FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 日常 › アイスクリーム
2019-06-12 (Wed) 21:40

アイスクリーム

今日は夫の母、おかあさんの、誕生日。私のそれの翌日なのだから、わすれようも無い。

今は奈良市内のリハビリ病院に入っておられる。新しい建物で、窓から縁がたっぷり見えます、と紹介されている。廊下は広くて壁も柔らかい材質で、たくさんの若い方々がキビキビ働いていて、とても素晴らしい病院に見える。

その、二階の一室、四人部屋。どの方の周囲も豊かなドレープのカーテンで、隙間なくみっちりと囲まれている。

内側に入ると、カーテン以外何も見えない。おかあさんは、入って行った私を見て、ああ、と言った。ほんのり笑って小さく右手を振った。

入れ歯は外したままだ。補聴器も枕元の台の上に置かれている。めがねも同様。

耳も目も、ほとんど機能していない姿だ。どうですかあ。問いかけたくても、大きな声を出さなくてはいけない、おかあさんが応えようとするとまた、大声の返答になって、気がすくむ。周囲のカーテンの中からは、小さな気配も漏れ出てこない。でも確かに、三人、ここにおられる。

あいまいな笑顔のまま、おかあさんは、仰向けの姿勢で、私を見上げている。テレビは無い。持っていたノートに、ざざっと書いて、見せた。

「本くらいは読めるの?」

おかあさんはまた、歯の無い口でニイ、と笑って、ううん、と首を横に振った。自分で腕をたたいて、つかれる。小声で言った。私は、そうかそうかと、オーバーに首を縦にぶんぶん振った。

買って行ったアイスクリームを、食べさせてあげた。ひどい糖尿があるのだが、先日も持って行って、看護師さんに、ほんの楽しみ、少しならいいことにして下さいね、と頼んで、強引に承諾を得ていたのだ。

九十三歳。二か所折れているという大腿骨が、治ったとして。その先、その後、どうなるのか、どうするのか、おかあさん。

たまに、アイスの四分の一カップくらい。三分の一くらい、いいじゃないの。というか。私には、そのくらいのことしか出来ない。

一口ずつ、ゆっくり、口に運んであげた。素直に口をひらいて、おかあさんは、ハーゲンダッツのバニラの小さなカップの、半分ほどを、食べた。

おいしい、と笑った。ありがと、と口の形がその言葉を伝えて来た。

また来るね。口の形で伝えると、おかあさんは、手を取りに来て、握手して、手を撫でて、いっしょけんめい、笑い続けているのだった。真っ白になっている髪を撫でて、手を振って、カーテンの外へ出た。

また、来ると思う。このひとのこと、好きでなかったんだけど。





スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-06-12

哀しい現実 * by selala
はじままして、こんばんは。

嫌いなのに深いご縁がなかなか切れないのは哀しいですね。やさしいKUONさんは最期までお付き合いされますね。93歳同い年、継母だったらどんなにいいかと物心ついた頃から思っていたのに私の事情もあっての母子同居です。母は今のところ不必要介護で神経が疲れるだけですが、妹の癌の知らせにますます落ち込んだ今夜でした。私も立派に高齢者の仲間入りし、どこまでやれるかわかりませんが仕方ないで日々を紡いでいます。
今夜は愚痴でしたがお歌のお仲間に入れていただけたら嬉しいです。

NoTitle * by KUON
・selalaさん

>やさしいKUONさん、

てへへ、そうではないのですよ。ただ、何度もあった「もう知らん」を、実行できなかっただけ・・今確実に思うのは、

切るコトバ、切る実際、は、その本人に返るのだなあ、ということ。あれこれ言われた、こんなこともされた、など、消化できないで胸の底に澱み続けているような、フツーを越えた「切られ方」されてね。自分の好みと言うか、自分自身にイヤじゃない方で、仕方なく抑えたりでいて、人のカンケーって、なかなか断ち切れるモンでないし、ずるずる来ましてね。なんとか坂,超えて来て…見回すと、あらま、私に非常に攻撃的だったあの方が、向こうの方でへたり込んでおられる。

頼らないとか放っておいてとか、家へも来んといてとか、言われれば守るしか無く。離れている間に、あちらさん、どんどん、転がって行かれて。

私にできることは、無くなっているなあ、と。贅沢三昧だった人生の最後は、結局、口に快いアイス・・・舅にも、アイス持って通ったのでした。喜んでいて下さいました。自己満足でいい、十分ですね。

すべてあちらからの排除。頼らないと言い放ったお母さん、それでも、会うたびに

「おカネ無いねん,爪に火ぃともしてんねん」と、おカネをせがまれた。少しずつお渡ししていたら、同居のぼっちゃんが

「お袋に金、渡さんといて。アタマぼけてるから危ないし」

仰るので、おかあさんに渡さないようにした。おかあさんに渡さないのだから、義弟になど渡す理由も無い。家と貯蓄と年金と、すべて義弟が管理して暮らしていた、それはまあ、勝手にしていて楽しそうだったので、オーライでした。

私たちは、かっこ悪い傲慢な言い方ですが、とりあえず頑張った結果を、見せてもらっている。なんとか安心。

逆ねじ食わせる気は無い、でも、さんざん遊んだ三人組は、いま、大変なようで。

悔しくてもアホらしくても、自分自身のプライド、ってだけでもいいから、切り口上は口から出さない。出すときは覚悟を決めて、だと思う。

つくづく感じています。

誤字でなく。溺れるものは久しからず、であるなあと。

いろいろご心痛なような。

おうたは、どうぞ、ご参加ください。明日からお呼びかけです。どうぞどうぞ、気持ちを「うったえ」られたら。

梅雨空にだって、晴れ間はあります・・なんて、辛気臭いことを、ごめんなさいね。

NoTitle * by 黒猫アビ
KUON様

おはようございます。
お姑さんのお見舞いそしてお世話、頭がさがる思いです。
私にも94歳になる母がおりますが・・・
長年のアルコール摂取による認知症、今は老人ホームに入居。
父の葬儀に会ったのが最後、その後は絶縁しております。
親子といえども、いろいろなことがあり気にならないと言えば嘘になる、それでも会いたいとは思わない。
薄情と言われるのも覚悟のうえ・・・。
親子関係も難しいことが沢山ありますね~
自分の終活を考えながら暮らしております。

不安定な天候
お身体に気をつけて下さいネ!



そういへば * by ゴネコ
selala様へのKUON様のお返事を読んでいて、父が、「大きなケンカはするもんじゃない」と言っていたのを思い出しました。

NoTitle * by まりん
私も義母の元に通いました。いよいよいつどうなっても・・・の前は2週か3週にアリバイ作りのように行っていたのだけど、ほんとにいつどうなってもと言われてからは、片道20kmの道を毎日通いました。

なんでだったんだろう。今もよく解りません。でも会っておかないとダメだと思ったんです。よくなるということはないとわかっていたし、この生活が終わる時は義母が旅立つときだとわかっていたからなのかもしれないけど。

好きではなかったと言ってしまいます。でもかわいそうな人だったと思います。

今はあちらでどうしているのかしら・・・。

Happy Birthday * by おおやまよしの
KUONさま

11日がお誕生日でいらしたのですね。
おめでとうございます。
ますますのご健勝をお祈りいたします。

NoTitle * by KUON
お返事遅くなりました。

・黒猫アビ さん

>親子といえども、いろいろなことがあり気にならな>いと言えば嘘になる、それでも会いたいとは思わな>い。
>薄情と言われるのも覚悟のうえ・・・。

ここまで来られるのはよほどのことで、言うに言えないものがおありだったと思います。
薄情と言われるのも覚悟の上、とはいえ、できれば、実はそうじゃないのよ、との思いもあった、かつては。

それを越えて来て、どう思われてもいい、とにかく、もう、関わりたくない、まで行って、黙っておられるんだろうなあ、と。

親だから愛してくれるわけでなく、親だから愛せるのでもないですよね。実感。この年に至っても、親が大好き、親に会いたい、と仰る方と、何を話せばいいのかな、って感じでしか。そばにいられないままです。

一番傷つけられたのは、母親。と父親。そういった方が、類友と申しますか、多いのです。ひねくれ仲間と呼んでいます(笑)。

・ゴネコさん

言い得て妙、ですなあ。

いま、自分の方がなんとなく強かったりするのなら、弱っているナニかを、チクチクいじめるってのも、どんなもんかいな、かっこ悪いと、思う自分が、イヤ。(笑)。




NoTitle * by KUON
・まりん さん

ブログを読ませていただいていて、まりんさんは、まっすぐな誠実な方と感じさせてもらっています。へったへたになっても、やるだけはやる。はんかくさくないねえ。

通い続けられたこと、感謝されていたと思います。実際、顔を見せるだけでも、とか、いいますものね。私は、母親の最後の時期の自分について、ごめんね、の気持ちが未だに強いのですが、いまは、なんとか一度でも行こうかと。帰り道に、奈良の気に入りの店に寄って来ることも、楽しみにしていますが(笑)。

>好きではなかったと言ってしまいます。でもかわいそうな人だったと思います。

重いお言葉です。胸の底に、ずんと響きました。

>今はあちらでどうしているのかしら・・・。

新しいご家族に、元気で、幸せに、と、ひたすら、エールを送っておられると思います。きっぱり。

・おおやまよしの さん

こそっと書いたこと、見つけて下さり祝って下さり、ありがとうございます。

来年は古希、って歳になりました。自分で信じられませんが、ホントのようです。

ならば、精いっぱい、楽しんで生きていさせてもらおうと、欲が出て来ました。

まだこれからだわ、とか。

NoTitle * by selala
好きでも嫌いでも無い人に母を認定してから、心がとても軽くなりました。そして良い子になるのも止めました。変わりようの無い高齢の母、そして変わりようの無い私。それでいいのだの達観です。
悪い人になる面白味も見つけました。ピューリタン的な善悪に縛られることなく、残りの人生楽しんで、誰であっても当たり前のことができればそれで上等。そんな風に生きたいと思う今日おrこの語です。


ごめんなさい * by selala
おはようございます。

確認しないで投稿してました。ごめんなさい。
最後は今日この頃と言いたかったのでした。

NoTitle * by KUON
お返事遅くなりました。

・selalaさん

>そして良い子になるのも止めました。

、ここ同感です。なんとでもお思い下さいよ。など、どーぞどーぞとなれたら、楽。らくです。

>変わりようの無い高齢の母、そして変わりようの無い私。それでいいのだの達観です。

そうなんです。私も楽になりました。子ども時代から若かったあの頃、この頃、自分を好きにもなれず大切にもしてやれなかったあー、もったいなかった。(笑)。今はずんずん、楽です。今は同居でないことも私には大きいです。

自分なりに楽に、いけない子でいいから、参りましょう(笑)。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

哀しい現実

はじままして、こんばんは。

嫌いなのに深いご縁がなかなか切れないのは哀しいですね。やさしいKUONさんは最期までお付き合いされますね。93歳同い年、継母だったらどんなにいいかと物心ついた頃から思っていたのに私の事情もあっての母子同居です。母は今のところ不必要介護で神経が疲れるだけですが、妹の癌の知らせにますます落ち込んだ今夜でした。私も立派に高齢者の仲間入りし、どこまでやれるかわかりませんが仕方ないで日々を紡いでいます。
今夜は愚痴でしたがお歌のお仲間に入れていただけたら嬉しいです。
2019-06-12-23:48 * selala [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る NoTitle

・selalaさん

>やさしいKUONさん、

てへへ、そうではないのですよ。ただ、何度もあった「もう知らん」を、実行できなかっただけ・・今確実に思うのは、

切るコトバ、切る実際、は、その本人に返るのだなあ、ということ。あれこれ言われた、こんなこともされた、など、消化できないで胸の底に澱み続けているような、フツーを越えた「切られ方」されてね。自分の好みと言うか、自分自身にイヤじゃない方で、仕方なく抑えたりでいて、人のカンケーって、なかなか断ち切れるモンでないし、ずるずる来ましてね。なんとか坂,超えて来て…見回すと、あらま、私に非常に攻撃的だったあの方が、向こうの方でへたり込んでおられる。

頼らないとか放っておいてとか、家へも来んといてとか、言われれば守るしか無く。離れている間に、あちらさん、どんどん、転がって行かれて。

私にできることは、無くなっているなあ、と。贅沢三昧だった人生の最後は、結局、口に快いアイス・・・舅にも、アイス持って通ったのでした。喜んでいて下さいました。自己満足でいい、十分ですね。

すべてあちらからの排除。頼らないと言い放ったお母さん、それでも、会うたびに

「おカネ無いねん,爪に火ぃともしてんねん」と、おカネをせがまれた。少しずつお渡ししていたら、同居のぼっちゃんが

「お袋に金、渡さんといて。アタマぼけてるから危ないし」

仰るので、おかあさんに渡さないようにした。おかあさんに渡さないのだから、義弟になど渡す理由も無い。家と貯蓄と年金と、すべて義弟が管理して暮らしていた、それはまあ、勝手にしていて楽しそうだったので、オーライでした。

私たちは、かっこ悪い傲慢な言い方ですが、とりあえず頑張った結果を、見せてもらっている。なんとか安心。

逆ねじ食わせる気は無い、でも、さんざん遊んだ三人組は、いま、大変なようで。

悔しくてもアホらしくても、自分自身のプライド、ってだけでもいいから、切り口上は口から出さない。出すときは覚悟を決めて、だと思う。

つくづく感じています。

誤字でなく。溺れるものは久しからず、であるなあと。

いろいろご心痛なような。

おうたは、どうぞ、ご参加ください。明日からお呼びかけです。どうぞどうぞ、気持ちを「うったえ」られたら。

梅雨空にだって、晴れ間はあります・・なんて、辛気臭いことを、ごめんなさいね。
2019-06-13-10:31 * KUON [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

KUON様

おはようございます。
お姑さんのお見舞いそしてお世話、頭がさがる思いです。
私にも94歳になる母がおりますが・・・
長年のアルコール摂取による認知症、今は老人ホームに入居。
父の葬儀に会ったのが最後、その後は絶縁しております。
親子といえども、いろいろなことがあり気にならないと言えば嘘になる、それでも会いたいとは思わない。
薄情と言われるのも覚悟のうえ・・・。
親子関係も難しいことが沢山ありますね~
自分の終活を考えながら暮らしております。

不安定な天候
お身体に気をつけて下さいネ!


2019-06-13-10:42 * 黒猫アビ [ 返信 * 編集 ]

そういへば

selala様へのKUON様のお返事を読んでいて、父が、「大きなケンカはするもんじゃない」と言っていたのを思い出しました。
2019-06-13-16:32 * ゴネコ [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

私も義母の元に通いました。いよいよいつどうなっても・・・の前は2週か3週にアリバイ作りのように行っていたのだけど、ほんとにいつどうなってもと言われてからは、片道20kmの道を毎日通いました。

なんでだったんだろう。今もよく解りません。でも会っておかないとダメだと思ったんです。よくなるということはないとわかっていたし、この生活が終わる時は義母が旅立つときだとわかっていたからなのかもしれないけど。

好きではなかったと言ってしまいます。でもかわいそうな人だったと思います。

今はあちらでどうしているのかしら・・・。
2019-06-13-18:34 * まりん [ 返信 * 編集 ]

Happy Birthday

KUONさま

11日がお誕生日でいらしたのですね。
おめでとうございます。
ますますのご健勝をお祈りいたします。
2019-06-13-23:35 * おおやまよしの [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る NoTitle

お返事遅くなりました。

・黒猫アビ さん

>親子といえども、いろいろなことがあり気にならな>いと言えば嘘になる、それでも会いたいとは思わな>い。
>薄情と言われるのも覚悟のうえ・・・。

ここまで来られるのはよほどのことで、言うに言えないものがおありだったと思います。
薄情と言われるのも覚悟の上、とはいえ、できれば、実はそうじゃないのよ、との思いもあった、かつては。

それを越えて来て、どう思われてもいい、とにかく、もう、関わりたくない、まで行って、黙っておられるんだろうなあ、と。

親だから愛してくれるわけでなく、親だから愛せるのでもないですよね。実感。この年に至っても、親が大好き、親に会いたい、と仰る方と、何を話せばいいのかな、って感じでしか。そばにいられないままです。

一番傷つけられたのは、母親。と父親。そういった方が、類友と申しますか、多いのです。ひねくれ仲間と呼んでいます(笑)。

・ゴネコさん

言い得て妙、ですなあ。

いま、自分の方がなんとなく強かったりするのなら、弱っているナニかを、チクチクいじめるってのも、どんなもんかいな、かっこ悪いと、思う自分が、イヤ。(笑)。



2019-06-14-19:57 * KUON [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る NoTitle

・まりん さん

ブログを読ませていただいていて、まりんさんは、まっすぐな誠実な方と感じさせてもらっています。へったへたになっても、やるだけはやる。はんかくさくないねえ。

通い続けられたこと、感謝されていたと思います。実際、顔を見せるだけでも、とか、いいますものね。私は、母親の最後の時期の自分について、ごめんね、の気持ちが未だに強いのですが、いまは、なんとか一度でも行こうかと。帰り道に、奈良の気に入りの店に寄って来ることも、楽しみにしていますが(笑)。

>好きではなかったと言ってしまいます。でもかわいそうな人だったと思います。

重いお言葉です。胸の底に、ずんと響きました。

>今はあちらでどうしているのかしら・・・。

新しいご家族に、元気で、幸せに、と、ひたすら、エールを送っておられると思います。きっぱり。

・おおやまよしの さん

こそっと書いたこと、見つけて下さり祝って下さり、ありがとうございます。

来年は古希、って歳になりました。自分で信じられませんが、ホントのようです。

ならば、精いっぱい、楽しんで生きていさせてもらおうと、欲が出て来ました。

まだこれからだわ、とか。
2019-06-14-20:26 * KUON [ 返信 * 編集 ]

NoTitle

好きでも嫌いでも無い人に母を認定してから、心がとても軽くなりました。そして良い子になるのも止めました。変わりようの無い高齢の母、そして変わりようの無い私。それでいいのだの達観です。
悪い人になる面白味も見つけました。ピューリタン的な善悪に縛られることなく、残りの人生楽しんで、誰であっても当たり前のことができればそれで上等。そんな風に生きたいと思う今日おrこの語です。

2019-06-18-00:59 * selala [ 返信 * 編集 ]

ごめんなさい

おはようございます。

確認しないで投稿してました。ごめんなさい。
最後は今日この頃と言いたかったのでした。
2019-06-18-08:55 * selala [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る NoTitle

お返事遅くなりました。

・selalaさん

>そして良い子になるのも止めました。

、ここ同感です。なんとでもお思い下さいよ。など、どーぞどーぞとなれたら、楽。らくです。

>変わりようの無い高齢の母、そして変わりようの無い私。それでいいのだの達観です。

そうなんです。私も楽になりました。子ども時代から若かったあの頃、この頃、自分を好きにもなれず大切にもしてやれなかったあー、もったいなかった。(笑)。今はずんずん、楽です。今は同居でないことも私には大きいです。

自分なりに楽に、いけない子でいいから、参りましょう(笑)。
2019-06-24-16:20 * KUON [ 返信 * 編集 ]