FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 霜月のおべんきょう Ⅰ
霜月も「みんなのうた」にお集い下さり、とても嬉しいです。

今夜はほんの少しですが 
 始めたいので、まいりま~す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     アルジェリマン

・新月の虚しき夜は風もなし 雲の切れ間に星ひとつ見ゆ

(KUON:普通に言って「虚しき」というコトバは、馴染み過ぎて使うの難しいのです。ここでは「新月の虚しき」とされていて、違和感がありません。新月の夜は虚しき、でないところが。私感です。。で、どよっと重く暗い空に、星が、ひとつ、見える、と。)

・灰色にけぶる夕闇濃さを増す 黒犬ひたと足取り合わす

(KUON:主は黙っているが、愛犬は気持ちがわかっている。黙って、ひたと、足取りを合わせる。)

・霜月の星無き夜の小望月(こもちづき)雲破って出で雲超え昇る

(KUON:このままでもいいのですが「雲破って出で」の「って」が、何かを乱す感じ。「雲破り出で(くもやぶりいで)、にされたらどうかなあ、と。)

・晩秋の満月眺め立ち止まる 夕餉のしたく少し遅らす

(KUON:「立ち止まる」の後の、空白の一文字・効いています)

・寒風に欠けゆく月の昇る頃 濡れ田の上で青鷺の鳴く

・濡れ田には稲穂倒れて沈み込む 霜月の風渡る音する

(KUON:「濡れ田」の意味を、恥ずかしながらきちんと把握していませんでした。一首目、月の色と青鷺の色がきれいだなあ、と。鳴き声が響いて印象的なのは、まわりの静寂を感じさせます。二首目は、稲穂が倒れて沈み込む、暗いとも言える(実際暗い)場面の中で、風の渡る音が、冷たい、寒いのに、いっそ、いいなあ、と。)


・・・・・今夜はここまでとさせていただきます。とても冷えて来ています。皆さま、風邪はあっち行け、ですよね。



スポンサーサイト



 *  分類 : みんなのうた
自動通知機能 : -  *  伝言 : 1  *  記事編集  *  2019年11月19日(Tue) 20時55分
No title
昨夜から、冷え込みがきつくなりました。

「雲破って出で」は、「雲破り出でて」でお願いします。

十三番目の月の名前を調べて、
「小望月」という風流な名前を使っていながら、
「破って」なんてぶっきらぼうな言い方はないわぁ、
と、今思っているところです。

「破って」だと、雲が薄っぺらい感じですし。
2019年11月20日(Wed) 20時31分       編集






管理者にだけ表示を許可する