FC2ブログ
07
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
返事の中までKUONです。
 走り書き
ひさしぶりにバスと電車に乗って、大阪まで用事に。階段をよじ登るのがここまで難行になるとは。

親しい人にも会い、楽しい思いも出来ました。なんじゃそれ。途中。

刈り上げ、服の中身たっぷり、顎は三段、という、隣国のあの、みたいな男性が、とても親切にして下さり、思わずカムサハムニダ、と口から出た。にこにこ笑った将軍様(風)であられました。ホントに助かったのです。ありがとうございました。甘えて当たり前とは思ってないけど。助けてもらって嬉しかったです。

ずっと毎年、歌会始儀の放映される日は、家でテレビを観る習慣でした、メモを広げてあれこれ書いて。今年は、そうでなかった、あえて避けて出かけたのではない、マサコさんが17年ぶりに出て来られたとか聞くが、なんじゃそれ。もう語らないと決めたので語りません、でも、なんじゃそれ。嘗められてるんだ、と、私は感じてはいますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇天皇陛下 学舎(まなびや)にひびかふ子らの弾む声さやけくあれとひたすら望む

 ▽皇嗣秋篠宮さま

 祖父宮(おほぢみや)と望みし那須の高処(たかど)より煌めく銀河に心躍らす


 ▽秋篠宮妃紀子さま

 高台に移れる校舎のきざはしに子らの咲かせし向日葵(ひまはり)望む


 ▽秋篠宮家長女眞子さま

 望月に月の兎が棲まふかと思ふ心を持ちつぎゆかな


 ▽秋篠宮家次女佳子さま

 六年間歩きつづけし通学路三笠山(みかさやま)より望みてたどる


 ▽常陸宮妃華子さま

 ご即位の儀式に望みいにしへの装ひまとひ背(せ)なを正(ただ)せり


 ▽寛仁親王妃信子さま

 雪襞(ゆきひだ)をさやかに望む富士愛(め)でて平和な御代のはじまりにあふ


 ▽寛仁親王長女彬子さま

 言の葉のたゆたふ湖の水際から漕ぎ出ださむと望月の舟


 ▽高円宮妃久子さま

 サッカーに関はりたれば五輪への出場国をひた待ち望む


 ▽高円宮家長女承子さま

 初めての展望台にはしやぐ子の父母とつなぎあふ小さな両手


・・・・・・・・帰宅後、コメントへのお返事、させていただけるかと思います。
スポンサーサイト



 *  分類 : 日常
自動通知機能 : -  *  伝言 : 0  *  記事編集  *  2020年01月17日(Fri) 10時27分






管理者にだけ表示を許可する