FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 雑子のはなし・終章へ向かって › 起きられないザツコちゃん。
2019-04-03 (Wed) 22:28

起きられないザツコちゃん。

       「その前日」のザツコちゃん

         イメージ短歌   「シモジモよ黙し働き納税しわが静養を見守りなさい」

            しもじもよ もだし はたらき のうぜいし わがせいようを みまもりなさい

                     何茶手くおん のっぽん国の次代オエライ妃に代わりて詠めり


・・・けさもおきられなかった。

あついカーテンをおろしたへやの、ダブルサイズでよういされた、しかしずっとひとりでつかっているベッドの上で、ざつこちゃんはめざめました。

おきられなかったんじゃない。ざつこちゃんは、口の端の裂けそうな巨大なあくびをしながら、みぎてをのばして、サイドテーブルの上にあるはずのタバコのはこをもとめました。ゆびのかるくふれたそれは、あっけなくくうをまってゆかにおちて、カサリというおともたてませんでした。

からだったのか。したうちしたいかんじょうがわきあがってきます。

めざめのタバコのはこが、からっぽだなんて。こんなにきぶんのわるいことはありません。

すでにざつこちゃんの、きょうの「ふきげん」は、ちゃっかてん:いきに、たっしはじめているようです。    

(戯作者・註・・・この回のこの部分以降は漢字交じり文に移行します。ついでに文体も変わるかも知れません、ザツコの基地外度はゆるめの表現になっております。)

掛け布団を跳ね除けて雑子は床に下りた。昨夜の服装のままだ。布団に籠っていた雑子の体臭がもわあっと立ちのぼる。顔をそむけてやり過ごす。この部屋は広い、そして臭いなんかはすぐに慣れる。あいつのではないし。

夜更けまでネットあさりを止められない。ものすごい言葉で罵られ笑われている、この国の跡継ぎのヒ殿下が、自分のことだとは受け取っていない。なぜなら、すべて何もかもが、嘘で捏造で言いがかりだからだ。そうなのだ。ワタシハアンナオンナジャナイ、読んで腹が立っても、自分のこと、では、ない、か、ら。勝手に言っていればいい、と結論づけられる。

身の程知らずの愚民どもが騒いでいるのだ、妬んで羨んでいるのだ、私のすべてに。私は、人目のあるところでは気取ったシャナシャナ声でもの言ったり、機嫌が悪いと声に思い切りドスをきかせて何時間でも相手の神経をひっかき続ける、あの自分大好き女・・・不平や不満ばっかりのくせに格好つけていい人ぶるから、ストレスの固まりになって買い物依存にはまっている、あの。同じ靴を100足も持って、まだ欲しがっているもっと欲求がひどくなっている、あの、夫の母親の、平べったくて巨大なおしりに、ぺったんこに敷かれてしまっている義父より、エラい。あの義父より私は上にいる。あの夫婦の大事な長男を、私は、蹴とばしてやることもできる、灰皿ぶつけて外遊の朝にデコにたんこぶ作ってやったこともある、指を捕まえてそっちじゃない方に折り曲げて折ってやったこともある、無視したおして不安にさせて、泣かせてもやった。親なんてちょろいもの。私に文句など言えないくらい、解っている、容赦はしませんから、私は。

こんな私の力を。

やっかんでいるのだネット民は。

ふん。下らない。

毎晩同じような想念の中で雑子は、いらいらとタバコを吸い続け、口中が粘ったりイガイガして来ると、不快感を消したくて炭酸水を飲む。

炭酸が口の中をシュワシュワしてのどの方へ落ちて行く感覚に、ひととき、すっきりする。胃の中に不純物が流れ込んでおからだに良くないですよ、なんぞと言った医者は、飛ばしてやった。あちらから辞めて行ったのだったか。どちらでもいい、うるさい文句は聞きたくない。言わせない。炭酸水は必需品なのだ。

部屋の中の冷蔵庫には、必ず毎日ぎっちりと、好みのドリンク類を用意させておく。満タンのドリンク缶やっペットボトルをを眺める時、

「身分が高いってこういうことだわ、きっと」

そんな高揚感ににんまりすることもある。

しかしタバコが無い。。

・・・あ、そうだ。ティテーブルに視線を飛ばすと、あった、まだ半分ほどの残量を示す厚みを保っている愛用の煙草の箱が。

ホッとしてソファに体を預け、一本、火をつける。雑子は煙草を手放せない。初めての一本は、初めての男が教えた。顔が好みだと思った、どんな顔だったかははっきり覚えてはいない、利口そうな顔の男が好きだ。そして私をバカにしない男が。

何もかもにまだ、慣れていなかった。隠れて、タバコやあんなことを、ぎごちなくする、それだけで大事件のように思えた、でもすぐにそういう時間の過ごし方は失敗だったと思い知らされ、離されてしまった、あの時には親たちは、雑子のことをも考えてくれた気がする。祖父母が止めるのを振り切って、のっぽんを出たのだから。すぐに体は元のように自由になり、忘れることに専念した、あの大きな国の大きな町で。

転居した街には、いろんなタイプの男たちがいた。みな、にこにこと寄って来て、煙草やお酒やベッドのことを楽しみ、当初は控えめにもしていた雑子が、馴染んで親しんだ頃に、つれなく離れて行った。

・・・朝、ぼんやりと覚醒しきっていない頭の中で、過去のことをあれこれたぐっていると、自らの現在をフッと忘れていることがある。

起きられないのではない。起きたくないのだ。起き出してみたって何の変化があるわけでもない。

退屈な日常があるだけ。延々と続くだけ。

単に退屈なのではない。どこかでいつも追い立てられているような、自分を横目で監視する冷たい視線にさらされているような、どすんと重苦しい退屈。

静かにゆっくり「退屈」させてくれるような、あたたかい退屈では無い。

胃が、キリキリするような不快な退屈。

・・男たちといる時間は良かった。いつだって、始まって数か月ほどは、ひと月くらいは、いわば蜜月。濃い時間が自分を覆ってくれたものだった。

最後は薄情に去って行ったとしても、思い出は、悪いものばかりではない。楽しいこともあった、あの男も、そして、次に夢中になったあの男も・・・目の焦点を、無理に合わせようとしないで、薄暗い室内にたゆとう煙を感じている、こんな時間が、嫌いなばかりではない。他に、大して楽しい思い出も無い。雑子に友達はいなかった。

自分を、男が、求めていた時期だってあったのだ。自分に向けられてくる優しそうな言葉も親しそうな身振りも、あった、過去には。

十代から始まった、自分のままでよかった日々。


確かに目覚めていて、確かに現実ではあるが、この部屋に一人でいる限り、自分を脅かすものたちは、近づいて来ない。起こすなといいつけてある。差し迫った用など無いのだ、私には。はじめの頃はうるさかった女官や何や、全部、ことごとく、周囲から追い出してやった。私に関わって来るな。私の時間、私の場所の中に、勝手に入って来るな、と。来ないで、ではない。きっぱり、しっかり、来るな、と。言い切らなければならない。夫にだってそれは、変わらない。

外では顔を見合わせてやる。微笑みながら何やら言いかける、くらいは、する。それで十分ではないの。最大限の譲歩を、してやっている、ドアの外に於いては。

みんなみんな、大嫌いなものが多すぎるのだ。ドアの向こうのすべてが耐え難い日が、雑子にはある。毎日がそうだとも、言える。


2本の煙草を喫い終えて、コーヒーが欲しいと思った、人を呼ぶリンに触れようとした、その時。

ドアに、遠慮がちなノックの音が響いた。

バイコか。

バイコだ。ザツコの眼球が、ぐるぐると回った。

                              続きます。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-04-03

* by まめはな
雑子さんほど強烈ではなくても、こういう人、います。
自分の在り方が原因で勝手にイライラしているのに、そうとは夢にさえ思わず、
人のせいにばかりして、あたっている人。

雑子さんの場合、先天的にも後天的にもこうなるしかなかったんでしょうね。
ご自分の能力と親族の期待にあまりに差がありすぎて。
お気の毒と言えば言えるんですが、あれだけ性格が異様だと、そうも言えなくて。
そりゃあ周りの人達は離れていくでしょう、関わりたくないもん。
離れられない立場の方は病むかもしれません。そのほうがよほど気の毒です。

自分の周りの人を次々不幸に巻きこむ雑子さん、さて、その将来は如何に?


* by KUON
・まめはな さん

コメントありがとうございます。

サラッとご理解いただいて、ごめんなさい、ものすごく気分を悪くしました。

抑えようと思ったけど、書きました。おわびとか何だとかけっこうですので、さらっと理解して、するっとまとめたりしないで下さると、嬉しいのですが。神経の立ったピットブルみたいな相手だと思われると、たぶん、いいのかもしれませんよ。

漢字って * by ゴネコ
今さらながらなんですが、
「雑」の字と「雅」の字の、なんと似ていることよ。
驚きました。
漢字って、奥が深いですわね。

どったまきていた「生前退位」でしたが、こうなってみると、あの夫婦のできなさ加減が白日のもとにさらされることでもあり、結果オーライなのかな、と思ったりしています。
KKが、なぜ東宮が使用する門を使って中に入れたのか、なぜ東宮が使っているワゴンと同じようなワゴンに乗っていたのか、とつっこみどころ満載なことに何もつっこまないマスゴミも、アレラがテンノーコーゴーになれば、出席・欠席の報道はしなければならないでしょう。
雑子ちゃんの義母のご活発なお出歩きが「前例」としてあるんですもの、お休みしちゃっちゃあ目立ちますわよね。
雑子ちゃんのお休みを目立たせないように報道しない自由を行使したら、それこそマスゴミに?を持つ国民が増えますことよ。
どちらに転んでも、五月からは面白いことになるでしょう。
と、いぢわるく思っております、私。

雅子の雅は * by ラピスラズリ
漢字の意味はみやびとか優雅とか高貴なのに左半分に牙(きば)があるのですよね。
かのヒにはピッタリの名前かもと妙に納得。

でしゃばりで目立ちたがりのコーゴーの八面六臂の活躍でシメシメ楽が出来たわいと思ってたら大間違いよ。
楽は苦の種は世の習い。殆どなにも学びもせず経験もせずでコーゴーを張るって生半可じゃあないわよ。
畏れ多くて誰も庇えない立場になるのよ。
さぁどうするの?
無い袖は振れないけどそれが通用するかな?

ろくに走ったこともないのに、いきなり公道でフルマラソンを走るようなものだからま、無理でしょうけど死ぬまでそれが果てしなく押し寄せてきて続くのよ。覚悟はあるの?
私は努力せずに怠け者に胡座をかく手合いは大嫌いなのよ。
悪いけど自爆するのを見たいと思ってるわ。
自業自得の当然の報いをね。
全て自分が蒔いた種だもの、自分で刈り取らなきゃ誰もやってはくれないわよ。
傲慢の報いを受けとるがいいわ。

どころで最後のバイコって誰ぞ?もしかしてアイコ?
次が待ち遠しいです!

昨日の服と炭酸水と * by アルジェリマン
服着たまま寝て、起きてタバコ、
炭酸水でシュワシュワ...
タバコ吸いながらボーッと考えるところ、
ゾワゾワしました。

怖いわー、と。

この状態から、よっこらしょと人前に出る状態に持っていく、
.....無理無理無理。

いったいどうなるザツコちゃん、
怖いけど、読みたいです。

* by KUON
お返事遅くなりました。

・ゴネコさん

>どちらに転んでも、五月からは面白いことになるでしょう。
>と、いぢわるく思っております、私。

そうなんです、そうなんです。二十数年好きな放題やらかしたあのお方に対するタノシミは、今やそれしか残っておらず。民はあはれ、されど民はしたたかですぞ。

さあ来い。ドッスンでもスッテンでも、イヤだけど見せられてしまうなら、受けて立とうぢゃないの。見てあげようぢゃないの。人前で泣けよ、おきさきさん、いやさ、もうすぐこーごーさん。

崖っぷちだぜ。

・ラピスラズリさん。

>ろくに走ったこともないのに、いきなり公道でフルマラソンを走るようなものだからま、無理でしょうけど死ぬまでそれが果てしなく押し寄せてきて続くのよ。覚悟はあるの?
>私は努力せずに怠け者に胡座をかく手合いは大嫌いなのよ。
>悪いけど自爆するのを見たいと思ってるわ。
>自業自得の当然の報いをね。
>全て自分が蒔いた種だもの、自分で刈り取らなきゃ誰もやってはくれないわよ。
傲慢の報いを受けとるがいいわ。

いやあもう、共感同感首縦ガクですわ。

>私は努力せずに怠け者に胡座をかく手合いは大嫌いなのよ。

私もそう、大嫌いなのよ。三軒向こうの大きな家の、ボンクラ長男のおくさん、とかいうのなら、何が見えてもにおっても、友達とのティタイムに、大笑いしてバカにし倒して終わり、にしますのですけど。

あのお方、公人。義務果たさず強権特権に守られて来て、実はこれから地獄ですのよ。

基本、よそ様のことは気にしないならない、井戸端会議参加の意志はゼロ、何かあればヒトを「反・なんちゃら」とか「工作員」とか既製品のコトバで決めつけたがる女は無視、であるが。

雅子だか雑子だかは、もう一度言う、公人。地獄と知らず(知ってたのにそのまま来たヒト)崖っぷちに立ってヘラヘラ笑う公人を、見えてしまうなら、見て差し上げよう。そして、笑うよ、きっと、指さして。いい度胸だ、まさこさま。

・アルジェリマンさん

>服着たまま寝て、起きてタバコ、

ここね。さんざん言われていたのですよ。ヒデンカはお住まいにおかれましては、毛玉のできたジャージ姿であらせられると。わたし疑問だったのですよ。

オランダの国王戴冠式に行った時の「マットドレス」。スタンドカラーの襟回り、べったりファンデーションで汚れていて。タタミじわというか。たたまれなくて放置された皺というか、考えられない皺シワのドレス、召して、ご出席であられた。紀宮さまの結婚式に出てあげた時の、上質なシルクの、白い(白を来たのよ、兄の妻が・バカ)それが、見るも無残な姿で、世界中に配信された。わたし、あのドレス、帰宅して脱いで、そのまま、どこかに、放り出されていたのだと確信。女官さんが手を出したか否かは不明、他にもヒの衣装にはさまざまな???が点滅し続けていた。

ハンガーにかけたりしないのは、あっても(おエラいヒだから)。まこと、そういうことだと経年観察により実感。

タバコはやめたこと無い、これは事実ですよね。快楽は手放さない。ジャージに着替えるなんてこともしないで、ベッドにすっ転がって寝るヒトだと、確信。風呂も嫌いなようで。もちろん、化粧を洗い落として、なんて、そこはどうでしょうか。高級品お使いのようですが。意地悪で書いたのではないです、そういう女が、たまたま妃殿下になってる、ってことで。

愛子さんも、歯磨き習慣(ある時期まで・あるお方まで)無かったと、幾百枚の画像を見て、確信しておりましたが。永久歯になってからも歯並びは変化されて。面妖でございますよ、あれこれ。



Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

雑子さんほど強烈ではなくても、こういう人、います。
自分の在り方が原因で勝手にイライラしているのに、そうとは夢にさえ思わず、
人のせいにばかりして、あたっている人。

雑子さんの場合、先天的にも後天的にもこうなるしかなかったんでしょうね。
ご自分の能力と親族の期待にあまりに差がありすぎて。
お気の毒と言えば言えるんですが、あれだけ性格が異様だと、そうも言えなくて。
そりゃあ周りの人達は離れていくでしょう、関わりたくないもん。
離れられない立場の方は病むかもしれません。そのほうがよほど気の毒です。

自分の周りの人を次々不幸に巻きこむ雑子さん、さて、その将来は如何に?

2019-04-04-15:04 * まめはな [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

・まめはな さん

コメントありがとうございます。

サラッとご理解いただいて、ごめんなさい、ものすごく気分を悪くしました。

抑えようと思ったけど、書きました。おわびとか何だとかけっこうですので、さらっと理解して、するっとまとめたりしないで下さると、嬉しいのですが。神経の立ったピットブルみたいな相手だと思われると、たぶん、いいのかもしれませんよ。
2019-04-04-16:30 * KUON [ 返信 * 編集 ]

漢字って

今さらながらなんですが、
「雑」の字と「雅」の字の、なんと似ていることよ。
驚きました。
漢字って、奥が深いですわね。

どったまきていた「生前退位」でしたが、こうなってみると、あの夫婦のできなさ加減が白日のもとにさらされることでもあり、結果オーライなのかな、と思ったりしています。
KKが、なぜ東宮が使用する門を使って中に入れたのか、なぜ東宮が使っているワゴンと同じようなワゴンに乗っていたのか、とつっこみどころ満載なことに何もつっこまないマスゴミも、アレラがテンノーコーゴーになれば、出席・欠席の報道はしなければならないでしょう。
雑子ちゃんの義母のご活発なお出歩きが「前例」としてあるんですもの、お休みしちゃっちゃあ目立ちますわよね。
雑子ちゃんのお休みを目立たせないように報道しない自由を行使したら、それこそマスゴミに?を持つ国民が増えますことよ。
どちらに転んでも、五月からは面白いことになるでしょう。
と、いぢわるく思っております、私。
2019-04-04-16:36 * ゴネコ [ 返信 * 編集 ]

雅子の雅は

漢字の意味はみやびとか優雅とか高貴なのに左半分に牙(きば)があるのですよね。
かのヒにはピッタリの名前かもと妙に納得。

でしゃばりで目立ちたがりのコーゴーの八面六臂の活躍でシメシメ楽が出来たわいと思ってたら大間違いよ。
楽は苦の種は世の習い。殆どなにも学びもせず経験もせずでコーゴーを張るって生半可じゃあないわよ。
畏れ多くて誰も庇えない立場になるのよ。
さぁどうするの?
無い袖は振れないけどそれが通用するかな?

ろくに走ったこともないのに、いきなり公道でフルマラソンを走るようなものだからま、無理でしょうけど死ぬまでそれが果てしなく押し寄せてきて続くのよ。覚悟はあるの?
私は努力せずに怠け者に胡座をかく手合いは大嫌いなのよ。
悪いけど自爆するのを見たいと思ってるわ。
自業自得の当然の報いをね。
全て自分が蒔いた種だもの、自分で刈り取らなきゃ誰もやってはくれないわよ。
傲慢の報いを受けとるがいいわ。

どころで最後のバイコって誰ぞ?もしかしてアイコ?
次が待ち遠しいです!
2019-04-04-18:59 * ラピスラズリ [ 返信 * 編集 ]

昨日の服と炭酸水と

服着たまま寝て、起きてタバコ、
炭酸水でシュワシュワ...
タバコ吸いながらボーッと考えるところ、
ゾワゾワしました。

怖いわー、と。

この状態から、よっこらしょと人前に出る状態に持っていく、
.....無理無理無理。

いったいどうなるザツコちゃん、
怖いけど、読みたいです。
2019-04-04-22:51 * アルジェリマン [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

お返事遅くなりました。

・ゴネコさん

>どちらに転んでも、五月からは面白いことになるでしょう。
>と、いぢわるく思っております、私。

そうなんです、そうなんです。二十数年好きな放題やらかしたあのお方に対するタノシミは、今やそれしか残っておらず。民はあはれ、されど民はしたたかですぞ。

さあ来い。ドッスンでもスッテンでも、イヤだけど見せられてしまうなら、受けて立とうぢゃないの。見てあげようぢゃないの。人前で泣けよ、おきさきさん、いやさ、もうすぐこーごーさん。

崖っぷちだぜ。

・ラピスラズリさん。

>ろくに走ったこともないのに、いきなり公道でフルマラソンを走るようなものだからま、無理でしょうけど死ぬまでそれが果てしなく押し寄せてきて続くのよ。覚悟はあるの?
>私は努力せずに怠け者に胡座をかく手合いは大嫌いなのよ。
>悪いけど自爆するのを見たいと思ってるわ。
>自業自得の当然の報いをね。
>全て自分が蒔いた種だもの、自分で刈り取らなきゃ誰もやってはくれないわよ。
傲慢の報いを受けとるがいいわ。

いやあもう、共感同感首縦ガクですわ。

>私は努力せずに怠け者に胡座をかく手合いは大嫌いなのよ。

私もそう、大嫌いなのよ。三軒向こうの大きな家の、ボンクラ長男のおくさん、とかいうのなら、何が見えてもにおっても、友達とのティタイムに、大笑いしてバカにし倒して終わり、にしますのですけど。

あのお方、公人。義務果たさず強権特権に守られて来て、実はこれから地獄ですのよ。

基本、よそ様のことは気にしないならない、井戸端会議参加の意志はゼロ、何かあればヒトを「反・なんちゃら」とか「工作員」とか既製品のコトバで決めつけたがる女は無視、であるが。

雅子だか雑子だかは、もう一度言う、公人。地獄と知らず(知ってたのにそのまま来たヒト)崖っぷちに立ってヘラヘラ笑う公人を、見えてしまうなら、見て差し上げよう。そして、笑うよ、きっと、指さして。いい度胸だ、まさこさま。

・アルジェリマンさん

>服着たまま寝て、起きてタバコ、

ここね。さんざん言われていたのですよ。ヒデンカはお住まいにおかれましては、毛玉のできたジャージ姿であらせられると。わたし疑問だったのですよ。

オランダの国王戴冠式に行った時の「マットドレス」。スタンドカラーの襟回り、べったりファンデーションで汚れていて。タタミじわというか。たたまれなくて放置された皺というか、考えられない皺シワのドレス、召して、ご出席であられた。紀宮さまの結婚式に出てあげた時の、上質なシルクの、白い(白を来たのよ、兄の妻が・バカ)それが、見るも無残な姿で、世界中に配信された。わたし、あのドレス、帰宅して脱いで、そのまま、どこかに、放り出されていたのだと確信。女官さんが手を出したか否かは不明、他にもヒの衣装にはさまざまな???が点滅し続けていた。

ハンガーにかけたりしないのは、あっても(おエラいヒだから)。まこと、そういうことだと経年観察により実感。

タバコはやめたこと無い、これは事実ですよね。快楽は手放さない。ジャージに着替えるなんてこともしないで、ベッドにすっ転がって寝るヒトだと、確信。風呂も嫌いなようで。もちろん、化粧を洗い落として、なんて、そこはどうでしょうか。高級品お使いのようですが。意地悪で書いたのではないです、そういう女が、たまたま妃殿下になってる、ってことで。

愛子さんも、歯磨き習慣(ある時期まで・あるお方まで)無かったと、幾百枚の画像を見て、確信しておりましたが。永久歯になってからも歯並びは変化されて。面妖でございますよ、あれこれ。


2019-04-12-10:12 * KUON [ 返信 * 編集 ]