FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 天皇不在 で何も困らず。
どうしようかと思っていました。

でも「皇室を卒業」なるミズカラの記事。いただいたコメントにまだお返事もしておらず、ってことは、卒業未満だよね。と。己に甘い解釈をしまして。

これ、書きたい。

行きは大事そうに包まれていた、三種の神器とやらの、二種。天皇がお伊勢さんにお参りされて、退位します、となって。かの地へお返しになられた。

帰りの「それ」は、黒い箱のみで、包まれておらず=空っぽ。

退位を報告して、神器を返して、平成の天皇は、皇居へお帰りになられた。この際、夫人については、神さまの話に無関係なので、触れない。

いま、天皇の場所(あえて、場所)は、空っぽ。この日本に、天皇は不在。人間の都合勝手で人間の事情で、こういうことをして。

おっかしいことだなあと、真面目にちょっと、つくづく、しみじみしました。私の受け止め方は、もしかして間違っているのか知れません。

間違っている、のもそうなのですが、もう、あちらでは、神器もへちゃらも「迷信みたいなモノ」なのかも。カンケーない、のかも。


この間、次代のてんのー、令和の天皇(没したらその時に「令和天皇」と称される、ナルさんのことです)がしたことといえば、ナルさんの関与部分は不詳、としつつ、

愛子さんだというどこかの女性が、どこかのスキー場で、スキーやってる写真、動画を出したこと。

毎年のように、愛子さんだというどなたかの写真、動画を出して来ている。髪の長さやウェアや何だかが、異なることは気にしないで、おおらかというか、雑というか、はいこれ愛子さま、で、押し通そうとしている。

今年の愛子さま、は、今年も違うのだろう。体の細さというか、体つきが、まったく違います。

んで。本物の愛子さんだとしても。スキー滑れるからどうや、ちゅうねん。お上手、それはけっこう。

でも学校行ってない。学校行っておられない。お休みの日が圧倒的に多い。これ事実。学校ぜんぜん行っておられない。お母さまを見習えば、それもそうなるか。

お母さまの母親が「娘は親の作品」と仰って、随分と長持ちな笑いのネタを提供して下さった。それに倣えば、何の不思議もない。

「薔薇の木に薔薇の花咲く  何事の不思議なけれど」

雅子さんのお子は愛子さん、そういうことでしょう。

・・・東宮家のあの内親王さんは、この春、どこで、どんな風にお過ごしか。

天皇さんの不在の、いまのこの国。

別に、誰も、なあんにも。困りはしないのですが。

何も困らない。




スポンサーサイト



 *  分類 : どうってことのない話
自動通知機能 : -  *  伝言 : 2  *  記事編集  *  2019年04月22日(Mon) 09時02分
神器
布に包まれた神器二種を宮内庁職員は手袋もはめずに素手で持っていました。
大切にしているようには見えませんでした。
包みの中身は空でも偽物でも十分ありうると思わせられました。
2019年04月22日(Mon) 12時28分       編集
NoTitle
・温泉郷さん

シビアに言えば、三種の神器、としては、今は存在しないのですよね。でも、在るとして、天皇が何やらの折に存在すべきものとして、扱うんだと考えるのですが。そこに意味があるのでは。

皇室といい神道といえど、神秘なものでなくなったら既に、存在価値はあるのでしょうか。実体がどうでも、なんだかありがたいもの、たいせつに仰ぐべきもの。そういうものでなくなったら、何の値打ちがあるのやら。

皇室から「神話」の部分を排したら、どうなるのか。

キリスト教を身近にする皇族。欧州ではカルト認定のあのカルト(としか言いようが無い)に後を押されて入りこんで来た、不浄の者。汚染はひどいですよね。

即位のときに必要とされる、あの家独自のさまざまなもの。例えばダイヤモンドの大きさ,量ではかる感性の前には、宝冠も何もすべて、それだけの意味でしかない。

お金が神になった国の、それが、皇室なのか。

私は、そうは、思わないでいたいのが、ミジンコの遠吠えかな(笑)。

またこたま大人しいですが。ね。


2019年04月23日(Tue) 12時04分       編集






管理者にだけ表示を許可する