FC2ブログ

四月のおべんきょう  Ⅴ

もうすぐ五月。今年は鯉のぼりの姿を見ません。男の子たち、バットも振らずボールも蹴らず、大きな声も出さず、道ゆく大人たちに背中をむけて屯っています。

賑やかに、大勢で集って来るのは、すずめばかり。ちゅんこ、ちゅんた、ちゅんみ、ちゅんのすけ、ちゅんごろう、ちゅんや、ちゅんえ、ちゅんのじょう、ちゅん乃、同じに見えるけど、少しずつ違います。小さな生き物が、首をかしげて見上げてくれるのは、ふかぶかとしたしあわせと思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     白萩

父の指を握ろうとする小さき手よ 同じ大きさに育つは幾年

口は父 鼻は母に似 目は?(はてな) これからどんな顔になりゆくか

ひたすらに乳含む子を夫婦にて見つめる時間(とき)の穏やかなりけり

子も我も共に初心者 世話をするのもされるのも若葉マークなり

なぜ泣くの?問うも答えぬ我が子かな オシメ?ミルクか?他に何がある?

(まま、わけもなくなきたいことも、あるんだよ、おもいっきりなくと、きもちがいいんだよ

毎晩の寝ぐずりに親も子も泣きて世の母の偉大さを思い知る

睡眠の足りなさは我を鬼にする 愛しき吾子を憎く思う夜

シミシワのなきつややかな肌を見て羨む我はアラフォーの母

ママ友を作ろうにも外出自粛 「孤育て」増やすコロナの弊害

子守唄のレパートリーは二曲のみ 交互に歌いて寝かしつける日々

   ギボウシさま ありがとうございます。母に仕事で忙しいなか
   昼と夜の食事の用意はお願いしているので、かなり負担を軽減できております。
   母のありがたさを実感する日々です。

   子育て一色の毎日で、うたの材料も子育てのみという状態ですが、今の心境をさらけだして
   うたにしてみようと詠んでみました。
    KUONさま、また集われるみなさまでコロナの影響を大きく受けておられる方もいらっしゃるかと存じます。
   心よりお見舞い申上げます。我慢のときがどれだけになるかは未知数ですが、
   「明けない夜はない」ですね。

     わすれんぼ

   英語で、空気読めない、無神経をtone deafというそうな。
   例の “家にいようキャンペーン”動画批判の英文記事で覚えたのですが、皆様
   あえてにっくきコロナはスルーの中、空気読まずにまいります。


突然に巻き起こったるウィルス禍を
計画せし者あるやとぞ聞く

我が国の政府はいずこ 
国民を軽んずること紙より軽し

後手悪手これ以上なき無為無策 
恥知らぬもの居座る惨事
 
国民の命のかかる一刻を
ただ無為にして恥じるを知らず

マスク無く防護服なく戦えと 
言うか能なく心なき者よ

情弱は御用学者にランサーズ 
政府の放つデマに騙され

非常時の将は会食早帰宅 
何してるやらしてないのやら

しょぼマスク誤り認めず外せない 
みっともなくも浅ましきかな

国民のための政府はあらずして 
利権むさぼる悪鬼昼行

思い起こす八十年前のあの惨状 
日本は決して変わらぬのかと

非常にあれこれ言うな纏まれと 
知性なきものしたり顔に言う

縄抜けのマジシャンの異名頂ける 
そーりは罪を重ね重ねる

その罪の重さも知らず日本史に
残る悪行積み重ね行く

無力なる似非民主主義のこの民衆 
棄民政府のなすがままなり

ここまでの悪政暴政許すのは 
いかなるわけか解かざるを得ず 

愚かなる宰相は国の恥ならず 
やめさせられぬ国民の恥

開催を人のいのちの上に置く 
五輪などもう聞くだに疎まし

民だまし知らぬ顔して検査締め 
屍の上の免疫狙うか

人の死と苦悩は深く潜みゆき 
ただ無機質な数字は踊る

無医村にすまいしものと諦める 
医療崩壊ひたひた迫りて

「嫌になる」道行く人の繰り言が 
聞こえて哀し爛漫の春に

この先に待つのは地獄なのか知らん 
今日一日をともかく生きる

(気迫に満ちた作品の数々。

私の、単なる思いですが。いつどこで、どんなものを、どう詠むか。それは、個々人の問題では、とさせておいていただきます。ただ、「あえてスルー」と、たとえばコロナに手を触れぬ自分に言いかけられることには、違和感があります。たとえば私には私の思いよう、出しようがございます。もの足りぬ、とのお思いが、よし、ございましょうとも、お腹の煮えましょうとも、です。触れないにも触れないわけがある、ほどのことで、お行き過ぎ願いたい・・・そんな風に考えます。


     かりそめ

*花は咲き若葉照り映え鳥の鳴く『沈黙の春』には見えぬ世なれど

(レイチェル・カーソンの没したのも、今のような春だったそうですね。初めにあの作品に触れたとき、とても怖かった。以後、こわいことは、どんどん増して行きました。そして今、です。

*ビニールの垂れ幕越しの眼の笑みにふつと和みてスーパーを出づ

*花水木その純白の天を向く 啓示に耳を傾けるごと

*人々のこころ一つにするほかに国は救へぬ われらは岐路に

*なんとまあ凄まじき世にわれら生くご飯を食べて夜は眠れど

   〈北里柴三郎博士を称へて〉

*ペスト菌発見せしは日本人 誇り支へに母国守らむ

*情報は篩にかけて金を得る意図して嘘を流すメディアであれば

*行き先に使ひ分けたるマスク二種 かく状況に見栄をはる我

(いや、これは「見栄」などではなかろうと。ないと思います。キマジメに言い切ってしまっております。とほてへ。



                    今夜はこれにて。

スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 3

There are no comments yet.

かりそめ

KUONさま
お読みくださいまして、ありがとうございます。

ちゅんこちゃんたちお馴染みなんですね。まっくろでまんまるなお目々かわいいですよね。
特にまだ頭の毛がぼさぼさしている子雀は人懐っこくて、見知らぬ人にも寄ってきます。体の大きさは親雀と変わらないのに心は幼くて。いとしいです。

2020/04/27 (Mon) 14:22

わすれんぼ

No Subject

コメントを入れなくてはと思いつつ考えがまとまらず・・
それはたぶん仰る意味が正確に取れなかったためなのですが、
私が「あえてスル―」と言ったのは、
コロナというあまりに自分たちの生活やら人生やらに影響力の大きいものにどう対応するか、どう向き合うかを、(投稿した時点で)歌に出される方が思ったより少ないと思っただけで、良いとも悪いとも思ってはおりません。
ただ多くの思いはあるであろう、ないわけはない、とは思うわけで、それを聞いてみたいという思いもあったとは言えます。それだけのことです。
しかしコロナに塗りこめられた思いというのも鬱陶しいもので、
それに関係なくマイペースを守るというのもまた良いのではとも感じています。

2020/05/19 (Tue) 23:12

KUON

No Subject

わすれんぼ さん

なかなか難しいですね、思いの揃わないのは当たり前のことで。何につけても。

>ただ多くの思いはあるであろう、ないわけはない、とは思うわけで、それを聞いてみたいという思いもあったとは言えます。<
無いわけが無い、というのも、当たり前のこと、ありますよね、当然。それを、どうしてゆかれるか。率直なまっすぐな表現をされることも多い作者さんで、時に快適であり、時にコメントを返すのは難しいわ、であり。大切に読ませてもらっています。

私自身は、グレーゾーンの多い人間で。言うても仕方ないやん、と考えてしまっていることは多いです。

お返事にはなっておらず、怠惰な物言いで申し訳ない気もしますが、望むのは、以後も、わすれんぼさんらしく詠み続けていただきたいということです。

ついでのようですみませんが。婿さんの愛犬、銀蔵も引っ越しして来て、車で20分のところにいます。新しい美容院もみつかったようで。たま~~~に会うと、なんだなんだバーリャンだ、フンフフン、みたいな感じでステップして、匂い嗅いで、アタマをコテッと預けてくれます。愛おしいですね、生き物。

2020/05/22 (Fri) 11:39

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.