします。
「春を待つ三寒四温の身につらく痛みをこらえ家事の手を抜く」

先の一首の「ひな祭り」もそうですが、それはひと固まりの言葉。家事を「手抜きに」も、ひと固まりの言葉。それは、どういうことなのか、を、一つずつ考えて言葉を考えて行くと、言葉のまわりに空間が生まれて、自分は何をどう詠みたいのか、が、少しずつ見えてくるのだと思います。「ある」言葉をあてはめるばかりでなく、言葉の意味を、ゆっくり考えてみると、表わし方にゆとりができて来る・・ムズいこと書いてしまいましたが、KUONがこんなことをほざいていること、時々、思い出して下さると、いいな。


 ・春がきた洗濯物を干しながら
  ふと目に映るムスカリの花

   冬場から、ずっと春を待ちわびています。
   ベランダのムスカリの花が咲くと、春を実感します。


すてきですね。それなら、たとえば「ふと」でなく・・」ふと、は便利な言葉なのですが・・「今朝目に映るムスカリの花」ではいかがでしょうか。待っていた花が、今日、今朝、目に映った。喜びの伝わり方がくっきりしませんか? 細かいようですが、発展途上のアビさんに。随分お上手になっておられる、ものを見る目も確かになっておられる、なので。

     ひらりんこ     

大切な人を傷つける自分が
父を憎んで父に似ている

   自己嫌悪でどん底まで落ち込んだ日に詠みました。

ひらりんこ さんは感情の切り取り方がお上手です。
この一首、ずうっと考えました。「父を憎んで父に似ている」ここ。冷静に「添削し」、筋の通ったうたにするべきなのか。たとえば文法的にはここは・・とか、言いながら。でもそうすると、この激情の火がうすらぐ。

誰だって本当は、憎む父より優しくて甘い父を持ちたい。父に似ている娘である自分に、嬉しくやさしく向き合いたい。なのに、そうでない。

苦しい切ない一首です。このまま残しておきたいと考えるに至りました。


     白萩

・闇の中香の漂いてみずからの記憶を辿る これは沈丁花

沈丁花の香りかたって、詠まれているこの通りの感じですよね。見えていない触れていない、香りだけがある、しかもそれは、記憶の中の香り。結句の「これは沈丁花」はからずも1文字余るこの字余りが、余韻を添えています。

・慎ましく咲(え)みて香りもきよらかに沈丁花のごとき人でありたし

え~。お世辞を使う場でなく理由も無いですが、なんとなくそんなイメージの方であります、白萩さん。

・いちはやく水を引く田に陽光(ひかり)射し近づく春を見る車窓かな

・十年前の我をうつして頬ゆるむ 街行く慣れぬスーツ姿に

景色の見方、言葉の選び方、街でみかけるフレッシャーさんたちへの視線も、的確、かつ柔らかいです。

     おてもやん

○耳も目もぼんやりとする愛犬の怯えて吠ゆるを撫でてなだめる

   パピヨン犬13才、年のせいか人影や物音に吠えるようになりました。

あの大地震も、家族の一員として通り抜けて来た愛犬。幼いお孫さんと一緒に、頑丈な卓の下に眠っていたワンコは、年を取って。孫ちゃんは伸びてゆくばかりですのに。
何かに怯えて吠えるしかないパピヨン、優しい手に撫でてなだめてもらえて、幸せですね。撫でる方の思いはあれこれ、複雑でしょうね。たくさん撫でてあげて下さいね。


○背伸びして玄関のベル鳴らしてはボクですと言う三歳の孫

(笑)。おてもやんさんも的確さを増しておられます。このままで充分な一首ですが、たとえば4、5句をひっくり返して

「背伸びして玄関のベル鳴らしては三歳の孫ボクですと言う」


こういううたい方もあります。内容に変わりはないが、どこか何か、違うのかなあ、など、面白がってくださいね。


欲張ってぐゎんばりたいゆえ、今夜はここまでとさせていただきます。

また、明日。




スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 4  *  記事編集  *  2019年03月20日(Wed) 21時06分
今月も添削ありがとうございます。
孫のうた、私のはキッチリし過ぎてどうすればいいのか、考えつきませんでした。
なるほど、順番を入れ替えるだけで動きが感じられます。
清書は、これでお願いします。
〇背伸びして玄関のベル鳴らしては三歳の孫ボクですと言う
2019年03月20日(Wed) 23時21分       編集
No title
KUON様

おはようございます。
添削・ご指導ありがとうございます。

一首目
 ・雛の日にわれのちいさなひな飾る
  心にポッと灯りがともる
二首目
 ・春を待つ三寒四温の身につらく
  痛みをこらえ家事の手を抜く
三首目
 ・春がきた洗濯物を干しながら
  今朝目に映るムスカリの花


「言葉の意味」をゆっくり考える。しっかり頭にいれて、お歌を楽しんで
いきたいと思います。
ありがとうございます。


2019年03月21日(Thu) 08時38分       編集
No title
正しい形だとどんなふうになるのか、知りたい気もいたします。それでもやっぱりここは・・・という気持ちを汲み取ってくださって、ありがとうございます。
KUON様はいつも歌のうしろの気持ちを深く理解してくださるので、ほんとうに救われた気持ちになります。歌を通してカタルシスを得るというか。。
またぽつんぽつんと詠んでみたいと思っておりますので、おかしなところはぜひ教えてくださいませ。
2019年03月21日(Thu) 12時14分       編集
kuonさま 今月もありがとうございました。
沈丁花のような、とコメント頂き恐縮です。オフ会でもございましたらぜひ参加したいですが、kuonさまのイメージを壊してしまうのが怖くもあります(笑)。
さておき、今後も周りのもの、ひとなどを観察して、また自らの心情を切り取ってうたにして参りたいと存じます。
2019年03月21日(Thu) 17時15分       編集






管理者にだけ表示を許可する