FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 雑子のはなし・終章へ向かって › 憂鬱ですがお腹ふるわせて
2019-04-09 (Tue) 20:49

憂鬱ですがお腹ふるわせて

今夜は「雑子」の話を書くのは休みます。

まったく肯定できない人格である雑子を書くのは、面白いとも言えますが、疲れます。

この月の終わりまでには、この女の話は終了すると思いますが、このモデルになっている女は、今のまま行くと、もっと思い上がった地位に就くことが、決定しています。そしてもう動きません。新しい元号のもと、その地位に就くようです。

そうなる前に、この女について、できるだけ書いておきたいという、奇妙ないびつな暗い情熱に取り憑かれてしまっています。その以後を、完全に、自分として捨てきるために。

雑子はもちろんフィクションの中の女ですが、この原型は、千代田の中枢にいて、「その日」を待っているのか、どうなのか。

いいかげんに書き散らしているつもりはありません。

どの逸話にも、下敷きがあります。書き足りていないことばかりです。

偽りの学歴、職歴、多い隠しきれなかった男性遍歴。あの女一人になし得たことでない、皇室のさまざまな「たからもの」が現れなくなっている事実、世界の各王室に於いて定まっている、あの女の実質に根差している評価・日本人の知らされていない、惨憺たる実情に基づいた醜聞、ひそひそ笑い、あからさまな侮蔑。

何より。これもあの女ひとりでなし得たことではないが、東宮家の一人娘、内親王に対する、あり得ない処遇、はっきり言えば、複数の「そのお子」の存在。どう見ても「違う」子を、夫婦の間にはさんで、現・東宮夫婦は、あちらへこちらへ、恥ずることなく笑いながら、手を振って振らせて、のし歩いて来た。

本物の、足りないところは事実あったにせよ、あるにせよ、その方なりに生きておられた方を、どんな風に扱ったか、そして今は。

耳の形、位置、歯並びや側頭部の骨格の長さの違いや顎の長さや形や目つきや。がりがりに痩せたり風船みたいに膨らんだり。皇太子の傍らで、あたかも親子であるがごとくに、何人かいるとしか考えられない「影子」どもは、人々をたばかって来た。皇太子は、あきらかに「違う」娘さんに向かって、いつものあの、あの、何というか、超人的に人で無さそうな態度で、接していた。

写真を撮らせ、動画を撮らせていた。私たちは、見ていたのでした、騒ぎました、今はどうなのか。

こころあるひとたちの多くも既に、口をつぐんでいるようです。

今夜は、ブログを休ませていただきます。いつも訪問して下さり、まことにありがとうございます。

外務省の、外交官ならぬコピー番長と呼ばれていたに過ぎない小和田雅子の、上司だった人間が、あらたなる皇后に上る雅子の世話取りをするために、宮内庁に入るようで。

いよいよ。着々と。

私は、欝憤晴らしをいささかし終えて、あちらの方を向かない日本人となって以後が、楽しみです。

まん中、腐りきって、なんとか見られそうな表側だけになった、その、腐った果実が。

もう随分とうまい具合に腐れていることでしょう、それが、ある晴れた、美しい青い空の下。

崩れ蕩けて実態が、見たくなくても見えてしまう、その日を、待つ気は無いが。

見てしまうのだろうか、と。憂鬱です、と、面伏せながら、ぐすぐすっと。お腹を震わせる、そんな・・・




スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-04-09

* by たまき
とてものことにあのおひとが、様々な出ごとや、様々なしきたりや、要するに皇后と呼ばれる人がすべき仕事のすべてのことができよう筈がありません。

いつカメラの前で、大失態をおかすか?
ワクワク

令和の時代は、非常に短いと思われます。

開きすぎた皇室になってしまいました。
何も知らなければありがたがっていたのかもしれません。

もうやめたら? * by 一夜漬け
確かにKUONさんの苛立ちは分かります。でも、もうやめたら?どんなにキライな人でも、ここまで長い悪口は読んでて不愉快になります。書き連ねることでご自身を貶めるのは見てて辛いです。

横からごめんなさい * by かおる
KUONさんのブログで
ご本人が書かれていることに
「やめたら」「つらい」のであれば
ご覧にならなければ?

* by KUON
・たまき さん

>何も知らなければありがたがっていたのかもしれません。

そうなのでしょうね。別に、何を知っているからエラいとか、そんなアホではないつもりですが。未だに「お優しい美智子さま」「ツマにかしずくのみならず、たまには祭祀までこなして下さる陛下さま」今度はボクだよ~んと調子に乗ってるのが丸わかりのボンちゃん、超優秀なキャリアを捨てて皇室へ入って病んでしまわれたまたこたま、とか、疑いもしない平和な国の、なだれこみ体質の善男善女。

昔ありました、こんな歌。

「この世に産んだお母さん  あなたの愛に包まれて  何も知らずに生きてゆくなら  それは容易いことだけど」。

もうこうなったら、ワクワクしときましょうか。案外すぐに始まると思うのです。手ぐすね引いて待ってる、上等にイジワルな人たちもきっと、同じ思い。

・一夜漬けさん

>確かにKUONさんの苛立ちは分かります。

って。こういう言い回し、どこかで・・。

わかってくれなくていいんですよ、無理にわからんでいい。他人のブログに入り込んで来て、何を仰いますか。見てて辛いなら、見に来なくていいんですよ。

・かおる さん
KUONはコワい、と思われているのか、あまりこういった方はおいでにならないです。かおるさんありがとう!。正論です。見て辛いなんて、何か責任感じないといけないんですかね。

おためごかし、と言うのですよ、こういうの。いっそ、もっともっとの罵詈雑言なら、腕によりをかけて言い返して差し上げるんですけど。残念でした。といって、また来なくていいんですよ、と、これくらいにしておきます。初めてのお方ではないと感じています、訳アリかな。

とにかく、あなた様のご配慮、感謝します。ありがとうございました。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

とてものことにあのおひとが、様々な出ごとや、様々なしきたりや、要するに皇后と呼ばれる人がすべき仕事のすべてのことができよう筈がありません。

いつカメラの前で、大失態をおかすか?
ワクワク

令和の時代は、非常に短いと思われます。

開きすぎた皇室になってしまいました。
何も知らなければありがたがっていたのかもしれません。
2019-04-10-11:18 * たまき [ 返信 * 編集 ]

もうやめたら?

確かにKUONさんの苛立ちは分かります。でも、もうやめたら?どんなにキライな人でも、ここまで長い悪口は読んでて不愉快になります。書き連ねることでご自身を貶めるのは見てて辛いです。
2019-04-11-16:29 * 一夜漬け [ 返信 * 編集 ]

横からごめんなさい

KUONさんのブログで
ご本人が書かれていることに
「やめたら」「つらい」のであれば
ご覧にならなければ?
2019-04-11-22:37 * かおる [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

・たまき さん

>何も知らなければありがたがっていたのかもしれません。

そうなのでしょうね。別に、何を知っているからエラいとか、そんなアホではないつもりですが。未だに「お優しい美智子さま」「ツマにかしずくのみならず、たまには祭祀までこなして下さる陛下さま」今度はボクだよ~んと調子に乗ってるのが丸わかりのボンちゃん、超優秀なキャリアを捨てて皇室へ入って病んでしまわれたまたこたま、とか、疑いもしない平和な国の、なだれこみ体質の善男善女。

昔ありました、こんな歌。

「この世に産んだお母さん  あなたの愛に包まれて  何も知らずに生きてゆくなら  それは容易いことだけど」。

もうこうなったら、ワクワクしときましょうか。案外すぐに始まると思うのです。手ぐすね引いて待ってる、上等にイジワルな人たちもきっと、同じ思い。

・一夜漬けさん

>確かにKUONさんの苛立ちは分かります。

って。こういう言い回し、どこかで・・。

わかってくれなくていいんですよ、無理にわからんでいい。他人のブログに入り込んで来て、何を仰いますか。見てて辛いなら、見に来なくていいんですよ。

・かおる さん
KUONはコワい、と思われているのか、あまりこういった方はおいでにならないです。かおるさんありがとう!。正論です。見て辛いなんて、何か責任感じないといけないんですかね。

おためごかし、と言うのですよ、こういうの。いっそ、もっともっとの罵詈雑言なら、腕によりをかけて言い返して差し上げるんですけど。残念でした。といって、また来なくていいんですよ、と、これくらいにしておきます。初めてのお方ではないと感じています、訳アリかな。

とにかく、あなた様のご配慮、感謝します。ありがとうございました。
2019-04-12-21:15 * KUON [ 返信 * 編集 ]