FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › まじめなお話。 › 皇室を卒業。追記あり(恥ずかしい)。
2019-03-25 (Mon) 21:18

皇室を卒業。追記あり(恥ずかしい)。


皇太子一家恒例の静養でスキーを楽しむ。 と、珍しく報道の少ないなか、読みました。今日から。

まさこさんは一月以来ずっと公務ほぼ全欠席、全身全霊を以て、実家のみんなあつめてホテル貸し切りでドンチャカチャ。楽しみなこの日に備えられたのですね。。

即位前の最後のスキー静養ですね。支払いはこれからも、国民の血税ですよ。ちっせえこと言うな、ですか。さようなら。

https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190325/KT190325FSI090005000.php

秋篠宮家の次女の佳子さんは、宮中三殿に国際キリスト教大学(でしたっけ?)卒業の報告、続いて武蔵野御陵に参拝されたと。残念ながら目つき怪しげの、もしかしてこれが実際のお育ちの証かも? の写真を撮られておしまいであった。まあそれはそれ、お姉さまともども、個人の思いを第一に、民には腹もお立ちでしょうが、民の方にも思いはあるのでございましたよ、まあ、これもこれ、どうぞどうぞお幸せに、ごきげんよう。さようなら。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-00000073-jij-soci

天皇皇后両陛下神武天皇陵に退位報告

奈良の友人が、な~んにも聞こえてこない、聞けなくていいけど、と、久方ぶりの電話をくれて。陛下ったら昔、美智子さん乗せてひとりで和舟を漕ぎはってんよ、知ってた~あ?と。知るもんか、と、まだアタマ痛くてギンギンしてたワタシ。和舟を、天皇が漕ぐって。それって。と、腹が立ちかけたが、萎みました。もういいんだ、もう関係ないんだ、好きな放題して来はってんや、誰が何を思おうが憂いようが、カンケーないんだあの人たちは。違う人たちなんだから。もっと早くに解っていた賢いひとたちも沢山。今更何がどうだとて。

私はもう、皇室を捨てるのだから。

しかし京都でまたもや茶会を催すと、お元気やな。あと10年は天皇夫婦はっていられるんちゃうか。昔の公家さんも集めはるって、そこは美智子さん、最後やからって気,強うしはったのね。上皇后やものね、歴史上最高のおんな? すごすぎて鼻も首も、折れたりせえへんのかしら。

そんなこんな派手な止め方してしもたら、次のあの、雅子さんとやらが、何もかも比べられて。比べられへんように抑えて押さえて周囲に迷惑かけてなんちゃことも、考えたげへんねんな、さすがのミテコさんや、よう、できたるわ、褒めてませんよ。

自愛の達人、自愛の巨人、あ、つい、夢中になってしまいましたやんか、ウチらとは違う、国民やなんか雑音発生器(ここは孫娘さんにもうまいこと行き渡ってるな)、勝手なこと言いたくっても何もでけへんミジンコ集団、黙って仕事して税金納めてたらええねんで、たまにはニコ、とか、まあ、大変ですね、とか、それくらいしたげるからなあ。以下・略。

もうすぐ平成ではなくなるそうで。

私、昭和の終わるとき、もっと厳粛な気持ちでおりました。しんとした心持でした。

昭和天皇が崩御されて、その乗られた特別な車(名を、思い出せません)が、ゆっくりと進んで行くのを、一組の老夫婦が。正装した年老いたご夫婦が。

雨の降る中、ぐしゃぐしゃにぬかるんだ道に、二人並んで正座して、傘もささずに濡れるに任せて、天皇のお車を見送っておられた姿に、自分も涙をこぼし、胸を熱くし、天皇の逝去を悼んだ記憶が鮮やかに残っております。

お花畑だったのか。そうだったのかも知れません。そうでなく、自分なりに、昭和の陛下、皇后さまに、慕わしい気持ちを抱いていたのだと思うのです。

このブログの前のブログにも、ずいぶんたくさん、皇室について、書いて来ました。なんとなく真っ白だ、と。意味も無く疑わず真っ白だ、と信じていた一枚のハンカチーフに、ん? 疑問のうす墨いろのシミがついて。・・・憶えています、四国の金毘羅歌舞伎の小屋の、桟敷席で、友人から聞かされた「雅子さんってそんな人ではないのよ」の言葉。

え?。びっくりしたと同時に、どこか、やっぱり?の思いが、私に友人を否定させませんでした。

何年たったのでしょう。

おかしな言い方ですが、実感です。わたし、皇室を卒業します。うす墨いろの疑問が、一点小さくついたあの日のハンカチーフは、真っ黒、ぐっちゃぐちゃ、皺だらけになりました。

特に皇室好きでもファンだったのでもない。色々とご不自由もおありだろうに、粛々とその立場を生きておられる皇族方に対して、思い出してふと見上げる感じがあり、よくしていて下さるな、と安心して、自分の人生を生きていた。そういう感じ。税金がどうのとは、あまり感じていなかった。そんなに納めていない現実があったし、自分にはわからないお金だっているだろう、常に人目にさらされておられるのだし、外国とのお付き合いもおありだし、と。

もうそんな気は無い。税金どろぼう、などの言葉は、吐く側の自分の気持ちが荒みそうで、使いたくありません。まさこさんみたいにバカ丸出しで生きる勇気もありません。美智子さんみたいな立派な偽善者に、なれないから悲しいわ、なんて、誰が言うかそんなこと。・・・👈としか思えない他人様に対して、自分を抑えながら敬愛の念とかを向ける、フリするだけでも自分で自分の人格否定、や、ナルさん。KUONのキャリア(そんな大したもん無いけど有るとして、あ、重ねてまいった馬齢でもよし)に基づく、なんちゃらの、人格否定ですや~~ん、皇室のヒトが国民をいじめたらあきませんや~ん、あ、それしんかったら他に、何か、しはること、おありやったか?え、え、ええと、もう、ええです。わたしミジンコ、ミジンコの人生を、残生を、たのしく生きたいねん。せっかくこの世に生まれて来て、今も生かしてもろてんねんもん、アホな家族にアホなコト、言うてる時間がもったいない。

そりゃあ世間知らずは当然、ものの言い方もわきまえなくて仕方ない、身内ことにおばば様のあられもない振る舞い見せられて育って、それでもじっと黙しておられた、いとけないお姫様、叩かれるいわれなど無いお姫様、を、叩いちゃいけないガラスの風鈴、叩けば砕けるガラスのスプーン、お責めになるなら他、当たってよ、と。なおお庇いあそばすお方の、一途のさまを見れば、わたくしKUON、イヤなやつやろうなあ。わたしにもあのお方、イヤなお方ですからね、ま、気にしない。立派なお仕事されてそれは本当に感嘆するばかりであるが、なぜにああまで、て言うかぁ。あの方、なにさま。

わたしたち、皇室の為にいるミジンコか?わたしたち、 納税するだけではあかんの?足らんの?敬いが不足?したくたって、できないやん、でけしませんねんもん。泣く。嘘。

何を言うてるかって?ごめんなさい、解る人にしかわからない部分、おおぴらにブログ内に作ってしまって、申し訳ないことにございます。

総身に報道規制びったりのメディア。今年は抑えて済むでしょう、来年からまさこは、スキー行かずに春を越せるのか。来年は、その時に国がどうあっても、メディアは報じる、そして、おそらく、笑いにくるんで、落とすか笑うか真っ向から竹割、いずれか。それとも。メディアは死んじまってるか,報ぜられる側がぐっしゃんとなってるか。お姫様Aは一人の人間としての意志をお貫きあそばされておらるるか、シンプルに一直線に・・・・・のごとくなっておられるか。お姫様Bは、素敵な気の強さっぷりで、挫けずめげず一個人の意志を以て。たとえば「ローマの休日」の初めの方のシーンみたいに、まいりました公務は微笑んで受けてさしあげてさ。退屈でもぞもぞしていて脱げちゃった靴が、みたいなこと、無いかなあ、あったら面白・・くも無いですね、きっと。私はもっと違う映画の違う場面に魅かれてるかな、勝ち気で生意気なお姫さまもいいが、私の好みは条件付きだな、意志と自由のために、どんな意味でも、自分、張れるか。

挑発されちゃうだけで、もう、ご勘弁。勝ち気で生意気でわがままでいい、おひめさま、と認められるおひめさまになら、負けたっていい気持ちは、今も十分残っているのが、恥ずかしい、というのぽッ(頬が染まる音)。


今後はあまり、皇室の方々について、一所懸命に書くことは無いなあ、と感じています。

勝手に生きてろ。ものすごく下品に正直に言うと、そういうところ、です。とか言いながら長い追記(茶色文字部分)書いてしまいました。KUONのアホ、は健在です、やさいさん、sarahさん。

。美智子さんの夫、アッキーさまが、一本の櫓で和舟を漕がれた。

単に単なる舟遊びなのではありません。。

陛下自らが漕ぐ和船に乗るという事は「神事」の一つ。次世代への継承の意味が込められているのでございます。・・ございました。

細かいこといちいち、と思われるかもしれません。でも、そういうことを含めて、一つ一つが、一般とはくっきりと異なる皇室というもの。神道のおおもと。天皇は唯一無二の神官でいらっしゃいます。・・いらっしゃいました。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-03-26

* by たまき
わかります〜。
なんかせいもこんもつきはてた、感じ。
私は、KUONさんきっと「佳子菌」にやられたんだとおもてました。
そして、こんな発表するだろな、と予想してました。
私も右に同じです。

かいかぶりすぎてたんだなーと、
実際の実物は…
東宮の出来なさ加減が凄すぎて、
いつのまにか、二重、三重とフィルターかけてたんだなーと。

考えたら、躍起になって応援してたのが馬鹿らしくなって。
考えたら、躍起になる必要なかったんだって。
なんか右に同じくです。

それくらい破壊力ありました。
小室某が引き起こしたあれこれと
いまだ収束がつかないあれこれと
佳子さんのお考えと。

* by 茉莉茉莉
挑発気味な佳子さまのコメント「当人の気持ちが重要、姉の一個人の希望が叶うよう」ふ~ん。借金だらけで海外留学するクズ男に惚れてる姉への応援ですか。姉も妹もあまり頭が宜しくないようで……

卒業の時の写真撮影の笑顔は姉と同じくアヒル口。よく見ると上目使いで媚びてる笑顔が多いなぁ。コメントを聞いてから笑顔がハナに付くようになって。

一部の人達しか覚醒していなかった皇室の惨状を、小室圭というクズ男がパンドラの箱を開けてくれたので、多数の国民が知ることになりました。

次期天皇一家は公務をおサボりで、晴々した顔で春スキーへ。次期天皇は自動車での定席の荷物席に、盆暗の顔して嬉しそうに座られています。

美智子皇后が築いた家庭の教育の結果が、二代目、三代目の現状として出ていますね。
秋篠宮家も同じだったんだ。わたしも皇室と距離を置く感じです。どうでもいいかな……



同じ思いです。 * by アイリス@
私にとっても、昭和で元号は終わっています。
災いだらけの平成、次期元号は崩壊を伴ってやって来るのですね。

皇室は無いものと思って暮らしていくしかありませんね。

余りに穢れて醜い皇室になってしまいました。
皇室の破壊を成功させた勢力は次は神社を
無くそうとしている様に思えてなりません。
絶対神社は守りましょう!

しかし、皇室に無関心になるしか疲弊を避ける方法がないとは、、、。
奴らの思うツボではありますね。
ムム、悔しいです?

貸切りにしたスキー場で
雪崩が起これば良いのになぁ✌︎('ω')✌︎

長野駅でのお迎え160人は
市民らが小旗を振って、と記事にありましたが
市民じゃなくて、ら が入っているので
煎餅が殆どだったのね。
日の丸じゃなくて、わざわざ小旗と書くところも、一体何の旗なんでしょうか?

写真を見たらわざとらしく車椅子の人に
腰を屈めて、卑しく話しかけている
又子の足元に 日の丸二つ
チョロリと出てました、申し訳程度に。

日の丸は高々と元気よく振れ!
と言いたいです。
あれらにとっては 最も苦手なものでしょうが
一応日の丸がなくては格好がつかない程度の
頭はあるのでしょう。

ところで又子の髷!笑
貧相だわ。
何をしても無様な奥さん。
消えて欲しいです。

私生活的には
今月から来月中に 将来にむけて
いろんなことに備えておかなくてはと
つくづく感じています。

kuon様
今まで
皇室関係の胸のすく記事沢山ありがとうございました! 本当にご苦労様でございました。

でも、時々は
書いてくださいね。
ありがとうございました!


* by 黒猫アビ
KUON様

こんにちは。
私も、皇室は卒業しました。
穢れた皇室に成り下がり、敬う気持ちも失せました。
それでも、東京大神宮と靖国神社参拝は続けていきたいと思います。
この国を愛する民の一人として、子や孫のために。


嫌悪感と倦怠感 * by ラピスラズリ
私も最近は皇室に対して主な感情はこれです。
批判の心はまだ沸沸と煮えていますが。

テレビはもうずっと見てないので最近の会見類は全て見てません。見る気にもならないのです。
へえかのけったいな退位希望会見は目を背けてました。
あのときの国民の世論は全く詐欺のようなものに国民を騙したようなものです。

国民はただ高齢になってお労しいから退位したいというなら認めてあげたら?くらいの軽い同情の気持ちを表したに過ぎないと思うのに、圧倒的な支持とされてあっという間にあれよあれよといまに政府が勧めてしまったことに今でも不快感を持っています。

摂政を置けばその後の巨費を投じて老醜の徘徊夫婦を飾り立てることをしなくて済んだのに、後出しじゃんけんのように次々と金に糸目をつけない豪華な祝宴や儀式が続き、極め付きは仮の住まいや何度もの引っ越しに何十億も平気で浪費するその神経がもはや由緒正しい皇室の姿ではなく卑しいおぞましさしか感じなくなっています。

国民の多くがまた災害の傷に苦しんでいるというのに何で皇室だけがこのような贅沢三昧をするのか?
要はあの夫婦が即位30年と結婚60年を現役の両陛下のままで迎えたかったからという下品な魂胆で中途半端な交代にしたことにも怒りが沸きます。

こんなに大掛かりなことになるなら体位は必要なかったと思う人は増えていると思います。
必然性や掛かる費用についても精査した結果を国民の前に明らかにした上で国民投票をすべきたったと思います。
とんでもない国歌行事になってしまっているのは許せません。

何もかも秘密にしておいて大人しい国民を騙して釣ったのです。
まだらボケ以外は元気に徘徊しているのを見て同情したことを悔いてないのでしょうか。

和舟に平気で乗ったこと、神事に捧げる瓢箪?だかの畑に入って取ろうとしてへえかに諌められたこと、透明人間になって古本屋で立ち読みしたいとか、ことごとくレベルか低くこの人は初めから終わりまでついぞ皇室の人間になったことはないと吐き捨てたいです

婚約した頃はへえかの目元くらいの背丈だったのに今や頭ひとつでかく堂々とへえかを引き摺り回している。
白髪頭のかつらの下の地毛が真っ黒で妙にしなしなナヨナヨしたとても80代半ばには見えないこの女は一帯だれ?
皇室を破壊したトロイの木馬。
この女を更に上コーゴーとして権勢を振るわせるつもりか?

正体がばらされるまでその興味だけで冷ややかに見ていくつもりです。

kUONさんの皮肉も時時はぜひ拝見したいと控え目に要望させて下さいませんか?

卒業 * by うーすけ
私も同じです。
必死で働いて学費、家のローン、生活費など捻出し、外では様々なストレスに晒されて戦っているようです。
税金、年々負担が多くなるように感じています。
庶民の苦しみをわかろうとも知ろうともせず、好き放題のあの人達の事、もういいです。
尊敬の念も無くなりました。

悠仁様の即位まで生きている事が希望でしたが、それももうどうでもいいです。
自分なりに神社などお詣りにいって日本のこれからの事を祈っていきます。

* by さぶた
KUON様
知り合うことが出来たきっかけは皇室に関する記事でしたが、私ももう皇室のことを考える時間がもったいないと思うようになりました。
ここでは、
KUON様の周りの景色やいろんな出来事、喜怒哀楽の数々を読ませて頂いています。
これからも、楽しみです。

KUON様 * by ひらりんこ
なんとなく激情に駆られて書かれたような、と申し上げたらKUONさんは、いいえ冷えびえと冷静ですと仰るかもしれませんね。
なんだかさびしいです。
「卒業」されても、よほどのことがあれば記事に上げてくださいね。
だってむしゃくしゃした気持ちが、KUONさんの文章を読むといつも「ほんっとそう!」と胸がスーッとするんですもの。
勝手なことをお願いしてすみません…

これからも楽しみに * by ガラスの風鈴
KUON様

追加文中に私のHNが出てきて、ちょっとビックリ致しました。

元々KUON様のブログは皇室の括りで見つけて拝読しておりました。

KUON様同様に、他の皇室ブロガーさんもそれ以外の内容の記事をUPしておられますが、KUON様の描かれるものは群を抜いていて、私は一番好きです。

ですから、これからも引き続き楽しみにしております。

* by KUON
・たまき さん
・茉莉茉莉さん
・アイリス@さん
・黒猫アビさん
・ラピスラズリ さん
・うーすけ さん
・さぶた さん
・ひらりんこ さん
・ガラスの風鈴さん(初めて、ありがとうございました)。

皆さま。まだお返事書けません。書き始めると暴発してしまいそうです。必ず書きますからお待ち下さるとありがたいです。




お師匠、体調はいかがですか? * by sarah
『世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし』(在原業平)
『世の中に たえて帝の なかりせば 民の心は のどけからまし』(民sarah)

ある出来事が、一瞬で世界中に真偽不明のままニュースとして伝わってしまうような、そんな世の中で生きていると、山深く、あるいは絶海の孤島で仙人のような生活でもしない限りは、様々な情報と無縁には暮らせません。
しかも、その情報というものには、玉もあれば石もありますし、その中から玉だけを選り分けるには、大変な知識が必要です。
その知識を得るためには、多くの情報を探すことになります。

そう考えると、姿や形すら知られず、まして、その行状などわからなかった昔と違って、今は「皇室」「皇族」に対する崇敬の気持ちを持つことは難しいのではないかと思います。
歴代天皇の中には、今で言えば犯罪者のような人物もたくさんいたでしょうし・・・、女狂いとか浪費家とか詐欺師とか、とか・・・。
敬われた人物を探すほうが難しいのでは。
一癖二癖あって奸計をめぐらせその地位を掴んだか、その軽さゆえに祭り上げられ利用されたか。
天皇家はそうして代々存在してきた、というのも歴史の一面かと思います。

雅子さん、その場に居ても居なくても、誰も気にしなくなってきました。
雅子さん、無視されることほどつらいことはない、とは思わないのでしょうか。

今の私の関心は、皇太子妃に受け継がれるティアラとネックレスをまとった紀子さまを拝見できるかどうか、です。
もし拝見できなかったら、ティアラとネックレスはどうなってしまったんでしょう、行方不明? 売り払われてしまった?

桜は絶やしてはいけませんが、帝はどうなっても(以下略)。

NoTitle * by KUON
・たまき さん
・茉莉茉莉さん
・アイリス@さん
・黒猫アビさん
・ラピスラズリ さん
・うーすけ さん
・さぶた さん
・ひらりんこ さん
・ガラスの風鈴さん
・sarah さん

まだお返事書けません。

ごめんなさい。皆さまを忘れてはおりません。

NoTitle * by 茉莉茉莉
KUONさんは、お忙しいのですから、返事は、お気になさらないで下さい。

KUONさんの皇室論いつも読み応えがあります。
皇族を、冷徹に観察しているからです。
髭の殿下の心の内側までの描写力には、感心して唸りました。それはもちろん、文学的素地があるからですが。

関西で暮らしてる方は、一筋縄でいかない思考(良い意味です)をされます。それだけ文化度が高い。

関東で生まれ育った者は、直で感じて、直で表現するので、単純過ぎて関西で暮らしている方には敵いません。

関東の人間の事は、野暮だと感じているでしょうね。

NoTitle * by KUON
・たまき さん
・茉莉茉莉さん
・アイリス@さん
・黒猫アビさん
・ラピスラズリ さん
・うーすけ さん
・さぶた さん
・ひらりんこ さん
・ガラスの風鈴さん
・sarah さん

ここへコメント下さった皆さま。

きちんと書いておきたいのです。

今日をもって、皇室について書くことは、止めます。

充分にアホらしい。

ブログはのんびりと続けるつもりですし、日々、普通に暮らす中で、これはなんじゃい。と、目や耳や気持ちがヘロヘロと情けなく揺れ動く時は、普通に、あれなんなの? と、書くと思います。

私は、特別に皇室が好きとか興味がある、などの者ではなく、自分たちと違う、時に窮屈であろう世界で、微笑みながら生きておいでになる皆さまを、時には見上げて、あ、いて下さるんだなあ、みたいな感じ、ありがとうございます、みたいな風に、接していたかった気がします。

どなたの擁護とか、何が何でもこの方を、という気は、さっぱり無かったと思う。今もありません。

どんどん違う存在、わけのわからないものになっておられて、でも、あくまで人間の世界の都合で、ごりごりと流されて行く「皇室」に、もう、何の思いも無くなりました。

というわけで、肩こらせて皇室方面の記事を書いていた私は、もう、おしまいにします。

お気楽な、勝手気ままな私のブログは、変わらないと思います。どうぞ今後も、ご訪問くださいませ。

・・・ご挨拶まで。ありがとうございました。


Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

わかります〜。
なんかせいもこんもつきはてた、感じ。
私は、KUONさんきっと「佳子菌」にやられたんだとおもてました。
そして、こんな発表するだろな、と予想してました。
私も右に同じです。

かいかぶりすぎてたんだなーと、
実際の実物は…
東宮の出来なさ加減が凄すぎて、
いつのまにか、二重、三重とフィルターかけてたんだなーと。

考えたら、躍起になって応援してたのが馬鹿らしくなって。
考えたら、躍起になる必要なかったんだって。
なんか右に同じくです。

それくらい破壊力ありました。
小室某が引き起こしたあれこれと
いまだ収束がつかないあれこれと
佳子さんのお考えと。
2019-03-26-01:29 * たまき [ 返信 * 編集 ]

挑発気味な佳子さまのコメント「当人の気持ちが重要、姉の一個人の希望が叶うよう」ふ~ん。借金だらけで海外留学するクズ男に惚れてる姉への応援ですか。姉も妹もあまり頭が宜しくないようで……

卒業の時の写真撮影の笑顔は姉と同じくアヒル口。よく見ると上目使いで媚びてる笑顔が多いなぁ。コメントを聞いてから笑顔がハナに付くようになって。

一部の人達しか覚醒していなかった皇室の惨状を、小室圭というクズ男がパンドラの箱を開けてくれたので、多数の国民が知ることになりました。

次期天皇一家は公務をおサボりで、晴々した顔で春スキーへ。次期天皇は自動車での定席の荷物席に、盆暗の顔して嬉しそうに座られています。

美智子皇后が築いた家庭の教育の結果が、二代目、三代目の現状として出ていますね。
秋篠宮家も同じだったんだ。わたしも皇室と距離を置く感じです。どうでもいいかな……


2019-03-26-02:54 * 茉莉茉莉 [ 返信 * 編集 ]

同じ思いです。

私にとっても、昭和で元号は終わっています。
災いだらけの平成、次期元号は崩壊を伴ってやって来るのですね。

皇室は無いものと思って暮らしていくしかありませんね。

余りに穢れて醜い皇室になってしまいました。
皇室の破壊を成功させた勢力は次は神社を
無くそうとしている様に思えてなりません。
絶対神社は守りましょう!

しかし、皇室に無関心になるしか疲弊を避ける方法がないとは、、、。
奴らの思うツボではありますね。
ムム、悔しいです?

貸切りにしたスキー場で
雪崩が起これば良いのになぁ✌︎('ω')✌︎

長野駅でのお迎え160人は
市民らが小旗を振って、と記事にありましたが
市民じゃなくて、ら が入っているので
煎餅が殆どだったのね。
日の丸じゃなくて、わざわざ小旗と書くところも、一体何の旗なんでしょうか?

写真を見たらわざとらしく車椅子の人に
腰を屈めて、卑しく話しかけている
又子の足元に 日の丸二つ
チョロリと出てました、申し訳程度に。

日の丸は高々と元気よく振れ!
と言いたいです。
あれらにとっては 最も苦手なものでしょうが
一応日の丸がなくては格好がつかない程度の
頭はあるのでしょう。

ところで又子の髷!笑
貧相だわ。
何をしても無様な奥さん。
消えて欲しいです。

私生活的には
今月から来月中に 将来にむけて
いろんなことに備えておかなくてはと
つくづく感じています。

kuon様
今まで
皇室関係の胸のすく記事沢山ありがとうございました! 本当にご苦労様でございました。

でも、時々は
書いてくださいね。
ありがとうございました!

2019-03-26-11:33 * アイリス@ [ 返信 * 編集 ]

KUON様

こんにちは。
私も、皇室は卒業しました。
穢れた皇室に成り下がり、敬う気持ちも失せました。
それでも、東京大神宮と靖国神社参拝は続けていきたいと思います。
この国を愛する民の一人として、子や孫のために。

2019-03-26-11:47 * 黒猫アビ [ 返信 * 編集 ]

嫌悪感と倦怠感

私も最近は皇室に対して主な感情はこれです。
批判の心はまだ沸沸と煮えていますが。

テレビはもうずっと見てないので最近の会見類は全て見てません。見る気にもならないのです。
へえかのけったいな退位希望会見は目を背けてました。
あのときの国民の世論は全く詐欺のようなものに国民を騙したようなものです。

国民はただ高齢になってお労しいから退位したいというなら認めてあげたら?くらいの軽い同情の気持ちを表したに過ぎないと思うのに、圧倒的な支持とされてあっという間にあれよあれよといまに政府が勧めてしまったことに今でも不快感を持っています。

摂政を置けばその後の巨費を投じて老醜の徘徊夫婦を飾り立てることをしなくて済んだのに、後出しじゃんけんのように次々と金に糸目をつけない豪華な祝宴や儀式が続き、極め付きは仮の住まいや何度もの引っ越しに何十億も平気で浪費するその神経がもはや由緒正しい皇室の姿ではなく卑しいおぞましさしか感じなくなっています。

国民の多くがまた災害の傷に苦しんでいるというのに何で皇室だけがこのような贅沢三昧をするのか?
要はあの夫婦が即位30年と結婚60年を現役の両陛下のままで迎えたかったからという下品な魂胆で中途半端な交代にしたことにも怒りが沸きます。

こんなに大掛かりなことになるなら体位は必要なかったと思う人は増えていると思います。
必然性や掛かる費用についても精査した結果を国民の前に明らかにした上で国民投票をすべきたったと思います。
とんでもない国歌行事になってしまっているのは許せません。

何もかも秘密にしておいて大人しい国民を騙して釣ったのです。
まだらボケ以外は元気に徘徊しているのを見て同情したことを悔いてないのでしょうか。

和舟に平気で乗ったこと、神事に捧げる瓢箪?だかの畑に入って取ろうとしてへえかに諌められたこと、透明人間になって古本屋で立ち読みしたいとか、ことごとくレベルか低くこの人は初めから終わりまでついぞ皇室の人間になったことはないと吐き捨てたいです

婚約した頃はへえかの目元くらいの背丈だったのに今や頭ひとつでかく堂々とへえかを引き摺り回している。
白髪頭のかつらの下の地毛が真っ黒で妙にしなしなナヨナヨしたとても80代半ばには見えないこの女は一帯だれ?
皇室を破壊したトロイの木馬。
この女を更に上コーゴーとして権勢を振るわせるつもりか?

正体がばらされるまでその興味だけで冷ややかに見ていくつもりです。

kUONさんの皮肉も時時はぜひ拝見したいと控え目に要望させて下さいませんか?
2019-03-26-11:51 * ラピスラズリ [ 返信 * 編集 ]

卒業

私も同じです。
必死で働いて学費、家のローン、生活費など捻出し、外では様々なストレスに晒されて戦っているようです。
税金、年々負担が多くなるように感じています。
庶民の苦しみをわかろうとも知ろうともせず、好き放題のあの人達の事、もういいです。
尊敬の念も無くなりました。

悠仁様の即位まで生きている事が希望でしたが、それももうどうでもいいです。
自分なりに神社などお詣りにいって日本のこれからの事を祈っていきます。
2019-03-26-19:49 * うーすけ [ 返信 * 編集 ]

KUON様
知り合うことが出来たきっかけは皇室に関する記事でしたが、私ももう皇室のことを考える時間がもったいないと思うようになりました。
ここでは、
KUON様の周りの景色やいろんな出来事、喜怒哀楽の数々を読ませて頂いています。
これからも、楽しみです。
2019-03-27-14:05 * さぶた [ 返信 * 編集 ]

KUON様

なんとなく激情に駆られて書かれたような、と申し上げたらKUONさんは、いいえ冷えびえと冷静ですと仰るかもしれませんね。
なんだかさびしいです。
「卒業」されても、よほどのことがあれば記事に上げてくださいね。
だってむしゃくしゃした気持ちが、KUONさんの文章を読むといつも「ほんっとそう!」と胸がスーッとするんですもの。
勝手なことをお願いしてすみません…
2019-03-27-14:47 * ひらりんこ [ 返信 * 編集 ]

これからも楽しみに

KUON様

追加文中に私のHNが出てきて、ちょっとビックリ致しました。

元々KUON様のブログは皇室の括りで見つけて拝読しておりました。

KUON様同様に、他の皇室ブロガーさんもそれ以外の内容の記事をUPしておられますが、KUON様の描かれるものは群を抜いていて、私は一番好きです。

ですから、これからも引き続き楽しみにしております。
2019-03-28-00:43 * ガラスの風鈴 [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

・たまき さん
・茉莉茉莉さん
・アイリス@さん
・黒猫アビさん
・ラピスラズリ さん
・うーすけ さん
・さぶた さん
・ひらりんこ さん
・ガラスの風鈴さん(初めて、ありがとうございました)。

皆さま。まだお返事書けません。書き始めると暴発してしまいそうです。必ず書きますからお待ち下さるとありがたいです。



2019-04-02-17:03 * KUON [ 返信 * 編集 ]

お師匠、体調はいかがですか?

『世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし』(在原業平)
『世の中に たえて帝の なかりせば 民の心は のどけからまし』(民sarah)

ある出来事が、一瞬で世界中に真偽不明のままニュースとして伝わってしまうような、そんな世の中で生きていると、山深く、あるいは絶海の孤島で仙人のような生活でもしない限りは、様々な情報と無縁には暮らせません。
しかも、その情報というものには、玉もあれば石もありますし、その中から玉だけを選り分けるには、大変な知識が必要です。
その知識を得るためには、多くの情報を探すことになります。

そう考えると、姿や形すら知られず、まして、その行状などわからなかった昔と違って、今は「皇室」「皇族」に対する崇敬の気持ちを持つことは難しいのではないかと思います。
歴代天皇の中には、今で言えば犯罪者のような人物もたくさんいたでしょうし・・・、女狂いとか浪費家とか詐欺師とか、とか・・・。
敬われた人物を探すほうが難しいのでは。
一癖二癖あって奸計をめぐらせその地位を掴んだか、その軽さゆえに祭り上げられ利用されたか。
天皇家はそうして代々存在してきた、というのも歴史の一面かと思います。

雅子さん、その場に居ても居なくても、誰も気にしなくなってきました。
雅子さん、無視されることほどつらいことはない、とは思わないのでしょうか。

今の私の関心は、皇太子妃に受け継がれるティアラとネックレスをまとった紀子さまを拝見できるかどうか、です。
もし拝見できなかったら、ティアラとネックレスはどうなってしまったんでしょう、行方不明? 売り払われてしまった?

桜は絶やしてはいけませんが、帝はどうなっても(以下略)。
2019-04-04-01:41 * sarah [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る NoTitle

・たまき さん
・茉莉茉莉さん
・アイリス@さん
・黒猫アビさん
・ラピスラズリ さん
・うーすけ さん
・さぶた さん
・ひらりんこ さん
・ガラスの風鈴さん
・sarah さん

まだお返事書けません。

ごめんなさい。皆さまを忘れてはおりません。
2019-04-30-19:55 * KUON [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

KUONさんは、お忙しいのですから、返事は、お気になさらないで下さい。

KUONさんの皇室論いつも読み応えがあります。
皇族を、冷徹に観察しているからです。
髭の殿下の心の内側までの描写力には、感心して唸りました。それはもちろん、文学的素地があるからですが。

関西で暮らしてる方は、一筋縄でいかない思考(良い意味です)をされます。それだけ文化度が高い。

関東で生まれ育った者は、直で感じて、直で表現するので、単純過ぎて関西で暮らしている方には敵いません。

関東の人間の事は、野暮だと感じているでしょうね。
2019-05-02-22:27 * 茉莉茉莉 [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る NoTitle

・たまき さん
・茉莉茉莉さん
・アイリス@さん
・黒猫アビさん
・ラピスラズリ さん
・うーすけ さん
・さぶた さん
・ひらりんこ さん
・ガラスの風鈴さん
・sarah さん

ここへコメント下さった皆さま。

きちんと書いておきたいのです。

今日をもって、皇室について書くことは、止めます。

充分にアホらしい。

ブログはのんびりと続けるつもりですし、日々、普通に暮らす中で、これはなんじゃい。と、目や耳や気持ちがヘロヘロと情けなく揺れ動く時は、普通に、あれなんなの? と、書くと思います。

私は、特別に皇室が好きとか興味がある、などの者ではなく、自分たちと違う、時に窮屈であろう世界で、微笑みながら生きておいでになる皆さまを、時には見上げて、あ、いて下さるんだなあ、みたいな感じ、ありがとうございます、みたいな風に、接していたかった気がします。

どなたの擁護とか、何が何でもこの方を、という気は、さっぱり無かったと思う。今もありません。

どんどん違う存在、わけのわからないものになっておられて、でも、あくまで人間の世界の都合で、ごりごりと流されて行く「皇室」に、もう、何の思いも無くなりました。

というわけで、肩こらせて皇室方面の記事を書いていた私は、もう、おしまいにします。

お気楽な、勝手気ままな私のブログは、変わらないと思います。どうぞ今後も、ご訪問くださいませ。

・・・ご挨拶まで。ありがとうございました。

2019-06-30-14:52 * KUON [ 返信 * 編集 ]