FC2ブログ

睦月のおべんきょう Ⅲ


こんばんは。続けさせていただきます。今日は歯医者さんで、一時間。その一時間の内容といったら。

ううう。痛かったよお・・・お上手で優しくていい先生なんですけどね。ワタシの歯が、根っこごとずれて・・あ、やめます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     かりそめ

*みづからも人もあやめず今ここに万両の実の艶を愛でゐる

(一読、けっこうショッキングでした。フツーの顔して、こんな風に詠まれる。万両の実の艶を、と。ここは万両のあの赤い実でないと。雪の兎の赤いお目目にだけ、なるのではないんですよね。

*術前の麻酔にすぐに意識消ゆ かく逝くもよし花の昼なら

(麻酔は人工の死、ですよね。西行のうたを思いましたが、西行さんは(顰蹙かうかな)もうすこし呑気な気がします。オトコで、坊主だもんな。あ、内緒ですよ、ここ。

*よくもまあ四十余年も連れ添ひし夫婦の修羅はたぶんなきまま

(夫婦の修羅は「たぶん}なきまま。この「多分」がクセモノ。

*しばらくは不要であれよ遺言書 夫婦それぞれ同じ文言

(う~ん。そうなんですか・・・。。かなりいい色に黄ばんで来るまで、そのままで、ね。

*羨(とも)しきは心打つ詩を紡ぐ人 カネ美貌などなにを今さら

*戦中派に苦労知らずと言はれても色合ひ違ふ苦労は言はず

(ご自分がなさった「苦労」を、いちばんすごくて何より大変だったと強弁する方。もう黙っているしかない、みたいな。まことの地獄見た人は、けっこう黙っておられると思います。この一首、ホントにそうよね、と、肩ポンとしたい。

*思ひきり豆を打たうぞ今年こそ千代田辺りの穢れ払はむ

(そうです。ドヨ~ンと冷めた鬼饅頭みたいな顔みっつ、揃えられても、げんなりするばかり。心して鬼やらい、いたしましょうぞ。

     ギボウシ

・春嵐 荒(すさ)ぶ睦月の高き空を 翔んで回るや 君の御魂は

   <松明けまで粘り抜いた亡友に、BGMは円広志で♫>

(円広志、ですか。明るい、突き抜ける歌声ですね。飛んで飛んで飛んで、回って回って・・。苦しいなか、粘り抜いた、と、ねぎらわれておられるお友達。身軽になって解放されて。
このままで充分ですが、あえて「高きっそれを」は「高空を」にされると軽快さが増します。


・溌溂たるレジの笑顔を奪いしは たった一人のクレーマーかも

   <行きつけのスーパー>

(イヤな渡世だなあ・・と、つぶやきたくなるような。クレーマーにはクレーマーの孤独、とも言いますが、弱い方へ向けるなよ、マイナスの気持ちを、と言いたくなる。

・手に取った 買いっぱなしの歎異抄 君なき胸の裂け目に沁みる

   <五木寛之の「私訳」ですが…>

・言の葉にのせた調べに浮かび来る異国の窓辺 故郷に似て

   <ビリー・コリンズの朗読を聴いて>

(その「ビリーさん」今から調べてみますね。



    もう少し進みたいのですが、歯が(はぐきが)痛くなってくる予感。ぶるぶる。痛み止め吞んで、もう寝ちゃうよ寝ちゃうよ。

気絶するみたいに眠らせてくれるクスリ大好き。感謝。おそらく30分後には、ぽや~っといい気分で、あと三行、とか楽しく睡魔に抗いながら、いざ目をつむる瞬間を待っていることでしょう。

おやすみなさいませ。



スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 4

There are no comments yet.

ギボウシ

ありがとうございます。

歯のご治療中に、添削ありがとうございます(私も口腔内のトラブルには泣かされております)

一首目、「高空を」でお願いします。
友が旅立った翌日、こちらの地元は1月上旬というのに気温20℃、町中の枯葉が上空に舞い上がるようなつむじ風が吹き荒れました。空は真っ青な快晴・・この感じをどう表現しようか・・「青き空」ではイマイチだし・・と考えあぐねて「高き空」にしましたが、「高空」にすれば、とてもしっくりきます! ありがとうございます。

PS. ビリー・コリンズ、私も改めて調べたところ、YouTubeでもいくつか見られるようです。個人的には、講演会場でマイクを使って朗読しているものより、自宅の書斎(のような場所)で、ソファにゆったり座りながら、囁くように読んでいるものが、胸キュンです(一般公開はされていないかも知れませんが)。

2020/01/29 (Wed) 13:07

かりそめ

KUONさま

時ものを解決するや春を待つ   高濱虚子

いろいろと落ち着いてきていらっしゃるようで、ようございました。

私の場合歯の治療の直前は、痛い痛いと自己暗示にかかって緊張しまくります。いざ始まると思ったほどでもないわ~と油断。そこに突然激痛! いやですよねえ。
あっ、ごめんなさい。たぶん痛みは薄らいでいらっしゃるのに思い出させてしまって......

2020年最初なのに相応しくないうたばかりでした。
うたは一向に上達しないのに本音を出せるようになってしまって。
もっと物に託して婉曲にかつ深みをもつうたができるようになりたいです。
これからもご指導よろしくお願いいたします。

寒くなったり妙に暖かくなったりします。KUONさまもご主人さまもお体大切になさってくださいませ。


2020/01/29 (Wed) 15:12

KUON

No Subject

・かりそめ さん

>うたは一向に上達しないのに本音を出せるようになってしまって。

いえ。おうた、上達しておられます。もともと基本はおありだった。「本音を出せるようになってしまって」ここ読んで私、とても嬉しかったです。本当に嬉しかった。

もっと一杯、言葉のケルンを積み上げて行きましょうね。

・ギボウシさん

逝ってしまわれた方は、もう二度と行かないから。ずっと自分の中で、あったまってくれている。私にはそんな風に思えます。

いつか失う、と脅え続けているのは、ある意味、しんどいことで。お友達は、これ以上はどこへも行かれない。ずっといて下さる、ような気がします。勝手な感じ方ですが、書いてみたかった思いです。

2020/02/06 (Thu) 20:41

かりそめ

KUONさま
ありがとうございます。
心がほんわかしました。

>もっと一杯、言葉のケルンを積み上げて行きましょうね。

なんて素敵な表現!
答えは、
「はい、もちろん!」
です。

2020/02/07 (Fri) 20:48

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.