FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 日常 › めうしぼうくう、のナル?。
2018-09-09 (Sun) 08:53

めうしぼうくう、のナル?。


おはようございます。

もらって来た痛み止めの薬が、チョー効きまして。痛いの我慢することないわ~と、食後に服んでいたら、眠いのなんの、引き込まれるように眠っておりました。酷暑で寝苦しかったことも多々あった後、この爆睡は、貴重なものの気がして。サボリ寝じゃないもんね、と、しなくていい言い訳をしてしまいつつ(そーゆー小心な面もある・云うことでもないけど‥書いてしまう・・トホホ)、眠っておりました。

美容院も税理士さんの予約も、あっち向いて投げて、もうしばらく。眠っていい時を、貪らせていただこう。

ナル氏が一人でフランスへ行かれた。

外交上、「貴国は大変な状態におわしますのでは」とかの発言が、あのお方に向けられたとして。

ナル氏は如何にお答え遊ばすや。

「めうしぼうくぅ、お気遣いに感謝します、ご心配にはあたりませぬ、私のツマまさこは元気にしております、出発時も玄関先まで見送ってくれました、こういう時は笑顔で接してくれますのを、大変嬉しいことと思います。また娘の愛子は、高校も二年生になり、短期の留学も経験いたしました、こちらも元気で、私どもの別荘・・この言い方は、実は娘の愛子が覚えたもので、新鮮であることが嬉しい限りです・・の近くの海辺で、貝殻を見せ合って楽しんだのも、家族の夏のひときわの思い出と存じます、そういった機会を得ておりまして、仰せのごとき「大変」という状況には、当たっておりませんので、お気遣いには及びませんのです、はい」

とかぺらぺらと。

阪神淡路大震災の時には、強引に行った。あの時はまさこも行った、そしてヨルダンの王妃の目前で雅子はぶんむくれていた。早いご帰国を、と促されたのが不満であったのであった。国では大災害の起こっているその時に、紅白のドレスをお召しであった。ラクダレースを観戦して馬鹿笑いしておったし、その後に皇太子は、震災のせいで死海を見に行けなかったと、あからさまに残念がる発言をしておった。

何かあると蒸し返される。その立場の人間らしくないから。それだけ。それだけが大きいと思うのだ、私は。

たくさんの方々のお見舞いのコメント、胸に沁みてありがとうございます。

とてもとても、嬉しく、ありがたく受け止めさせていただいております。





スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-09-09

大丈夫なわけないバカナル * by 夢花火
手首が折れましたとあっさりおっしゃって、心配しておりました。
お早い完治のためにも、手首をお使いのことはなるべくなさらないように、と言いつつ、コメントをしてしまいました。

過日、いくつかのキツイコメントを匿名の名のもとにしたのは、私でしたと告白します。
名前がないのはもったいないとKUONさんは、おっしゃってくださいました。
秘することもないような内容を、匿名でコメントするなんて、失礼でした。
なにか、いわゆるコー俗さん?に、辛辣なことを言ってはいけないかなと、他人様のコメント欄で物議を醸すような内容はいけない、そんな手前勝手な小心がそうさせたのです。
お許しください。

しかし。
この記事をみてKUONさんがあらためて発信してくださった事実、阪神大震災のとき、10代でした、関西地区にいて。
雅子さま、当時は雅子さまと言っていました、一応、コーゾクさんだったし。
後からなった方でしたが、皇太子さんもまだご立派に見えていましたし、私、まだ子供でしたから、と言い訳しつつ。
雅子さま、赤いドレスをお召しで、知り合いが多く被災して学校にも行けず大変な時でしたし、なんだか、びっくりしたのです。
それだけが印象に残っておりました。
おそらく、観に行く予定であった楽しみにしていた舞台を、地震の影響で観に行けなくなったから、派手なドレスに反応したのか。
様々なことを思いだし、腹立たしく蘇りました。
ずっとずっと永遠に体調の波に溺れているつもりの下衆な人たちのことを、辛辣に言ったとて、構わなかったですよね。
実際には溺れていません、船上で、ウマイメシにありついている。
腹が立ちます。
ええ、雅子は大丈夫です、みなさん、めうしいぼうくう、これを徳仁はやっているでしょう。
日本の民は、今も地震に遭い、多くの方が苦難の中にいらして、命を落とされた方も、全然大丈夫じゃないですよ、徳仁さん。
雅子と愛子は、今ごろ御殿でピザなんかをほおばっていて、まったくもって大丈夫でしょうけれど。

KUONさん、手首をお大事になさってくださいね。

匿名ではなくぜひ見えるコメントで * by ラピスラズリ
夢花火さん、なんて素敵な名前ですこと。
KUONさんのブログで匿名の方が多いのを見るたび、きっと真っ当なご意見だろうに、ぜひ読んでみたいのにな、と思っていましたから、文字通りのカミングアウトは嬉しいです。

めうしいぼうくう、は私はぼうこうと空目しました。今の人は大丈夫なんですかね?

リヨンで女の子が無邪気な
発言で誰も言えないことを言ってGJ!です。
コータイシを見て何と!「頭が違う」と言ったんですって‼
王冠を被ってないという意味なんだろうと回りは慌てて言い繕ったらしいけど肝が冷えたでしょうね。
まさかこの女の子が極東の島国から来た小さくてチンケなおっさんのカツラ事情を知っているとは思えないんだけど、子供って無邪気で何を言い出すか分からない危なさがありますね。
雅子サンがいなくてよかったのでは?いたら「陸に上がったカッパ」で爆笑した時みたいに笑いが止まらなくなってその場を一瞬にして凍りつかせたと思うから見たかったわ。
「王様は裸だ」と叫んだ男の子を思い出したわ。子供は正直ね。大人はみんな忘れて行くのね。

ところで阪神淡路大震災の後に慰問興業に来たらしい大根女優一行のこと当時の記憶はないのですが、後に見た一枚の写真に強烈に印象付けられたことがあります。

コーゴーが思わず抱きついて泣いている被災女性の肩をそっと包み込んで抱き締めている慈愛の面目躍如の写真なのですが、なぜか私はゾゾッとして拒否感を覚えました。
その頃はもちろんまだコーゴーの実態も正体も知る由もなかったのですが。

だって体全体で演技してるんですもの。相手は悲嘆の感情を爆発させて体全体で悲しみをぶつけているのに、普通そんなことをいきなりされたらこちらの感情も固まって強ばってしまうと思うのに、コーゴーのリアクションにはその驚きや戸惑いなどが全く見られず、ただ穏やかに優しい表情で相手を受け止めているので、これは嘘だ、演技だ、と見抜いたのです。
目は優しく女性に向けながら、全く女性なんて見てなくて、自分を写すカメラを追い、自分の姿に陶酔しているような、ズル賢い目だったのです。
以来私はコーゴーを全く尊敬も評価もしていません。
人を平気で欺くあざとい女の目でしたから。

この時のようなコーゴーの目付きをあと二枚ほど見たことがあります。
一枚目はオランダ訪問のとき抱きついてきた女の子を優しく抱きしめるコーゴーの目です。
おんなじ目をしていましたわ。
目は目の前の女の子ではなく向けられたカメラを追いそのファインダーに写った我が身の姿なのです。

もう一枚は確か身内一行で(愛子サン除く)どこかの遊園地だかを訪ねた時のものです。
後ろ姿の雅子サンにそっと近づきいたわるように手を伸ばしたという写真です。
これも目の前の雅子サン等眼中になく精一杯カメラを気にしたコーゴーの虚飾の写真でした。

なんでここまで皇室の顔と品位に泥を塗りまくり怠け者で役立たずの皇太子妃を指導も叱責もせず目に見えて庇い続けるのかの答えもこの写真が物語っているのでは。
ボロクソに叩かれている人間を庇う慈悲溢れるアテクシを演出しているのでは。
皇室も国民の存在も眼中にはない。
ただ我が身が可愛いだけ。

こんな下衆な根性の女になぜみんな易々と騙され称賛までするのか全く分かりません。
化けの皮が剥がれるの日は果たして来るのでしょうか?

私はこの猫なで声の化け猫女は大嫌いです。
この女の慈愛は偽善そのもの。

戦士蛮行・・・。 * by ハシビロコウ・うな
夜も開けやらぬ早朝に
(はやおきなんで)
神社へいって参りました

想いを馳せるはおいらの勝手
ほっといて

骨折にはアーモンドとか胡桃が
いいのだとか



* by KUON
遅くなりました。

・夢花火さん

告白して下さり、ありがとうございます。(笑)。いい意味で、気にしておりませんよ、大丈夫。

あの時はお若くて、関西におられたのですね。奈良でさえ震度4でした。あのような揺れ方を経験したことは無かったです。この六月の地震、当方では震度5、でしたが、阪神淡路の時の恐怖はありませんでした(トシのせいで鈍ったか?)。

>ずっとずっと永遠に体調の波に溺れているつもりの下衆な人たちの
>ことを、辛辣に言ったとて、構わなかったですよね。

はい、構いません。ここでは。罵詈雑言でなく、辛辣、は、おーけーですよ!。
>実際には溺れていません、船上で、ウマイメシにありついている。

うちの田舎の祖母ちゃんいませば、ああいうヤカラをこそ、神仏の惧れを知らぬ大馬鹿者、と喝破したでしょう。

ひどいことばかり言わずに、坊ちゃん育ちだから許してやったらいいのに。仕方ないのにね。・・などと仰って来た方とは、ついに、お付き合いの糸が切れそうです。

普通のバカではない、あれは(ナルは)天皇になるのだ、と、言ってもわかってもらえないお方もおられるようで。またコメント下さいね。


・ラピスラズリさん

>コーゴーが思わず抱きついて泣いている被災女性の肩>を
>そっと包み込んで抱き締めている慈愛の面目躍如の写真なのですが、>なぜか私はゾゾッとして拒否感を覚えました。
>その頃はもちろんまだコーゴーの実態も正体も知る由もなかったので>すが。

有名な写真ですね。私もまだまだ花畑の住人でしたが、気持ち悪かったし、何より、

抱きつく方も抱きつく方、受け止める方も受け止める方、と、違和感ひどかったです。

あの時は、瓦礫となってしまった人々の生活遺物の上に、こーごーは、御所から運んできた(運ばせて来た)水仙の一束を手向けた。

偽善の象徴。で。話はここで終わらない。

あの、お方は、その水仙のことを、自分で詠んではマズいと思われたか。紀宮さまが、母上のお優しさを詠んだようにして、清子さまの歌集に、その水仙の一首を、載せてやがるのでございますよ。

念がいってるわ。


・はしびろこう・ウナさん

もしや、私のお手々のために?

ありがとうございます。ナッツ類は、好きであるし体にいいしで、何種類か、毎日、いただいています。クルミとカシューナッツが、中でも、好きです。甘皮のままのピーナッツも。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

大丈夫なわけないバカナル

手首が折れましたとあっさりおっしゃって、心配しておりました。
お早い完治のためにも、手首をお使いのことはなるべくなさらないように、と言いつつ、コメントをしてしまいました。

過日、いくつかのキツイコメントを匿名の名のもとにしたのは、私でしたと告白します。
名前がないのはもったいないとKUONさんは、おっしゃってくださいました。
秘することもないような内容を、匿名でコメントするなんて、失礼でした。
なにか、いわゆるコー俗さん?に、辛辣なことを言ってはいけないかなと、他人様のコメント欄で物議を醸すような内容はいけない、そんな手前勝手な小心がそうさせたのです。
お許しください。

しかし。
この記事をみてKUONさんがあらためて発信してくださった事実、阪神大震災のとき、10代でした、関西地区にいて。
雅子さま、当時は雅子さまと言っていました、一応、コーゾクさんだったし。
後からなった方でしたが、皇太子さんもまだご立派に見えていましたし、私、まだ子供でしたから、と言い訳しつつ。
雅子さま、赤いドレスをお召しで、知り合いが多く被災して学校にも行けず大変な時でしたし、なんだか、びっくりしたのです。
それだけが印象に残っておりました。
おそらく、観に行く予定であった楽しみにしていた舞台を、地震の影響で観に行けなくなったから、派手なドレスに反応したのか。
様々なことを思いだし、腹立たしく蘇りました。
ずっとずっと永遠に体調の波に溺れているつもりの下衆な人たちのことを、辛辣に言ったとて、構わなかったですよね。
実際には溺れていません、船上で、ウマイメシにありついている。
腹が立ちます。
ええ、雅子は大丈夫です、みなさん、めうしいぼうくう、これを徳仁はやっているでしょう。
日本の民は、今も地震に遭い、多くの方が苦難の中にいらして、命を落とされた方も、全然大丈夫じゃないですよ、徳仁さん。
雅子と愛子は、今ごろ御殿でピザなんかをほおばっていて、まったくもって大丈夫でしょうけれど。

KUONさん、手首をお大事になさってくださいね。
2018-09-09-21:46 * 夢花火 [ 返信 * 編集 ]

匿名ではなくぜひ見えるコメントで

夢花火さん、なんて素敵な名前ですこと。
KUONさんのブログで匿名の方が多いのを見るたび、きっと真っ当なご意見だろうに、ぜひ読んでみたいのにな、と思っていましたから、文字通りのカミングアウトは嬉しいです。

めうしいぼうくう、は私はぼうこうと空目しました。今の人は大丈夫なんですかね?

リヨンで女の子が無邪気な
発言で誰も言えないことを言ってGJ!です。
コータイシを見て何と!「頭が違う」と言ったんですって‼
王冠を被ってないという意味なんだろうと回りは慌てて言い繕ったらしいけど肝が冷えたでしょうね。
まさかこの女の子が極東の島国から来た小さくてチンケなおっさんのカツラ事情を知っているとは思えないんだけど、子供って無邪気で何を言い出すか分からない危なさがありますね。
雅子サンがいなくてよかったのでは?いたら「陸に上がったカッパ」で爆笑した時みたいに笑いが止まらなくなってその場を一瞬にして凍りつかせたと思うから見たかったわ。
「王様は裸だ」と叫んだ男の子を思い出したわ。子供は正直ね。大人はみんな忘れて行くのね。

ところで阪神淡路大震災の後に慰問興業に来たらしい大根女優一行のこと当時の記憶はないのですが、後に見た一枚の写真に強烈に印象付けられたことがあります。

コーゴーが思わず抱きついて泣いている被災女性の肩をそっと包み込んで抱き締めている慈愛の面目躍如の写真なのですが、なぜか私はゾゾッとして拒否感を覚えました。
その頃はもちろんまだコーゴーの実態も正体も知る由もなかったのですが。

だって体全体で演技してるんですもの。相手は悲嘆の感情を爆発させて体全体で悲しみをぶつけているのに、普通そんなことをいきなりされたらこちらの感情も固まって強ばってしまうと思うのに、コーゴーのリアクションにはその驚きや戸惑いなどが全く見られず、ただ穏やかに優しい表情で相手を受け止めているので、これは嘘だ、演技だ、と見抜いたのです。
目は優しく女性に向けながら、全く女性なんて見てなくて、自分を写すカメラを追い、自分の姿に陶酔しているような、ズル賢い目だったのです。
以来私はコーゴーを全く尊敬も評価もしていません。
人を平気で欺くあざとい女の目でしたから。

この時のようなコーゴーの目付きをあと二枚ほど見たことがあります。
一枚目はオランダ訪問のとき抱きついてきた女の子を優しく抱きしめるコーゴーの目です。
おんなじ目をしていましたわ。
目は目の前の女の子ではなく向けられたカメラを追いそのファインダーに写った我が身の姿なのです。

もう一枚は確か身内一行で(愛子サン除く)どこかの遊園地だかを訪ねた時のものです。
後ろ姿の雅子サンにそっと近づきいたわるように手を伸ばしたという写真です。
これも目の前の雅子サン等眼中になく精一杯カメラを気にしたコーゴーの虚飾の写真でした。

なんでここまで皇室の顔と品位に泥を塗りまくり怠け者で役立たずの皇太子妃を指導も叱責もせず目に見えて庇い続けるのかの答えもこの写真が物語っているのでは。
ボロクソに叩かれている人間を庇う慈悲溢れるアテクシを演出しているのでは。
皇室も国民の存在も眼中にはない。
ただ我が身が可愛いだけ。

こんな下衆な根性の女になぜみんな易々と騙され称賛までするのか全く分かりません。
化けの皮が剥がれるの日は果たして来るのでしょうか?

私はこの猫なで声の化け猫女は大嫌いです。
この女の慈愛は偽善そのもの。
2018-09-09-23:26 * ラピスラズリ [ 返信 * 編集 ]

戦士蛮行・・・。

夜も開けやらぬ早朝に
(はやおきなんで)
神社へいって参りました

想いを馳せるはおいらの勝手
ほっといて

骨折にはアーモンドとか胡桃が
いいのだとか


2018-09-10-00:10 * ハシビロコウ・うな [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

遅くなりました。

・夢花火さん

告白して下さり、ありがとうございます。(笑)。いい意味で、気にしておりませんよ、大丈夫。

あの時はお若くて、関西におられたのですね。奈良でさえ震度4でした。あのような揺れ方を経験したことは無かったです。この六月の地震、当方では震度5、でしたが、阪神淡路の時の恐怖はありませんでした(トシのせいで鈍ったか?)。

>ずっとずっと永遠に体調の波に溺れているつもりの下衆な人たちの
>ことを、辛辣に言ったとて、構わなかったですよね。

はい、構いません。ここでは。罵詈雑言でなく、辛辣、は、おーけーですよ!。
>実際には溺れていません、船上で、ウマイメシにありついている。

うちの田舎の祖母ちゃんいませば、ああいうヤカラをこそ、神仏の惧れを知らぬ大馬鹿者、と喝破したでしょう。

ひどいことばかり言わずに、坊ちゃん育ちだから許してやったらいいのに。仕方ないのにね。・・などと仰って来た方とは、ついに、お付き合いの糸が切れそうです。

普通のバカではない、あれは(ナルは)天皇になるのだ、と、言ってもわかってもらえないお方もおられるようで。またコメント下さいね。


・ラピスラズリさん

>コーゴーが思わず抱きついて泣いている被災女性の肩>を
>そっと包み込んで抱き締めている慈愛の面目躍如の写真なのですが、>なぜか私はゾゾッとして拒否感を覚えました。
>その頃はもちろんまだコーゴーの実態も正体も知る由もなかったので>すが。

有名な写真ですね。私もまだまだ花畑の住人でしたが、気持ち悪かったし、何より、

抱きつく方も抱きつく方、受け止める方も受け止める方、と、違和感ひどかったです。

あの時は、瓦礫となってしまった人々の生活遺物の上に、こーごーは、御所から運んできた(運ばせて来た)水仙の一束を手向けた。

偽善の象徴。で。話はここで終わらない。

あの、お方は、その水仙のことを、自分で詠んではマズいと思われたか。紀宮さまが、母上のお優しさを詠んだようにして、清子さまの歌集に、その水仙の一首を、載せてやがるのでございますよ。

念がいってるわ。


・はしびろこう・ウナさん

もしや、私のお手々のために?

ありがとうございます。ナッツ類は、好きであるし体にいいしで、何種類か、毎日、いただいています。クルミとカシューナッツが、中でも、好きです。甘皮のままのピーナッツも。
2018-09-24-09:55 * KUON [ 返信 * 編集 ]