FC2ブログ

三月のおべんきょう Ⅱ

続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     かりそめ

     〈無常と諦観と〉

*方丈記かく短きに詰まりたる今も変はらぬ人の世の闇

(この一首に感じたこと。勝手に感じた・・・漆黒の闇ならばいい。全き闇なのなら、目の下の断崖へ、まっすぐストンと墜ちられる、かもしれない。うす闇だったりしたら、そんな僥倖に出会うことも難しいかも。中途半端に転んだり焦ったりしてしまうの、イヤだなあ。

げに恐ろしきは、うす闇なのよね、など、要らんこと考えました。ふざけているのではないつもりなんです。

でも、うっすらとした闇の中で、その中途半端な明るさが見せてくれる、おなじようにウロウロ、ザビザビしている、愚かだったりいとおしかったりの人間の姿に、何かしら救いを見つけられる、ってことが、あると、思い直したり。


*病院の出入口にて取り出せり二度洗ひたる不織布マスク

(病院の出入り口にて」取り出すマスク。不織布のマスクは、本来なら使い捨てるもの・・それを今は、洗って使っている。事実を言葉として置くことによって、心情があぶり出される。

*検査日は八重の桜が気にさはる目を逸らすほか手段あらねど

八重の桜は重い。見たくないなら見なければいい、と、言うは容易い。見えてしまうのよ。気持ちの表皮が引っかかれるのよ。

*高まりて空をひきさく囀りを疎むこころが芽生えたるとは

(そんな「こころ」の持ち主がご自身であることを、うたっておられる。。

明るい、楽しいだけがうたの居場所ではないのではないでしょうか。どんなご自分も、出されればいい。など、申し上げてしまいます。


     まめはな

・如月の枝に雪置く梅の木の積む雪の白白梅の白

(技巧的に「つくられて」いるうた。成功されています。が、一点だけ、よりよく「できた」感を増してみませんか。(積む雪の白」の後、「白梅の白」の間を、一文字分、空けるとか。

・雪の間を透かして見ゆる白梅の花の白さと雪の白さと

   (以上二首は梅に雪の降る画像を見て詠みました)

(これも、うまいこと出来ています。ただやはり、雪の白さと梅の白さは同じ白ではない、となってしまいそうな。「花の白さや雪の白さや」とか「花の白さよ雪の白さよ」とか、「と」でくくって限定されないように、とも感じました。お好みですよ。

・もう少し筋力つけばこの痛み減るかもと君我黙しおり

(このままでまとまっています。最後が惜しい。あくまで好みの問題ですが少し余韻をもたせたい・・「減るかもと君われは黙せり」「減るかもという君に黙すも」たとえば、の話です。

・白梅のあふるるばかり咲き誇る木の下過ぎぬ歌うたいつつ

(やけのやんぱち、みたいな奇妙な明るさが魅力です。

・黄水仙快活に咲み白水仙ひそやかに群るる弥生道端

     おてもやん

〇キャンプ場冬の名残りの北風に焚き火の炎大きく揺れる

(前回申し上げたことを、よくわかって下さり、うたを分解して再び組み立てられた努力が、よくわかります。こういう風にして行かれたら、うたの世界は拡がると思います。同じ材料でも、いろんな風にうたえると思う。拍手。

〇使い捨てマスクのゴムは切り取って手作りマスクに再利用する

(生活の知恵もうたの知恵も。


今夜はここまでとさせていただきます。



スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 3

There are no comments yet.

かりそめ

丁寧なご指導ありがとうございます。

>うっすらとした闇の中で、その中途半端な明るさが見せてくれる、おなじようにウロウロ、ザビザビしている、愚かだったりいとおしかったりの人間の姿に、何かしら救いを見つけられる……

の箇所にじーんときました。


私の住んでいるあたりには、外国人が多かったのですが、最近あまり見かけません。
昔にもどったような。
昨日も散歩の途中、スマホで写真を撮っていたら、
「その花の名前知ってる?」
と、声をかけられました。私よりすこし歳上のご婦人でした。
「あしび、あせびですか」
「そう、奈良には多いんだけど鹿はこれ食べないんですってね」
と、教えてくれました。
この騒動以前は、こういう会話はなかったような。日本人同士という安心感があるのかなあ。などと思ったものです。
KUONさんの記事にあったお墓の供花を食べる鹿の話も思い出しました。

お礼を言いたかったのに、まとまりのないコメントになってしまいました。

2020/03/19 (Thu) 23:36

まめはな

No Subject

KUONさま

丁寧な添削をありがとうございます。

一首目、「如月の枝に雪置く梅の木の積む雪の白 白梅の白」にお直し願います。
読みにくいな、と思っておりました。
こう書き直したら、(目に)読みやすくなりました。

二首目、「雪の間を透かして見ゆる白梅の花の白さや雪の白さや」にお直し願います。
このほうが軽やかできれいな響きになったと思います。

おっしゃる通り、以上の二首は、なかなかお歌が浮かばず、画像を見て空想を膨らまして詠みましたので、人工的にぎこちなくなってしまいました。

三首目、「もう少し筋力付けばこの痛み減るかもと君我は黙せり」にお直し願います。
頑張ってどうにかなることばかりではないのだと、当たり前のことを思います。

今月も温かな添削とお歌を募ってくださったこと、ありがとうございました。

2020/03/20 (Fri) 10:45
今も夢見る

KUON

No Subject

・かりそめさん

馬酔木。ここ気になりまして。あせび。あしび。ここ読んだ数日後、みっしり咲いているその白い花を見ました。しゃらしゃら、と鳴りそうなイメージなのですが。木沓に蹴られてどうのこうの、という話が思い出されました。

・まめはなさん

実際に見たものでなくても、想像でもいいし。絵や写真を、自分に引き付けて詠んでもいいと、むかしも申しましたね。それでいいんです、うたとしてうたになっていれば。たくさん詠んで下さいね。

2020/04/09 (Thu) 14:57

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.