FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › みんなのうた › 神無月のおべんきょう Ⅰ
2019-10-18 (Fri) 19:43

神無月のおべんきょう Ⅰ

今月もおうたをお寄せくださり、とても嬉しいです。

とても風のつよい日でした。雲の重い日でした。あのご夫婦のパレードが延期されたとのこと。延期されたその頃もまた、お天気は、と思われます。祝福されていないのです。ふさわしいヒトたちではないのです。私に限って申し上げれば、仰ぎ見られるお方であれば、強制されなくても勝手に、お仰ぎもうします。おのずとコウベも垂れるでしょう。何なさらなくても、天皇のみの成しうる神さまへの敬虔な祈り。それだけ、懸命におつとめあれば、あと、手、振らなくていい、車出させてちょっちょっと、ヒナンショへ行ってあげなくていい、跪いて笑顔を作って、頑張って下さいとかなんだとか、コクミンにココロを寄り添わせて下さらなくてよか。

ココロなんか、どこにあるんだよ、あの二人の。酒焼けしたヘチマ頭とクスリ決め過ぎて目ん玉ぎょろぎょろのおかしいヒトたちに、ココロなど無いと思う。あれば、少しくらい、匂ってくるものだよ、ホントそう思います。

本来、天皇という存在がひざまずくのは、神の御前のみ。神に対してのみ。大きな間違いを犯して来てしまった、肝心な神事を放り投げて、あさましい見え透いた人気取りを、続けて来た。

そういうことだと、わたしは、考えております。巻き込まれて苦しんでおられる方々に、謝れ。詫びれ。

雨が降って来ているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     アルジェリマン

   呆然としているうちに10月。

・身をよじり泣く子抱き上げ手を振りて夫を見送る人に夕焼け

   (夜勤に出かける夫を見送る妻と子、若い家族でした。)

(このままでいいとも思いますが。すこし余白を、と考えてみました。

*身をよじり泣く子を抱き手を振りて夫を見送る人に夕焼け

・・夫も妻もまだ若そう、暮らしは沢山ゆとりがある、というのでは無さそう、でも、とうちゃんが仕事に行くのが寂しく悲しく、身をよじって泣く幼い子、その子を抱きあげて共に手を振って見送る妻の横顔、お空は真っ赤な夕焼けの色・・。愛おしい普通の人々の「幸」が損なわれませんように。


・君が代を胸張り歌う喜びに涙ぬぐうや客席の人

・さざれ石のいわおと成るは協力の精神なりと教えられたり

   (ラグビーの試合、選手も観客も堂々と国歌を歌っているのに胸打たれました。
   さざれ石の歌、最初の五音が字余りです・・・)

(ラグビーのワールドカップ、素晴らしい試合ばかり。
いろいろな場面、所で国歌を聞きますが、ラグビーの会場の「君が代」に打たれています。主将のリーチさんが、国籍ばらばらの選手たちに、言葉の由来から実際の姿までを丁寧に教えてあげ、意味も知らせて、共に歌うあの「君が代」になっているのだと聞きました。会場の人々も、胸にこたえながら聴き、歌っておられるのでしょう。

だって。本当は好き、本当は大切。きれいな気持ちで応援したい、共に喜びたいのだと、思いますもの。

「さざれ石」の字余りは、何も問題ないです。

「客席の人」の後に「も」を入れるかどうか、今も思案中です。



ごめんなさい、今夜はここまでです。明日、また、テコテコ、書かせて下さいね。




スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-10-18

余白 * by アルジェリマン
身をよじり泣く子抱き上げ手を振りて夫を見送る・・・

私のこの歌ですと、抱き上げ手を振って見送る、
と、動きがす~っと流れて、今抱き上げたばかりな感じですね。

身をよじり泣く子を抱き手を振りて・・・
こちらですと、子どもをずっと抱いている母親、
私の見た情景です。

こちらでお願いします。

客席の人・・・、
力強い国家斉唱に感動し、観客席の人々の歌う様子にさらに心揺さぶられ、
私たちは堂々と国家を歌いたいのだ、(天皇陛下とか関係なく・・・)
と、強く感じたのでした。

私は涙はぬぐいませんでしたが、
実は確かに涙がにじんだのでした。

「も」・・・迷います。
字数制限なければ付けた気もします・・・。


Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

余白

身をよじり泣く子抱き上げ手を振りて夫を見送る・・・

私のこの歌ですと、抱き上げ手を振って見送る、
と、動きがす~っと流れて、今抱き上げたばかりな感じですね。

身をよじり泣く子を抱き手を振りて・・・
こちらですと、子どもをずっと抱いている母親、
私の見た情景です。

こちらでお願いします。

客席の人・・・、
力強い国家斉唱に感動し、観客席の人々の歌う様子にさらに心揺さぶられ、
私たちは堂々と国家を歌いたいのだ、(天皇陛下とか関係なく・・・)
と、強く感じたのでした。

私は涙はぬぐいませんでしたが、
実は確かに涙がにじんだのでした。

「も」・・・迷います。
字数制限なければ付けた気もします・・・。

2019-10-26-07:55 * アルジェリマン [ 返信 * 編集 ]