FC2ブログ

KUONのブログへようこそⅡ

返事の中までKUONです。

Top Page › 胸の痛いこと › 無邪気さを  追記あります。
2018-09-10 (Mon) 18:36

無邪気さを  追記あります。



正直、わたしの中には、多くの方々が多かれ少なかれ胸の奥に感じておられるであろう感覚・・・大坂なおみさんへの感覚が、ある。と、思います。あった、と申しましょうか。

でも。何が何でも勝ちたかったS・ウィリアムスに、世界の大舞台で勝ち切った大坂なおみさんの、相手が猛々しさを全開にしていた間の態度や自身のコントロールの立派さや、ゲーム・セットの後の発言や沈黙や涙や。

なんて素敵な女性だろう、なんて(私の思う)日本の女の子なんだろう。

彼女のコーチが語っていること。

数日前、コーチのサーシャ・バインがメディアの要請に応えて異例の記者会見を開き、言っていたことを思い出す。
「なおみはどういうわけか、無邪気さを失っていない。そこが僕は一番好きなんだ。悲しいときは悲しみを表すし、楽しいときには楽しさを表す。偽りの感情がないんだ。嘘がない。ただ純粋で、むき身の感情があるだけだ。わかりやすいから、僕の仕事も楽だ。本当に楽しいよ。これまでの彼女との時間はすごく楽しく、すばらしい」


おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

>I know that everyone was cheering for her and I’m sorry it had to end like this.
>「みんながセリーナを応援してたのは知っています。(だから)こんな終わり方してすみません」
>って言うスピーチも素敵だったですよね。

実際はこういったコトバだったのですね。  やさいさんのコメントより。



                                   
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-09-11

本物のレディ * by ラピスラズリ
私もなおみ選手の闘いの後の対応を見た時に、久し振りに本物の日本女性を見たような気がしました。

勝って驕らず、控え目でそれが作られたものではなく本当に自然体。

勝者なのに「こんな勝ち方になってしまってごめんなさい」とか「みんなが彼女を応援していたことは知っている」とか敗者に対してだけではなく自分に理不尽な憎悪を向けた観客に対してまで謙虚な姿勢を崩さないでいられるなんて立派すぎるほど。

こんなことはどんなに控え目な選手でも外国人選手には絶対に出てこない言葉たと思いました。

私たちが忘れかけていた精神の美徳、慎ましさをなおみ選手は持っていたのだ。
きっと素晴らしいご両親に美しく育てられたのだろうなとも。

なおみさんのこの美徳を一番持ってないのが内廷皇族らと眞子さんで情けない連中です。

何のための皇族の称号なのか、あまりにも身に沿ってないなら返上せよ!とも思いました。

勝負の世界でこんなに一服の清涼剤を感じさせてくれた素晴らしい選手が、まだ二十歳なんて信じられませんね。

このまますくすくと伸びていってほしいです。
心からおめでとうございます。

* by まりん
すばらしいスピーチでした。この子が日本人である事を誇りに思いました。女王のあの姿と対比するにつけ、彼女の純粋さ心の美しさをはぐくまれた親御さんが素晴らしいと思いました。

その後おけがの具合はいかがですか?無理しないでくださいね。

いつもロム専ですが、嬉しいので~ * by やさい
KUONさん、おはようございます。
手首、どうですか?
不便でしょう。無理しないでくださいね。

大坂なおみちゃん、ものすごーく応援してました。
だから、この快挙がめちゃくちゃ嬉しくて!

毎度毎度、メデイアから伝え来る彼女のコメントが素晴らしくチャーミングで、しかも礼節を守っていて感心しています。

“I know that everyone was cheering for her and I’m sorry it had to end like this.
「みんながセリーナを応援してたのは知っています。(だから)こんな終わり方してすみません」
って言うスピーチも素敵だったですよね。

試合会場は完全アウエーな雰囲気でしたね。
世界中でセリーナの出産後復帰の優勝を信じていたと思います。
その雰囲気に呑まれず、集中力を切らさず試合を乗り切ったこと、それだけでも素晴らしいですが、対戦相手への敬意と観客への配慮も伝わるスピーチは絶賛されて当然でしょう。
偽りでも嘘でもなく、心からその言葉が出るから驚きますよね。

本当なら、勝利の喜びコメントだけ言わせてあげたかったですね。



それにしても、
何をしても、嘘っぽいコーシツは・・・あ、もう言うまい。思うまい。

大和なでしこ * by ラピスラズリ
なおみさんを花に例えるなら迷わずこの花の名前が浮かびました。
古来日本女性の美徳をこの花に例えてきたのですが、日本の中では絶滅危惧種になりかけていると思っていましたが、スポーツの天才の中に残っていたのですね。
うれしい限りです。

スピーチの内容も素晴らしいけど動画で見て、勝負がついた瞬間そっと帽子のつばを下げて表情を隠すところがありますね。

私はあの場面に一番心を打たれたかな。奥ゆかしいという言葉も思い出させてくれました。

勝った途端に寝転がって喜びを爆発させたりする選手も多い中彼女のあの仕草にハートを射抜かれました。

最近はスポーツで感動するなんて殆どなかったけど作り物ではない人間のドラマがあったからあのシーンは心に響いたのかも。

全てが作り物の女帝ドラマが飽きられないはずがないわね。

* by KUON
お返事が遅くなりました。


・ラピスラズリ さん

美しいものを見て嬉しいのも、ありがたい気がするのも。人間だからでしょうね。

どうも、男性のテニスの皆さんもそうですが、歯をむき出したり雄たけびをあげたり、は、見ていて目を伏せたくなりまして。

大坂なおみさんの気高い様子、純な魂を感じさせる、そして可愛らしい・・に、群がるマスゴミのアホさの見当がついて、帰国の日からのテレビは見ていません。恥ずかしげもなく下品で無礼だ。

あの皇室の皆さんをいただくにふさわしい、とまで、思ってしまう苦さです。


・まりん さん

素晴らしいスピーチ、そして身の処し方でいらっしゃいました。

あのお嬢さんを、べたべたといじり倒して汚さないでいて欲しいと願います。無理な願いでしょうかしら。

ご心配おかけしましたが、手は、家事は無理、パソはなんとかいけるぞ、の状態です(笑)。


・やさい さん

>毎度毎度、メデイアから伝え来る彼女のコメントが
>素晴らしくチャーミングで、しかも礼節を守っていて感心しています。

今になって思いますと、マスゴミの衆は、このようになるまで、微妙にくっきりと、大坂なおみさんをディスっていたように思えます。日本語無理、とか。アメリカ育ちの彼女に。

で、すさまじい掌返し、というか。挙げてるふりして、どうでもいい質問攻めにしてる、目に見えていたからテレビ見ていませんが。

ほんっとうに下らない。

どうか、あの素敵な女性に、手垢べたべたつけないで欲しい。

で。

コメントのいちばん最後のとこ。 ここ、重要ですやんか(笑)。



Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

本物のレディ

私もなおみ選手の闘いの後の対応を見た時に、久し振りに本物の日本女性を見たような気がしました。

勝って驕らず、控え目でそれが作られたものではなく本当に自然体。

勝者なのに「こんな勝ち方になってしまってごめんなさい」とか「みんなが彼女を応援していたことは知っている」とか敗者に対してだけではなく自分に理不尽な憎悪を向けた観客に対してまで謙虚な姿勢を崩さないでいられるなんて立派すぎるほど。

こんなことはどんなに控え目な選手でも外国人選手には絶対に出てこない言葉たと思いました。

私たちが忘れかけていた精神の美徳、慎ましさをなおみ選手は持っていたのだ。
きっと素晴らしいご両親に美しく育てられたのだろうなとも。

なおみさんのこの美徳を一番持ってないのが内廷皇族らと眞子さんで情けない連中です。

何のための皇族の称号なのか、あまりにも身に沿ってないなら返上せよ!とも思いました。

勝負の世界でこんなに一服の清涼剤を感じさせてくれた素晴らしい選手が、まだ二十歳なんて信じられませんね。

このまますくすくと伸びていってほしいです。
心からおめでとうございます。
2018-09-10-20:36 * ラピスラズリ [ 返信 * 編集 ]

すばらしいスピーチでした。この子が日本人である事を誇りに思いました。女王のあの姿と対比するにつけ、彼女の純粋さ心の美しさをはぐくまれた親御さんが素晴らしいと思いました。

その後おけがの具合はいかがですか?無理しないでくださいね。
2018-09-11-08:29 * まりん [ 返信 * 編集 ]

いつもロム専ですが、嬉しいので~

KUONさん、おはようございます。
手首、どうですか?
不便でしょう。無理しないでくださいね。

大坂なおみちゃん、ものすごーく応援してました。
だから、この快挙がめちゃくちゃ嬉しくて!

毎度毎度、メデイアから伝え来る彼女のコメントが素晴らしくチャーミングで、しかも礼節を守っていて感心しています。

“I know that everyone was cheering for her and I’m sorry it had to end like this.
「みんながセリーナを応援してたのは知っています。(だから)こんな終わり方してすみません」
って言うスピーチも素敵だったですよね。

試合会場は完全アウエーな雰囲気でしたね。
世界中でセリーナの出産後復帰の優勝を信じていたと思います。
その雰囲気に呑まれず、集中力を切らさず試合を乗り切ったこと、それだけでも素晴らしいですが、対戦相手への敬意と観客への配慮も伝わるスピーチは絶賛されて当然でしょう。
偽りでも嘘でもなく、心からその言葉が出るから驚きますよね。

本当なら、勝利の喜びコメントだけ言わせてあげたかったですね。



それにしても、
何をしても、嘘っぽいコーシツは・・・あ、もう言うまい。思うまい。
2018-09-11-11:28 * やさい [ 返信 * 編集 ]

大和なでしこ

なおみさんを花に例えるなら迷わずこの花の名前が浮かびました。
古来日本女性の美徳をこの花に例えてきたのですが、日本の中では絶滅危惧種になりかけていると思っていましたが、スポーツの天才の中に残っていたのですね。
うれしい限りです。

スピーチの内容も素晴らしいけど動画で見て、勝負がついた瞬間そっと帽子のつばを下げて表情を隠すところがありますね。

私はあの場面に一番心を打たれたかな。奥ゆかしいという言葉も思い出させてくれました。

勝った途端に寝転がって喜びを爆発させたりする選手も多い中彼女のあの仕草にハートを射抜かれました。

最近はスポーツで感動するなんて殆どなかったけど作り物ではない人間のドラマがあったからあのシーンは心に響いたのかも。

全てが作り物の女帝ドラマが飽きられないはずがないわね。
2018-09-11-21:26 * ラピスラズリ [ 返信 * 編集 ]

今も夢見る 

お返事が遅くなりました。


・ラピスラズリ さん

美しいものを見て嬉しいのも、ありがたい気がするのも。人間だからでしょうね。

どうも、男性のテニスの皆さんもそうですが、歯をむき出したり雄たけびをあげたり、は、見ていて目を伏せたくなりまして。

大坂なおみさんの気高い様子、純な魂を感じさせる、そして可愛らしい・・に、群がるマスゴミのアホさの見当がついて、帰国の日からのテレビは見ていません。恥ずかしげもなく下品で無礼だ。

あの皇室の皆さんをいただくにふさわしい、とまで、思ってしまう苦さです。


・まりん さん

素晴らしいスピーチ、そして身の処し方でいらっしゃいました。

あのお嬢さんを、べたべたといじり倒して汚さないでいて欲しいと願います。無理な願いでしょうかしら。

ご心配おかけしましたが、手は、家事は無理、パソはなんとかいけるぞ、の状態です(笑)。


・やさい さん

>毎度毎度、メデイアから伝え来る彼女のコメントが
>素晴らしくチャーミングで、しかも礼節を守っていて感心しています。

今になって思いますと、マスゴミの衆は、このようになるまで、微妙にくっきりと、大坂なおみさんをディスっていたように思えます。日本語無理、とか。アメリカ育ちの彼女に。

で、すさまじい掌返し、というか。挙げてるふりして、どうでもいい質問攻めにしてる、目に見えていたからテレビ見ていませんが。

ほんっとうに下らない。

どうか、あの素敵な女性に、手垢べたべたつけないで欲しい。

で。

コメントのいちばん最後のとこ。 ここ、重要ですやんか(笑)。


2018-09-24-19:19 * KUON [ 返信 * 編集 ]