FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 卯月のうたのおべんきょう Ⅲ
続けます。


     白萩

・佐保姫の衣か 今日の桜花 空を包みて盛りなりけり   [桜1]

・うすべにの衣(きぬ)をまといて山笑う 平成最後の春は来にけり   [桜 2]

・疾走感ある曲 耳が欲しがりて スマホから流すは「春の歌」   [毎春の習慣]

この一首、春の感じはよく出ていますが、「スマホから流すは」の部分、寸足らずの気配。「スマホから流す「の」は「春の歌」となさればいかがかと。

・投票所までのみちのりゆるゆると揃いのスニーカーで散歩する   [春の統一地方選挙]

この一首も「揃いのスニーカーはき散歩する」と、脳内変換しましたが。

・令(うるわ)しく平和と言うか 次代らは穢れ混沌とした様(さま)なるに   [新元号発表1]

・昭和末期生まれで平成しか知らぬ われ令和をいかに生きるべきか   [新元号発表2]

・涼やかなかんばせに詰襟映えて健やかな若子すくと立ちけり   [若宮ご入学]

     おてもやん

   熊本地震から三年

〇一生分食べた気がしたカップ麺三年経ってまた食べてみる

実体験の生きた(こんなことわざわざ体験したくないけど)、よくできた一首と思います。

〇あの時に欲しかったもの書き出して災害用の備蓄買い足す

〇ぜんざいを作ろうとして気が付いたあずき缶詰プルトップ無し

   プルトップ無しの缶詰は、缶切りと一緒に持ち出す必要があります。
   食品の期限、調理の仕方、
   カセットコンロのガスはあるか、懐中電灯の電池は?・・・
   我が家の防災用品点検週間です。

本当にその通りですね。私も、去年、規模はとても小さいけれど地震、台風、十階の部屋で経験し(プチ体験)、あれこれ考えました。熊本地震の痕も、まだまだなかなかのようです。東北へも九州へも、あの方々今はお出かけにならないで、連日の祝宴、茶会、お花見とか。ここで書かせて下さい、当たり前だが何もわかってはいらっしゃらない。と。

     かりそめ
   
   慣れない新仮名、口語で作ったのでうたになっていないかもしれません。
   びしばしお直ししていただけたら嬉しいです。


はい。びしばし、ですね。承知仕りました。

新仮名、口語への挑戦。楽しいと思います。つるつる~ん、と行けたりして。まずは読ませていただきます。


*青空はとっても近いかもしれず心が遠くしているだけで

*古里の目印だった山だけど高層のビルに埋もれてとても小さい

う~ん。かなり長いです。このまま行かれるなら、「~だった山だけど」までは普通に。「高層のビルに埋もれて」の十三文字を、七文字分のリズムで読む必要があります。早口で、ぱぱぱ~っと行かれますか?。とても小さい、の部分は、残したいのですが。もう一考をお薦めします。最終のまとめまでは、まだ日にちがありますゆえ。

*日に透ける楓若葉を見上げては泣いた日々ある十七だった

そうだったんだ・・。「十七だった」と、こういう時、口語でうたを書く楽しみを感じますよね。

   <やまい>

*問うてみる「今年いっぱいもちますか」「わかりません」と医師は答える

*あれからはあっという間の二年間生きているのを不思議に思う

*二年間記憶がとんでいるらしく辛さ悲しみ覚えていない

*踊り子草なずなはこべら仏の座花の名前は忘れていない

*病む友から病むわたしへと電話くる種類違えど病気は病気

*足繁く通った浜辺二年の間(ま)あけて少しも変わっていない

*死にたくはないが死んでもいいのでも夫以外に会いたい人ひとり

この一首。「死んでもいいのでも」が、魅力的。可愛い。で、「夫以外に会いたい人ひとり」ここ、「会いたい人ひとり」と生真面目に書かなくて、「会いたいひとり」となさったらいいと思います。「人」は、この際不要です。リズムも、無い方がばっちりいいです。

*もう死んでいる私かもしれなくてだから苦しみに耐えていられる

かりそめさん、まだまだ死なないで。生きていて下さい。私が悲しいから、淋しいから、死んだらあきません。

   〈終われ→れいわ〉

*びりびりと障子震わせ春雷の天の怒りを伝えるがごと

   [春なのに暗い内容ですみません]

いいえ。お気になさらないで下さい。でも、賑やかに喜んだり号外奪い合ったり「お疲れ様~」と天皇に声をかけたりしておられる(なんやねん、お疲れ様、って)方々を眺めていると、ほんに、自分の機嫌の悪さが自分で呪わしくなるような。

     温泉郷

   こんにちは。旧仮名遣いに挑戦してみました。

雛人形ことし長らく飾りたり娘に代はり家ぞ華やぐ

旧仮名遣いに挑戦。いいぞいいぞ、やれやれ、と、お腹の中で拍手しました。

お雛さまを、今年は長い間、飾った、と。早く片付けないと云々の縛りから逃れて?解放されて?。

「娘に代はり」この部分ですね、旧仮名、うまく入ってます。最後のところ。五句目。「家ぞ華やぐ」。とても華やいで嬉しいお気持ちなのですね、「ぞ」は、強調。このまま、うんと華やいだ今年のお雛様のうたにされていいけど・・・「ぞ」にすると、今夜、プレバトでどなたか先生が仰っていましたが「しゃべり過ぎ」になる。詰め込み過ぎ、表現し過ぎ、といいますか。「家の」とされたら、強調では無くなりますが、十分華やぎはしていて、かつ、なめらかな一首になる気も、私には、します。

お雛様のうたはいいですね。


取りどりに咲き誇りたる桜花植物園の森の香すがし

春はいいですね。


今宵は、このあたりにて失礼いたします。

スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2019年04月18日(Thu) 21時36分
どうもありがとうございます。
雛人形のうたの最後を「家の華やぐ」にします。
よろしくお願いいたします。
2019年04月19日(Fri) 10時42分       編集
KUONさま、素晴らしい!!!!!
こんばんは。

貴重なご助言ありがとうございます。
それにしても、KUONさまにはまっこと脱帽です。
「新仮名、口語への挑戦。楽しいと思います。つるつる~ん、と行けたりして」
まるまる心を読まれてしまいました。

「ふるさとの~」の一首、「山だけどビルに囲まれとても小さい」にしていただきとうございます。
また、おっしゃるように「会いたいひとり」に変えてくださいませ。

口語にしたら、いきなり数も数えられなくなってしまってお恥ずかしいかぎりです。

「~死んだらあきません」のお言葉には、目から水が.......
これからもいろいろあるでしょうが、しつこいタチなので生にしがみつく予定です。

それと「つるつるーん」は、おうたに失礼なので、来月からは数を少なくし丁寧に詠みたいと思います。
このところ急に忙しくてなり、ガサツ度があがって失礼しました。

ありがとうございました。
2019年04月19日(Fri) 20時45分       編集
ありがとうございます
KUONさま ご指導ありがとうございます。
今回は詠みたいことを三十一文字におさめるのが難しく感じました。
添削頂いた通り、『スマホから流す「の」は』、『揃いのスニーカー「はき」散歩する』でお願い致します。
2019年04月21日(Sun) 21時29分       編集






管理者にだけ表示を許可する