FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 おべんきょ Ⅲです
お待たせしております。続けます。

この色が詠草。この色が詠み人さんの名前。詠み人さんからのメッセージ、詞書など。この色はKUONが書いている部分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     ギボウシ

   (20年余り、ベランダで鉢植えを育てています。水やり以外の世話はロクにしてきませんでしたが、   
   毎年5月に艶やかな姿を見せてくれていたのに、今年は…)


- アマリリス 越冬しくじり 花咲かず 全て見直せ 土も器も

なるほど。そういうことがあるのですね。私は、植物を育てるに全く能が無く、切り花オンリーのごとき、つまんない歳月を過ごして来てしまいました。アマリリスと聞くと、小学生時代に唄ったあの歌が。

一首、仰りたいことはよくわかります。「全て見直せ」とは、詠み人さんご自身への激励ですね。少し全体が固い気がします、これも「味」なのでしょうが、もう少しふんわり、させてみたのです、いかがでしょうか。

・越冬をしくじりたるやアマリリス今年花無し土替えやらん

違うわ、と思われるなら、もちろん元のままで、うたは通っています。

   (新幹線の車窓より都心のビル街を眺めて)

- 耐震が 制震 免震と進化して 守る中身は どこへ向かわん

「守る中身はどこへ向かわん」ここ、気持ちはわかりますが、「中身」はいささか散文的ですか。ひと、のことですよね?。「どこへ向かわん」も、意味があいまいかも。

平凡ですけど「人といふもの如何に守らん」ということですか。

   (アマリリスその後)

- 咲かずとも 肉厚の葉は 空に伸び 来る年見据え 蓄えんとする

いじらしく逞しいアマリリスですね。「見据え」よくわかりますが、すこ~し引いて「来る年に力」くらいにされたら、と感じます。ギボウシさんのおうたの力強さを、わたし削ぐことになるのかもしれませんね。

- 水無月に 横殴りの風 打ち付けて 葉は倒れおる そのままにする

   (※「倒れおる」は多分正しい言葉遣いではない気がします。
   「倒れてしまっている」と言いたいのですが、自力で調べることができず… 恐縮ですがご教授お願い致します。)


以下のようにしてみました

・水無月に横殴りの風打ち付けて葉の倒れおるそのままにする([倒れおる葉を」とすると、無難で平凡です)

あえて水無月にせず「横殴りに激しき風の吹きて来て葉の倒れおる打ち捨てておく」ですと、すっごくヒドい主、になりますか。あれこれ考えました・・

言葉の選び方が男性的、とても強い、これを個性とされるために、たくさん詠んでみられたら、と思います。

(孫息子へのお言葉、ありがとうございました。本人に伝えましたら、よおし、と、鼻、ふくらませておりました。)

     アルジェリマン

   散歩中に、いろいろな鳴き声が聞こえます。
   その鳴き声が楽しかったり悲しかったり、
   いろいろに聞こえます。


甲高き鳴き声追えば巣立ち雛 力の限り母鳥呼びをり

必死の呼び声、小さな雛の。聞くも辛い声です。このままで充分ですが、結句「母鳥を呼ぶ」と言い切るのもアリか、と。

田植え待つ水田に映る灯火や 遠く近くに蛙らの鳴く

悠然とシラサギ歩む水田に風の冷たし蛙静まる

突然の雨に濡れるも家ごとの紫陽花の色確かめつつ行く

きちんと情景の見えるうた。大きい景色は大きいように。水田の風は、冷たい風で。

遠雷の止みて降りだす雨音に犬はおびえて立ちすくみおり

犬にはわからないことが沢山あって。おびえて立ちすくむ犬の、愛おしさ。

足元を燕飛び去る夕暮れに子猫らの声母猫いずこ

子猫らの姿わからず立ち去りて雨よ降るなとその夜願う

この子猫の声も、気づいてしまうとたまらない。姿を見ればまたたまらなく、せめて雨よ降るなと願うしか無い。「子猫らの見えざるままに」でしょうかしら、最後の一首。

     selala

・柔らかき 雨のリズムを 聴きながら 眠りの前の 琥珀の一杯

初挑戦、とあるのは、KUONのここへの、という意味ですよね?。短歌のリズムは出来上がっておられます。情緒もおありです。

で。え。琥珀のいっぱい?眠る前に珈琲お飲みになる?。それは私にはできないこと、,お昼過ぎたらもう、カフェインには近づかない。大人やなあ、と、歌に関係ない「感想」になりました。

珈琲でなく、魅惑のお酒カンケイなのでしょか?。うーむ。ウィスキー? これも、純正下戸ですので、アホな言いよう、お許しを。

そうだ、きっと、香りの高いウィスキーですな。いや違う、ブランデーか。・・ごめんなさい。ブランデーですよね、きっと。


・憧れる 空を映した 彩と 露をまとって 紫陽花の花

この一首は、少しわからないところは、あります。が。「憧れる」といきなり言葉を置いておられるのは、やはり初心者の気はしません。少し触らせていただきますと、「空を映した彩(いろどり)と、露をまとって」と、ここまでは、後の「紫陽花の花」に、すべてつながって行くのですね。で、冒頭の「憧れる」で、おさまる。

拍手、の一首と思います。



ごめんなさい、朝からめっちゃ忙しく、ただいまアタマが頭痛です。今夜は休ませていただきます、すみません。


スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 5  *  記事編集  *  2019年06月20日(Thu) 19時14分
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019年06月20日(Thu) 23時26分       編集
ありがとうございます
五七五七七で表現するのは人生初挑戦なのです。つぶやきのような、詩のような表現は経験有で、西行や会津八一など好んで読んでいました。
音楽もそうであるように、言葉も刷り込まれた無意識の模倣があるように思っているので、言葉を選び過ぎて軽薄になっている自覚有りです。
これからもお付き合いいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。
2019年06月21日(Fri) 00時51分       編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019年06月21日(Fri) 09時46分       編集
NoTitle
添削ありがとうございます。

最初の歌、「母鳥を呼ぶ」でお願いします。
必死の鳴き声でした。

最後の歌、私は子猫を探したのです、犬とともに。
でも、柵の向こうの草むらに、姿は見えず。
一匹ではなく三匹ほどの鳴き声に、
母猫が隠したのか、捨てられたのか、
見つけたとしたら、私はどうするのか、
迷いつつ夕暮れ迫る中、姿を探したのでした。

「姿見えざるままに」ではきれいすぎるので、
不細工ですが、「姿わからず」のままでお願いします。
迷いつつも結局は見捨てて、私の後悔、またひとつ増えてしまいました。

2019年06月21日(Fri) 22時14分       編集
よろしくお願いします。
ありがたきアドバイス、少し時間をかけて噛み締めてみました。表現が「散文的」であること、詩情に欠けること、もっと「ふんわり」させた方が良いこと・・・どれも、肩の力を抜いて、もっと丁寧に物事を見つめる事の大切さを教えてくださっていると受け止めました。

お直しのご提案は、自力ではとても到達できない領域で、そのまま頂いてしまうと、ズルしている気がしないでもなく・・・ あれこれ迷った挙句、未熟な自分の記録として、以下でお願い致します。

...........


(ベランダの鉢植えに 国の象徴を重ねて)

アマリリス 越冬しくじり 花咲かず 全て見直せ 土も器も


(新幹線の車窓より都心のビル街を眺めて)

耐震が 制震 免震に進化して 人は守られ どこに向かわん


(アマリリスその後)

咲かずとも肉厚の葉は空に伸び 来る年に力蓄えんとする

水無月に横殴りの風打ち付けて 葉の倒れおる そのままにする

..........


ご助言を胸に、数稽古に励みたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。


2019年06月23日(Sun) 09時21分       編集






管理者にだけ表示を許可する