FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › みんなのうた › 如月のおべんきょう Ⅱ
2020-02-19 (Wed) 23:25

如月のおべんきょう Ⅱ

続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     まめはな

・白梅のわずかにほころぶ川べりをリハビリの身の夫と歩めり

・如月の風渡りゆく川の傍(はた)夫と歩めば寒さも楽し

(どんな状況も、気持ち次第で受け止め方が変わる。もちろん歌も。という詠みぶりです。如月の(冷たい)風の吹く川べりでも、夫と歩めば、寒ささえ楽しいと。この「寒さも楽し」が、うたの中心です。

・もろこしのはぜし花咲く白梅の木の下歩む春の日照れる

これも穏やかな一首。このままで充分ですが、もう少し。

「木の下歩む春の日照れる」は、狙ってこうされたと思う。うまく説明できないし直されたら、の提案ではない。けど、「木の下歩む春の日は照る」くらいにされると、平凡になったようで、おさまりはいいと考えます。お好みです。


・春うらら買い出し行くのは嬉しかり荷物の重さに帰りは沈めど

(笑。可愛らしいと感じられるうた。細かいこと言います。。「買い出し行くのは」の「の」は、取って、春の空に投げてしまわれては。リズムがよくなります。

・ニット帽気に入る家に帰りても脱ぎたくなくて子供の如し

     かりそめ

*早春の杏(あんず)林を抜けるとき耳の底ひに嗄(か)れし師の声

(私事ですが「底ひ」という言葉が好きです。これは「底い」ではダメなんです。で、今月のおうた全部、次の一首で実行しておられますが、旧仮名で行こう!。

*今もなほ河の向かふのあのあたりハープ弾きゐるあなたがゐさう

*見送りし面影胸に抱きつつ春の日差しを全身に浴ぶ

*食パンを購ふために遠出せしその道の辺にくれなゐの梅

食パンを買うために、遠出。このパンは、ふんわり甘い系のパンかな、塩っぽいハードなそれでせうか。美味しいパンでしょうね。つまり食パンがいちばん美味しい気がします。そんな道の辺に、くれなゐの梅。この梅はくれなゐが決まっています。

*あの白さ梅に間違ひなかりけりかすかにかすかに香り近づく

(歩幅もゆっくりですものね~。

*タクシーを降りし紳士は運転手明るき眼にてコンビニに入る

*歌ひたし声をかぎりに歌ひたしこの世あの世の命讃へて

(いいなあ、この歌。私もぴったりそんな気分で、ちょい俗な感じになりますが、昨日はカラオケ二人で三時間。40年来の友人と。風邪も癒えた気がします~。

   〈思ひ出〉

*「チョコレート好きなの。あしたもってきて」素直に応じし同級男子

   (宿題の答えを教えてあげてた男の子に冗談で言ったら
   、翌日L社のGチョコレートを2枚もってきてくれました。生まれて初めての、そしてたぶん
   最後のカツアゲです/笑。もう半世紀以上前のことになります。Gチョコレートは発売直後だったような......
   KUONさんのチョコレートの記事で思い出しました。同じGでもずいぶん違いますが......)

はっはあ、男の子って、じゅんじょーで可愛い。どんな顔してチョコレート買ったやら。カツアゲされた記念日。逆バレンタイン記念日?。
あちらの方の記憶にも残っているでしょうね。自分よりカシコかった女の子、ほの甘く、苦く。

いいな、なんでも初めてだった頃。


   〈白萩さまへ〉

*大空が母子を抱きて育めり子は健やかに生まれ出づらむ

   (お大事になさってくださいませ)

     ギボウシ

ドタバタでの投稿となります。


・やさぐれた歌しか吐けぬ如月は せめて目指さん皆勤賞を

(はい、皆勤賞はとおとい賞ですよ。

・ネタ切れと萎む心に火を灯す 師のお直しと仲間のお歌

   (以下は、ブログ記事を拝読しての個人的体験の追想です)

・ひもじさの極みを知るは公園で遊びしあの日 父無し子 連れ

・もう遅い遅くはないの押し問答 衛生士の友 会うたびウザし

   (介護施設での勤務経験もある歯科衛生士の友人が、「全身の衰えは、お口から」と、
   毎回ブラッシングやら舌ベロ体操やらを懇切丁寧にレクチャーしてくれるんですが・・
   「その話はもういい」と耳を貸さないふりをしつつ、家に帰ってちょっとだけ実践したりしてます)


よいお友達をお持ちで。私は歯が頑丈で、ずっと気にしていなかったのに、60歳過ぎたらあれこれ叛乱が起こり、月に一度、歯科通いしています。先日の転倒で歯がゆがんだりして、たった一つ入っているチューリヒ保険には相手にしてもらえず、の身は、10万円くらい、支払いがあるのです、月末、歯科に。歯は痛いです、実際も治療費も。
「ウザし」って。わはははと笑わせていただきました。


     黒猫アビ

 ・「好きです」と言えずにきえた恋ばかり
  乙女時代へタイムスリップ

(ホント、乙女でいらっしゃった。私は(と、すぐに言いたがる)自分が好きな人でないとイヤだったなあ・・・。消えた恋ばかり、って。オトメな作者さんがいじらしい。・・・でもさあ・・・純情でしたよね、わたしたち。いちにち一回見られたら、それだけでシアワセでしたよね。昔のこと、いろいろ覚えています。

「僕のマリー」青春のグループ・サウンズ。ジュリー。毎朝一組ずつ,GSを見られた(聞けた)「720」という番組がありまして。うたの背景が、静止画像だったなんて、今では信じられない。アタシのアタマのなかには、輝く笑顔で飛び跳ねながら唄ってるジュリーや信ちゃんや、ひでとや。あ~、こんな話も時にはしていたい、


 ・懐かしい顔がつぎつぎ浮かびくる
  バレンタインの季節が来ると

(いろんなバレンタインがありました・・・

 ・あと少し心やすまる日が来ると
  孫の受験が終わる日待ちぬ

(いや、これ、同じです。孫娘が同い年、うちのコは、純真すべり止め、の一校は受かっておりますが、親は、できれば、でない、絶対に、公立受かれと圧をかけてます。保育園の送迎も父親参観日にも行ったこと無い父親が、急に今になって熱心になって。ま、いいことではありますが、ただうるさいだけの様相を呈しています(ナイショ)。私は最大限、黙っています。今はそれがいちばんみたい。でも、頑張れR。頑張り時だ。かなり遅いけど、とにかく受験を乗り越えた、と感じられるように。歩みはゆっくりでいいんだからね。

Aちゃんのおばあちゃんアビさん、もう少しです。肩、凝らさないよう、おうえんして差し上げて下さいね。


 ・気もそぞろ子の時よりも孫娘
  受験制度が昔とかわり

(今のお子は大変ですね。制度がクルクル変わる、例のウィルスの影響で、東大京大、受験できなくなるお子も出るかも。再試験しません、とか。

 ・寒暖差ついて行けずに部屋ごもり
  体調管理しながらすごし

(素直なおうたですが、ラスト「しながら過ごし」を「しながら過ごす」とされたらいかがかと。今年は寒暖差、ひどいです。何もかもひどい、自分で自分を守ってあげましょうね。

   バレンタイン近づくといまだに
   タイガースの「僕のマリー」の歌が蘇ってきます。(笑)
   孫娘の受験が早く終わって、ゆったりとしたい・・・

   ※白萩様 お大事に過ごしてくださいね。



明日までいったんさようなら。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-02-20

No Subject * by まめはな
KUОNさま

三首目を
・もろこしのはぜし花咲く白梅の木の下歩む春の日は照る
に、
四首目を
・春うらら買い出し行くは嬉しかり荷物の重さに帰りは沈めど
に訂正をお願いいたします。

三首目、「春の日は照る」のほうが自然な言い方で素直ですね。
四首目、「行くは」にしたら字余りもなく整って、リズムよく読めますね。

お体の万全でない中、また、お孫さまの受験もおありな中、添削をありがとうございました。
また来月もよろしくお願いいたします。

* by かりそめ
KUONさま

ありがとうございます。
食パンは、今はやりの食パン専門店へ買いに行きました。徒歩20分の道のりをゆっくりゆっくり。
うちのあたりは埋立地なのですが、40年近くたち木々が根付いていい感じになっています。
世の中、いらんことばかりやってきて不安ですが、春は確実にやってきています。

お孫さんの受験、KUONさまのお体、大丈夫、大丈夫と思っています。ちょっと付け足して、私の体も。

No Subject * by 黒猫アビ
KUON様

今晩は
忙しい中、添削・ご指導ありがとうございます。

五首目
 ・寒暖差ついて行けずに部屋ごもり
  体調管理しながら過ごす

 訂正お直しお願いいたします
毎回、丁寧な添削に感謝しております。
お歌は、難しいけど楽しみのひとつになっております。
訂正箇所に赤ペンを入れたりして、自分なりに取り組んで
皆勤賞を目指しています。

孫娘も滑り止め1校は受かりました。
明日が、公立の受験日です!
よりによって、花粉症やコロナウイルス騒ぎの真っ最中で
今年の受験生は大変です。
マスクも店頭には無く、災害時の備えのストックを我が家
から持ち出し何とかしのいでおります。(残りあと1箱)

GSの歌、あの当時は親からうるさいと言われたけれども
聴き返せば名曲が多いですね~
懐かしいです!

KUON様も、ご無理なさらずお体ご自愛下さいネ!

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

KUОNさま

三首目を
・もろこしのはぜし花咲く白梅の木の下歩む春の日は照る
に、
四首目を
・春うらら買い出し行くは嬉しかり荷物の重さに帰りは沈めど
に訂正をお願いいたします。

三首目、「春の日は照る」のほうが自然な言い方で素直ですね。
四首目、「行くは」にしたら字余りもなく整って、リズムよく読めますね。

お体の万全でない中、また、お孫さまの受験もおありな中、添削をありがとうございました。
また来月もよろしくお願いいたします。
2020-02-20-09:44 * まめはな [ 返信 * 編集 ]

KUONさま

ありがとうございます。
食パンは、今はやりの食パン専門店へ買いに行きました。徒歩20分の道のりをゆっくりゆっくり。
うちのあたりは埋立地なのですが、40年近くたち木々が根付いていい感じになっています。
世の中、いらんことばかりやってきて不安ですが、春は確実にやってきています。

お孫さんの受験、KUONさまのお体、大丈夫、大丈夫と思っています。ちょっと付け足して、私の体も。
2020-02-20-13:28 * かりそめ [ 返信 * 編集 ]

No Subject

KUON様

今晩は
忙しい中、添削・ご指導ありがとうございます。

五首目
 ・寒暖差ついて行けずに部屋ごもり
  体調管理しながら過ごす

 訂正お直しお願いいたします
毎回、丁寧な添削に感謝しております。
お歌は、難しいけど楽しみのひとつになっております。
訂正箇所に赤ペンを入れたりして、自分なりに取り組んで
皆勤賞を目指しています。

孫娘も滑り止め1校は受かりました。
明日が、公立の受験日です!
よりによって、花粉症やコロナウイルス騒ぎの真っ最中で
今年の受験生は大変です。
マスクも店頭には無く、災害時の備えのストックを我が家
から持ち出し何とかしのいでおります。(残りあと1箱)

GSの歌、あの当時は親からうるさいと言われたけれども
聴き返せば名曲が多いですね~
懐かしいです!

KUON様も、ご無理なさらずお体ご自愛下さいネ!
2020-02-20-21:44 * 黒猫アビ [ 返信 * 編集 ]