FC2ブログ

五月のおべんきょう Ⅱ

昨日は失礼しました。続けさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
     ギボウシ

   少しずつ「古語」っぽい表現?(日本語が貧しくてすみません…)に
   挑戦しようと試みております。添削をよろしくお願い致します。


(古語っぽさに挑戦されると。その意気やよし、と、拍手ぱちぱち、させて頂きたいのはやまやまなれど。私自身が、きちんと正確に、そちら方面のこと、わかっておりません。たまたま短歌を始めた時の先生が、古典的な仮名遣いの方で、ワケわからんわ~とアタマひねりながら慣れて行った、という感じで。たわらまち が華々しく出てきた時、本当に羨ましかった。こんなやり方でいいんだ、伸び伸びやってはるな~、と、ミズカラの非才を思わず、ヒトを羨む情けなさでした。でも、今、本当に才のおありの一流歌人、俵万智さんのうたを読むと(新仮名遣いの)、なんともいえない勿体なさを感じています。

ワタシは旧仮名でうたを詠むようにしてもらって、有り難かったな、と。いつもかどうかは別、時々にしても、これは旧仮名でないと感じ出ないな、という時がありまして。まあ、前置きはともかく。

仰っている「古語っぽい」。私の解釈で受け取らせてもらい、とにかく、一首ずつ、歌の意が届くように、一首が一首として成り立って行くように、を、心がけて行きたい、と。私に言えることは、とほほ、それくらいのことであって。

「古語」という言葉の範囲の、端っこにも触れられないかもしれませんが。


・営みを止めて澄みたるこの空の青きを憂うヒトの住まう世

(この「営みを止めて」とは。いわゆるコロナ騒動によって、いろんな工場が動きをやめることになって、結果、空が、青く澄んでいる。その澄んだ空の青さを「憂う」、ヒトの住まう世であるなあ、と。なかなかに難しい。

「営みが停まりて澄める青空の青きを憂う「〇〇~となる感じですか。複雑な心境。〇〇の部分は「今日も休業」あるいは「休業の日々」。


・窓を開け五月の薫風(かぜ)の吹くままに 惑い入る蠅の飛び去るを待つ

真ん中の「惑い入る」は、もっとシンプルでいいのでは。「入り来たる蠅の」でも。窓は開いており、風は吹いており、で、蠅は、入って来てアレレ?で、入り来て、黙って、去って行く。のでは。

・ハエ叩き 振り下ろしたし 一撃で しとめる腕の我にあらばや

(日本語の難しいところ、面白いところ、ですね。

「あらばや」と「ありせば」は、意味が同じでないですね。あらばや、であれば、文字そのまんま。ためらわず「やっちまう」のかな。「ありせば」ですと、もう少し引いて、あったなら、あるのなら、と、そこで数歩(足ではないけど)引く思いが生じる。ような気がします。正しく文法的に話しているんではない、私のアタマの中のムシが、そう言うてます。ここは「好み」で行かれたら。

無責任のつもりは無いが、うたの言葉の最終決定の主は、ご本人。残念ながら私は、せいぜいここまでしか言えません。あたまの中で、百回とか千回とか、繰り返せば、どちらかが浮き上がって来てくれるのかも。


     黒猫アビ

 ・布マスク届き昭和を懐かしむ
  いつのまにやら便利さに慣れ

いわゆる「アベノマスク」が届いた。この届いたマスクは、今、大量に詠まれているかと思いますが、この一首のように、布のマスクに昭和を懐かしむ、と持ってゆかれたのは、温くていいと思います。せっかくそちらに行かれたのだから、いつの間にやら便利さに慣れ、なんて方角でなく、「洗いて角を引きて干したり」とか、そういう感じにされたらどうかなあ、と。政府のなさることに温もりを感じることなど、めったに無いことなので。

 ・鳥のよう翼がほしいどこへでも
  飛んでいければ楽しかろうと

(コロナ籠りの日々の中の、大きなため息でしょうか。

このままですと、よくあるうたになってしまいそう。最後の(結句といいます)七文字、楽しかろうと、ではなく「胸も晴れるか」とかにされると、具体的になります、いかがでしょ。


 ・あきらめた額紫陽花がよみがえり
  花が咲きだし心いやされ

(最後は「心いやさる」「心満たさる」にされたら。よかったですね、こういうの嬉しいですね。
  
   この地に越して14年、毎年咲いた鉢植えの紫陽花が昨年は咲かず
   もう駄目かと、かわりにムスカリが今年は花開くことなく終わりました。
      
 

       今夜はここまでとさせていただきます。


スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 5

There are no comments yet.

黒猫アビ

No Subject

KUON様

おはようございます
添削・ご指導ありがとうございます。

一首目
 ・布マスク届き昭和を懐かしむ
  やさしく洗い四隅引き干す
二首目
 ・鳥のよう翼がほしいどこへでも
  飛んでいければ胸も晴れるか
三首目
 ・あきらめた額紫陽花がよみがえり
  花が咲きだし心いやさる

 訂正お願いいたします。

 マスクに関しては、人それぞれですが、私の住む地域
はドラックストアが驚くほど多いのに、マスクが買えず
困っており安心しました。
布マスクが届き始めてからマスクが
ドラックストア以外の所で売り出され驚きました。
見かけないパッケージの箱入りマスクです。

KUON様
無理なさらず、ゆっくりしてお身体休めて下さい。




2020/05/25 (Mon) 10:18

ギボウシ

KUON様

細やかなご指南、ありがとうございます。

「古語」や「旧仮名遣い」に漠然と憧れていましたが、やはり「現代語」や「新仮名遣い」では表現しきれない世界があるのですね。

終末期にあった亡友のことを歌にした際、「古語に憧れる」と書いて顰蹙を買いましたが、彼女の生き様を称えるには、古語の方がふさわしいと幼稚な頭なりに感じていたからではないかと、今になって納得しています。

「一首ずつ、歌の意が届くように、一首が一首として成り立って行くように」のお言葉も有り難く・・言葉選びは、無理をせず、一種の必然と申しますか、自然な流れを大事にしていきたいと思います。

2020/05/25 (Mon) 10:20

ギボウシ

続きです

前置きが長くなりましたが、

二首目は以下でお願いします:

・窓を開け五月の薫風(かぜ)の吹くままに 入り来たる蠅の飛び去るを待つ


三首目:
まずは「あらばや」でも「ありせば」でも文法的に間違いではないと確認できてホッ・・両者のニュアンスの違いは、全く意識できていませんでしたが、最初は「あらばや」が浮かんだのに、後になって「ありせば」では?と私の脳内虫が囁き出したところからすると、最初はやや強気、投稿後に少し怖気付いた(冷静になった?)のかも知れません。

どっちが自分的にしっくり来るのか、その日のテンションによって変わりますが、こちらでお願いします:

・ハエ叩き 振り下ろしたし 一撃で しとめる腕の我にありせば


一首目については、もう少しお時間くださいませ 。

2020/05/25 (Mon) 10:22

ギボウシ

一首目についてウダウダと…

数日間悩みましたが、結論が出ません。
当方も自営業で、減収という影響を受けておりますし、コロナ関係なく、死活問題で震えたことや、健康問題で自分や近親者が死の縁を彷徨った経験もあります。

こういう時こそ、目先の事より、大局的・本質的なことを考えなきゃいけない(直裁かつ大仰ですみません…)。だから、活動休止は内省の良い機会となり、清々しくさえ感じられる(=比喩としての「青空」)、私は「憂いて」いない。

あぁ、それなのに・・うっかりテレビやネットの情報に触れると、相変わらず「人命尊重〜」「経済優先〜」と、ニンゲンはやかましい。

そして、そういうのを心中で批判している自分自身の脳内の雑音もうるさい・・ その思いが、二首目の「五月の蠅」につながっている、という・・ 全く独りよがりではありますが・・

2020/05/29 (Fri) 11:25

ギボウシ

続き

歌としては不出来かも知れませんが、以下でいかがでしょうか?


・営みが停まりて澄める青空の青きを憂うヒトの住まう世


他の方々の詠草に向き合っておられる中、ウダウダをどうかお許しくださいませ。

2020/05/29 (Fri) 11:27

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.