FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 絵本を読んでた影子ちゃん

イメージ短歌    「ペラペラと器用にえほん読んでいたあの影子ちゃんどうしているの」

                     ヒに代わらずして何茶手くおん  勝手に詠める

「2004年の愛子さま」「youtube」動画

ある日、雑子は、その動画を観た。雑子がいずれヒエラルキー・トップになると言われている、こののっぽん国と、うり二つの国があって。たっぽん国とかぱっぽん国とかいうそうであって。のっぽん人たちはその国を、のっぽんの「影」と呼んでいるということだ。その国の動画。

・・のっぽん国が、影だったか?  よくわからない。この頃は薬をたくさんのむ。若い頃からそうだったが、今は、クスリによってなんとかなっている感じ。どうしても出て行かなければならない場に、出る前には、必ず薬の助けを借りる。助かり過ぎてしまうこともありますね、と、医者は言うが。自分でそうしておいてその言い分は何だと、腹を立てつつ、今はまあ、頼っている。うるさいこと言わずに処方をするから、まあ、黙っている。義弟の友人だとか。決められた分より多く服用することもある。脳みそが、ユラユラしているなと思うこともある。

動画の話だ。

のっぽん国の影、の国の、最上級司祭の家の子。バイコと同じくらいの年齢の子と思う。かなり以前の動画だ。

初めに出ている、3歳だという子は、笑っていない。可愛いと言ってもいい顔立ち。雑子は、よその子どもにほぼ関心がないのだが、上等の服を着ていて、可愛いと思った。

ハープの周りではしゃいでいる子は、いつか他の写真で見た。。見せられた。国のどこかから来た中学生くらいの何かの代表の子どもたちの前に、影の国のトウタイシ(?)・・ウチのマルみたいな存在のヒト?・・が、手をつないで出て来ているのを、見せられた、誰にだったか。

この子は、影の国の影子ちゃんなんだよ。

ふうんと思っただけだった。バカなこと言ってるわ、とも思った。何なのよそれ、アタマおかしいんじゃないの、と。

でも。そうかもしれない、と、動画の中でハープを触りまくっている子どもを見て、なんとなく、なんとなく。

そうそう、同じ服を着ていた、バイコも同じワンピースを持っていたから覚えている、魚の模様のワンピースを、着ていて、トウタイシが手をつないで出て来たその子は、「いっぱい喋っていた」と、言われていた。中学生の中の誰かに。

へえ、人前に出て、いっぱい喋るのか、この子は。そう思ったのだ。雑子は。

バイコは、ちっとも喋らない子で。それがとても気にかかっていて。マルは相談相手にならない、そうですか、可愛いしまあ、いいではないですか。ヘラヘラ。そんな父親なのだ。

同じくらいの年頃で、初対面の中学生たちに囲まれて「いっぱい喋っていた」というその子を、その部分で記憶していた。

動画が進んで、突然、女の子の滑らかな声が流れ出したのでびっくりした。(1分50秒~)←は何だ?

ぺらぺらと本を読んでいる。ものすごくペラペラと。
髪型は、もしかして、影子ちゃん風なのか。真っ黒な髪で、お釜をかぶったみたいな。
ピンク色のシャツを着て、ぷっくり体型ではない。

ナレーションが「・・タイシさまの撮影で」とか入っている、女の子が(多分)カメラを見上げて「パパは?」「パパの」とか言っている。そして「パパ」の声なのか、マルの立場のヒトの声も入って、何か読んで・・でも、別の本の部分らしい、バイコの養育係が、それは、けっこう一所懸命に雑子に伝えた、違う本なのですよ、デンカの声の内容は。

ええ? あの時、雑子は、めんどくさくなって、しばらくして見るのを投げたのだったが。

気にはなっていた。あんなにスラスラと絵本を読んでいたのは、本当に、バイコと同じという設定の、子どもだったのだろうか。

影子ちゃんはバイコに似ている。むっちりした肉付きの子どもで。いつも自分とは違う方向を見ている子どもで。

そうだ、自分の方を見ないのだ。カメラの向こうの誰かばかりを見ている。雑子にはそれがたまらなく、だから・・

という前に。あの、絵本を読んでいた器用な子どもは、どこの、どんな子だったのだろうか。

アタマが痛くなって来た。不安になって来た。何もかも面倒に。



スポンサーサイト



 *  分類 : 雑子のはなし・終章へ向かって
自動通知機能 : -  *  伝言 : 2  *  記事編集  *  2019年04月15日(Mon) 21時44分
好きです、ここ
何茶手くおん様の詞書が好きです。
今回は、「ヒに代わらずして」「勝手に詠める」。
サイコーです。
ゲラゲラ笑ってしまいました。

言霊はあるぞ。
ボンクラ夫婦、痛い目を見るぞ。
人の思いは届くものなのだぞ。

五月からの地獄絵図、ほんに楽しみにしております。
ボンクラ、いきなり上皇にご挨拶に行くんですってさ。
2019年04月16日(Tue) 09時18分       編集
NoTitle
遅くなりました。

天皇の上が、上皇なんですとさ。ま、なんでもいいわ、見ていれば見えて来るでしょ、と、今は思っています。けけけ。

言葉って楽しい、そしておそらく、おとろしい、のdesyoune.
2019年04月23日(Tue) 11時09分       編集






管理者にだけ表示を許可する