FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › みんなのうた › 霜月のおべんきょう ラスト
2019-11-30 (Sat) 20:45

霜月のおべんきょう ラスト

お待たせいたしました。続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     玉兎と茜馬

かの人の
破顔見るたび
胸のそこ
奥深くにて
根付きゆくとげ

(KUON:七月のうた、七月のうたの彼、ということを外して読ませていただきました。

オソロシイ歌だな、と。あ、ゴメンなさい。若いひとは、こんな風に「愛」や「こんちくしょ」を詠まれるんだな、と。
かの人のことは、好き。破顔する彼を、好き、すてき、愛おしい。でも、その破顔を見るたびに、ワタシの胸の、底の方では、棘、とげ、が、根づいて行く。好きなのに憎らしい、なんかイライラもする。すぐに抜けない棘だよ、でも好きだし。わ~っと笑う顔、見たいのだし。

もう一度、むっちゃくちゃな恋を、してみたい、かなあ。痛かったんだけどなあ。


   お歌の背景というのか、
   どうして詠んだのか説明というよりボヤキです。

   七月の彼と久々に仕事をしたら、
   雰囲気が柔らかくなっていて、
   彼を穏やかにさせた人に嫉妬していたのですが。
   共通な知人がいて、
   その子から、彼が家庭を持っていて。
   現在、離婚しているのか。
   結婚しているのかわかりませんが。。。。。。。。。。。

   彼女いるんですかと聞いたら
   いないと答えてましたが。
   どうでしょう?
   ちょっと、一ヶ月近く憂鬱です。

   彼に奥様のこと聞けたらいいのですが。

   久遠様のお勉強編の前に発覚してくれたら、
   よかったのに、
   歌を詠んで、投稿したら、
   ちょっと吹っ切れたました。

   一緒にミートソーススパゲティ作るのを
   楽しみしている今の彼氏を大事にしないと。

   とげが鞭になってしまいそうですが。


(KUON:いや。つい切れないで紹介してしまい・・・照れ隠しも含めて、お願いします。あのお馬さんのこと、記事、貸して下さい。まさこが踏み散らしたような、あの、アラブの名馬のことです。よろしく。

その七月の彼さんは、食べないで、美味しそうだったな、とか。あきませんか。


     アルジェリマン

   今朝、通勤電車から河原のススキを見た瞬間、
   小学6年の時の情景が記憶の底から湧き出ました。


隠れ家を作らんと子ら背の高きススキの原に入り込みゆく

ススキ野は見渡す限り風に揺れ銀に輝き子ら誘い込む

センダンの木から見下ろすススキ野の先に聞こゆる汽車の警笛

(KUON::経験の無い自分も、情景のなかに引き込まれそうです。「ススキ野の先に」ここが惜しいと思います。先に、ですと、野の広さが狭まるような。いっそ「向こうに」と平凡な方が、と思いました。

   その地に古くからある小学校は山のふもとにあり、
   クスやセンダンの巨木もありました。
   6年生のクラスは、なぜか女子が割れておりました。
   問題グループはボスからパシリまで階級社会的。
   その他は普通の小学生で、派閥などなく普通に仲良しで、
   私は、群れに属さず、孤立もせず、普通の子どもでした。


子分らを引き連れボスは図書室の吾を呼び出す 話があると

雑魚わめく鶴翼の陣 吾ひとり気楽に進むボスの前に

吾ひとり気ままなるのを許せんと雑魚わめくはまことに不思議

話などないけど雑魚がわめくから君をここへと呼んだだけだと

(KUON:上の二首、不思議な味わい。さすがボスはボス、雑魚は雑魚。ややこしい話は雑魚の群れから黒いアブクみたいに湧いちゃってね。

   担任の先生は、席替えをして問題解決しました。
   ボスと私を隣同士にしたのです。
   すぐに意気投合しました。
   もともとけんかしていたわけではなかったので。
   私は近隣の席の人としか話をしない子だったので。


そういえば君と初めて話したね 小学6年どんぐりの季節

早熟の大人びた友 少女らが集まり慕いボスとあがめて

冬来たり休み時間に全員で歓声挙げて押しくらまんじゅう

故郷(ふるさと)を離れる吾と残る友 校庭の奥にどんぐりを探す

センダンの洞(うろ)に手紙とどんぐりを忍ばせ二人教室に戻る

   今も彼女とは年賀状のやりとりをしています。

(KUON:あらまあ、つい、ストーリー短歌、すべてご紹介してしまいました。侍のむすめは、やはりサムライなのですね~、など、感じました。

     おおやま よしの

   どうぞ「おべんきょう」はお気になさらずにいてくださいませ。

背の君を 案じる師をば 案じます
ご快癒の日を 祈りおります

(KUON:親身なお気遣い、ありがたく存じます。
おっとのことなど書いたのは、もしかして本当にもっと切羽詰まって、途中、書けないようなことがあった時、ダンナが~~で~てへへへ、とか、逃げに使えるかも、の、いいかげんな気持ちもありました。
おかげさまで、なんとか、霜月のうたもラストスパートです。ありがとうございました。血管何か所も何度も使われて、いてーよー、と言いながら、おっとは帰って来ました。だまし、だまし、生かせていただければありがたいです。ありがとうございました。


     かりそめ

*二年たち吾の手術を待ちゐたる夫の気持に想ひいたせり

(KUON:二年。二年前、あまりにも大きな手術を受けられた。
当時は、おそらく、日ごろは冷静、すくなくともみっともなく取り乱したりはしたくないわ、の美学のもと、お暮らしの作者さんもお気持ちをご自分らしく保たれるのに、努力を必要とされたのでは。

おうたを拝する限り、お体、徐々によい方に向いておられる。よかったです。
で、いま、あらためて、この一首を詠まれた。時に腹がたっても、アカンベしたくても、夫さんとでしか分かち合えないものがおありになる。

しみじみとした、よいおうたと思います。


     温泉郷

黄砂去り秋晴れの空澄みわたる日本の大気清浄にあれ

(KUON:温泉郷さん。一応あれこれ終わった、と報じられておりますが、じっさい、ひどい状況だったと思います。相手が誰か、何か、どういう場所へ、何をしに訪れているのか。きゃーきゃー騒ぎの双方がわかっちゃいない、下品の極みの行事や参拝や。アマテラスの子孫のはずの男も、それを支えるのが使命のはずの女も、雨に降られ所作はやっつけの様相、ひどかった。とにかく酷かったです。

まこと、日本の大気清浄にあれ、と願いたいばかりです。



スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-11-30

* by かりそめ
KUONさま
ご感想ありがとうございます。

ご主人さまのご退院、本当によかったです。
ご入院のブログ記事を読み、病人も大変だけれど家族も気が気ではないのだと気付かせていただきました。
私は病気を看板にわがままし放題だったので.......恥ずかしい.......

ずうっとブログを拝見してきて、KUONさまも素敵だけれど旦那さまも素敵な方なのだろうなあと楽しく想像しております。
あ~よかった、ともう一度書かせていただきます。

もう一回と私の馬鹿 * by 玉兎と茜馬
主に馬ばかりです

夜分遅くに失礼いたします。

破顔の彼のことですが。
ぶぶ漬けというかどういう嫌味で
対応してやろうと思ってるので、
食べずに料理しようと思います。
久遠様のコメントを見て、
99.9999999999%
その通りだと思いました。

さて、本題のアハージーちゃんのことですが。
私のコメントより、
remmikki オマーンで検索していただくと
すみません。情弱なので、URLが貼れなくて、
なぜ、馬キチで皇室ファンが怒っているのか
がわかりやすいと思います。
私のコメントはわかりやすいとはいえないので。

皇室掲示板のやり取りが秀逸です。
rem様の記事を見ていただくと、
馬キチも怒りがわかるかと思います?
競馬ファンにはいろいろいますが。
血統を重んじるファンにとって、
雅子が行った行為は許せません。

極論、ディープインパクトとアハージーちゃん
の間に誕生した子さえ価値がないのです。

最近は北海道に純血種のアラブを集めた牧場が
あるようです。
そこで、繁殖を行っているかわかりませんし。
純血のアラブ種牡馬を呼び寄せて、
繁殖を行っているかわかりませんが?

お金持ちの道楽に中途半端に介入してというか。
馬の一生や人の一生を狂わせた
雅子に怒りを覚えます。
ですので、先ほどのコメント以外に、
rem様の記事を見ていただいてから。
記事でもコメントでもKUON様の好き
なようになさってください。

恋より馬を選んでしまった、
自分の女子力のなさにちょっとがっかりです。
KUONさまのコメントを見て完全に吹っ切れました。
ありがとうございます。
大変失礼しました。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

KUONさま
ご感想ありがとうございます。

ご主人さまのご退院、本当によかったです。
ご入院のブログ記事を読み、病人も大変だけれど家族も気が気ではないのだと気付かせていただきました。
私は病気を看板にわがままし放題だったので.......恥ずかしい.......

ずうっとブログを拝見してきて、KUONさまも素敵だけれど旦那さまも素敵な方なのだろうなあと楽しく想像しております。
あ~よかった、ともう一度書かせていただきます。
2019-11-30-22:30 * かりそめ [ 返信 * 編集 ]

もう一回と私の馬鹿

主に馬ばかりです

夜分遅くに失礼いたします。

破顔の彼のことですが。
ぶぶ漬けというかどういう嫌味で
対応してやろうと思ってるので、
食べずに料理しようと思います。
久遠様のコメントを見て、
99.9999999999%
その通りだと思いました。

さて、本題のアハージーちゃんのことですが。
私のコメントより、
remmikki オマーンで検索していただくと
すみません。情弱なので、URLが貼れなくて、
なぜ、馬キチで皇室ファンが怒っているのか
がわかりやすいと思います。
私のコメントはわかりやすいとはいえないので。

皇室掲示板のやり取りが秀逸です。
rem様の記事を見ていただくと、
馬キチも怒りがわかるかと思います?
競馬ファンにはいろいろいますが。
血統を重んじるファンにとって、
雅子が行った行為は許せません。

極論、ディープインパクトとアハージーちゃん
の間に誕生した子さえ価値がないのです。

最近は北海道に純血種のアラブを集めた牧場が
あるようです。
そこで、繁殖を行っているかわかりませんし。
純血のアラブ種牡馬を呼び寄せて、
繁殖を行っているかわかりませんが?

お金持ちの道楽に中途半端に介入してというか。
馬の一生や人の一生を狂わせた
雅子に怒りを覚えます。
ですので、先ほどのコメント以外に、
rem様の記事を見ていただいてから。
記事でもコメントでもKUON様の好き
なようになさってください。

恋より馬を選んでしまった、
自分の女子力のなさにちょっとがっかりです。
KUONさまのコメントを見て完全に吹っ切れました。
ありがとうございます。
大変失礼しました。
2019-11-30-22:58 * 玉兎と茜馬 [ 返信 * 編集 ]