FC2ブログ

五月のべんきょう Ⅲ

続けます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     かりそめ

   今月は私もちょいと惚気てみました。
   ご多分に漏れず、母とのことはそれなり大変だったのですが、母にしたら
   「あの子は育てにくくて」
   だったでしょう、と思うことも。


*純白を日差しにさらす藤の房 命懸けにて穢れとほざく

(新鮮な藤の花、花房、まことに純白、美しいです。ごめんなさい、結句のあたり、少し解り難く。何をどうほざかれても、それは「可」なのですが、ややわからん・・・。教えてたもれ、です。

*他愛なく笑ひくづるる少女たち白き躑躅の今まつさかり

いやもうこれは、わかり過ぎ(笑)。痛ましいほどの純白で。

*青葉時若きわれには重かりし古稀に季節はかろやかに過ぐ

すご~くわかる・・・。

   〈想ひ出はほろ苦く〉

*少きか多きか知らね三回は辛かりけりな転校生の我

((三回は、たぶん、きついことだったと思います。私は小学校を出て家を変わり学校を移り、中学を出て学寮に入り家を変わり、高校を出て遠い町へ一人で飛びました。ずっと落ち着かなかった、周囲とはなんとか馴染み、笑って交わすすべも覚え、一人でいることが怖かった、でも人といると嘘ばかりつく癖が張り付きました。
かりそめさん、殻を厚く見せないように、万全の構えをしておられたのか、なあ。


*魘さるる母を起こせば試験にてすべて忘れし夢を見しとふ

(お母さま、感受性の豊かな方だったのかしら。本人も周りもしんどいマジメ、な。人間てややこしですよねえ。

*諍ひに悪しき言の葉つひ吐きて唇強く噛み締めし日も

(つい、つい、自分を責めてしまったのでしょうね、その日もまた。

*わが母は教育ママでありしかなそも懐かしき三十五回忌

((ごめんなさい)、気持ちの添わないままに、まだ若いまま、亡くなってしまわれたのか、お母さま。

*佳き花を庭いつぱいに咲かせたる母逝きたまふ桜舞ふころ

*良き夫選びしことが唯一の母に対する孝行と思ふ

(それは絶対、そうですね。お母さまもそう思って安心して下さっています。親だって、あの世にいたって、オトシを召していらっしゃるもの。何より親孝行でしょう、娘さんの平穏な暮らしが。夫さんにありがとう、言うておられますでしょう。

*子なきゆゑ母の気持ちは謎のまま謎解き怖く子を持たざるか

(結句の「か」に、ふいと刺激される思いがあります。泣きたいみたいでもあります。

     おてもやん

   家族みんな元気です。今月もよろしくお願いします。

〇ひっそりと店を開けてるまんじゅう屋ちまき求めて行列つくる

(皆さまお元気で何よりです。

ともクンも、自粛の時を、頑張って乗り越えたのかな。
ちまきを求めて、大人は行列を作って買い求めてくれた。よかったですね。


     まめはな

   先月間に合わなかった、季節外れの分も合わせてお送りします。

・朝五時の窓から隣の庭眺むチューリップまだ固く閉じており

(朝五時の、と、きちんと言葉を置いておられて、チューリップはまだ固く閉じている、の表現の土台になっています。この花は、これからゆっくり開き始めて、チューリップの花が咲いてるわぁ、になる。よく見ていることの大事がわかります。

・到来のほうれん草を洗ったら桜の花が一枚浮かんだ

(このうたもそう。到来の、ほうれん草であるから、一枚かくれていた桜の花びらの存在感がしっかり現れる。目に浮かぶ。大切な一語を意識しておられるから、うたが生き生きします。

・咲き終わり無残哀しやチューリップ身まかりし母の面影遠く

(正直、「無残哀しや」は、感情入りすぎの感があります。けれど、たまにはいいではないか、と。面影「遠く」で問題ないと思います。私の文法的な能力は、まるで完璧でないのを、お見逃しいただくとして。

   最後のお歌は、KUONさまの先月の評から着想を頂きました。
   「遠し」のほうが文法は正しいのでしょうが、「遠く」の余韻を選びました。



       今はここまでです。



スポンサーサイト



今も夢見る
Posted by今も夢見る

Comments 4

There are no comments yet.

かりそめ

KUONさま
お忙しく、心を遣わなくてはならないこともおありになるのに、丁寧にお読みくださりありがとうございます。

「と、ほざく」と読むのも魅力的ですが、「遠ざく」のつもりでした。
「とほい」とか「とほざかる」の「ほ」が好きで、それを使う魅力に勝てませなんだ。
おまとめのときには、漢字に直してください。

どうか、ご主人さま、KUONさま、お体をお大事になさってくださいませ。

2020/05/25 (Mon) 17:34

KUON

No Subject

かりそめ さん

私の無知に依るところで、恥ずかしいことを申しました。なるほど。

「遠ざく」という言い方が。遠-ざく、であると、認識できませんでした。もう少し勉強します、お許し下さい。

2020/05/25 (Mon) 19:45

かりそめ

KUONさま

とんでもないことです。先生にそんなことおっしゃられたら、私の立つ瀬がありません。

KUONさまの知識と感性に全幅の信頼をおいております。

今後ともよろしくお願いいたします。

2020/05/25 (Mon) 22:19

まめはな

No Subject

KUONさま

お忙しく、またいろいろなご心配もおありの中、添削をありがとうございます。

景色ばかり読んで心情がなかなか読めず、「景色だけでは短歌とは言えない、そこに心がなければ」と聞いたこともあり、どうしたらよいものかと思っていました。
ですので、「よく見ている」とのお言葉がうれしく、また面映ゆくもあります。

来月もまたよろしくお願いいたします。

2020/05/27 (Wed) 11:35

[Bron-Broen] designed by Akira.

Copyright © KUONのブログへようこそⅡ All Rights Reserved.