FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 胸の痛いこと › 霜月のおべんきょう Ⅴ
2019-11-27 (Wed) 20:43

霜月のおべんきょう Ⅴ

ご心配をいただいていたと思います。申し訳ないことでした。

うちのぢいさんは、30日の土曜日には退院、帰宅できるそうです。はじめのドクターの仰りようが、すこしいけなくて、実際よりきつい疾病のように思わせて下さったみたい。現実の方が軽かったので、まあ、よかったじゃん、と、気持ち、明るくなれました。

お優しいお言葉をありがとうございました。霜月のおうたは、なんとか霜月のうちに納めたいと願っています。よろしくお願いします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     おおやま よしの

   即位礼や一連の儀式、パレードを拝して

高御座 すわっているの たってるの
立つも座るも 変わらじの君


  たかみくらすわっているのたってるのたつもすわるもかわらじのきみ


大雨に 大風で弊 落ちまくる
天が嘉せぬ 君が即位す


  おおあめにおおかぜでへいおちまくるてんがよみせぬきみがそくいす

頑張った よく立っていた 歩けてた
普通ができて 褒められる妃

  がんばったよくたっていたあるけてたふつうができてほめられるみめ

カーテシー する方もダメ 受けるのも
皇族として 学ばずの妃

  かーてしーするほうもだめうけるのもこうぞくとしてまなばずのみめ

涙する また涙する その姿
世界のロイヤル 笑いおるらむ

  なみだするまたなみだするそのすがたせかいのろいやるわらいおるらん

動員に 金がかかるの? ヤフコメの
賛美コメント いつもより減る

  どういんにかねがかかるの?やふこめのさんびこめんといつもよりへる

黄丹袍 召す宮こそが ふさわしい
高御座また 御身待つらむ

  おうにのほうめすみやこそがふさわしいたかみくらまたおんみまつらん

国母への 覚悟持ちたる 皇嗣妃の
御姿こそは 白百合の花

  こくもへのかくごもちたるこうしひのみすがたこそはしらゆりのはな

正真の 雛が二人 おわします
眞子姫佳子姫 光纏って

  しょうしんのひいながふたりおわしますまこひめかこひめひかりまとって

大嘗の 炎が映す 眞子様の神々しさよ 天上の皇女

  おおなめのほむらがうつすまこさまのこうごうしさよてんじょうのひめ

読み仮名をつけて下さり、ありがとうございました。「国母」は「こくも」「大嘗」は「おおにえ」と読みますと、また感じが違うと思われる方、多数と思います。濁音について考えますね。

伝統の、とかあれこれ、確かにめったに拝することの叶わぬ衣装や・・なのに、どっすん、どっすんとお歩みになられた、凄まじいカンバセのあれれの后、つい見てしまった自分が、バカバカバカ、と悔やまれて。まあ、何とも言えない茶番劇だったような。

ナルさんの負う元号のもとを選んだとか何とか(再び調べる気にもなれませず失礼しておりますが)の学者さんが、あの日の、白い低い虹を寿いで語っておられた、びっくり、げんなり、しました。

バレて来ていることもあり、嘘もようつき切らんバカタレ(含・宮内庁)が、これから、どんな逃げようを見せるか,タカミの見物と参りましょう。


     あさがほ

   夫の緊急入院時を思い出して重ねてしまいました。

夫の命救ひたまへと祈りしは神にはあらず魔との取り引き 
               (15年前の夫の大手術)

   神仏は魂は救うかもしれませんが、命のやりとりという修羅場では
   鬼神とか魔神とかが邪悪なほど強力な力を奮うような気がします。
   たしか密教の事相にもあった気が・・・

   あくまでも私個人の「感じ」です。もしご不快に思われたら削除なさってください。


力強いお言葉を見舞いにいただき、ありがとうございます。不快ではないです、まったく。ありがとう、ばっかりですよ。

何かね。なんとなく、持病と寿命は別物、という気がしております。私の夫は(ぢいさん・(笑))ものすごく神さまに好かれそうな、年を重ねるごとに「いいひと」度がアップしていまして。でも、人には先祖がやらかしたことの・・あああ、書き出すと長くなります。背負ってしまっていることもあり(いいことだって在りますよね、同時に)、どんなにいいヒトにだって、理不尽な現実がある、というのも、おそらく事実と思います。ポコッといなくなられたら、淋しくて辛いだろうと、このたび改めて感じていましたが、仕方ないの気持ちもあって。脳梗塞は過去もあり恐れていましたが、心臓とは思っていなかった。でも、初めの医者が「腐ってゐる部分がある」とまで言った心臓が、もうしばらく、動いていそうな感じですし、ちょっとリセット気分で、行けるところまで行こうか~、とかいう感じなのです。
うまく言えずにおりますが。ありがとうございました。





スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-12-02

まずは、よろしゅうございました * by あさがほ
おはようございます。
心身お疲れでいらっしゃるでしょうに更新ありがとうございます。

ご夫君さま近々ご退院とのことで、まずはよろしゅうございました。ほっといたしました。
手をとり寄り添い合うというのではありませんが、一人旅もいいけれど連れがいるのも悪くない、と、ちょっとしんみり思えたりする時雨の朝です。

日々冷え込みを増してまいります。どうぞお大事に。KUONさまもお体(お心も)おいといくださいませ。

KUONさま * by おおやまよしの
今月もありがとうございましたm(__)m
ご主人様が快方に向かわれて何よりです。

幼い頃「はだかの王様」を読んで、なんてバカな話だろう、こんなことあるわけがない、と思いました。
今、あれは真実起こる話なのだとつくづく思っています。

ご優秀で、7ヵ国語が話せて、思いやりがあって、料理はプロなみで、チーズケーキ作りが得意で、倹約家である、ってことに、いつの間にかなっています。笑えます。

実態は隠しても滲み出てくるものだと思うのです。上記のどれも、私には全くそうは見えない。
でも、「何も着てないよー(何も出来ない人だよー)」と叫ぶと袋叩きにあいそうです。

ご成婚の時に私の親族が「この人が優しいという話は一つも聞こえてこないね。」と言っていました。

だって 優しくない のが真実だから、と今あらためて思います。

No title * by KUON
お返事遅くなりました。

・あさがほ さん

入院した時は、黙りとおすつもりでしたのに、バラシてしまいました。ともあれじっくり参ります。

・おおやま よしのさん

>ご成婚の時に私の親族が「この人が優しいという話>は一つも聞こえてこないね。」と言っていました。

だって 優しくない のが真実だから、と今あらためて思います。

だって、そうなんですものね。実際。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

まずは、よろしゅうございました

おはようございます。
心身お疲れでいらっしゃるでしょうに更新ありがとうございます。

ご夫君さま近々ご退院とのことで、まずはよろしゅうございました。ほっといたしました。
手をとり寄り添い合うというのではありませんが、一人旅もいいけれど連れがいるのも悪くない、と、ちょっとしんみり思えたりする時雨の朝です。

日々冷え込みを増してまいります。どうぞお大事に。KUONさまもお体(お心も)おいといくださいませ。
2019-11-28-10:03 * あさがほ [ 返信 * 編集 ]

KUONさま

今月もありがとうございましたm(__)m
ご主人様が快方に向かわれて何よりです。

幼い頃「はだかの王様」を読んで、なんてバカな話だろう、こんなことあるわけがない、と思いました。
今、あれは真実起こる話なのだとつくづく思っています。

ご優秀で、7ヵ国語が話せて、思いやりがあって、料理はプロなみで、チーズケーキ作りが得意で、倹約家である、ってことに、いつの間にかなっています。笑えます。

実態は隠しても滲み出てくるものだと思うのです。上記のどれも、私には全くそうは見えない。
でも、「何も着てないよー(何も出来ない人だよー)」と叫ぶと袋叩きにあいそうです。

ご成婚の時に私の親族が「この人が優しいという話は一つも聞こえてこないね。」と言っていました。

だって 優しくない のが真実だから、と今あらためて思います。
2019-11-28-20:29 * おおやまよしの [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る No title

お返事遅くなりました。

・あさがほ さん

入院した時は、黙りとおすつもりでしたのに、バラシてしまいました。ともあれじっくり参ります。

・おおやま よしのさん

>ご成婚の時に私の親族が「この人が優しいという話>は一つも聞こえてこないね。」と言っていました。

だって 優しくない のが真実だから、と今あらためて思います。

だって、そうなんですものね。実際。
2019-12-02-19:29 * KUON [ 返信 * 編集 ]