FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 八月のおベんきょう Ⅵ
なんだか今朝は、夜更けに吹き始めた風が、ずうっと吹いていて。

暑いには暑いですけど、う~暑い、何とかしてくれぎぇ~、的な狂熱感はすこぉし薄れております。まさかこのまま秋が来て、などと、そんなお人よしではいられませんが。(笑)。続けます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     おてもやん

〇盆休み家族が揃う朝ご飯味噌汁焼き海苔たくあん旨し

   ※息子も帰省してにぎやかな盆休みです。
   博多にも遊びに行きました。


(この色がKUONの書いている部分です)。
お幸せなお盆休み。お盆休みの、やっぱりこれだよ、の、フツーで最高に美味しい朝ごはん。焼き海苔の艶が、目に浮かぶようです。


〇老犬にとろみごはんを作り置き家人に託し一泊の旅

〇博多駅新幹線のホームにてミッキーの絵の車両を写す

〇我の乗るつばめ319号は今写したるミッキー車両

いつも、四世代のあれこれに気も体もその他も使っておられる。わんこもいる。お年寄りになった愛犬に、「とろみごはん」というのがあるのですね、それを用意して、一泊の旅を。でも、そこでも、幼いお孫さんの好物は見逃さずカメラを向ける。この方面にも疎いのですが、博多には、ミッキーマウスを描いた車両があるのですか。

〇絵本見て列車の名前次々に覚える男三歳オタクか

個人的にわたし「おたく」なるものを好ましく思っております。何かを成すにはオタク要素いるわ、と。

少し迷ったのは「男三歳オタクか」ここ。うまく説明しかねるのですが、「男孫=おまご」とされるか。この「男」を「オトコ」とされるか。もちろん、元のままで充分です。


     黒猫アビ

 ・窓ガラスさわれば熱くベランダへ
  出るもためらう激暑の夏

この色がKUONの書いている部分です。)

〇実感の一首です。最後のとこ、少し触れれば、と思いましたが、細かく書かせてもらってしまいます。

はじめ「窓ガラスさわれば(触れれば)熱し」と。「「く」でも次の「ベランダ」につながってよろしいのですが、「熱し」と言い切ってベランダへ移ってもいいな、と。お好みで、どちらにされても。

ラスト部分「激暑の夏」は実感であっても、字足らずが活きない。「今夏の激暑」とか、「激暑この夏」とか。いかがでしょうか。


 ・エアコンがフル回転の部屋こもり
  暖パンはいて冷えからまもる

〇「部屋にこもり」あるいは「部屋ごもり」ですね、ここ。エアコンは必需ですし、冷えは困るし。こんなこともストレス、になっている気がします。


 ・あきらめか夫婦ケンカも気力なく
  腹の立つこと黙して逃す

〇「黙して逃す」生きているための、知恵、でしょうか。・・・・・・・・「ケンカ」の「け」に、濁点つけて下さいね~。よろしく。
 
     ギボウシ

   今月はお休みを、と考えていましたが、少々心を奮い立たせ、
   即席で2首・・相変わらず雑で恐縮です。


(この色がKUONの書いている部分です)。

〇乱打も結構、お詫びなどいりませんよ。私は、自分流で、あれこれ受け止めたり書きたいように書いたり、させてもらっています。心を奮い立たせてうたを詠まれたこと、お寄せくださったこと。それが、嬉しいのですよ。


昼餉前ここにも一人おじさんが 群れるでもなく散歩をしおり

〇なにか、クスリと面白たのしい一首。おじさんは群れない。そういうことみたいですしね。おじさんが独りでいる、については、いろんな本で語られていて。

卒寿超え逝きし姑の家族葬 ひ孫6人よくぞ殖えたり

〇お忙しかったでしょうが、無事、お姑さまを送られたのですね。

卒寿を越えて。ひ孫六人と。大往生でいらした。拍手。

家族葬大賛成です。おうた、雑でなんかなかったですよ。





スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 3  *  記事編集  *  2019年08月23日(Fri) 13時17分
KUONさま
いつもありがとうござます。
九州新幹線では、博多・鹿児島間で期間限定のミッキーマウスのワクワクトリップ新幹線が1日数便走っています。選んではいないのですが、たまたま乗ることができました。
最後のうた、
男三歳が重い気がしていました。なるほどオトコとオタクで軽快な感じです。
清書
○絵本見て列車の名前次々に覚えるオトコ三歳オタクか
2019年08月23日(Fri) 20時36分       編集
KUON様

今晩は。
添削・ご指導ありがとうございます。

一首目
 ・窓ガラスさわれば熱しベランダへ
  出るもためらう激暑この夏
二首目 
 ・エアコンがフル回転の部屋ごもり
  暖パンはいて冷えからまもる
三首目
 ・あきらめか夫婦ゲンカも気力なく
  腹の立つこと黙して逃す

訂正、お直しお願いいたします。

お盆休みはバタバタと過ごし、疲れ果てました。
エアコンからも、はやく解放されたいです。





2019年08月23日(Fri) 20時44分       編集
KUON様
ありがとうございました。
2019年08月24日(Sat) 17時15分       編集






管理者にだけ表示を許可する