FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 雑子のはなし・終章へ向かって › 公園デヴュウ
2019-04-13 (Sat) 21:02

公園デヴュウ

イメージ短歌

   言わせないワタシが恵まれてるなんて だって夫はコウタイシロよ

                       何茶手くおん、ヒに代わりて適当に詠める


・・・・・・・・・・・・  

両親が、わが子を連れて、公園へ行く。

それが、夫・マルの希望、要望、切望することで。

ある日それは、決行された。バイコを連れて、公園へ行った。雑子もついて行った。夜中に起きているから、昼間は眠い。アタマの中がボンヤリしている。夜に眠りなさいと言われて・・けっこうたくさんの人間が雑子にそれを命じた。眠って、朝に起きて、住まいの庭を清掃しに来る国内あちらこちらの人々の前に出て、ゴクロウサンとにっこり笑え、会釈くらいしてさしあがろ。そう言うのだ。

大したことではない、ほんの数分のことだ、それくらいはしなさい、と。

しかし眠れない。眠剤をのむ。のんでも睡魔は来ない、中途半端にからだが重くなったりする、それがイヤで、しっかり目覚めたいと思う、思って、濃い珈琲を飲む。バランスが崩れるって、こういう感じか。

眠いのかそうでないのか釈然としない状態で、知らない人たちの前に出て。じろじろ見られながら、挨拶しろだなんて。

そんなこと、聞いていなかった。雑子はだから、その義務を果たしたことは無い。意味不明だ、何が会釈しろ、だ。聞けば清掃に来る人たちは、来たくて喜んで来るのだという、なんでワタシが合わせてあげなければならないんだ。雑子の中の理屈は、つまり、そうだった。

マルが、喜んでバイコを連れ出した、あの日。雑子の脳内は、常のごとくクリアでなかった。天気のいい日だった。

これを済ませれば自室に戻れると、それを恃みに。出て行ったのだ、マルに合わせて。仕方なく。

バイコは。バイコもマイペースだった。けっこうな数、そこにいた子どもやその母親たちは、それなりにフレンドリーで。

プリンス・マルと、その一人娘のバイコに、笑顔を向けて迎え、声をかけ、何人かの子どもたちは、バイコの周りで笑ったりおもちゃで遊んだり、していた。

していたと思う。

バイコは皆の中で、浮いていた。マルもそうだった。マルは、からだの前面にバイコを立たせて、愛想を振りまくっていた。

「バイコちゃんのパパですよ~」

「バイちゃんのパパなんですよ~、よろしくね~」

母親たちは笑っていた。そんなこと、誰もが皆、しっていることだった。雑子は、あまりにも笑顔があからさまな夫の態度がいまいましくて、少しだけ身を引いていた、離れていた、離れていたかったのだ。

「バイコちゃんのパパでしゅよ~、か」

身近で声がした。子どもたちの父親かと思われる二人連れが、小さな円陣になっている母子たちから離れて、腕を組んで笑っているのだった。

「朝のラッシュは知りましぇんですけどね~、かあ」

二人連れは、ははっと短い笑い声を立てた。雑子は立ち上がった。二人連れは雑子に気づいたようだった。あ、という感じにはなった。けれど、それだけだった。頭も下げず姿勢をかちんこちんにもしなかった。

ここ、イヤだ。雑子は、マルを呼ぼうとその背中に寄って行こうとした。

バイコが、すぐ目の前にいる同じくらいの大きさの子どもの、ぬいぐるみに手を出して、つかんで、引っ張った。子どもは驚いて体勢を崩しそうになった。母親だろう、抱いている女が、自分の子どもをたしなめる素振りをした。

共について来て目立たないように控えていた者の一人が、さりげない風に母子の円陣をばらけさせようとした。

バイコは、ぬいぐるみを引っ張り続けていた。母親の表情が固くなっていた。バイコはぬいぐるみを、離さざるを得ない風に持って行かれた。抱き上げられたのだ。バイコは大きく暴れ、うわああっと泣いた。

マルは、まだそこにいる、表情を硬くした人々に向いて、まだ、言い続けていた。

「バイちゃんをよろしくね、よろしくね」

その場に中途半端に残って立ち去りにくくいる、もう誰も、微笑んではいなかった。



スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-04-13

* by たまき
見てたんですか?っていうくらい臨場感に溢れてますね。
特に、後ろにいた父親二人組と
ぬいぐるみの引っ張り合い。

確か次期天皇は、あの公園で缶ビール飲んだんじゃなかったですか?
(うろ覚え)

NoTitle * by KUON
遅くなりました。

・たまき さん。

そう、あの時、昼ビールお飲みあそばしたの。お酒は切れる間が無いのでは。祭祀のある前夜の夜更けにも一人で飲酒。

それと、あの公園デビューで両親は、娘ちゃんがよそのお子と?ちがう??と気づかれたそうで。あれからまたこたまは余計に・・・むむむ。

愛子さん、スキーなんか滑れないですよ、あの足で。酷い。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

見てたんですか?っていうくらい臨場感に溢れてますね。
特に、後ろにいた父親二人組と
ぬいぐるみの引っ張り合い。

確か次期天皇は、あの公園で缶ビール飲んだんじゃなかったですか?
(うろ覚え)
2019-04-17-04:36 * たまき [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る NoTitle

遅くなりました。

・たまき さん。

そう、あの時、昼ビールお飲みあそばしたの。お酒は切れる間が無いのでは。祭祀のある前夜の夜更けにも一人で飲酒。

それと、あの公園デビューで両親は、娘ちゃんがよそのお子と?ちがう??と気づかれたそうで。あれからまたこたまは余計に・・・むむむ。

愛子さん、スキーなんか滑れないですよ、あの足で。酷い。
2019-04-23-11:07 * KUON [ 返信 * 編集 ]