FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › みんなのうた › 神無月のおべんきょう Ⅵ
2019-10-24 (Thu) 20:55

神無月のおべんきょう Ⅵ

遅くなっています、続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ギボウシ

   今月は言葉なく…

   「おうた」の方も流石に今月はお休みを・・と思いましたが、締め切りを目前に、
   ままよ、と詠んだ二首をロクに推敲もせず、投稿してしまいます。。

・.耐え難き 忍び難きの理不尽に 虚空を睨み なお耐えてみる

(身の内外、さまざま大変なことがおありのなか、二首、寄せて下さって。嬉しいです。おうたは、このままでいいと思いますが、ラスト「耐えてみる」を「耐えている」とする方法もあるのではないかと。「みる」の方、やや自発的な感じ? 「いる」は、お手上げのなか、耐えている自分に対して、な客観的な感じがする気がします。

・空耳か 空が囁く もう少し あと少しだけ 時を生きよと

(要らんこと申しますが、ギボウシさん、あなた大丈夫。とっても大丈夫と思います。頑張れ、なんぞとは、そんなことはもちろん申しませんが。大丈夫。でも、しんどいのですね。

     白萩

・穢れたる帝(みかど)后(きさい)の立つ前に大掃除かは野分の猛威

・雨風が打つは民草 アレラこそ打って欲しいとニュースに呟く

・下がりませ帝よ后よ 禍(わざわい)の続くは天のしらせなりけり

・いくたびの災いありしかこの半年 次代に譲れ令和よ終われ

(泥帝の即位、泥水の冠水。言葉にならないことが、実際どんどん、進んでいます。私の聞いたところ、松の間にナルマサ夫婦が現れるのが、初めは「外国からの賓客の都合で五分」遅れるとされた時間が結局七分ほど遅れた、実は、まさこの着替えがどうやらで、ということだったらしいですが。遅れると聞いたとき、ああ、まさこがやらかした、と、瞬時に理解した。

時は、その時ですよ。時間通りに進むべきところが。自分のことでもあることが。ぞっとしたのです。しかもどなたかのせいにして。失礼とか無礼とか、そんなレベルの話ではない。

以来ずっと、ぞっとし続けていて、風邪ひいたのかゾクゾクしていて。二人そろってどうしようもない夫婦が、お腹の中で最大限,笑われているに気づかずの、チョー。ご機嫌。

イヤで嫌で、イヤでたまりません。ごめんなさい、愚痴ってしまいました。


・悲しみの中奮い立つ戦士達 桜の壁は強固に聳ゆ

後ろめたい思いも抱えつつ・・楽しんでいたのに見られない知人がいて・・浸水した家で、水没したというテレビでは・・・でも、本当に、胸熱い思いをさせてもらいました。助けていただきました。

・歩きながらお腹に声を掛けるのが癖になりつつある今日この頃

(ああ。貴重な、煌めくような時期におられるのですね。お幸せな。たくさん、たくさん声をかけてさしあげて下さいね、私がいうまでもないことですが。

     玉兎と茜馬

   間に合うかわからないので歌だけを

・ウインズ2日も開かぬ門の前下天消えろと
か細く言った

(間に合いました、大丈夫です。っていうか、そもそもワタシが締め切り日の告知を間違えておりまして・・。スンマセン。

初めから「うた」になって来ています、もちろん未熟ではありますが、詠みたいことは通じています。

「ウインズが二日も開かぬ門の前下天消えろとか細く言った」

競馬を愛する方には、とても辛い二日間だった。つまりアイツのせいだ、ています自分は仕事もして税金も払って、馬を愛しているだけなのに・・・下天、消えろ。・・・心の中の思いがあふれ出た、でも、自分の声はか細いものだった・・・。

こうして、一首ずつでも詠み続けて下さいね。



   また明日、書かせていただきます。

   youtube   [ ANN 賓客と「カーテシー」で笑顔 皇后さまの所作が話題]
      (19/10/24) (1:51)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-10-24

No title * by ギボウシ
KUON様

ありがとございます..(ToT)

数々の「大変なこと」を乗り越えてこられたKUON様だからこその、お気持ち、お言葉、胸に沁みました。思い切って投稿してみて、良かったです。やり場のない感情の受け皿を作ってくださり、心より感謝です。

あぁ、確かに、「耐えてみる」だと、私個人のウジウジ心情の吐露になりますが、「耐えている」だと、視点が俯瞰的になり、何かに見守られている感じすら・・自分自身への応援歌にもなりますね! 

「み」と「い」の一文字でこんなにも変わるとは・・ 「耐えている」でお願い致します!!

私個人の"受難"など、自然災害で被災された方々を思えば、全く取るに足らない話なのですが、それでも、長年コツコツ築き上げてきたモノを一瞬にして失うって、こういう事なんだなと、少しは身をもって理解出来たような気がします。お陰様で、今は何とか気持ちの切り替えができつつあります。

「玉音放送」の一部を引用し、国民がいかに「理不尽なご時世」に耐えているか、の想いも込めてみました。

闇は思った以上に深そうですが、KUON様のブログで私がお花畑から目覚めたように、「道を外れたやりたい放題」に、多くの人が否が応でも気づく時代は、もう直ぐそこに迫っていると信じています。

今後とも、お導きをよろしくお願いします。


Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

KUON様

ありがとございます..(ToT)

数々の「大変なこと」を乗り越えてこられたKUON様だからこその、お気持ち、お言葉、胸に沁みました。思い切って投稿してみて、良かったです。やり場のない感情の受け皿を作ってくださり、心より感謝です。

あぁ、確かに、「耐えてみる」だと、私個人のウジウジ心情の吐露になりますが、「耐えている」だと、視点が俯瞰的になり、何かに見守られている感じすら・・自分自身への応援歌にもなりますね! 

「み」と「い」の一文字でこんなにも変わるとは・・ 「耐えている」でお願い致します!!

私個人の"受難"など、自然災害で被災された方々を思えば、全く取るに足らない話なのですが、それでも、長年コツコツ築き上げてきたモノを一瞬にして失うって、こういう事なんだなと、少しは身をもって理解出来たような気がします。お陰様で、今は何とか気持ちの切り替えができつつあります。

「玉音放送」の一部を引用し、国民がいかに「理不尽なご時世」に耐えているか、の想いも込めてみました。

闇は思った以上に深そうですが、KUON様のブログで私がお花畑から目覚めたように、「道を外れたやりたい放題」に、多くの人が否が応でも気づく時代は、もう直ぐそこに迫っていると信じています。

今後とも、お導きをよろしくお願いします。

2019-10-25-08:44 * ギボウシ [ 返信 * 編集 ]