FC2ブログ

四月のおべんきょう Ⅳ

近鉄奈良駅周辺は、がっらがら。こんな奈良駅見たこと無い。用を済ませ、ランチもせずコーヒーも飲まず、湾岸線の強風にビビりながら、帰宅しました。おうちの中で、美味しいもの頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     おおやま よしの

・自分だけ助かりたいとの身勝手を
我がうちに見る災厄の時

(え、と。突っ込みにくい状況を詠んでおられます。こういううたもお詠みになればよろしいのではないか。

・ウイルスもヴィールスと云いヴァイラスも
同じ物なれ小さき悪の名

(表情の見えない、こやつ。有史以来人間と闘いを続けて来た、悪でしかないもの。

・ヒトの手で悪いモノへと変わったの?
可哀想だね武漢ウイルス

・喉元にお灸を据えて今日の日の
免疫高めいざ仕事せん

(無知を恥じずお尋ねします。それ、効くのですか? いいこと聞いた(読んだ)ような。

・祈るとも効験なくばいずるまで
祈り強めよ心一つに

   困難な状況下で自分に向き合うと、器の小ささや自己中心的な性格がくっきり見えてツラいです。
   そんな自分でも祈ることは出来る。祈りに力はないのかもしれない。でも、多くの戦士のために
   懸命に針を運ばれたお母さまのように、私も祈ろう。そう考えられる自分を褒めて、
   落ち込まないようにしています。

     まめはな

・たんぽぽの葉が地に丸く広がりてレースで編みし敷物の如し

(いつも思う、たんぽぽの「ぽぽ」って可愛いです。

・陸橋の陰に白木蓮の咲く紫木蓮はまだ毛深きつぼみ

(よく見ておられます。同じ木蓮なのに、というのは、違う。もっと何か言いたい気がしますが、ホントにこの通り、と、思います。

・お隣の庭に揺れいるチューリップ幼き日の幸思い出さるる

(チューリップ、沢山なのですね。とても馴染んでいるようで、不思議な花。幼い日の幸せ、に、とても似合う花。咲き終わりの無残が悲しい花。

・隣家(となりや)の庭に花咲く雑草の名を知りたくて図鑑求めり

(昭和の天皇さまに褒めて頂けるみたいな一首です。


                 今夜はここまでです。また、明日  


スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 2

There are no comments yet.

おおやまよしの

KUONさま

ありがとうございますm(__)m
自分を見つめる事はなかなかに厳しく…。でももっと省みた方がいいですね。

喉が痛い時に灸を据えていましたが、最近はほぼ毎朝お灸をしております。
鎖骨の間にある「天突」、腕の「孔最」などのツボが喉の免疫力を上げるようです。
私は某社の、台座にシールが付いている物を使っています。服や髪に燃え移らないように準備して、貼り付けたらうつ向かないように注意します。最初の1分くらいは煙が顔に上がってくるので閉口しますが、3~4分で済みます。
鍼灸って人類の叡智だよな~、と思います。

2020/04/26 (Sun) 08:10

まめはな

No Subject

KUONさま

この騒動の最中にもお心のこもった添削をありがとうございます。
今回は全てこのままでお願いいたします。

2020/04/26 (Sun) 09:47

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.