FC2ブログ

泣き出しそうです

こんばんは。

今日で八月も終わりです。本当に暑くてコンチクショ、な日々も、くおんのへたれブログにおいで下さっていて、ありがとうございました。


この夏は、例年に増して、いまは亡い懐かしい人々のことを想いだすことが多かったです。

あえて、強いて、会いたいとは思わない。会えないし。心の中のどこかに、いつだってひっそりといてくれて、何かの折に、ふわっと出て来てくれる、その方たちは、そして、みんな、笑顔なの。

みんな、みんな、笑顔で、記憶の底から浮かび上がって来てくれる。

それって、すごく、嬉しいことではないか。そう思って、いま、泣き出しそうです。






スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 2

There are no comments yet.

アルジェリマン

私も会いたい

「お父さんに会いたいね~」とお盆に母と話しました。
今年は特定アジア諸国問題が急展開なので、
「お父さんの意見を聞きたいねぇ、」と強く思います。

「亡くなった人の気配とかリアルに感じたりする?」と
お盆に叔父叔母や母に聞いたのです。
すると、かなりリアルな体験を三人ともしていました。
そういうことってあるんだな、と思います。
心の中にいつだっていてくれて、
ふわっとリアルに感じることもある。
それは、相手が気にかけてくれている、
・・・ということでもあるんじゃなかろうか、と、
今年のお盆には感じたしだいです。

私にはそういう体験はないのです・・・。

2019/09/01 (Sun) 21:05
今も夢見る

KUON

・アルジェリマンさん

>それは、相手が気にかけてくれている、
>>・・・ということでもあるんじゃなかろうか、と、
>今年のお盆には感じたしだいです。

多分、おそらく、そうなのだと思います。私の記憶の中では「武士のごとく」逝かれたお父さま(ブログを読ませていただいて)。お会いになりたいだろう、トンボはそうなのだろう。

今夏、私が感じたこと。年をとるほど、何というか、記憶が濃くなる。対象限定ではありますが。日常に気をとられていいかげんに覚えていたことの、輪郭が、はっきりしてくる、みたいな。
お父さんに会いたいと願う娘に、会いたくないお父さんが、いるだろうか。いないでしょう。

〉私にはそういう体験はないのです・・・。

まだ、今生の別れから日が浅い、これからですよ、きっと。とか、効いた風な口を、ごめんなさい。

2019/09/03 (Tue) 21:10

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.