FC2ブログ

三月のおべんきょう Ⅳ

昨日は、われら夫婦の結婚記念日でした。それを今日のお昼過ぎまで忘れていて(笑)。無事に通過したからいいいよね、とばかりに、買って来たお赤飯を取り分けて、パクっと食べて、ハレの儀は終了。あとはケケケ、ふつーの晩ご飯。1975年から2020年まで、ほお、45年も経ったんだ。びっくり。

続けます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     ギボウシ

・天地より 降り沸き出でし小さきもの 鏡となりてヒト照らし出す

(ええと。ギボウシさん、これもしかして、ただいま地球上に降ったか沸いたか、大変迷惑な存在となっている、あのコ   とかいう「小さき」もの、を詠んでおられるのでしょうか? 。よく分からないが、そうではないかと思う。そしてそれは、鏡となってヒトを・・・との暗示ですか? これは私の未熟な読解力?? わかんないままでも、わからない、といううたに、なっておられます。何でも分からなくていい、という気がします。ただ、退いて欲しいですね。どっち向いて、どこまで行くんだ?? さまざまな方が、さまざまな解釈をしておられるのか?なんとはない不安が、去ってくれません。 

・彼方なる蛇つかい座の大爆発 吾が星つつみ 吾は気だるし

吾は気だるし、に共感。だりーよおー。蛇つかい座、の選び方がよかったです。

   (※今回で12回目となります。つまづきと学びに満ちた一年でした。
   自分の気持ちを丁寧に詠み切る事の大切さ、それがもたらす癒しやカタルシスに気づかされると共に、
   他人様を不快にさせる事もあると知りました。
   次の一年をどう詠んで行こうか・・これからも試行錯誤で挑戦させていただきたく、
   引き続き、よろしくお願いします。)

     黒猫アビ

 ・桜咲く吉報待つ身の心配が
  孫からライン安堵にかわる

(待つしかないこの気持ち、おののきが、お孫さんからのラインで安堵に変わる。

始めの5音は「サクラサク」にしましょうか。(ばんざい、やったあ。よく頑張った、おめでとう!。同い年のウチの孫も、なんとか進学先決まり、おそまきながらサクラサイタ。。前向いて進んで欲しいですね、みんな、みんな、と願います。


 ・コロナより神経痛と花粉症
  痛みとくしゃみ我慢するしか

(ホントに辛いこの時期。ウィルスも心配ではありますが。

 ・雨ふれば窓開け換気できるけど
  花粉飛び交う晴れの日できぬ

(現実をそのまま、詠んでおられる。このまま解ります。少しひねってみましょうか。

「雨ならば窓開け換気できるけど花粉飛び交う今日は晴れなり」」など、最後の「できぬ」をその言葉で言わないで、言葉の奥にひそめて匂わせるというやり方も。「今日は晴れにて花粉飛び交う」とか。花粉飛び交う晴天は無理」とか。


 ・母親は縁の下の力持ち
  陰にかくれて家族を守る

    白萩さま
   もう少しですね。よかったです。
   お体たいせつにお過ごしください。


     今夜もここまで~です。
     明日、法務局の用が済んだら、ちょっと大きな息吐いて、ワタシ頑張った、と、自分を少しだけ褒めてやれるでしょうか。





スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 3

There are no comments yet.

黒猫アビ

No Subject

KUON様

今晩は
忙しい中、添削・ご指導ありがとうございます。

結婚記念日でしたか!
私は夫さんと駆け落ち記念日を迎えました。(笑)
半年後に入籍をしましたが。
孫には、何でも相談しあえる良き友の出会いがあれば
いいなぁ~と思っております。

おうた
 一首目
  ・サクラサク吉報待つ身の心配が
   孫からライン安堵にかわる
 三首目
  ・雨ならば窓開け換気できるけど
   花粉飛び交う今日は晴れなり
 訂正お願いいたします。

 ※白荻さま 驚きましたが、無事出産
       おめでとうございます。

  honyankoさま 優しいお言葉ありがとうございます。



2020/03/26 (Thu) 00:09

ギボウシ

ありがとうございます。

遅ればせながら、ご結婚記念日おめでとうございます。

我が夫の誕生日とほぼ同時期でございますね。我が家は私も長男も3月生まれで、若い頃には特別だった3月という月が、全く特別でなくなってしまいました(苦笑)。

はい、お察しの通り、電子顕微鏡でしか見えない例の「小さきモノ」でございます。

おっしゃる通り、様々な方が様々な解釈、反応をしておられます。

個人的には、流行り病の裏で、もっともっと"トテツモナイコト"が進行しているようだと感じており、「元に戻るもの」と「二度と戻らないもの」があるのではないか、とも。

いたずらに恐れても仕方なく(また、お目目キラキラの楽観が許される状況でもなく)、1日1日を丁寧に生きるしかないとは思いますが、言うは易し・・せめてお歌は、もうちょっと丁寧に、柔らかく詠めるよう精進いたします(毎回同じこと言ってるような・・)

来月以降も、どうぞよろしくお願い致します。

2020/03/28 (Sat) 10:34
今も夢見る

KUON

No Subject

黒猫アビさん

結婚記念日より、かけおち記念日の方が、ドラマティックですてき、な気がします。(笑)。事情あって同日のうちに二度も披露宴をしまして。走り回った記憶。次の世なら、もっと違う「結婚したわ、じ~~ん」てな風にしたいな。ゼイタクかなあ。お互い孫のサクラが咲いて、ホッと、の春ではあります。

・ギボウシさん

ほ。うちのぢいさん、誕生日も三月。

息子さんも春のお生まれ・・なるほど。

>「元に戻るもの」と「二度と戻らないもの」があるのではないか、とも。<

常々実感することです。失くしたものを追わず、残されたものを大切に、などとも思っています。



2020/04/10 (Fri) 13:40

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.