FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 八月うたのお勉強・前半
熱いさ中もおうた、お寄せ下さり、とても嬉しかったです。

ご一緒に、お勉強を。の前に。

唐突なお問いかけをいたします。無神経ならお許し下さい。

かりそめさん。酷暑をいかがお過ごしでしょうか。言うなかに今朝は、秋の雲ですよ。

この文字が詠草、この色は詠み人さんからのメッセージやほか。この部分はKUONが書いております。この色は詠みびとさんのお名前です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     KUON

・納采の儀了へたまふとや禍々しき報あらざるを何よりと祝(ほ)ぐ(絢子女王)

・父君のまた母上の欠けつるを互みに補しつつ幸(さき)くありませ

・睦まじく並ぶお二人微笑みに陰の見えざることのよろしさ

・お立場の自覚無き身のその見ばの品(しな)下れると言に出ださむ(内親王)

・天皇のおうたを御製と申します平成皇后の「御製」もありて

・こざかしく言を操る歌人妃に汚されにける御製の幾つ


・新聞紙袋詰めする山崩れ豪雨不明者の文字大なるを

・何もかも崩れ流され人影の見えざる鄙に新盆迫る


・こころ無き御仁と見ゆるを「こころ寄す」と生ぬるきかな茶番のつづく

・出でて来て手を振りぺちゃぺちゃと何か言ふを公務とやはり思召すらし


・海青し入道雲のその下にひろげて赤きTシャツを干す

・ウチのジジ詐欺に遭ひたり隠したく触れられたく無きさま忖度す
 

     黒猫アビ

 ・眞子さんの 皇族として 自覚問う
  愛の執着 品格も消え

残念なことに同感いたします。一人の女性の一つの人生の過渡と、小説的に見れば、理解不能なばかりでもない。こういったパターンはせ世俗的にはありうることで。でも。彼女は皇族。現に皇族。そこからの思いですよね・・

皇族として、の後に「の」を入れたいです。愛の執着、の後に「に」を。このままでもいいようですが、私たちは、きっちりと詠んでみせましょう!。


 ・眞子さんの 選びし相手 見ておもふ
  女性宮家は 作ってならぬと

メディアの一部が、何のつもりかアメリカでの圭氏のどうのこうの、追いかけておりますが。何がどうでも、あの男も「女性宮家」も「だめ」です。それでもそちらへ動くかどうか知りませんが、そんなことになるなら、と、激しい思いを滾らせています。国民、なめるなよ。もうアゲアゲはできません、私的には。アビさんも、ですね?(笑)。

「おもふ」は、どうしましょうか? この一首ならこのままでも行けますけど。

 
 ・激暑にて 外にでるのも ためらいが
  日が暮れてから まとめ買いに

よくわかるうたですが、形を整えてみますね。

「激暑にて外に出るのもためらはれ日が暮れてからまとめ買いする」


 ・暑すぎて エアコンつけて 部屋こもり
  冷気をさける ひざ掛けもして

これもよくわかる一首。具体的な物の名前「ひざ掛けもして」がいいです。リアルになります。  

     Nちゃん

  震災だ、大雨だと苦労されてる方々がおられると言うのに
  罰当たりなバカップルは
  今日もクーラーの下でオバカです。
  齢、82まだまだ元気です。


甲子園
勝った負けたと
嬉しそに
寝転びながら
抱き合いながら

大の字に
なりて昼寝す
君の脚
我も枕に
長閑(のどか)なお盆

大の字の
脚に乗たる
頭(こうべ)下
放屁されたる
耳元の腐臭

この一首、いささか迷うたのです・・と申しますのはわたし、人体の生のにおいとかエトセテラ、誰にでもある弱点のツボ「それは弱いの、かんにんして」の世界なのでありまして。自分の脆弱なる受け入れキャパとしては限界かな、とはいえど、人さまの独特の世界を、それではかる傲慢さは、持ち合わせていない自覚もあり。で。迷ったあげく、このまま残させていただきました。。

寝てるから
仕方ないかと
堪(こら)えしが
続けて三度
真夏の殺意

天神の
大坂〆と
思うわい
祝おうて三度の
プップッ、ブー

紙一重
愛と憎しみ
油の地獄
些細な事が
火種となりし

最後のとこ「なれる」ですかしら。「火種ともなる」かしらん

一人より
喧嘩してでも
賑々と
寂しくはなし
妾宅の盆

二人して
喜怒哀楽も
生きてこそ
唯々そばに
いてくれやっしゃ

そうやわ、そうやわ、生きていてこそ、やわ。もうすぐ秋です、またお二人でお散歩、ね。


     こぶ

・母さんは45回の夏が来た あなたはたったの16回目

  16回目の夏を謳歌する娘を見て。
  どこかの内親王様のように海外には行かせてやれませんでしたが、
  毎日新鮮な体験をし、話してくれます。


眩しいですね、16回目の夏。きらっきら。
きら。あの内親王さんの経験できないいろんなことを、これからのいろんな夏に、知って行かれるお嬢ちゃん。し何よりウソの無い環境、日常のなかで。


・静養を取りやめたとて 何になる 泥にまみれる被災地の盆

  静養を取りやめ、とドヤ顔されるのも忌々しい。
  どうぞずっと静養なさっててください。
  被災地はまだ泥の中です。。。

次代一家は予定通りの静養に。五日間。愛子さんはご両親に、貝の名前を教えてさしあげたのだとか。
どうぞどうぞご自分たちのお幸せを、とこしえに、ってとこですか。



     ひらりんこ

  何か災害が起こるたび、阪神大震災が起きた日の夜やっとたどり着いた時のことを思い出します。

避難所に 見つけた母は 丸くなり。ただにこにこと わたしを見てた

感情あらわなうたでないのに、切なく読ませていただきました。

突然の大地震に、お母様は避難所に逃れられた。懸命にたどりついた娘は母親の姿をようやく認めた、どんな気持ちだったでしょう、お母様は「ただにこにこと」作者を見ておられた・・・愛おしさに読む身の胸も詰まります。


  今、病気になった母にしてあげたいことがたくさんあるのに、会いに行くことさえ滅多にできません。

私事ですが。私も、最後まで一緒、と思い定めていた母を、次姉にお願いするよりなくなって、経済的にもどんぞこだった時期で、奈良から名古屋まで、普通列車に乗って、行き難い家へ、定期的に通った。八か月間。母は、知っていたのか知らんふりだったのか、行けばにこっと迎えてくれました。よく働いた手が指が、もう拘縮してしまっているのを、撫でながら、泣きもできずにじっと二人でいました。私は母を「捨てた」のです。どうしようもなく、と言いながら、でも。

親の、子への最後のつとめは、愛情は、静かに捨てられてやることだ。と、私は考えています。捨てられるって、強すぎる言葉でしょうか。

「楢山節考」の、おりんばあさんが、私の理想なんです。ひらりんこさん、お母様は、何もかも分かっていらして、そしてひたすら、一筋に、娘の幸せを願っておられると思いますよ。ご自分を責めたりしないで。


人混みで つないだ母の 儚い手
あんなにふっくら 強かったのに


何の理由が無くても、泣きたいときは泣きましょうね。
スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2018年08月17日(Fri) 12時26分
ご無沙汰しております
KUONさま

お呼びかけとても嬉しかったです。
それに光栄にも思えました(照れないでくださいませ)。


拙句集が出版され、毎日お返事書きに追われております。最後の締めも大変でしたが刊行後はもっと大変。話には聞いていましたが、これほどとは!

でも幸いなことに思ったより好評で、一安心です。

もしよろしかったら、お送りいたします。
ご自宅のアドレスは知られたくないでしょうから、安全な送り先をお教えください。
メルアドを書いておきますので、よろしかったら......

そんなわけで、「みんなのうた」はお休みしてしまいました。ごめんなさい。

句集、大したものではないので1年でもお側においていただけたら幸いです、と友人には書いておりますが、KUONさまのお側ならその幸せも2乗です。

2018年08月17日(Fri) 17時19分       編集
No title
KUON様

今晩は。
添削・ご指導ありがとうございます。
昨日は、複雑な思いで靖国神社参拝に行って来ました。
普段は皇室に無関心な夫でもKKの報道には、「宮内庁と宮家なぜもっと早く
身元調査をしないんだ」と怒っておりました。
皇室が国民をないがしろにしてる状況に腹を立てており(怒)
アゲアゲする気はありません。

一首目
・眞子さんの 皇族としての 自覚問う 愛の執着に 品格も消え
三首目
・激暑にて 外に出るのも ためらはれ 日が暮れてから まとめ買いする

訂正
よろしくお願いいたします。
2018年08月17日(Fri) 23時32分       編集
No title
・かりそめ さん

よかったです。初句集、御出版おめでとうございます。

あの~、ぜひ頂きたいのですが、どしたらよかんべか・・よろしければ、裏コメントにて、ご連絡先、と申しますか、一冊送って下さい、の申し込み先を、お教えいただきますれば、と存じます。ぜひ読ませていただきたい、よろしくお願い申し上げます。
残暑、乗り切って参りましょう!。

2018年08月19日(Sun) 15時39分       編集






管理者にだけ表示を許可する