FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 おべんきょう Ⅱ
続けます。

この色が詠草。この色が詠み人さんの名前。詠み人さんからのメッセージ、詞書など。この色はKUONが書いている部分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     かりそめ

*ひとり行く夜道に人の群れ座る足を止めれば紫陽花の毬

想像して、おお、なんと、と。大きな紫陽花、みっしりと丸く咲いていて。

*知らぬ地の住所濡らせば届かざらむポストを傘に入れ投函す

非常に細かいことですが。「濡らせば」でよろしいのですが、例えば「濡らさば」ですと、濡らしてしまったりしたら、と、ここに詠われた気遣いの、奥が深くなる気が・・・ワタシには。。。します。

*電飾のやうに杏の実が灯る落ちても割れぬ小さき(ちさき)電球

恥ずかしながら「杏の実」を、すぐにはイメージできなくて、調べに行きました。ホントに、そういう、いじらし可愛い実でした。

*先生に杏林を教へしは去年(こぞ)のこととは 月日は速し

先生に教えてさしあげられることも、あるんだ・・喜んで下さったのでしょうね。少し前に詠まれた「先生」でしょうか・・・。

*画面には「俺の知らない俺」なんて素敵な歌を歌ふ青年

聴いて下さりありがとうございました。このセイネンは、アルバイトしたかったのに、近所の「ジョ〇フル」で雇ってもらえなかったと。またそんな歌も出来て来るのでしょう。(笑)。

     温泉郷

哲学の道を歩めば水面には蛍光れり声を潜める

日本ならでは、この季ならではの情景です。哲学の道、との設定も素敵です。このままで充分、すてきな一首ですが、「水面(みなも)には」ここ。五音で申し分ないのです、もう一歩押して。「水の面に」=みずのもに}として、「は」を除くと、説明的な感が無くなって、蛍の光る水面そのものが、クローズアップされる・・・と、書いてしまいましたよぉ。

音もなく蛍飛びをり幽かなる光のリズム命を刻む

幽玄の美の世界。これも素敵な一首、お好みもありますが、「飛び」をり、と「舞い」をり、の感じを比べてみて・・それと、「をり」でなく、現代仮名遣いなので「おり」と統一されたらいいと思います。「をり」って、ちょっといいなと思いますよね。

観光の外人席を占領す通勤中の我らは立ちて

ねえ・・。現代にっぽんの、朝の在り方ですねえ・・うまくまとめられました。ほんま。

京都にもじょーこーごーが現れた未練がましく報道させて

現れた、って。どはははは。新刊の妖怪大辞典の3ページ目くらいに、その御尊顔の拝見出来そうな。

ただ思いますに、ご本人の思惑からは低く外れた報道の気もします。もう皆さん、お腹いっぱいなのでしょう。やはり明るいものを見たいのですよ、きっと。私はもう、拝したくないですから。


     黒猫アビ

 ・梅雨の中紫陽花の花いきいきと
  散歩の足を止めてながめる

季節の風情を素直に、自然体で詠んでおられます。目に見えるうたになっています。

「梅雨の中」は、梅雨、というのは「状態」なのであるし、梅雨と紫陽花はベストマッチであり、言わずもわかることでもあり、シンプルに「雨のなか紫陽花の花いきいきと」にされたらいかがでしょう。


 ・部屋のなか温度と湿度確認し
  暮らす梅雨時身体にこたへ

うたい方、歌材が具体的になって来られ、お上手になられました。

「部屋のなか」は、部屋内の、とされませんか。へやうち。へやぬち、と読んだりもします。


 ・窓開けて雀のさえずりききながら
  その日の予定のんびりこなす

「のんびりこなす」がいいですね。雀がさえずっているのだから、お天気、悪くはないのでしょう。私も「今日の予定、いけた、おーけー」など、指さし確認したりしています。
 

・・・すみません。今日はどうやら、ここまでで。また明日、書かせていただきます!。




スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 5  *  記事編集  *  2019年06月19日(Wed) 19時55分
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019年06月19日(Wed) 22時58分       編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019年06月20日(Thu) 09時48分       編集
KUONさま

ご指導ありがとうございます。
「濡らさば」のほうが響きもいいし、気持ちも伝わると思います。直してくださってありがとうございます。

先生に教える、なんて生意気ですね。同じ結社の先輩でもあったので、つい甘えが....
はい、あの先生です。
生意気ついでに、

・鋭(と)き棘を除かずをかむいにしへより薔薇は棘もつ花なればゆゑ

のおうたにはしびれました。
こんなこと書くのは10年早いかもしれませんが....
2019年06月20日(Thu) 13時41分       編集
NoTitle
KUON様

今晩は。
添削・ご指導ありがとうございます。

一首目
 ・雨のなか紫陽花の花いきいきと
  散歩の足を止めてながめる
二首目
 ・部屋内の温度と湿度確認し
  暮らす梅雨時身体にこたへ

お直しお願いいたします。
梅雨時は、湿度で具合が悪くなります。
エアコン除湿しながら暮らす日々、大好きな紫陽花をみると心が和みます。
最近は、鳥の動きを眺めるのも楽しみになりました。
言葉を大切にしお歌の勉強続けていきたいと思います。

2019年06月20日(Thu) 20時21分       編集
NoTitle
くおんさま、ご指導ありがとうございます。

一首目
古文調で詠んだつもりでした。

・哲学の道を歩めば水の面に蛍光れり声を潜めむ
でお願いします。

二首目
これも古文調で詠んだつもりでした。
蛍の、無音ながら尾の光がじわっと強まり消えを繰り返すさまを一言で表現したかったのですが、「鼓動」にすると無音ではないし、「点滅」では無機質な感じだし、、、で不本意ながら「リズム」にした次第です。
「リズム」を選んだ時点で古文調ではなくなりましたね。

・音もなく蛍舞いおり幽かなる光のリズム命を刻む
でお願いします。

三首目、四首目は現代文調で詠んだつもりでした。
「あれら」に日本の伝統は一切感じませんので。
2019年06月24日(Mon) 01時43分       編集






管理者にだけ表示を許可する